トップへ戻る

アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファードとヴェルファイア徹底解説

アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファードとヴェルファイア徹底解説

今や人気の面でも販売台数でも高級ミニバンの王者として君臨しているトヨタの「アルファード・ヴェルファイア」。なぜこれ程の人気があるのか?その人気について解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ・アルファードとは?

《PHOTO:土田康弘》アルファード

《PHOTO:土田康弘》アルファード

アルファードはミニバンの中でも最大級の大きさを誇るラージミニバンとなり、近年のコンパクトカーブームにも迫る勢いの車種となります。

アルファードはトヨタの最上位クラスであり、日本のミニバンとして国内マーケットトップクラスに君臨するほどの圧倒的人気となり、他社メーカーのミニバン車を寄せ付けていません。

それは、スタイリングとしてのインパクト感であり、ミニバンという実用性重視のクラスながら高級感と押し出し感にあふれるデザインというイメージギャップが、ユーザーの心をピンポイントに捉えています。

そのため、自家用車として人気なだけでなくハイヤーや要人移動車として利用される場面も増えてきており、街中を走行しているのを見かけることが多くあります。

トヨタ・ヴェルファイアとは?

《撮影 安藤貴史》トヨタ ヴェルファイア 改良新型

《撮影 安藤貴史》トヨタ ヴェルファイア 改良新型

ヴェルファイアは、高級ミニバンでありながら、ちょっとした厳ついデザイン性が持ち味となっています。ミニバンとしては異色で若年男性を中心に女性からのユーザーニーズも高まっています。

見るからに力強さを感じるような「クール、テック、モダン」をテーマとしたエクステリアがインパクト抜群となっており、アルファードとは異なる独特の魅力がヴェルファイアには備わっています。

そのエクステリアデザインは押し出し感とスポーティ感が両立されているので、ユーザーの人気はどちらに流れてもヒットして売れていることが、ヴェルファイアの強みとなっています。

アルヴェルの違い

《撮影 橋本隆志》トヨタ アルファード / ヴェルファイア 新型発表

《撮影 橋本隆志》トヨタ アルファード / ヴェルファイア 新型発表

大手メーカー・トヨタのフラッグシップミニバンはアルファードとヴェルファイアとなりますが、プラットフォームを共有する姉妹車関係であるため、2モデルをまとめてアルヴェルと言います。

また、どちらも高級セダンに劣らない乗り心地・走行性能・室内空間の広さを実現し、大空間高級サルーンという車両コンセプトで、その名を博しています。

違いとしては、アルファードは法人顧客のニーズにも対応できる、落ち着きのある雰囲気を持つ車種として演出が施されています。

それに対し、ヴェルファイアは一般車として若者・女性をターゲットとしており、落ち着きというよりはカッコいいなどへのイメージで若者に人気となっています。

このように、同じ姉妹車関係ながらもユーザーニーズ・ターゲットが左右に分かれ走る2モデルが、ミニバンのアルヴェルとなります。

人気の秘密アルヴェルの魅力

《撮影 雪岡直樹》トヨタ アルファード

《撮影 雪岡直樹》トヨタ アルファード

アルヴェルの人気は、高級感を持つ内外装にトヨタの性能技術を取り入れた点であり、必要とされる2つの面で、技術のレベルの高さがかなりの魅力となります。

これほどの魅力がなければ、現在のコンパクトカーブームにミニバンとしては生き残れないのが現状となっています。

また、ファミリー層に絶大な人気を集めている点も注目すべきことです。海外ではSUVが人気があると言われますが、国内自動車メーカーは豊富なラインナップを揃え、コンパクトカーだけではなくLサイズミニバンまで用意しており、ユーザーニーズに応えています。

アルヴェルの性能

撮影 島崎七生人トヨタ アルファード S“Aパッケージ”

撮影 島崎七生人トヨタ アルファード S“Aパッケージ”

性能として重要視されているものは予防安全技術であり、他社メーカーも安全強化は進んでいます。

運転中のさまざまなシーンで活躍できるように、トヨタも運転機能を安心してドライブできるようにサポートをしています。

レーントレーシングアシスト(LTA)によって、車線維持の際にステアリング操作をアシストして運転負荷を軽減しています。

その他、プリクラッシュセーフティでクルマや歩行者などとの衝突回避、レーダークルーズコントロールで先行車との車間距離を維持、アクセルの踏み間違いによる衝突の緩和となるインテリジェントクリアランスソナーなど、安全面は高性能なクルマとなります。

