トップへ戻る

新型車情報|新型エクリプスクロスが大人気!走りとカッコ良さを解説!

新型車情報|新型エクリプスクロスが大人気!走りとカッコ良さを解説!

2020年12月に大幅改良を発表し、同日より発売された三菱のコンパクトSUV「新型エクリプスクロス」が大人気で、評価も非常に高くなっています。今回はそんな新型エクリプスクロスの人気の理由とスペック、そして中古車相場をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


三菱 エクリプスクロスとは

三菱エクリプスクロス改良新型

2018年3月、三菱自動車のクロスオーバーSUVラインアップに新たに加わったエクリプスクロスは、アスリートがクラウチングスタートから走り出す瞬間を表現したという、これまでの三菱車にはないSUVとクーペスタイルを融合した新デザインのSUVとして登場しました。

デザインではさらに、薄くシャープなLEDデイタイムランニングライトとLEDターンランプが上部に、ヘッドライトやフォグランプを下部に備えることで精悍なイメージとなっています。そして後方の視認性を高めるために、リヤガラスがニ分割されたダブルウィンドウ式が採用されていました。

エンジンは発売当初、新開発のダウンサイジング直列4気筒1.5L直噴ターボのみの設定で、優れた燃費性能とクリーンな排出ガス特性を両立させ、1.5Lながらも2.4L自然吸気エンジンを凌ぐ中低速トルクを発揮しています。

さらに2019年6月には、三菱4WDの本命ともいえる380N・m の大きなトルクを発生させる直列4気筒2.2Lクリーンディーゼルターボエンジンが搭載されました。

そして2020年12月の大幅改良では、クリーンディーゼルターボエンジンとリアのダブルウィンドウを廃止することになります。

大幅改良で大変身したエクステリア

三菱 エクリプスクロス PHEV

三菱 エクリプスクロス 改良前モデル ディーゼル車

エクリプスクロスは、大きな特徴だった前後のオーバーハングを切り詰めたプロポーションから、そのオーバーハングを延長し、デザインにも手が加えられました。

理由としては、PHEV仕様に追加されるコンポーネントを収めるためのスペース確保と、荷室容量の拡大要求の声に応えるために、前後オーバーハングを延長したということです。その延長の合計は140mmにもなります。

マイナーチェンジ前のエクリプスクロスのリアはダブルウィンドウを採用したために腰高感がありましたが、新型ではシングルウィンドウになって、クーペSUVらしさがより際立っています。

マイナーチェンジでここまでデザインが変わるのは異例のことですが、新型エクリプスクロスの大本命はパワーユニットの変更にあります。それがPHEV(プラグインハイブリッド)モデルの設定とクリーンディーゼルエンジンの廃止です。

PHEVの新設定とクリーンディーゼルの廃止

三菱 エクリプスクロス 改良新型のPHEVモデル

新設定されたPHEVは、「アウトランダーPHEV」のシステム同様ツインモーター4WD方式を採用し、前後の高出力モーターと大容量の駆動用バッテリー、そして2.4Lエンジンによってエクリプスクロスに最適化したPHEVシステムを搭載しています。

モーターで駆動する「EV走行モード」、エンジンで発電した電力で駆動する「シリーズ走行モード」、モーターがエンジンをアシストする「パラレル走行モード」の3つのモードがあり、走行状況に応じて自動的に切り替わります。

さらに、車両運動統合制御システムS-AWCを採用し、より細かい精度で走行性能を高めています。

57.3km(WLTCモード)のEV航続距離の性能と、充電にかかる時間は、AC200V/15Aの普通充電で満充電まで約4.5時間、急速充電では80%まで約25分で充電できます。

【三菱エクリプスクロスPHEV】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,545mm×1,805mm×1,685mm
ホイールベース2,670mm
最大乗車定員5名
車両重量1,900~1,920kg
エンジン種類直列4気筒2,359cc
最高出力94kW(128PS) /4,500rpm
最大トルク199N・m (20.3kgf・m) / 4,500rpm
モーター型式 前/後
S61/Y61
最高出力 前/後
60kW(82PS) /70kW(95PS)
最大トルク 前/後
137N・m (14.0kgf・m) / 195N・m (19.9kgf・m)
ハイブリッド燃費(WLTCモード)16.4km/L
充電電力使用時走行距離57.3km
交流電力量消費率(WLTCモード)213Wh/km
総電力量13.8kWh
駆動方式
2WD 4WD
(2021年3月現在 三菱自動車公式サイトより)

えっ?ディーゼルは廃止!

