目次へ戻る

ダイハツメビウス 人気ハイブリッド車を詳しく紹介!

ダイハツメビウス 人気ハイブリッド車を詳しく紹介!

メビウスはダイハツの発売する人気ハイブリッド車で、優れた走行性能と共に揺るぎない安全性を確保している。最新の運転アシストシステムや車庫入れや縦列駐車をアシストするステアリング機能を装備、さらにバックガイドモニターもあるので安心して運転できる車だ。そんなメビウスについて今回はまとめた。


ダイハツメビウスとはどんな車なの?

主な特徴

メビウスはダイハツが販売する人気のハイブリッド車で、優れた低燃費を実現しながら快適な静粛性を持っている。エンジンとモーターの効率的な切り替えで伸びのある加速を実感でき、室内空間も2列シートにこだわっていることもあり、広々としたデザインだ。

長時間の走行でも疲れを感じない快適さを追求している。またフォルムは優しさと爽やかさを感じさるデザインで見る者を魅了するだろう。メビウスには気持ちを落ち着かせる日常的な雰囲気がありながら、室内インテリアや走行性能で非日常も感じさせる心地よい刺激がある。

ダイハツメビウスのかっこいいエクステリアデザイン!


ダイハツのメビウスの外観は、流れるような曲線と流麗なフォルムが特徴的だ。ボディーのサイズは、全長4615ミリ、全幅1775ミリ、全高1575ミリとなっており、広い室内空間を確保している。室内の2列シートを備えた5名の乗車定員で全席がゆとりのある設計になっていて、また前席の視界の良さやキャビン性能に優れている点も高く評価できる。

メビウスのボディーカラーは9色から選ぶことができ、内装色と共に豊富なバリエーションとなっている。落ち着いたカラーや爽やかさを感じさせるカラーなど好みに合わせてアレンジすることが可能なのだ。

ダイハツメビウスのエンジンシステム

メビウスはモーターとエンジンを最適な効率で組み合わせることで静粛性と走行性能を実現している。車体の前方には1.8Lエンジンと昇圧コルバーター付パワーコントロールユニット、そして発電用モーターと起動用モーターを搭載している。

また車体の後方にはニッケル水素バッテリーを搭載することで低排出ガス車として国土交通省の認定を受けていて、エンジン音や振動を感じさせないハイブリッドならではの静かさと、スムーズな走りと力強い加速を実感できるシステム出力100kwを達成しているのだ。

燃費は26.2km/lと超優秀!!

メビウスはハイブリットシステムによって可能になった圧倒的な低燃費を達成している。「平成32年度燃費基準+40%」をクリアし、走行燃費は26.2km/lを誇るほどだ。環境に配慮した走行状態であることや、エネルギーの回収、充電状況を瞬時に知らせるセンターメーターが運転席に取り付けられ、必要な情報を確認しながら伸びやかな走りを楽しむことができる。またセンターメーター内には、ハイブリットシステムインジケーター、始動後平均車速や平均燃費を知らせるTFT マルチインフォメーションディスプレイもあり、4方向スイッチで表示を簡単に切り替えることが可能である。

ダイハツメビウスの車内空間

とにかくラゲッジスペースが使い易い!

メビウスのラゲッジスペースは非常に広々としており、その大きさは通常時で荷室の最小幅は約995mm、最大幅が約1580mm、荷室長は約985mmもあるのだ。容量は通常時で535Lであり、これは通常時でも9.5インチのゴルフバッグを4個も楽に積み込める広さで、荷物の多いお出かけには最適だ。

また、リアシートをフォールドダウンすることで1070Lも確保することが出来、荷物の大きさや容量に合わせて自由に対応することが可能。そしてラゲッジスペースの床をとりはずすと、さらなる収納スペースであるデッキアンダートレイが現れる。シート部分にもたくさんの収納スペースが備えられ荷物を気にすることなくゆったりとしたドライブが楽しめそうだ。

