トップへ戻る

マツダ CX-30の評価は?オーナーさんは満足してる?SNSで探ってみた!

マツダ CX-30の評価は?オーナーさんは満足してる?SNSで探ってみた!

ぶっちゃけ、マツダ CX-30を購入したオーナーさんは、クルマに満足してるんでしょうか?オーナーさん達の本音が見えるSNSを探って見ましょう!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


オーナーさんの本音を探るには、SNSが一番!?

最近のクルマはどのモデルもすごく出来が良くなっており、ライバルに対して決定的にダメなクルマなんて、もうなくなってしまいました。そのため、クルマを買う時に参考にする自動車ジャーナリストさん達の試乗記事は、どのクルマも「とても良くできている!」と言う評価になりがち。

しかし、最近のクルマって本当によく出来ているから、自動車ジャーナリストさん達も「イイものはイイ!」って書かないと、ウソついちゃう事になってしまいますよね。

そんな時に頼りになるのが、SNS。SNSには様々なクルマを実際に乗っているオーナーさん達が、いろんな投稿をしています。実は、オーナーさん達が投稿したSNSって、今からそのクルマを買おうかなって検討している人にとっては、情報の宝庫なんです。

オーナーさん達は、誰にも忖度する必要はありませんかから、率直に自分の感じたことを投稿しています。それは、愛車自慢だったり、燃費のレポートだったり、時には自分のクルマへの厳しいコメントもあったります。こんなオーナーさん達の生の声って、スゴく貴重ですよね。実際に乗ってる人が感じたことだから、説得力がありますよね。

今、大人気のCX-30。そのCX-30を愛車にしているオーナーさん達の声を探って、CX-30の本当の姿を探ってみましょう!

マツダ CX-30、気になるオーナーさん達の満足度は!?

《写真撮影 中野英幸》マツダ CX-30 SKYACTIV-X

スタイリングには大満足!

CX-30の特徴は、なんと言ってもオーナーさん達のスタイリングに対する満足度の高さ!CX-30のオーナーさんの多くが、自慢の愛車の写真をSNSにアップしています。

やっぱり、CX-30はかっこいいクルマだから、オーナーさんは思わず写真を撮りたくなりし、写真を撮るとクルマを自慢したくなるんでしょうね!

CX-30のオーナーさん達には、愛車に対する深い愛を感じます!

3人のオーナーさんは、CX-30の眼力に惹かれているようですね!

マツダ3やCX-30は、マツダのシンボルであるシグネチャーウイングとヘッドライトの融合が更に進化して、すごくかっこよくなってますよね!シグネチャーウイングの立体的な造形と、その後ろに控えるヘッドライトのシャープな目つきが、新世代マツダ車独特の存在感を放っています。

クルマを見る時、まずは「顔」に目がいきますから、CX-30はその瞬間に人の心を捉えて離さないかっこよさを身につけているんですね!

写真の撮り方も、クルマ全体を撮るのではなく、ある特定のお気に入りの部分を撮影してアップするなんて、凝ってますよね。凝った写真を撮りたくなるぐらい、CX-30はかっこいい!と言う事なのかもしれません。

あー、わかります、わかります。ガソリンを入れる時にクルマを外から眺めると、「ああ、かっこいいわ〜!」と思えるのは、オーナーさんの至福のひと時ですよね!

ガソリンを入れる時だけじゃなくて、洗車の時にクルマを拭き上げながら、愛車のデザインの細かいディティールに「うぉっ!こんなトコロにまでこだわっているのか!」なんて気づいて、ますます自分の愛車が好きになったりしますよね。

やっぱり、かっこいいクルマというのは正義!CX-30のようなかっこいいクルマを所有していると言うだけで、テンションが上りますよね!オーナさん、本当にいいチョイスをしましたね!

インテリアの満足度も高し!

最近のマツダのクルマのインテリアの質感はヤバいぐらい高いんですが、CX-30の内装に満足しているオーナさんは多いようです。

クルマに乗る時にずっと見ているのはインテリアだから、スタイリングがかっこよくてもインテリアのデザインがダサかったらガックリ来ちゃいますよね。

でも、CX-30だったら大丈夫!徹底的にディティールを煮詰めたかっこいいインテリアがお迎えしてくれますよ!

いいですね!ホワイトのレザーシート!日本車は、年数が経った時の汚れを気にするのか、白の内装の採用例があまり多くありません。

しかし、マツダはホワイトレザーシートの設定にとても積極的!やっぱり、シートやダッシュボードが白だと、室内がパッと明るい雰囲気になって気分がアガりますよね!

他社がやらない事に敢えて積極的にチャレンジして、オーナーさんに新しい価値を提供しようって言うマツダのチャレンジングな姿勢は素晴らしいですよね!

きっと、オーナーさん達もCX-30を通じて、そんなマツダがますます大好きになっていってるんじゃないでしょうか!?

なるほど!新型のヴェゼルと悩まれていたんですね!確かに、CX-30とