トップへ戻る

ETCの挿しっぱなしに要注意!夏場のカードの取り扱い

ETCの挿しっぱなしに要注意!夏場のカードの取り扱い

高速道路に乗るときにETCカードを忘れないように挿しっぱなししている方もおられるでしょう。しかし実はETCカードに関するトラブルが夏に多く発生します。車内の温度も高温になりがちな夏場は、ETCカードの取り扱いに注意しないと、思わぬトラブルになることもあります。そこで今回の記事ではETCの夏場の取り扱いに関して注意したい点を取り上げましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


夏場にETCカードを入れたままにすることがある

ETC

ETC

ETCカード入れたままにしていると、トラブルになることがあります。車外から見えないところにETC車載器があることから、車内に挿しっぱなしにしている方もおられます。しかし基本的にETCカードを取り出さないのはおすすめできません。

夏場に家族で出かけるときに、抜いたETCカードをどこに置いたのか忘れてしまったり、カードを持ってくるのを忘れてしまったりすると面倒なので車内に置いている方もおられます。

しかし防犯上の理由もありますが、なにより夏場は車内も高温になるので熱によってトラブルが発生するのです。クレジットカード機能があるカードもあることから貴重品として持ち歩くことをおすすめします。

夏場のETCカードに起因するトラブルについてさらに詳しく見ていきましょう。

夏にETCカードのトラブルが発生する要因

ETCカード

ETCカード

夏場になるとダッシュボードの温度は約70度になるともいわれ、車内は非常に高温になります。エンジンを停止したまま日光にさらされていると、どうしても車内の温度がが上昇するのは避けられません。

ETCカードはICチップもついており、熱の影響を受けやすいものです。ETCの車載器が設置されている場所によっても温度は変わりますが、それでも高温にならない場所にETCカードを置かないようにと注意されています。

純正の状態でETC車載器が装着されているなら、熱の影響を受けにくい場所にあることでしょう。しかしダッシュボードの近くにあると、熱の影響を受けることからカードが読み取れないなどのトラブルになるのです。

ETCカードやETCのトラブルが起きる例

ETCカード 車載器

ETCカード 車載器

ETCカードや車載器のトラブルが起きる例を見ていきましょう。主に夏場に起きるトラブルが多いです。

車載器が動かなくなる

稀なケースですが、熱によって車載器が動かなくなることも考えらえます。車載器はある程度の熱に耐えられるように設計されています。しかし車内が非常に高温になって、想定外の熱になると、車載器の故障も考えられるでしょう。

一般的に車載器は外から見えない場所に設置されることが多く、熱が直接的な原因となって故障することは考えにくいものです。しかし後付の車載器でダッシュボードに置くタイプであれば、熱に気を付けておきましょう。

カードが変形する

熱による影響で大きなものとして、カードが変形してしまうものがあります。一般的にカードが対応している温度は約50度。ダッシュボードの上では、真夏になるとさらに高温になることも考えられます。

対応温度以上になってしまうと、カードが変形してしまい、うまく認識できなくなるのです。カードが破損してしまうと、カードが読み取れないので使えなくなります。カード会社に連絡して、カードの交換・再発行が必要でしょう。

カードが変形してしまうと再発行の手続きを取る必要があり、再発行に伴う手数料や手間が発生してしまいます。高温になる車内にETCカードを置いたままにすると、このような弊害が発生するのです。

ICチップが故障する

ETCカードを車内に放置しておくとICチップが故障することもあります。夏場のETCカードのトラブルは主にICチップが故障するものです。

一般的にICチップ使用されている半導体は、炎天下で通電されなければ問題ないのですが、熱収縮で破壊されてしまうことがあります。ヒビが入ってしまうと、うまく読み取れなくなり、ETCゲートが開かないなどのトラブルになるのです。

ETC車載器などに問題がなくても、カード自体やICチップの部分が破損してしまうと、カード不良に陥ります。この理由から、夏場は特にETCカードを車内に残すべきではないのです。

