目次へ戻る

故障してからでは遅い!意外と知らないウォーターポンプを徹底解説!

故障してからでは遅い!意外と知らないウォーターポンプを徹底解説!

みなさんはウォーターポンプをご存知でしょうか。知らない人も多いかと思います。また、知っている人でもどういった仕組みで動いていて、どういった役割があるのかわからない方もいるかと思います。この記事では故障する前に知っておくべき重要な部品について、故障の原因や交換方法をご説明いたします。


ウォーターポンプって何?

ウォーターポンプとは何なのかわからない方もいるかと思います。
以下ではブレーキオイルの役割、また仕組みと構造についてご説明します。

ウォーターポンプの役割

まず、自動車に搭載されているエンジンはずっと燃料が燃えています。ですので、エンジンはとても高い温度になっています。温度が高温のままだと、アルミ・鉄が使われているエンジンは溶けてしまい、オーバーヒートと呼ばれる症状を起こしてしまいます。エンジンが高温になるのを防ぐために、エンジン近くにパイプを取り付け、そこに水を流します。

こうすることによって、エンジンを冷やし温度の上昇を防ぐことができます。このポンプ水を循環させ、エンジンを冷却することによってオーバーヒートを防ぐ役割を担っている装置を「ウォーターポンプ」と言います。

似たような役割を持つラジエーターと呼ばれる装置がありますが、こちらはウォーターポンプの冷却水をさらに冷やすことができるものになります。

ウォーターポンプの仕組みと構造

ウォーターポンプの構造と仕組みは、以下の5つから成り立っています。

フランジ

ウォーターポンプを動かすたもの部分を搭載した部品です。プーリーと呼ばれる部品によって、ファンベルト・タイミングベルトを回転させています。

シャフトベアリング

回転しているウォーターポンプの軸を支える部分になっています。このシャフトベアリングに異常が起こるとウォーターポンプ自体が正常に動くことができないため、重要な役割を担っています。

ボディ

ボディはアルミでできており、ウォーターポンプを構成する部分です。

メカニカルシール

ウォーターポンプの外側と内側を遮る部分にです。これが劣化してしまうと、外側から冷却水が漏れてきてしまいます。

インペラー

冷却水を送り出しウォーターポンプから送り出す部分です。この部品が壊れてしまう、腐食して欠けてしまったりしてしまうと冷却水を送り出すことができないため、非常に大切な部品になっています。

この5つの部分からウォーターポンプは成り立っています。

ウォーターポンプの故障例とその原因

ウォーターポンプの役割について上記でご紹介したところで、次はウォーターポンプの故障について、3つの具体例を交えながら触れていきます。

ウォーターポンプが故障するとどうなるのか

ウォーターポンプが故障してしまうと、エンジンを冷却することができなくなるため、オーバーヒートを起こしてしまいます。スピードメーター付近のインストゥルメント・パネルの水温計に「H」の警告ランプがつきます。エンジンからは水蒸気が上がり、油の焦げ付く臭いがします。

故障例1)水漏れ

水漏れの原因は、劣化した冷却水によりメカニカルシールとシャフトベアリングの劣化を早めてしまうためです。水漏れを確認する場合は以下の方法があります。
・エンジン下に赤や緑の冷却水が滴っている。
・2〜3週間で冷却水の残量が減っている。
・水漏れの量が多いと、冷却水の匂いがする。
・冷却水が乾燥し、白く固まっている。
こういった症状がある場合は、冷却水を交換しましょう。

故障例2)異音

ウォーターポンプが異常を起こすと異音がします。「キイキイ」、「キーン」といった高音や「ウォー」のような低い音がします。また「ガラガラ」といった異様な機械音がすることもあります。他の異音がありますが、多くの場合はこのような音がします。これらのような音がする場合は、まだエンジンには支障が起きていない状態ではありませんが異常をきたしているため、早期の交換をおすすめします。

故障例3)オーバーヒート

ウォーターポンプが故障してしまうと、エンジンを冷却する役割を果たせなくなるため、オーバーヒートを起こします。オーバーヒートとはエンジンが高音になり、エンジンが機能しなるなどの障害を起こしてしまいます。エンジン内の燃料が燃え、エンジン自体を溶かしてしまいます。エンジン修理には、ものすごい費用がかかります。そのため、こうなってしまう前にウォーターポンプを直しましょう。

ウォーター交換方法とかかる費用について

ウォーターポンプの寿命

ウォーターポンプには、寿命があります。ウォーターポンプ自体の寿命は長いのですが、だいたい10万kmで交換することをおすすめします。

一般道を走る程度の方なら、年数に変えるとだいたい10年くらいになります。ですが、劣化・故障には個体差があります。なぜ、10万kmの走行距離で交換することが良いかと言われると、ウォーターポンプ近くにあるエンジンの吸気と排気のタイミングをコントロールする部品である「タイミングベルト」の寿命が10万kmだからです。そのため、ウォータポンプの交換はタイミングベルトの交換と同時に行うとをおすすめします。

