トップへ戻る

インロックとは?鍵トラブルの原因と対処法!

インロックとは?鍵トラブルの原因と対処法!

すぐに車に戻ってくるので鍵を挿したまま車外に出ると、車がロックしてしまったという経験があるかもしれません。車の中に鍵があるのに施錠されてしまうインロック。キーレスが普及していますが、インロックが起きてしまうケースはあります。今回の記事ではインロックしてしまった場合にどのような対処法があるのかご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


インロックとは?

車 キーレス

車 キーレス

そもそもインロックとは何でしょうか? 簡単にいうと車内に鍵を入れたまま閉めてしまうことです。 キーレスが普及していますが、それでも車の中に鍵を閉じ込めてしまうシーンがあります。

以前の車ではキーレスがないので、車のドアに鍵を差し込んで施錠する必要がありました。鍵を取り出さなくても施錠する方法として、ドアノブを引きながら、ドアをロックする習慣があったのです。そこで、車内に鍵が残っているのを確認せずにロックしてしまうと、インロックしてしまいました。

電子キーが普及している昨今でも、人為的ミスによってインロックが多発しています。 例えば電子キーのトランクの開閉ボタンでリアゲートを開けます。その後荷物を出し入れしてから、荷室にキーがあるのにゲートを閉めてしまうのです。

車種によってはトランクオープンとドアロックが連動しておらず、その場合ドアもトランクも開けることができなくなり、インロックしてしまうケースが考えられます。

スマートキー

スマートキー

その他の例として、エンジンを停止させてカバンの中に鍵を入れているのですが、何らかの拍子にリモコンキーの施錠ボタンが押されます。車の外にいるのに、中から施錠されてしまいインロックしてしまうのです。

電子キーであれば直接ドアを操作して施錠することが少ないので、インロックとは無縁に感じます。しかし年間でも数多くの件数の救援依頼があります。 JAFの2019年のデータでも、約15万件の出動がキー閉じこみが理由でした。

外から操作することが多い電子キーでも、注意していないならインロックしてしまうことも考えられます。

インロックを起こしやすい人

スマートキー

スマートキー

そもそも使い方によってはインロックを起こしやすい人もいます。車から急いで降りたり、鍵を身に付けずに車から離れてしまったりすると、ふとした拍子にインロックされてしまうのです。

インロックの可能性を念頭に置き、普段から鍵を身につけるようにしておくと、インロックしてしまって焦ることも少ないでしょう。

例えばエンジンをかけたまま荷物を持ち運んだり、休憩のために少しだけ車を離れたりするのはインロックする可能性があるシーンです。どちらも鍵を持たずに車外に出てしまうので、ちょっとしたタイミングや拍子で鍵がかかってしまいます。

どのような場合でも鍵を持って車外に出るという習慣がないと、インロックしてしまう可能性があるのです。

インロックが起きる原因

スマートキー

スマートキー

インロックを避けるには、どのような原因があるのかを理解しておくとよいでしょう。 スマートキーが一般的になっていますが、なぜインロックが起きてしまうのか、主な原因をご紹介しましょう。

スマートキーの電池がない

スマートキーの電池がないことはインロックしてしまう原因となります。スマートキーの場合には、常に電波を飛ばしていますが、電池が無くなってしまうと、当然として電波もなくなります。電池の容量が少なくなると、強い電波を発することができなくなって電波が届かなくなることもあり、鍵が近くにない状態と認識されて施錠されるのです。

車が電子キーの電波を受信して自動で施錠や開錠をするスマートキーでは、電池が少なくなるとインロックの危険性が高まります。

スマートキーの電波が遮断

スマートキーの電波が遮断されてしまうことも、インロックが起きてしまう原因となりえます。スマートキーの仕組みは鍵から電波が発せられ、車体が電波を受信することでロックを解除します。スマートキーの電波がその他の電波やノイズによって妨害されてしまうと、車体が電波を受診できず勝手にロックされてしまうことがあるのです。

強い電波が発生しがちな発電所やスマートフォンのそばなど、電波干渉しがちなところでは注意しましょう。電波を発生しないものでも、金属製のものと一緒にしていると電波が遮断されることもあります。

電波の範囲外に鍵がある

車内にスマートキーがあれば電波が受信できるので問題ないと感じることもあるでしょう。しかしススマートキーの電波を受信できる範囲は均等ではなく、車内や車外を問わずとも電波の範囲外になることもあります。

車内のどこにおいても電波が届くと勘違いをして、 端のほうに鍵を置いたときに、電波が届くなくなり施錠されることはあり得ます。

子どもが施錠する

子どもを車内に残したまま、親が車外に出たタイミングで、子どもが誤って施錠してしまうこともあります。このままリモコンキーの使い方を理解せずに、何をしてしまったのか分からず、ドアを開けるここともできないという状態に陥ります。子どもの手が届く範囲に鍵を置いたままにしてしまうと、インロックの可能性があるのです。

鞄の中に入れていても、物を取り出そうとしたタイミングでリモコンキーを押してしまうこともあるでしょう。鍵の使い方を理解していない小さな子どもの場合、誤って施錠してしまうことは考えられます。

インロックを開ける方法

JAF

JAF

インロックしてしまった場合、どのような方法で車の鍵を開けることができるでしょうか?