新型エクリプスクロスでは、PHEVモデルを設定するにあたって、クリーンディーゼル車は廃止されました。ディーゼル車は2019年6月に追加されたばかりで、2020年12月に廃止したわけですから、販売されていた期間はわずか1年半という短期間でした。

このタイミングでなぜディーゼル車を短期間で廃止したのでしょうか。各種報道によると、欧州を中心にディーゼル離れが進んでいる現在、電動化への対応に迫られることで、開発の効率化や生産効率を求める必要があることが理由とされています。

【三菱エクリプスクロス】消費税抜き車両本体価格


2WD4WD
PHEV M
3,499,000円
PHEV G

3,775,000円
PHEV P

4,070,000円



1.5ガソリンターボ M2,301,000円
2,501,000円  
1.5ガソリンターボ G2,607,000円
2,807,000円   
1.5ガソリンターボ G Plus Package
2,842,000円
3,042,000円  
(2021年3月現在 三菱自動車公式サイトより)

1.5Lターボモデルだって魅力満載

1.5Lターボエンジン

2020年10月15日からの予約注文では、8割が新たに設定したPHEVモデルであったように、新型エクリプスクロスにおいてはPHEVモデルに人気が集中しています。しかし、デビュー当時から設定されている1.5LターボモデルもPHEVモデルに負けない魅力があります。


直列4気筒1.5L直噴ターボエンジンは、レスポンス良く立ち上がるパワフルな加速フィーリングと、燃料噴射を緻密にコントロールする直噴システムと傘中空ナトリウム封入排気バルブを搭載したことで、1.5Lエンジンでありながら2.4LNAエンジンを凌ぐ中低速トルクが特徴になります。

さらに、INVECS-III 8速スポーツモードCVTは8速クロスレシオ設定より、エンジンのポテンシャルをフルに引き出し、ステップシフト制御とパドルシフトの採用によりダイレクトな加速フィーリングを実現しています。

また、PHEV車より最大最大で470kgも軽い車両重量により、SUVとしての優れた操作性を備えています。そして何よりエントリーグレード同士の比較でPHEV車より約120万円も安い車両価格が1.5Lターボ車の魅力といえます。

【三菱エクリプスクロス1.5Lターボ】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,545mm×1,805mm×1,685mm
ホイールベース2,670mm
最大乗車定員5名
車両重量1,450~1550kg
エンジン種類直列4気筒1,498ccターボチャージャー
最高出力110kW(150PS) /5,500rpm
最大トルク240N・m (24.5kgf・m) / 2,000~3,500rpm
燃費(WLTCモード)12.4~13.4km/L
駆動方式
2WD 4WD

(2021年3月現在 三菱自動車公式サイトより)

エクリプスクロス中古車相場

2018年式 三菱エクリプスクロス

新車では、ディーゼル車は廃止されているので、中古車でしか選べません。ディーゼル車は完成度の高いモデルなので、中古車で選ぶならディーゼル車狙いでもよいでしょう。しかし、販売期間が短いので流通する台数が少なく、高価格になっているのが悩み事です。

【三菱エクリプスクロス】中古車相場
生産期間中古車平均価格(消費税込み)
2020年12月~生産中
429.0万円
2019年12月~2020年11月生産モデル
279.8万円
2019年10月~2019年11月生産モデル
280.0万円
2018年12月~2019年9月生産モデル
253.2万円
2018年3月~2018年11月生産モデル
216.9万円

(2021年3月現在 レスポンス中古車検索より)

まとめ

新型エクリプスクロスとエクリプスクロスPHEVをご紹介してきました。電動化に向けた自動車メーカーの取り組みは予想以上に早く、一気にEVとはいかなくてもPHEVを導入するモデルはますます増えてくるでしょう。

その中でもエクリプスクロスPHEVは性能やデザインで一歩抜きんでた存在です。次の車を検討する際にぜひこの記事を参考に、エクリプスクロスPHEVも候補に入れてみてください。

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。