トップへ戻る

125ccのバイクが運転できる免許は?最短2日でライダーの仲間入り?!

125ccのバイクが運転できる免許は?最短2日でライダーの仲間入り?!

バイクの免許は排気量によって種類が分けられています。普通自動二輪免許もやはり教習時間が長く、毎日通ったとしても教習所の卒業までに2週間から1ヶ月程度はかかってしまいます。だからといって、50cc以下の原付1種では物足りない…そんな方の間で人気なのが125ccクラスのバイクです。今回は125ccクラスのバイクの魅力や免許の取得の方法などについてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


125ccバイクの魅力とは?

ヤマハ NMAX(左)、ベスパ プリマベーラ(中)、プジョー スピードファイト(右)

ヤマハ NMAX(左)、ベスパ プリマベーラ(中)、プジョー スピードファイト(右)

125ccクラスのバイクは人気も高いことから原付1種と比較するとデザインなどの選択肢も広がります。

とはいえ、どういった魅力があるのかわからないという方も多いようです。そこで、まずは125ccクラスのバイクとはどういったものなのか、そして魅力についてご紹介します。

125ccのバイクは厳密には124cc?

ホンダ PCXハイブリッド

ホンダ PCXハイブリッド

バイクのカタログなどで排気量の数値を見てみると125ccクラスのバイクでも実際は124ccと表記されているものがほとんどです。

そのため、小型限定普通自動二輪免許では124ccまでしか乗ることができないと思われている方も多いようです。しかし、実際には125ccのバイクまで運転可能です。この免許について詳しくは後ほどご紹介します。

125ccのバイクが実際には124ccとなっている理由は、製造時の寸法公差などの差があっても、必要となる免許証が変わったりしないようにするため。126ccからは小型限定普通自動二輪免許では運転できなくなってしまうので、そんなことがあっては困りますよね。そのため、やや少なめの排気量に設計されることが常となっています。

もちろん、125cc以下の排気量を持つバイクであれば問題なく小型限定普通自動二輪免許で運転することが可能です。

125ccバイクのメリット・デメリット

ホンダ モンキー125

ホンダ モンキー125

125ccバイクのメリットはやはり気軽に乗ることができるという点でしょう。いわゆる中型と呼ばれるサイズのバイクと比較すると価格も安く、軽量なので取り回しも楽です。

また、原付1種の場合、時速30kmまでの速度制限や走行可能な車線などに制限があり、長距離の移動にはあまり適していません。それに対して、125ccクラスになると他の車両と同じ条件での走行が可能なので、長距離のツーリングも快適に楽しめます。

また、このクラスまでは自動車重量税非課税で、自賠責保険料も原付1種と同様で安価なので維持費が安いという点もメリットです。

一方でデメリットとしては高速道路や自動車専用道路などの走行ができないという点が挙げられます。高速道路などを走行したいのであれば126cc以上のバイクを選ぶ必要があります。

とはいえ、一般道は中型以上のバイクと同様の条件で走行可能なので日常の足としては十分に利用できます。

125ccバイクに乗るために必要な免許

続いては125ccのバイクに乗るために必要な免許についてご紹介します。

小型限定普通二輪免許

ホンダ CB125R

ホンダ CB125R

125ccまでのバイクに乗るために必要なのが小型限定普通二輪免許です。原付1種の場合、実技試験がありませんので、試験場で筆記試験と講習を受けるだけで取得できますが、小型限定普通自動二輪になると教習所を利用するのが一般的です。

最初から試験場に行って取得することも可能ですが、実技試験もあり、かなり難しいのでバイクに乗った経験のない初心者の方にはハードルが高く、あまり現実的ではありません。

この免許を取得することによってすべての125ccまでのバイクに乗ることができるようになります。

AT限定小型限定普通二輪免許

スズキ スウィッシュ

スズキ スウィッシュ

125ccまでのバイクに乗ることのできる免許はもうひとつあります。それがAT限定小型限定普通二輪免許です。こちらはその名の通り、AT車に限定される免許です。

近年ではこのクラスのスクーターなどのAT車も増えており、選択肢はかなり多くなっています。MT車と比較するとギアチェンジなども必要ありませんので、より快適な走行が可能です。

とはいえ、乗ることのできるバイクの種類は限定されてしまいますので、自分がどんなバイクに乗りたいのかをしっかりと考えた上で、どちらの免許を取得するのかを考えるようにしましょう。

何歳から取得できる?費用は?最短期間は?

プジョー ジャンゴ125 エバージョンABS

プジョー ジャンゴ125 エバージョンABS

小型限定普通自動二輪免許はAT限定ともに16歳から取得可能となっています。大型自動二輪免許や自動車免許は18歳からですので、それより早く取得できるということになります。ただし2人乗りは免許を取得してから1年後からとなっていますので注意が必要です。

費用は教習所によって多少のバラつきがありますが10万円前後が相場です。普通自動車免許をすでに所持している場合は7万円前後から取得可能となります。

自動車免許所持者なら最短2日で取得できる?