贅沢な性能を持つシート

メビウスの搭乗人数は最大5人です。室内は実に快適な空間でそれぞれのシートに十分なゆとりを持たせ、5人全員が広々した空間を保てるように設計されている。内装は通常はブラックでまとめ上げられ、ブラックの中にアクセントを作り出すシルバーがキリッとしたシャープな印象を見せ、非常にクールな室内だ。グレージュにも変更が可能であり、グレージュは上品で優雅な室内を作り出している。

リヤシートは、荷物の多いときなどにはフォールドダウンすることが可能。一席だけフォールダウンすることも可能であるため、長い荷物を載せてもリアシートにあと2人乗ることが出来るのだ。大勢での荷物の多いキャンプや、サーフィンなどでも大活躍しそうだ。

シートアレンジも自由自在、且つシンプルに!

シートアレンジも最大の魅力で、シートはフロントのシートも完全に倒すことが出来るリラックスモードや、助手席をフラットに倒し、リアシートの一席をフォールダウンさせることで生まれる縦長の空間はロングラゲージと呼ばれ、長い荷物も軽く乗せることが可能だ。リアシートにもリヤセンターアームレストを装備することでくつろいでドライブを楽しむことが出来るようになっている。

またメビウスには他にも快適な室内空間を生み出すための工夫があり、アームレスト下に存在する大型センターコンソールボックスにはカップホルダーが4つも装備されている。そしてフロントコンソールやヘッドコンソールがあり、サングラスや財布などドライバーの小物類もすっきり納まるようにもなっているのだ。

メビウスの様々な装備を紹介!!

Bi-Beam LEDヘッドランプ

ダイハツのメビウスには運転を支援する安心の設備が導入されている。その一つがメビウスで標準装備されたBi-Beam LEDヘッドランプだ。車両の姿勢によって照射軸を調整するオートレベリング機能で、走行車や対向車の眩惑防止に配慮している。

ヘッドランプはLEDを採用し、ロービームとハイビームの切り替えが可能。緊急ブレーキシグナルは急ブレーキを掛けると自動的にハザードランプが点滅する機能で、後方車両の追突を未然に防いでくれる。車両接近通報装置は歩行者に接近を伝える発音装置で、オンオフの切り替えが可能だ。

S-VSC機能搭載!!

メビウスが誇る安全装備で特筆すべきは、様々な状況下で安定した走行と操縦性をアシストするS-VSC機能だ。カーブでのオーバランや突然の飛び出しによる横滑り、さらに悪天候下でのスピンと言った操作が難しい状況でも電動パワーステアリングとVSCやABSなどのブレーキ制御が機能する。

これにより車両を安定させ、駆動力配分と操舵トルクの操作がアシストされるため、事故を未然に防ぐことができる。S-VSCはこうした安全装備や機能を協調させるシステムでメビウスの安全性に寄与しているのだ。

その他の装備も充実

メビウスは室内空間の快適さを追求し、乗り心地の良さや使い勝手の良さを実現している。ワンダイヤルエアコンディショナーコントロールはエアコンの7段階風量調節、設定温度切替、吹き出し口切替を一つのダイヤルで簡単に操作できる機能だ。これによって、エンジン停車中でも室内を快適な温度に保つことが可能だ。

また室内にはAC100Vのアクセサリーコンセントがあり、パソコンや電子機器の充電も快適に行えるようになっていて、停電や災害時にも便利な機能だ。インテリジェントパーキングアシストは、駐車空間認識機能やバックガイドモニター機能のことで車両を最適な位置に誘導してくれる。

ダイハツメビウスのバリエーション、価格

ダイハツのメビウスには好みによって選べる様々なグレードがある。S “L Selection”ではオーバーベッドコンソール、デッキアンダートレイといった装備が追加されメーカー希望小売価格が2,479,091円で、S “Touring Selection”はさらにリヤセンターアームレストなどが付いて2,931,709円だ。

ボディーカラーはそれぞれ9色から選ぶことが可能で、内装色もブラックやクレージュをはじめ豊富なバリエーションから設定できる。インテリアの装備もオプションで追加できるのもメビウスの特徴だ。

関連する投稿


ホンダのシャトル改良新型発表は5月10日予定!シャトルってどんな車?

