トップへ戻る

トヨタの名車マークX 販売終了の理由は?中古車情報もご紹介!

トヨタの名車マークX 販売終了の理由は?中古車情報もご紹介!

2019年末をもって前身のマークⅡから数えて51年の歴史に終止符を打ちました。惜しまれつつ販売を終了したトヨタ・マークXについて見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ・マークXとは?

《写真提供:response》《撮影者 松下宏》マークX

マークXとは、半世紀以上も国内大手メーカートヨタの柱として活躍を遂げたミドルクラスセダン、マークⅡの後継車として誕生した車種となります。

2004年にデビューを果たしたマークXは、マークⅡという車種名のイメージ「マーク」を受け継ぎつつ、ボディフォルムなどの車体形状を大胆に一新することで、新たな車種マークXとして生産販売を開始しました。

当初国内ターゲット専用車種として生産販売を行なっていましたがその後、中国での生産を期に、その名は世界へと進展し販売が進みました。

その人気度としては、ミニバン・SUV全盛期というセダンとしては不利な時代でも安定したユーザーをキープし続けたクルマとなります。

しかし、そんなマークXは世間にビックネームとしてインパクトを与えつつも、残念ながら2019年12月に生産終了と幕を閉じています。

トヨタ・マークXのグレード

《写真提供:response》マークX 250Sファイナルエディション

グレードとは同じ車種における性能や装備の違いによる等級を表しています。マークXにはどの様なグレードがあるのか見て行きましょう。

グレードとしては複数あり分かりにくいのですが、まずはマークXのグレードは基本的に3つと憶えておきましょう。これから説明していくグレードにも役立つと思うので参考にしてみてください。

■標準グレード:『G』
■上級グレード:『S』
■最上級グレード:『RDS』

そして、グレードに表示されている「250」や「350」は排気量のことを指しています。250は排気量2,500cc、350は排気量3,500ccと考えるとグレードはとても分かりやすくなるでしょう。また、「Four」は駆動方式のことで4WDという意味になります。

さらにFパッケージは標準グレードから装備などの加飾を省き、値を落とした廉価なグレード、ファイナルエディションは販売終了発表と同時に出た特別仕様車であり、オプションとして「クリアランスソナー」などが装備されたモデルとなっています。

スポーツはその名のとおり、走りにこだわったグレードとなっています。この様に理解すると分かりやすくなります。

●250G Fパッケージ
●250G Four Fパッケージ
●250G
●250G Four
●250S
●250S Four
●250S ファイナルエディション
●250S Four ファイナルエディション
●250RDS
●250S GRスポーツ
●350RDS
●350RDS GRスポーツ
※(2019年グレード参考)

トヨタ・マークXの性能

《写真提供:response》マークX

250G F パッケージ・250G Four Fパッケージの性能は衝突安全ボディといった全グレード搭載のとてもシンプル装備のため、マークXを廉価価格で求める方に提供できるグレードとなります。

標準グレード、250G、250G Fourはスタンダードグレードとしては安定した内装・装備・燃費などが設定されているため、上級車にも劣らないグレードとなっています。

装備はスーパーインテリジェント6速オートマチックになりますが、近年見かけない後輪駆動と組み合わせ加速と変速フィーリングが良く燃費も良いグレードになります。また、シーケンシフトマチック装備もその見どころになります。

これだけの技術が盛り込まれていれば、街中を走るだけなら十分満喫できるでしょう。

250S・250S Fourはさらに上級グレードで、運転席・助手席が電動でシート位置を調節できるパワーシート機能やナノイー機能を始め、ドライブの楽しさを味わう為にアルミペダルのブレーキ、AT車専用のパドルシフトがセッティングがされています。

250RDS・350RDSはボディがワイルドになっており、見る角度により表情を変えるアッパーグリル、低く構えたバンパーとロアアングル、目ヂカラを感じさせるシャープなデザインのヘッドライト、これらによりフロントとの一体感が強調され大人のスポーティさを持ち合わせています。

ハンドリングを強化し、性能を路面にトレースするとともにFRの持つクセのないハンドリングを維持しつつ、マイルドな走りが楽しめます。

250S・250S Four ファイナルエディションは先ほども説明したように、マークXの最終モデルということもあり、クリアランスソナーがメインの装備となっています。

250Sと350SのGRスポーツはスポーツグレードとして性能がセッティングされており、19インチアルミホイール・マフラー・エアロなどを装備しています。

トヨタ・マークXのエクステリア

エクステリアデザインとしては深彫りでくっきりとしたキャラクターラインにメッキ素材となりつやを感じさせる色合い、走り抜けるだけでクルマの輝きが湧き上がり、インパクトを与えてくれるエクステリアとなっています。

トヨタ・マークXのインテリア

インテリアはブラック&レッドを合成したアルカンターラ、合成皮革シート表皮、レッドを配色したソフトレザードアトリム表皮が採用されており、洗練された面持ちが演出されており、車内での雰囲気・居心地としても高級車を体感できるでしょう。

トヨタ・マークX の特別車GRMN

《写真提供:response》《写真 トヨタ自動車》トヨタ マークX GRMN

マークX最高峰モデル GRMNはなんと、販売台数350台の限定特別仕様車であり販売当日完売。このグレードは売上を目指したのではなく、トヨタの技術を世間に知らしめるために販売したと言っても過言ではありません。

また、エクステリア・インテリアも若者が好む形状となり、特に足回りの見た目やボディの剛性に力を入れ、スポーティ性を超えてスポーツカーへと追撃している走行性能抜群のモデルと見られています。

そんなクルマを一度体感すれば、乗り飽きるということがないと言われるほどユーザーを魅了していました。

トヨタ・マークXの中古価格

《写真提供:response》《撮影 太宰吉崇》マイナーチェンジしたトヨタ•マークX

マークXの中古車情報をご紹介します。

250G F パッケージ
30万円台~240万円台
250G Four F パッケージ
60万円台~170万円台
250G
30万円台~280万円台
250G Four
40万円台~260万円台
250S
150万円台~350万円台
250S Four
150万円台~
250S ファイナルエディション
240万円台~380万円台
250S Four ファイナルエディション
250万円台~260万円台
250RDS
200万円台~250万円台
250S GRスポーツ
250万円台~340万円台
350RDS
170万円台~260万円台
350RDS GRスポーツ
350万円台~410万円台

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(20201年5月現在)
※表示価格は車両本体価格です。

マークXはハイブリッドではなく全グレードガソリン・AT車となっています。またファイナルエディションは、全グレードのなかでも今後の高騰化が予想されています。

トヨタ・マークXの評判

思ったより燃費が良くて、高速道路での快適なエンジン音・安定性が良いとの評価を得ています。

他には乗り心地が良くFun to driveを実感する事ができるとの評価もあります。

まとめ

《写真提供:response》マークX プレミアム

自動車先進国だからこそブームの流れも早い日本。近年ではなくなりつつある高級車時代を味わってみるのも一つの楽しみ方で思い出として残る一台となってくれるでしょう。

そんな一台の候補にマークXの購入を考えてみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 マークX

関連する投稿


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。