ヴェルファイアの動力性能として、国内初のV6 3.5Lエンジンを搭載していることで、Lサイズミニバンという重量でも、走行面で快適な走りが出来るように刷新されたクルマとなっています。

トランスミッションも6速ATから8速ATへ進化することで、ダイレクト感ある走りを体感できる技術を達成しており、実用性的には現行車としては最先端に達しています。

トヨタ・アルファードの詳細情報

トヨタ・アルファード・エグゼクティブラウンジ

トヨタ・アルファード・エグゼクティブラウンジ

アルファードには2.5リッターと3.5リッターの2種類のガソリンエンジンだけでなく、2.5リッターハイブリッドも加えた3種類のパワーユニットが用意されています。また2.5リッターとハイブリッド仕様には、特別仕様車として「S“TYPE GOLD”」も設定されています。

最上位モデルとなる「Executive Lounge」は数々の安全装備が標準で加わるほか、専用のエグゼクティブパワーシートが2列目に加わるなど、インテリアが高級感で優れており、VIP待遇を施された乗り心地を満喫できます。

グレードによって、シート・ステアリングの素材、スライドシートの移動幅、タイヤホイールサイズなど細かく異なっており、シンプルながらも性能を求める「X」グレード、高級感を楽しむ「G」グレード、スポーティモデル「S」「SC」グレードなどがあります。

トヨタ・アルファードのスペック

【トヨタ アルファード X】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,945mm×1,850mm×1,935mm
ホイールベース3,000mm
最大乗車定員8名
車両重量1,920kg
燃費WLTCモード:10.8km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力134kW(182PS)/6,000rpm
最大トルク235N・m(24.0kgf・m)/4,100rpm
駆動方式2WD
トランスミッション自動無段変速機(Super CVT-i)
(2020年10月現在 トヨタ公式サイトより

トヨタ・アルファードのエクステリア

現行アルファードのエクステリアは豪華さがあり、堂々かつ重厚・威勢の良さで驚異的なインパクトを与えています。

ボディサイズも、モデルチェンジごとにわずかにサイズアップしていることもあり、ラージミニバンとしての範囲の限界をさらに拡大しています。

フロントからリアまで遊び心が施されており、ロアグリルと一体化された、縦方向の厚みを持たせたフロントマスク、LEDヘッドランプによる切れ長なデザイン性がフロントの主な印象となります。

サイドはLEDヘッドライトを起点に後方へ広がるショルダー部分、タイヤが強調された抑場のある分厚いアンダーボディ、テールランプなどもサイドまで回り込んでくるのが特徴的となります。

トヨタ・アルファードのインテリア

《撮影 太宰吉崇》トヨタ アルファード G

《撮影 太宰吉崇》トヨタ アルファード G

インテリアとしてのこだわりがアルファードの一つの魅力であり、ドライブ中の過ごしやすさが考え尽くされており、高級感のあるラグジュアリーな雰囲気を楽しむことができます。

木目調のデザインを中心に、グレードごとにシートの素材が異なります。また、助手席・後部座席ごとに、役立つコンソールボックス・小物トレイ・カップホルダーなどがセッティングされ、ラゲッジスペースもミニバンだけあって、かなり広いスペースが確保されています。

トヨタ・ヴェルファイアの詳細情報

《撮影 井元康一郎》トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド ZR Gエディション

《撮影 井元康一郎》トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド ZR Gエディション

ヴェルファイアはアルファードと姉妹車という関係もあり、ハイブリッド、ガソリンで合わせて3種類のパワーユニットでグレードラインナップも同等なものになります。

特別仕様車の「Z“GOLDEN EYES”」では、ゴールドのアクセントが利いた外装や人気の安全装備が特別装備されており、エクステリア・インテリアの雰囲気は最高の満足感を与えてくれるグレードとなります。

「Executive Lounge」も最上級グレードに位置づけられており、さらにエアロパーツを装着した新たなグレードとして「Executive Lunge Z」なども存在しています。