ホンダのシャトル改良新型発表は5月10日予定!シャトルってどんな車?

ホンダは3月21日、マイナーモデルチェンジを予定しているコンパクトステーションワゴン『シャトル』に関する情報を、ウェブサイトで先行公開しました。マイナーモデルチェンジの正式発表は5月10日予定です。ホンダのシャトルとはいったいどんな車なのか、改めて確認していきましょう。


ダイハツ トール!価格・中古価格 試乗評価 内装 燃費 カスタムグレード情報ほか

ダイハツ トール!価格・中古価格 試乗評価 内装 燃費 カスタムグレード情報ほか

ダイハツのトールは、トールワゴンタイプのコンパクトカーです。小型乗用車ではありながら、軽自動車と同等の取り回し、そして広い空間が売りの車です。また、トヨタのルーミーやタンク、スバルのジャスティは兄弟車にあたります。そんなトールの価格・中古価格 試乗評価 内装 燃費 カスタムグレード情報等についてまとめています。コンパクトカー購入を迷っている方はぜひ。


ダイハツの軽トールワゴン&SUV キャスト 価格・ 試乗評価・燃費ほか

ダイハツの軽トールワゴン&SUV キャスト 価格・ 試乗評価・燃費ほか

ダイハツの軽、キャスト。キャストは「生活を彩る自分仕様の軽自動車」をコンセプトに開発されました。軽トールワゴンタイプのキャストスタイルとキャストスポーツ、そしてSUVタイプのキャストアクティバという3タイプがあります。本記事ではそんなキャストについて価格・ 評価・燃費など様々な角度から見ていきます。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【2月20日更新】


4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

雪道などでスリップしづらい4WDには様々な種類があり、その特徴や仕組みを知っておけば車を買い替えるときなどにも役立ちます。本記事では四駆のお勧めハイブリッド車・軽自動車・スポーツカーをそれぞれ2~3車種ずつ紹介しています。更にそれぞれの車種の特徴やセールスポイント、車種情報、スペック等についても記載しています。


最新の投稿


レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

レジアスエースの新車・中古車価格・スペック・燃費・評価は?

トヨタのレジアスエースは、トヨタで生産、販売されているキャブオーバー型のバンです。ハイエースの姉妹車で、1999年に発売されました。2004年には現行モデルの2代目レジアスエースが発売されています。本記事ではレジアスエースについてご紹介します。


車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

車中泊もできる大空間のダイハツ ウェイク|価格や燃費を徹底解説

テレビCMでもよく見かけるダイハツの軽トールワゴン「ウェイク」は高い性能で注目を集めている車です。ウェイクの数ある長所の中でも特に注目されている部分は「車中泊もできる」と言われている室内容積の広さでしょう。今回はウェイクの気になる特徴や燃費をご紹介します。ぜひ購入にあたっての参考にしてください。


アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

マツダとの技術協力によって、生み出されたアバルトの「124スパイダー」の性能から燃費、中古価格などをまとめてみました。


レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

レクサスの超ラグジュアリーSUV LXの内装画像まとめ

高級車レクサス。そのレクサスの中でもかなりラグジュアリーなSUV、それがLXです。本記事ではそんなLXの内装画像をまとめました。LXを購入検討している方、レクサス最高峰のSUVの内装がどうなっているのか気になるという方はぜひ本記事を読んでみてください。


アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C/スパイダー 性能・価格・中古価格・試乗評価ほか

アルファロメオの4C(フォーシー)とは、イタリアの自動車メーカーであるアルファロメオが製造をしているミッドシップのスポーツカーです。アルファロメオ初のミッドシップの量産市販車でもあります。クーペタイプと、スパイダーのタイプがあります。本記事ではそんなアルファロメオの4C・スパイダーの性能・価格・中古価格・試乗評価についてまとめています。