トップへ戻る

マツダ6|マツダのフラッグシップに相応しい品格が魅力!中古車情報も

マツダ6|マツダのフラッグシップに相応しい品格が魅力!中古車情報も

マツダのフラッグシップシリーズとしてセダンやワゴンなどを展開しているマツダ6。今回はマツダ6の特徴や魅力などについてご紹介します。またセダンモデル、ワゴンモデルそれぞれの特徴や、旧モデルにあたるアテンザに関しても併せて紹介します。価格や中古車市場価格などについても触れるのでぜひ参考にしてみてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダ6とは?

さまざまな自動車メーカーがもっとも力を入れるモデルといえば、やはりフラッグシップです。もちろん時期によって変化することはありますが、フラッグシップモデルはメーカーの顔でもあります。

それだけに自信を持って世に送り出されることになるのです。トヨタならクラウン、ホンダならレジェンドといった形で、メーカー名とフラッグシップモデルの名前がすぐに一致するという方も多いでしょう。

マツダのフラッグシップモデルとして長年にわたってメーカーの顔役を果たしてきたモデルが、アテンザです。
そんなアテンザが新たな名前で生まれ変わりました。それがマツダ6です。もともと、マツダは海外ではモデル名ではなくナンバー表記でさまざまな車を販売してきました。そこで、国内市場のモデル名も統一したという形になります。

慣れ親しんだ名称が変更することに違和感を覚える方も多いでしょう。そこにはどのような意図があるのでしょうか?
今回は、マツダのフラッグシップモデルであるマツダ6について詳しく紹介するとともに、名前の変更が行われた理由などについてもご紹介します。

マツダのフラッグシップモデル

マツダ6は前述の通り、もともともはアテンザとして2002年に市場にデビューしました。最ミドルクラスのモデルではありましたが、5ドアハッチバックの「スポーツ」とワゴンタイプの「スポーツワゴン」に加えて、高級感のある「セダン」もラインナップされていました。

その後モデルチェンジを経て、2012年に発売された3代目モデルでマツダ独自の新世代技術である「スカイアクティブテクノロジー」を全面採用したモデルとして、フラッグシップという位置づけになりました。

その後、2019年からマツダ6という名称に変更されています。
マツダはこれまでにも多くの名車を生み出してきました。アテンザのデビュー当時もRX7やロードスターといった顔的なモデルが存在しています。しかし、それでも新しい技術を投入したこのモデルをフラッグシップに押し上げたことに、マツダのこだわりを感じます。

これまでもマツダはロータリーエンジンをはじめとしてさまざまな新技術を生み出し、市場に投入してきました。アテンザにおけるスカイアクティブテクノロジーも過去の素晴らしい技術と並ぶものとして世に送り出されたのです。

マツダ6セダン

マツダ6にはいくつかのモデルが展開されており、中でもベースとなるのがこのマツダ6セダンです。近年のマツダらしいヨーロピアンな雰囲気を感じさせる、スタイリッシュなセダンに仕上がっています。

もちろんアテンザ時代から導入されているスカイアクティブテクノロジーは健在で、非常に高い走行性能を誇ります。純粋なスポーツモデルという立ち位置ではなくなりましたが、まだまだデビュー当時のアテンザの遺伝子はしっかりと残されていることを感じさせてくれます。

マツダ6ワゴン

アテンザにも2代目モデルまではハッチバックモデルが存在しましたが、現在の3代目になって廃止されました。それと同時にワゴンタイプのモデルは「アテンザワゴン(2019年以降はマツダ6ワゴン)」に名称が変更されています。

ステーションワゴンは近年の日本では市場規模が縮小され、存在感が薄れつつありますが、ヨーロッパなどでは依然として高い人気を誇ります。海外市場で高い評価を受けているマツダらしいラインナップであるといえるでしょう。

マツダ6セダンとは共通する部分が多いように思えますが、実はホイールベースの長さなども異なっています。加えて車内空間の広さや使い勝手を高めるためのさまざまな工夫が施されており、非常に完成度の高いワゴンに仕上がっています。

アテンザ=マツダ6?

マツダ6の旧名称であるアテンザは、長く日本市場で愛され続けた名称です。その他にもマツダではアクセラやデミオといった非常に高い知名度を誇ったモデル名を、ブランド名+数字へと変更しました。

世間に浸透した名前を変更することには、当然ながらリスクがあります。これまで、広告戦略などを行って知名度を高めてきた名前をリセットすることになるのです。では、どうしてマツダはモデル名の変更を行ったのでしょうか。

そこには、マツダというブランドを強化したいという意図があるとされています。モデル名ではなく、ブランドで選ばれるメーカーになりたいという想いが込められているのです。

実際、このコンセプトは近年のデザインなどにも見られます。多くのモデルでフロントグリルデザインのモチーフを統一したりカタログ上のすべてのモデルのカラーを統一したりするなど、モデルよりもブランドを全面に押し出す形になっています。

長年マツダ車に慣れ親しんできた方にとっては、慣れるまで少し違和感が残るかもしれませんが、これがこれからのマツダのスタンダードとなるのかもしれません。

マツダ6の魅力

マツダ6というモデルに興味を抱いているものの、具体的にはどんな車なのかわからないという方も多いかもしれません。

続いては、マツダ6というモデルの魅力について詳しくご紹介します。

高級車と呼ぶに相応しい質感

マツダ6の実車を見ると、最初に驚くのが質感です。近年のマツダでは多くのモデルでエクステリア、インテリアの両方の質感を高めています。そんな中マツダ6はフラッグシップと呼ぶに相応しい、最上級クラスの高い質感を備えています。その質感を見るだけでも、マツダが本気で作った高級車だということを感じることができるでしょう。

