トップへ戻る

ダイハツメビウス 人気ハイブリッド車を詳しく紹介!

ダイハツメビウス 人気ハイブリッド車を詳しく紹介!

メビウスはダイハツの発売する人気ハイブリッド車で、優れた走行性能と共に揺るぎない安全性を確保している。最新の運転アシストシステムや車庫入れや縦列駐車をアシストするステアリング機能を装備、さらにバックガイドモニターもあるので安心して運転できる車だ。そんなメビウスについて今回はまとめた。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツメビウスとはどんな車なの?

主な特徴

メビウスはダイハツが販売する人気のハイブリッド車で、優れた低燃費を実現しながら快適な静粛性を持っている。エンジンとモーターの効率的な切り替えで伸びのある加速を実感でき、室内空間も2列シートにこだわっていることもあり、広々としたデザインだ。

長時間の走行でも疲れを感じない快適さを追求している。またフォルムは優しさと爽やかさを感じさるデザインで見る者を魅了するだろう。メビウスには気持ちを落ち着かせる日常的な雰囲気がありながら、室内インテリアや走行性能で非日常も感じさせる心地よい刺激がある。

ダイハツメビウスのかっこいいエクステリアデザイン!


ダイハツのメビウスの外観は、流れるような曲線と流麗なフォルムが特徴的だ。ボディーのサイズは、全長4615ミリ、全幅1775ミリ、全高1575ミリとなっており、広い室内空間を確保している。室内の2列シートを備えた5名の乗車定員で全席がゆとりのある設計になっていて、また前席の視界の良さやキャビン性能に優れている点も高く評価できる。

メビウスのボディーカラーは9色から選ぶことができ、内装色と共に豊富なバリエーションとなっている。落ち着いたカラーや爽やかさを感じさせるカラーなど好みに合わせてアレンジすることが可能なのだ。

ダイハツメビウスのエンジンシステム

メビウスはモーターとエンジンを最適な効率で組み合わせることで静粛性と走行性能を実現している。車体の前方には1.8Lエンジンと昇圧コルバーター付パワーコントロールユニット、そして発電用モーターと起動用モーターを搭載している。

また車体の後方にはニッケル水素バッテリーを搭載することで低排出ガス車として国土交通省の認定を受けていて、エンジン音や振動を感じさせないハイブリッドならではの静かさと、スムーズな走りと力強い加速を実感できるシステム出力100kwを達成しているのだ。

燃費は26.2km/lと超優秀!!

メビウスはハイブリットシステムによって可能になった圧倒的な低燃費を達成している。「平成32年度燃費基準+40%」をクリアし、走行燃費は26.2km/lを誇るほどだ。環境に配慮した走行状態であることや、エネルギーの回収、充電状況を瞬時に知らせるセンターメーターが運転席に取り付けられ、必要な情報を確認しながら伸びやかな走りを楽しむことができる。またセンターメーター内には、ハイブリットシステムインジケーター、始動後平均車速や平均燃費を知らせるTFT マルチインフォメーションディスプレイもあり、4方向スイッチで表示を簡単に切り替えることが可能である。

ダイハツメビウスの車内空間

とにかくラゲッジスペースが使い易い!

メビウスのラゲッジスペースは非常に広々としており、その大きさは通常時で荷室の最小幅は約995mm、最大幅が約1580mm、荷室長は約985mmもあるのだ。容量は通常時で535Lであり、これは通常時でも9.5インチのゴルフバッグを4個も楽に積み込める広さで、荷物の多いお出かけには最適だ。

また、リアシートをフォールドダウンすることで1070Lも確保することが出来、荷物の大きさや容量に合わせて自由に対応することが可能。そしてラゲッジスペースの床をとりはずすと、さらなる収納スペースであるデッキアンダートレイが現れる。シート部分にもたくさんの収納スペースが備えられ荷物を気にすることなくゆったりとしたドライブが楽しめそうだ。

贅沢な性能を持つシート

メビウスの搭乗人数は最大5人です。室内は実に快適な空間でそれぞれのシートに十分なゆとりを持たせ、5人全員が広々した空間を保てるように設計されている。内装は通常はブラックでまとめ上げられ、ブラックの中にアクセントを作り出すシルバーがキリッとしたシャープな印象を見せ、非常にクールな室内だ。グレージュにも変更が可能であり、グレージュは上品で優雅な室内を作り出している。

リヤシートは、荷物の多いときなどにはフォールドダウンすることが可能。一席だけフォールダウンすることも可能であるため、長い荷物を載せてもリアシートにあと2人乗ることが出来るのだ。大勢での荷物の多いキャンプや、サーフィンなどでも大活躍しそうだ。

シートアレンジも自由自在、且つシンプルに!