盗難防止のためにカードを抜く必要がある

パイオニア ETCユニット

パイオニア ETCユニット

夏場かどうかに関わらない点ですが、盗難防止という観点でもカードは抜いておくべきでしょう。車内に放置したままでは、カードの盗難の危険性があるからです。

カードが紛失されていることに気が付けば、カード会社に連絡をしてカードの停止をしてもらえます。しかし不正利用された後では高額な費用が発生する可能性もあるのです。

特にETCカードでもクレジット機能付きのカードでは、別の用途で不正利用されている可能性もあり、この場合補償はないことが多いでしょう。なぜなら、ETCカードを車載器に入れっぱなしにしていることは、重大な過失とみなされる可能性が高いからです。

放置されたETCカードは、本人が適切に管理していない状態と判断されるからです。もちろんETCカードは身元が割れる情報が残ることから、高速道路代で不正利用されることは少ないでしょう。しかしクレジットカード機能がついているなら、不正利用される危険性はゼロではありません。

不要なトラブルを避けるためにも、ETCカードを車内に放置したり、入れっぱなしにしたりしないようにしましょう。

車載器がうまく動作しないときの対処法

ETC車載器

ETC車載器

ETCカードを挿入しているのに、うまく認識されないなどトラブルが発生しているときはどう対処すればよいでしょうか?まずは他のETCカードを試してみて、その後車載器の故障を疑うことができます。

他のETCカードを試してみる

挿入されたETCカードのデータが読み出せないのでエラー表示されている可能性があります。ETCカードの向きが間違っていないか、再度確認してみて、それでもエラー表示が消えないのであれば他のETCカードを試してみるとよいでしょう。

ETC車載器の故障ではなく、たまたまカードの読み取りエラーが発生していることも考えられます。他のカードを挿入してみると、何も問題なく読み取りできることもあるでしょう。ただし、同じカードでも頻繁にエラーが出たり、読み取りできなかったりすると、車載器本体の故障の可能性があります。

他のETCカードを試したくても持っていないときには、車屋などにお願いしてETC車載器の故障ではないかの確認ができます。

ETC車載器のクリーニングをする

ETCカードがうまく読み取りできずに、車載器が動作しない原因として、ETC車載器が汚れていることもあります。車載器自体が汚れていると、ETCカードの読み取りが遅くなったり、読み込みエラーが発生したりします。

読み取りエラーが発生したときには、車載器の接点をクリーニングしてみましょう。カードタイプの接点クリーナーも市販されているので、定期的にクリーニングします。カードを挿入してもすぐに読み取りできないときには、接点が汚れている可能性もあるので、クリーニングしておきましょう。

ETCカードのクリーニングをする

ETC車載器がうまく動作しない原因に、ETCカードの汚れがあります。熱で変形する他に、ICチップが汚れてしまってETCカードが読み取りできないことも考えられます。この場合には、乾いたやわらかい布で丁寧に拭きましょう。

薬品を使用してしまうと、カードが変質したりICチップ部が故障したりするので、取り扱いに注意します。日頃の汚れが蓄積されてしまうと、チップの読み取りができずに、故障のような症状になることもあります。うまく動作しないときには、カードのクリーニングをしてみましょう。

まとめ

夏場にETCカードを車載器に入れっぱなしにしていると、予期せぬトラブルに発展することがあります。ETCカードの変形やICチップの不良など、様々なトラブルの原因になるだけでなく、盗難の危険性も少なくありません。

適切にETCカードを管理するためにも、車外に出るときにはETCカードを抜く習慣を身に付けておきましょう。

関連するキーワード


豆知識 お役立ち情報 ETC

関連する投稿


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。


初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

自動車保有台数は年々増えている統計があるのに、数が減りつつあるガソリンスタンド。また以前のようなフルサービス店はどんどん少なくなってきており、「近所のガソリンスタンドは全部セルフ式」なんて方も多いのでは。慣れていないと戸惑ってしまうセルフ式ガソリンスタンドですが、コツさえ押さえればスムーズに便利に利用できます。ポイントごとにご紹介していきます。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。