ただ、高級車とはいっても極端にラグジュアリーなスタイルを選択しているわけではありません。どちらかというと落ち着いた雰囲気を身にまとっています。このあたりの質感の高さと落ち着きのバランスが絶妙といえるでしょう。

スタイリッシュかつエレガントなデザイン

デザインもマツダ6の大きな魅力のひとつとなっています。全体的にスタイリッシュなシェイプにまとめられていますが、フロントグリルは大きめでとても迫力があります。加えてボディサイドの曲線がエレガントさを与えており、このモデルならではの大きな魅力となっています。

フロントグリルやボディサイド周りのデザインなど、他のモデルにも共通するデザインとなっていますが、やはりマツダ6はその頂点に立つフラッグシップモデルだけあって、より強い存在感を放っています。「このモデルをベースとして他のマツダ車がデザインされていったのでは?」と錯覚してしまうほどに、完成度の高いデザインです。

アテンザから受け継がれたマツダの遺伝子

前述の通り、マツダ6の前身モデルであるアテンザは、もともとスポーティさをアピールしたモデルとして開発されました。現在のマツダ6にもその遺伝子はしっかりと受け継がれており、パワートレイン、足周り、空力性能などが非常に高いレベルで設計されており、非常に安定した走行を楽しむことができます。

マツダ6へと名前は変わりましたが、アテンザはしっかりと生きていると感じさせてくれるポイントです。

スポーティな走行も楽しめるパワー

マツダ6には最新のスカイアクティブテクノロジーが投入されており、非常にパワフルな走行を楽しむことができます。本格的なスポーツ走行を楽しみたいという方も満足することができるでしょう。

さまざまなシーンにおいて安定した走行が可能なので、ロングドライブでも疲れにくいという点も魅力的です。

マツダ6の価格

車の購入を検討する際に、大きなポイントとなるのが価格です。そこでここでは、マツダ6の新車価格や中古市場価格などについてご紹介します。

マツダ6の購入を検討している方は参考にしてみてください。

マツダ6の新車価格

マツダ6はガソリンエンジンモデルとディーゼルエンジンモデルに分けられます。まず、ガソリンエンジンのベースモデルは2,630,000円(税抜)です。そしてディーゼルエンジンのベースモデルは2WDが3,010,000円(税抜)、4WDが3,230,000円(税抜)となっています。

ベースグレードのモデルで300万円近い価格となるという点は、さすがフラッグシップモデルといったところです。しかしデザインの素晴らしさやエクステリア、インテリアの質感の高さ、そしてスカイアクティブエンジンの性能を考えるとコストパフォーマンスは決して悪くありません。

フラッグシップモデルというと割高なイメージを抱いてしまう方も多いかもしれませんが、マツダ6はコスパにも優れたモデルとなっています。

マツダ6の中古市場価格

マツダ6という名称に変更されたのは2019年のマイナーチェンジ後です。そのため、マツダ6という名称のモデルはそれほど中古市場には出回っていません。価格もそれほど安くはありませんので、中古車だからといってそれほどお買い得感はないでしょう。

新車価格と比較してもそれほど大きな差はありませんので、状態のいい中古車を探すのであれば、新車価格としっかりと比較した上で検討することをおすすめします。

コスパ重視なら旧モデルのアテンザも視野に

コスパを重視するのであれば、名称が変更される前のアテンザもおすすめです。アテンザの3代目モデルは基本的にマツダ6とほぼ同じです。そのため名称にこだわらないのであれば、アテンザ時代の中古車を探してみましょう。

またマツダ6とはスタイルも異なりますが、初代、2代目アテンザはかなり安価なものも多いので、より安く購入したい場合は選択肢に加えてみましょう。

まとめ

マツダ6はマツダのフラッグシップモデルとして、メーカーの顔的な役割を担うモデルです。最新の技術が投入されているのみでなく、デザインなども非常に優れている魅力的な車に仕上がっています。

まだマツダ6という名称に変更されてから間もないことから、名前を聞いてもピンと来ないという方も多いかもしれません。しかし実は歴史も長く、信頼性も抜群なのでこれから車の購入を検討しているのであれば、候補に加えてみてください。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタの北米戦略車「アバロン」ってどんな車?日本でも購入は可能?

トヨタの北米戦略車「アバロン」ってどんな車?日本でも購入は可能?

トヨタが北米を中心に販売している高級セダン「アバロン」。2021年モデルがアナウンスされました。今回はこのアバロンについてどんな車なのかをご紹介していきます。


マツダ6は内装かっこいい?日本のかっこいいセダンを詳しく解説!

マツダ6は内装かっこいい?日本のかっこいいセダンを詳しく解説!

日本のかっこいいセダン、それがマツダ6です!そして、マツダ6はインテリアも超素敵!本記事では、そんな内も外もかっこいいマツダ6をご紹介します。


【実はコスパが良い?!】マツダ3 セダンの魅力やライバル車との比較!

【実はコスパが良い?!】マツダ3 セダンの魅力やライバル車との比較!

コンパクトなセダンが欲しい、そうお思いのあなた!マツダ3がおすすめです!ライバルのカローラとも比較して見ていきましょう。


【超お買得】マツダの中古車ガイド、おすすめ車種3選!

【超お買得】マツダの中古車ガイド、おすすめ車種3選!

クルマは欲しいけど、新車は高いし・・・と思っているアナタ!大丈夫です!我々にはマツダの中古車があります!マツダのクルマはデザインがカッコいいので、古いクルマには見えない!という素晴らしいメリットがあります!一緒にお買い得なマツダの中古車を探していきましょう!


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。