ウォーターポンプと同時にタイミングベルトも交換

基本的には、ウォーターポンプはエンジンの前方についていて、さらにその前方にはタイミングベルトがついています。他には、ウォーターポンプ自体がタイミングベルトによって作動させられているものもあります。ですので、ウォーターポンプの交換を行うためには、タイミングベルトを外してから交換しなければなりません。タイミングベルトの役割として、バルブ・ピストンを動かすタイミングを調整するという役割を持っています。バルブ・ピストンを動かすといった重要な役割を担っているタイミングベルトなので、取り外しや組み立てには最新の注意が必要です。タイミングベルトのみを交換しても、ウォータポンプの交換も必要になると、またタイミングベルトを外す必要があります。こういったことにより、ウォータポンプの交換はタイミングベルトの交換と同時に行うべきです。

ウォーターポンプの交換方法

ウォーターポンプの交換手順は、以下の通りです。

・ウォーターポンプ内の冷却水を取り除く
・ラジエーターを外す
・タイミングベルトを外す
・新しいウォーターポンプを取り付ける
・部品を元の場所に取り付ける
・冷却水を入れ直す
・冷却水内の空気を抜く作業をする

上記でもご説明した通り、タイミングベルトの取り付け・取り外しには細心の注意が必要になります。手順を少しでも間違えてしまうとエンジンが破損してしまったり、オーバーヒートを起こす危険性があります。ですので、エンジン付近の交換をする場合には、業者に交換をしてもらうことをおすすめします。

ウォーターポンプの交換にかかる費用

ウォーターポンプ自体の値段はおおよそ1万円です。ですが、車種・メーカーによって前後します。さらに、整備工場やディーラーで交換をした場合は工賃・技術料がかかりますので、1万5000円~2万円となります。車の構造、エンジンの構造により、作業量が変わってきますので車種・メーカの違いで変わってきます。さらに、タイミングベルトを同時に交換する場合には、タイミングベルト自体の値段、工賃・技術料も別途でかかります。

ウォーターポンププライヤーとは

ウォーターポンプフライヤーとは、配管工事・水道工事等で使われている工具のことです。配管工事・水道工事には欠かせない工具となっています。物を掴む・回すといった使い方ができるので、ナットやカップリングの締め付けの際に使われます。通常のプライヤーと違い、柄の部分が長いので、力が込めやすくなっているので壁や床等の作業しづらい場所でも重宝します。口開きは5段階広げることができます。また、スプリングがついているものやドライバーがついているもの、溝がついているものもあります。

まとめ

この記事では、まずウォーターポンププライヤーとは何かという基本からご説明しました。
ウォーターポンププライヤーは、ポンプ水を循環させ、エンジンを冷却することによってオーバーヒートを防ぐ役割を担っている装置であることを知っていただけたでしょうか。

それを踏まえ、今回ウォーターポンプが故障したらどうなってしまうのか、また交換方法と費用の順番にご説明しました。ウォーターポンプの故障はオーバーヒートを起こし、大事故を招く可能性があります。10万km以上走行している場合は交換を検討してみてください。

関連するキーワード


豆知識 メンテナンス

関連する投稿


【意外と知らない】エンジン警告灯の点滅の原因と対処法を徹底解説

【意外と知らない】エンジン警告灯の点滅の原因と対処法を徹底解説

車を運転している際に突如点灯するエンジン警告灯。そもそもエンジン警告灯とはなにか、正しい対処法としてどうすべきかを知っておく必要があります。エンジン警告灯が点滅している際の原因と対処法をしっかりと把握して焦ることなく対処出来るようにしておきましょう。


軽自動車の定員は?┃4人乗りだけじゃない!シートベルトやチャイルドシートの装着等紹介

軽自動車の定員は?┃4人乗りだけじゃない!シートベルトやチャイルドシートの装着等紹介

皆さん、軽自動車の最大定員は何人かご存じですか?「そんなの知っているよ!」という答えが聞こえて来そうですが、今回は、乗車人数の正しい数え方と、違反してしまったときの罰則などを詳しくお伝えしていきます。


【運転免許】小型特殊自動車免許 完全ガイド|取得方法や費用、税金など

【運転免許】小型特殊自動車免許 完全ガイド|取得方法や費用、税金など

小型特殊自動車と聞くと、聞きなれないという人も多いかもしれません。この免許は主に農耕用の車両などで必要となる免許です。今回は、小型特殊自動車免許の取得方法や費用、原付、税金などを解説していきます。


排気ブレーキの仕組み・構造・使い方を解説!

排気ブレーキの仕組み・構造・使い方を解説!

普通車を運転している方にとって「排気ブレーキ」というワードには馴染みが無いかと思います。排気ブレーキとはトラックやバスなど、主に車両重量3.5トン以上の車に装備されている補助ブレーキの1つです。 この記事では排気ブレーキの仕組みや構造、使い方などをご紹介しております。


【クランクシャフト】エンジンの重要パーツ クランクシャフトを解説!

【クランクシャフト】エンジンの重要パーツ クランクシャフトを解説!

「クランクシャフト」は、車を動かすために重要なパーツです。 エンジン内のピストン運動は、このクランクシャフトを通し回転エネルギーに変換され、車は推進力を得る事ができます。 この記事では、クランクシャフトに関する構造や担っている役割、起こりうるトラブルなどを説明しています。


最新の投稿


【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

気になる情報が入ってきました。レクサスが2020年をめどに自律走行技術を搭載した新型スポーツ、もしくはラグジュアリーモデルを開発している可能性があるとのこと。最新情報をまとめています。


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。