そして、ベースグレードとなる「X」、標準グレード「V」・「VL」、エアロモデル「Z」・「Z“Gエディション”」など多彩な構成、エディション設定されたグレードもあります。

トヨタ・ヴェルファイアのスペック

【トヨタ ヴェルファイア X】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,935mm×1,850mm×1,935mm
ホイールベース3,000mm
最大乗車定員8名
車両重量1,920kg
燃費WLTCモード:10.8km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力134kW(182PS)/6,000rpm
最大トルク235N・m(24.0kgf・m)/4,100rpm
駆動方式2WD
トランスミッション自動無段変速機(Super CVT-i)
(2020年10月現在 トヨタ公式サイトより

トヨタ・ヴェルファイアのエクステリア

エクステリアとして一番に目に付くのは、やはりフロントマスクとなるのではないでしょうか。ただでさえ厳つさが特徴的なヴェルファイアなのですが、エアロパーツにすることでさらにその厳つさは強化されています。

また、上位グレードではLEDシーケンシャルターンランプがヘッドランプ・テールランプに採用されていることで、右左折時には車両の内側から外側へと光が流れ点灯することにより、周囲の方が確認しやすくなっています。

トヨタ・ヴェルファイアのインテリア

《撮影 雪岡直樹》トヨタ ヴェルファイア

《撮影 雪岡直樹》トヨタ ヴェルファイア

ファーストクラスのラグジュアリー感が一押しで、車幅の広さ、ヘッドレストの大きさにより、座り心地で負担を感じることは全くありません。

グレードによりシート素材がファブック・合成表皮・本革とな異なり、好みのシートアレンジをすることが可能となります。

「Executive Lounge」及び「Executive Lounge Z」ではインテリアカラーとしてブラックが標準設定されていますが、エレガントなベージュ系のフラクセンも選択可能となっています。

ステアリングホイールは本革巻きで、ドライビング中のハンドリングでも高級感が味わえるようになっています。

アルヴェルの新車価格と中古車価格

ここでは、アルヴェルの気になる新車価格と中古車価格の情報をご紹介します。

トヨタ・アルファードの新車価格

アルファードにはガソリン車・ハイブリッド車があり、ハイブリッド車は全グレード4WDのみとなっています。そのため、高級感だけではなく、走行性能を堪能できるグレードとなります。

多く存在するグレードの中から個々の必要性に沿ったグレードを選ぶことができます。

【ガソリン車】

X
2WD:3,200,000円
4WD:3,430,910円
S
2WD:3,552,728円(8人乗り:3,512,728円)
4WD:3,784,546円(8人乗り:3,744,546円)
S”TYPE GOLD”
2WD:3,854,546円
4WD:4,086,364円
S”C パッケージ”
2WD:4,240,000円
4WD:4,470,910円
G
2WD:4,126,364円
4WD:4,357,273円
GF
2WD:4,713,637円
4WD:4,893,637円
SC
2WD:4,781,819円
4WD:4,960,910円
Executive Lounge
2WD:6,608,182円
4WD:6,787,273円
Executive Lounge S
2WD:6,746,364円
4WD:6,926,364円



【ハイブリッド車】

HYBRID X
4,172,728円(8人乗り:4,133,637円)
HYBRID S
4,362,728円
HYBRID S”TYPE GOLD”
4,581,819円
HYBRID G
4,858,182円
HYBRID SR
4,991,819円
HYBRID G ”F パッケージ”
5,006,364円
HYBRID SR “C パッケージ”
5,140,000円
HYBRID Executive Lounge
6,908,182円
HYBRID Executive Lounge S
7,047,273円

※情報はトヨタ公式サイトより(2021年4月現在)
※価格は全て消費税抜きの価格です。
※福祉車両価格は記載していません。

トヨタ・アルファードの中古車価格

《撮影 太宰吉崇》トヨタ アルファード G

《撮影 太宰吉崇》トヨタ アルファード G

グレードがかなり豊富で価格も幅広く、高額なものは1,000万円を超えるものまであります。

【ガソリン車】

X
160万円台~450万円台
S
190万円台~530万円台
S”TYPE GOLD”
350万円台~590万円台
S”C パッケージ”
270万円台~1030万円台
G
210万円台~440万円台
GF
290万円台~800万円台
SC
400万円台~640万円台
Executive Lounge
320万円台~1,090万円台
Executive Lounge S
550万円台~1200万円台