シートアレンジも最大の魅力で、シートはフロントのシートも完全に倒すことが出来るリラックスモードや、助手席をフラットに倒し、リアシートの一席をフォールダウンさせることで生まれる縦長の空間はロングラゲージと呼ばれ、長い荷物も軽く乗せることが可能だ。リアシートにもリヤセンターアームレストを装備することでくつろいでドライブを楽しむことが出来るようになっている。

またメビウスには他にも快適な室内空間を生み出すための工夫があり、アームレスト下に存在する大型センターコンソールボックスにはカップホルダーが4つも装備されている。そしてフロントコンソールやヘッドコンソールがあり、サングラスや財布などドライバーの小物類もすっきり納まるようにもなっているのだ。

メビウスの様々な装備を紹介!!

Bi-Beam LEDヘッドランプ

ダイハツのメビウスには運転を支援する安心の設備が導入されている。その一つがメビウスで標準装備されたBi-Beam LEDヘッドランプだ。車両の姿勢によって照射軸を調整するオートレベリング機能で、走行車や対向車の眩惑防止に配慮している。

ヘッドランプはLEDを採用し、ロービームとハイビームの切り替えが可能。緊急ブレーキシグナルは急ブレーキを掛けると自動的にハザードランプが点滅する機能で、後方車両の追突を未然に防いでくれる。車両接近通報装置は歩行者に接近を伝える発音装置で、オンオフの切り替えが可能だ。

S-VSC機能搭載!!

メビウスが誇る安全装備で特筆すべきは、様々な状況下で安定した走行と操縦性をアシストするS-VSC機能だ。カーブでのオーバランや突然の飛び出しによる横滑り、さらに悪天候下でのスピンと言った操作が難しい状況でも電動パワーステアリングとVSCやABSなどのブレーキ制御が機能する。

これにより車両を安定させ、駆動力配分と操舵トルクの操作がアシストされるため、事故を未然に防ぐことができる。S-VSCはこうした安全装備や機能を協調させるシステムでメビウスの安全性に寄与しているのだ。

その他の装備も充実

メビウスは室内空間の快適さを追求し、乗り心地の良さや使い勝手の良さを実現している。ワンダイヤルエアコンディショナーコントロールはエアコンの7段階風量調節、設定温度切替、吹き出し口切替を一つのダイヤルで簡単に操作できる機能だ。これによって、エンジン停車中でも室内を快適な温度に保つことが可能だ。

また室内にはAC100Vのアクセサリーコンセントがあり、パソコンや電子機器の充電も快適に行えるようになっていて、停電や災害時にも便利な機能だ。インテリジェントパーキングアシストは、駐車空間認識機能やバックガイドモニター機能のことで車両を最適な位置に誘導してくれる。

ダイハツメビウスのバリエーション、価格

ダイハツのメビウスには好みによって選べる様々なグレードがある。S “L Selection”ではオーバーベッドコンソール、デッキアンダートレイといった装備が追加されメーカー希望小売価格が2,479,091円で、S “Touring Selection”はさらにリヤセンターアームレストなどが付いて2,931,709円だ。

ボディーカラーはそれぞれ9色から選ぶことが可能で、内装色もブラックやクレージュをはじめ豊富なバリエーションから設定できる。インテリアの装備もオプションで追加できるのもメビウスの特徴だ。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


【ちょうどいい軽】ダイハツ ムーヴの全方位的魅力で高コスパな車選び

【ちょうどいい軽】ダイハツ ムーヴの全方位的魅力で高コスパな車選び

販売台数ではスーパーハイトワゴンが躍進を続けているからといって、全ての軽自動車ユーザーにあれほどのゆとりが必要とは限りません。ハイトワゴンやトールワゴンと呼ばれるジャンルに属するムーヴは、ゆったりくつろげる室内空間を持ちながらも、低重心・軽量で俊敏な走りや低燃費も備えた魅力的な軽自動車です。流行に流されないあなたにこそぜひ知ってほしい、ムーヴの魅力をご紹介していきます。


時代を拓いたダイハツ タント!なぜ販売不調? 格安中古相場にも注目

時代を拓いたダイハツ タント!なぜ販売不調? 格安中古相場にも注目

軽自動車らしからぬ広々さが人気のスーパーハイトワゴンは、ダイハツ タントがブームの火付け役でした。現在では軽自動車の中でもド定番にまで成長した同ジャンルですが、パイオニアであるタントの人気は、強大なライバルに比べるとやや下降気味の様子。どんな背景がそうさせるのか、タントの魅力は薄れていないのかを詳しくご紹介していきます。お買い得な中古車相場も大注目です。


売れまくりダイハツ ロッキー、人気の理由は?!性能や装備を大解剖

売れまくりダイハツ ロッキー、人気の理由は?!性能や装備を大解剖

20年以上の空白期間を経て2019年に復活したダイハツ ロッキーですが、発売されるやいなや即座に大ヒットモデルに成長しています。SUV人気の真っ只中という自動車市場で、小型で扱いやすいサイズというヒット要因はあるものの、ここまで売れるからには、他にもロッキーならではの魅力がたくさんあるはず。ロッキーを徹底分析したこの記事を読めば、あなたもが欲しくなってしまうかもしれません。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。