  • スペアキー
  • JAF
  • 修理業者

いずれかの方法で開けることができないか、冷静に判断するとよいでしょう。

スペアキーで開ける

1番確実な方法はスペアキーで開けることです。その場ですぐに開錠はできませんが、職場や自宅にスペアキーがあるなら、取ってきてからドアを開けます。スペアキーが保管されている場所によりますが、家族や知人に連絡して一度自宅や職場に戻り、スペアキーで車を解錠します。

ただし外出先が遠方だったり、家の鍵まで一緒にインロックしてしまったりする場合は別の対処法を考える必要があるでしょう。 いずれにしても、スペアキーを使ってドアを開ける方法が費用がかかりませんので、家族などに連絡してスペアキーを持ってこれないか考えてみましょう。

JAFを呼ぶ

外出先が遠方の場合や、家族や友人にスペアキーを取ってもらうことが困難な場合はJAFなどのロードサービスに依頼します。JAFの会員になっているのであれば、無料でキー閉じ込みの救援を依頼できます。

夜間や一般道で依頼できるので、どの時間帯でも依頼できるのは心強いです。会員が依頼すれば、会員の車でなくても対応してくれるので、友人の車に乗車しているときのトラブルでも問題ありません。もし会員でないのならばキー閉じ込みの依頼は、15,230円です。

ロードサービスに依頼する

JAF以外にもロードサービスを提供している会社はありますので、キー閉じ込みの救援依頼ができます。例えばガソリンスタンドのクレジットカードに、ロードサービスがついている場合があります。さらに自動車保険でロードサービスがついている場合もあるでしょう。

車のパンクやバッテリー上がりだけでなく、キー閉じ込みにも対応しているものも多くああり、作業スタッフが対応してくれます。ロードサービスの種類によっては、盗難防止装置がついていたり、特殊な電子キーだったりすると無料の範囲を超えることがあります。

ロードサービスに依頼する前に、愛車のキーの場合に費用がいくらになるのか確認しておくと良いでしょう。

業者に依頼する

JAFやその他のロードサービスに依頼できない場合に、業者に依頼することを考慮できます。出張鍵屋などの業者は、車の鍵に合わせて開錠してくれます。料金は業者によって、また車種によって異なりますので、確認が必要です。
 
鍵開けのプロである業者に依頼すれば、問題なく開けることができるでしょう。注意点として、外車や珍しいタイプの鍵の場合には、業者でも対応できないこともあるということです。事前に対応できる車種なのか問い合わせてみましょう。

インロックを防ぐ方法

スマートキー

スマートキー

インロックを防ぐためにできる対処方法を見てみましょう。日頃から対策しておくことで、インロックを避けられます。

身体から鍵を離さない

大前提として車から離れるときには、鍵を持っていることがあります。インロックは車の鍵を手元に持っていないのに、施錠されてしまうということ。鍵が手元にあれば、開錠できるので問題ありません。

すぐに戻るからといって鍵を挿したままにせず、手元に持っておくのです。もちろんスペアキーを持っておくのもよいことでしょう。自分だけでなく家族の誰かがスペアキーを持っていると、鍵がかかってしまっても別のスペアキーで解錠できるからです。

もちろんスペアキーを持っているなら、スペアキーが無くなる可能性もあります。無くさないように十分注意しておきましょう。

早めに電池を交換する

早めに電池交換することのインロックを防ぐ方法です。既述したようにスマートキーなどは電波が弱くなってしまうと、必要な電波を車体が受信できなくなります。電池が弱くなってしまう前に交換しておくと、意図せずインロックしてしまうこともないでしょう。

鍵を施錠しなくても、電池自体は消耗してしまうものです。電池の残量を確認できるタイプもあるので、定期的に電池の状態を確認しておきましょう。

スマートキーを保管する場所に気をつける

スマートキーを保管する場所に気をつけるのも対策です。子どもが誤ってスイッチ押してしまいそうな場所や、鞄の中でスイッチが押されないようにしておきます。車内でも電波が届きにくい場所には注意が必要です。

またスマホと重ねて置いたり、金属の近くにスマートキーを置かないようにしたりもできるでしょう。

スペアキーを作っておく

スペアキーを作っておくのも大切です。すでにスペアキーがあるのであれば問題ありませんが、もしスペアキーがないのであれば複製しておきましょう。通常のキーであれば安いですが、スマートキーなどは高額になりがちです。

まとめ

キーレスが普及して、インロックすることが少なくなったと感じるかもしれませんが、意外とインロックするケースは多くあります。この記事で取り上げたように十分注意して保管すること、またインロックしてしまったときにはJAFやロードサービスに依頼できないか、確認してみることをおすすめします。

関連するキーワード


豆知識 お役立ち情報

関連する投稿


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。


初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

自動車保有台数は年々増えている統計があるのに、数が減りつつあるガソリンスタンド。また以前のようなフルサービス店はどんどん少なくなってきており、「近所のガソリンスタンドは全部セルフ式」なんて方も多いのでは。慣れていないと戸惑ってしまうセルフ式ガソリンスタンドですが、コツさえ押さえればスムーズに便利に利用できます。ポイントごとにご紹介していきます。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。