※価格は4WDを含みます。



【ハイブリッド車】

HYBRID X
200万円台~490万円台)
HYBRID S
360万円台~490万円台
HYBRID S”TYPE GOLD”
440万円台~600万円台
HYBRID G
250万円台~470万円台
HYBRID SR
260万円台~540万円台
HYBRID G ”F パッケージ”
290万円台~560万円台
HYBRID SR “C パッケージ”
290万円台~680万円台
HYBRID Executive Lounge
300万円台~950万円台
HYBRID Executive Lounge S
580万円台~1,130万円台

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2021年4月現在)
※価格は全て消費税抜きの価格です。
※価格は車両本体価格です。

response中古車はこちら

トヨタ・ヴェルファイアの新車価格

《撮影 太宰吉崇》トヨタ ヴェルファイア ドッグフレンドリー試乗(エグゼクティブラウンジ)

《撮影 太宰吉崇》トヨタ ヴェルファイア ドッグフレンドリー試乗(エグゼクティブラウンジ)

ヴェルファイアはパワーユニットとして、ハイブリッド車、ガソリン車があります。ファミリー層への人気を維持するために、必要とされるグレードをできるだけラインナップしています。

【ガソリン車】

X
2WD:3,200,000円
4WD:3,430,910円
Z(8人乗り)
2WD:3,512,728円
4WD:3,744,546円
Z(7人乗り)
2WD:3,552,728円
4WD:3,784,546円
Z”GOLDEN EYES”
2WD:3,854,546円
4WD:4,086,364円
V
2WD:4,126,364円
4WD:4,357,273円
Z”G エディション”
2WD:4,240,000円
4WD:4,470,910円
VL
2WD:4,713,637円
4WD:4,893,637円
ZG
2WD:4,781,819円
4WD:4,960,910円
Executive Lounge
2WD:6,608,182円
4WD:6,787,273円
Executive Lounge Z
2WD:6,746,364円
4WD:6,926,364円


【ハイブリッド車】

HYBRID X
(7人乗り):4,172,728円
(8人乗り):4,133,637円
HYBRID Z
4,362,728円
HYBRID Z”GOLDEN EYES”
4,581,819円
HYBRID V
4,858,182円
HYBRID ZR
4,991,819円
HYBRID V”L エディション”
5,006,364円
HYBRID ZR”G エディション”
5,140,000円
HYBRID Executive Lounge
6,908,182円
HYBRID Executive Lounge Z
7,047,273円

※情報はトヨタ公式サイトより(2021年4月現在)
※価格は全て消費税抜きの価格です。
※福祉車両価格は記載していません。

トヨタ・ヴェルファイアの中古車価格

グレードが豊富で価格もかなり幅広く、安い物は160万円台から高い物は1,000万円台となっています。

【ガソリン車】

X
160万円台~380万円台
Z
190万円台~460万円台
Z”GOLDEN EYES”
340万円台~490万円台
V
210万円台~440万円台
Z”G エディション”
210万円台~680万円台
VL
250万円台~500万円台
ZG
330万円台~1,000万円台
Executive Lounge
290万円台~900万円台
Executive Lounge Z
430万円台~730万円台

価格は4WDを含みます。



【ハイブリッド車】

HYBRID X
200万円台~420万円台
HYBRID Z
350万円台~450万円台
HYBRID Z”GOLDEN EYES”
430万円台~460万円台
HYBRID V
240万円台~460万円台
HYBRID ZR
220万円台~590万円台
HYBRID V”L エディション”
300万円台~670万円台
HYBRID ZR”G エディション”
270万円台~650万円台
HYBRID Executive Lounge
290万円台~870万円台
HYBRID Executive Lounge Z
480万円台~700万円台

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2021年4月現在)
※価格は車両本体価格です。

まとめ

original【トヨタ アルファード/ヴェルファイア】

original【トヨタ アルファード/ヴェルファイア】

アルヴェルはこの様にファミリー層を中心にユーザーを持つことで、ラージミニバンとしての好評価を受けています。核家族はもちろんのこと三世代一緒に暮らしている家族も、普段使用や遠出するときも、快適なドライブを楽しめるでしょう。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。