トップへ戻る

オイルシールとは何?交換が必要になるパーツや修理費の目安

オイルシールとは何?交換が必要になるパーツや修理費の目安

車検や修理の項目でオイルシールというものを見たことがあるかもしれません。小さなゴムの部品ですが、エンジンがスムーズに動くのに大切な役割を果たしています。大きくはない部品でも工賃が高くなっていることもあります。ではそもそもオイルシールとはどのような部品なのか、車で使われている部分や修理について解説しましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


オイルシールとは?

《写真提供:response》モンキー ステーターコイルASSY用オイルシール

オイルシールとは、機械部品の中にあるオイルが漏れないようにしながらも、機械がスムーズに動くようにするためのものです。

エンジンなどの機械部品には、オイルが使われている部分が多くあります。たとえばイメージしやすいのはエンジンオイルでしょう。エンジンがスムーズに動くためには、金属同士の摩擦を減らしてくれたり、温度を下げてくれたりするオイルが欠かせません。

回転したり交互に連続して動いている部分では、一度油をさすだけでなく、充填したオイルが漏れださないようにしなければいけません。機械部品が回転したり、動いている部分にあるのがオイルシールです。

車の部品としてのオイルシールは、主にオイルが漏れないように防ぐ役目を負っていますが、他にもさまざまな機械において、液体やガスの漏れ防止などにも利用されています。他の役割として、エンジン内に空気やホコリが入らないように防ぐ役割もあります。

オイルシールの構造

《写真提供:response》オイルシールの構造

オイルシールは、金属とゴムが主な材料になっています。リングの中にコイルばねが入っていて、ゴムを押し出す力が加わっています。機械部品の摩擦する部分にオイルが充填されており、その部分にオイルシールを取り付けて、オイルが漏れないように、そして部品がスムーズに動作するようにしてくれます。

回転部に押し付けるばねや、回転部に直接触れるリップ、またオイルシールを本体に固定するはめあい部などに分かれています。

部品とオイルシールが接している部分は、シールリップと呼ばれる部位です。部品と接触しており、内部のコイルスプリングが機械部品に押し当てて、隙間をなくしてくれます。リップ部分の弾力性とコイルの圧力のバランスで、摩擦を減らしながらオイルが外に漏れないようにします。

ダストリップと呼ばれる部分は、リップ先端を密封する役割を持っており、ホコリが中に入ってこないようにする役割もある部分です。

オイルシールの役割

《写真提供:response》NOK(イメージ)

車の部品で使われているオイルシールは、主に回転用のものが多いです。オイルシールは軸と穴を組み合わせるときに使います。オイルシールと機械部品は、部品にわずかな隙間が空いており、ここにオイルが入るのです。

わずかな隙間にオイルが入っていることで、金属とゴムが食いついて動かなくなるのを防ぎます。薄い膜が回転などによって、潤滑するので摩耗を防いでくれるのです。

これらの作用は、オイルシールのばねが部品を押し出す力と、リップのたわみ反力によって構成されています。エンジン内部からのオイルの漏洩防止と、エンジンの潤滑性の確保にオイルシールの役割は欠かせません。

車でオイルシールが使われている部位と修理費

《写真提供:response》キャデラック オイルシール

ここから車のエンジンでオイルシールが使われている部分の例と、交換した場合の費用の目安を見ていきましょう。

カムシャフトオイルシール

カムシャフトの部分にあるオイルシールからオイル漏れを起こした場合に交換します。

ピストンの上下方向の動きを回転運動に変換しているのがクランクシャフトで、クランクシャフトの動きに合わせてバルブの開閉をしているのがカムシャフトです。エンジンの中でも重要なシャフトの接続部分にあるオイルシールが劣化すると、オイル漏れを起こします。

カムシャフトはタイミングベルトを外す必要があるので、一般的にはタイミングベルトの交換と同時に交換すると工賃の節約になります。10年、もしくは10万kmを目安に交換するとよいでしょう。

部品自体は小さなもので金額も高くないですが、たくさんの部品を外す必要があるので、費用は3万円~となります。タイミングベルトの交換と同時にすることをおすすめします。

クランクフロントオイルシール

クランクシャフトのオイルシールでも、タイミングベルト側にあるものです。こちらもタイミングベルトを交換するタイミングであるなら、工賃を節約できます。

また部品を外すので、工賃も高くなるのが特徴です。交換費用は、タイミングチェーンを使用しているのか、それともタイミングベルトなのかによっても異なります。工賃の目安は1万円~です。

クランクリアオイルシール

クランクシャフトのオイルシールですが、これはミッション側のオイルシールです。ミッションを取り外してから交換するものなので、手間もかかりますし、工賃もかかる部品交換になります。

AT車でもMT車でもミッションを下ろしてから作業しますので、工賃も3万円~の高い費用です。さらに同時にミッションのオーバーホールをするなら、追加で費用が必要です。

オイルポンプのオイルシール

オイルポンプのオイルシールですが、車種によってはタイミングベルトを外さなければアプローチできません。交換する部品は安いのですが、工賃が高くなります。

タイミングベルトを交換したタイミングで、同時に交換するとよい部品です。

オイルシールって絶対に交換が必要なの?

オイルシールが使われている部分と交換費用の目安をご紹介しました。10年10万kmを超えている車体などで、少しだけオイル滲みがある場合には、交換すべきなのか迷っていることもあるでしょう。

たとえば、今回の車検は通しても、次回の車検までに買い替えを検討しているなどのケースです。オイルシールは小さな部品ですが、交換のために取り外さなければならない部品が多くなることもあり、工賃まで含めると負担は小さくありません。

もし近いうちに乗り換えも検討しているなら、添加剤を入れてみるのもよい方法。添加剤には、オイルシールの弾力を回復させる効果があり、オイル漏れを止めることも期待できます。

もちろん、根本的な解決はオイルシールの交換です。しかしとりあえずの処置をしたいのであれば、添加剤を検討してみることもできるでしょう。

ワコーズ EPS エンジンパワーシールド オイル上がり・下がり・漏れ防止剤 E171 280ml E171 [HTRC3]

まとめ

オイルシールは、オイルがエンジンから漏れるのを防ぎ、スムーズに回転するのを助けてくれる部品です。交換するときには、タイミングベルトを外す必要があるものが多く、部品代は安くても工賃が高くなるケースが多いです。場合によっては添加剤を利用するなどして、オイル漏れ対策をするとよいでしょう。

最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。