普通自動車免許を持っている方なら、AT小型限定普通自動二輪免許は最短2日で教習所を卒業することができます。学科試験と免許発行にプラス1日必要ですので実質は3日間となります。

このように、短い期間で取得することができるという点も小型限定普通自動二輪の魅力となっています。

仕事の関係などでできるだけ早く移動手段が欲しいという方にもおすすめです。

小型限定普通二輪免許取得までの流れ

ヤマハ トリシティ125 ABS

ヤマハ トリシティ125 ABS

最後に小型限定普通自動二輪免許取得までの流れをご紹介しましょう。

まずは教習所に申し込みをして教習を受けます。実技・学科の教習は2~3日かけて受けるという形が一般的です。その後、卒業検定を受けて合格すれば卒業です。

教習所を卒業したら管轄の試験場で学科試験を受けることになります。この試験に合格すればその日の内に免許が発行され、125ccまでのバイクの運転が可能となります。

125ccのおすすめバイク

スズキ GSX-S125 ABS

スズキ GSX-S125 ABS

125ccのバイクにもさまざまな選択肢があります。中でも人気なのはスズキのGSX-S125です。このサイズとは思えないほどにパワフルでスポーティな走りを楽しむことができます。初心者の方でも乗りやすいサイズながら、本格的なツーリングを楽しみたいという方におすすめです。

アメリカンタイプといえば、大型のイメージが強いですが、125ccのものも案外少なくありません。カワサキ・エリミネーター125や、かなりの希少車ですがヤマハのドラッグスター125などはこのサイズながらアメリカンのチョッパースタイルとなっています。

まとめ

プジョー スピードファイト(左)、ヤマハ NMAX(中)、ベスパ プリマベーラ(右)

プジョー スピードファイト(左)、ヤマハ NMAX(中)、ベスパ プリマベーラ(右)

125ccクラスになると原付1種と比較すると、バイクの選択肢も多く、より快適な走行を楽しめることから人気です。

維持費の面でも中型以上のバイクと比較するとかなり安く、まさに気軽に楽しむことのできるバイクとなっています。

これからバイクの免許を取得することを考えているのであれば125ccまでのバイクに乗ることができる小型限定自動二輪免許も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

関連するキーワード


免許 バイク

関連する投稿


話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

話題の原付二種、ホンダ グロムの魅力!進化した装備を見逃すな

50ccのような多すぎる制限に縛られずに街中をキビキビ走れる機動性の高さと、維持費の安さが特徴の125ccバイク「原付二種」は、近年人気急上昇中で車種ラインナップも増加中。そんな原付二種の中でもアグレッシブなスタイリングが目を惹くのが「ホンダ グロム」です。サイズはミニなのにカッコいい、元気よく走れるのに低燃費、ミラクル満載のグロムを余すところなくご紹介していきます。


ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

ルックスだけで選んでOKなバイク?!ホンダ モンキー125の溢れる魅力

バイクっぽい形をしているのに、どこかミニカーのようにデフォルメされた印象を与えるキュートなデザインを持つバイク、ホンダ モンキー。初代モデルは1967年発売と、その愛らしいデザインと侮れない走行性能は長年世界中で愛され続けてきた名車であるモンキーが、それまでの50ccエンジンを捨て、2018年にはついに125cc化してより使いやすくなりました。最新のモンキーの魅力を徹底解説していきます。


初心者にもおすすめ 250ccバイク厳選5選!

初心者にもおすすめ 250ccバイク厳選5選!

二輪免許をお持ちでない方は免許取得も必要ですが、欲しいバイクを先に決めておけば、教習も楽しく受けられるかも。この記事では、初心者の方にもおすすめしたい250ccバイクを5台ご紹介いたします。


【原付】おすすめ原付バイク最新15選!維持費激安、初心者も乗りやすい原付とは

【原付】おすすめ原付バイク最新15選!維持費激安、初心者も乗りやすい原付とは

学生さんの通学、会社員の方の通勤、普段のお買い物…、ちょっとした移動なら、自転車よりも楽々で、自動車よりも激安な、『原付バイク』を検討してみてはいかがですか? この記事では、主要メーカー毎におすすめの原付バイクをしっかりご紹介しつつ、そもそも原付って何?免許は何がいるの?といった基本情報も余さず解説していきます。あなたにぴったりの原付バイクが見つかるはずです。


ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

ホンダ レブル|女性にも人気のベストセラーモデルを徹底解剖!

2017年に発売されてから、近代的なボバースタイルが人気となっているのがホンダのレブル。2020年にはレブル250が軽二輪クラストップとなるの年間販売台数で1万台を超えるなど、圧倒的な人気を誇っています。女性でも乗りやすいバイクとして多くの人気を集めているホンダレブルの特徴やスペック、さらに口コミ情報をご紹介します。


最新の投稿


トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタ アルファードとは?ミニバン×高級車の魅力を徹底解説

トヨタの高級ミニバンとして幅広い層の人気を誇るトヨタのアルファードについて紹介します。内外装の高級感やサイズ感、運転のしやすさなどを紹介すると共に、兄弟車であるヴェルファイアとの違いなども紹介します。


トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラとは?令和の時代に帰ってきた名スポーツカー

トヨタ スープラは90年代に高い人気を誇り、惜しまれつつも姿を消しましたが、21世紀に再び復活しました。この記事ではスープラの歴代モデルの紹介や、現行モデルのラインナップ、走行性能などについても紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

トヨタ ヴィッツとは?ヤリスに生まれ変わった定番コンパクトハッチバック

ヤリスとして生まれ変わったトヨタの定番コンパクトハッチバックの「ヴィッツ」について紹介します。乗りやすいサイズ感やデザイン、走行性能などについて詳しく解説。また、他メーカーのコンパクトカーとの比較なども行います。


スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキ スイフトスポーツは高コストパフォーマンス、高走行性!

スズキのスイフトスポーツは、コストパフォーマンスが高く走行性も充実している車に乗りたいという希望を叶える一台です。加速性も申し分なく、その性能はオーナーからも高い支持を得ています。そこで今回は、スイフトスポーツの魅力を詳しく解説します。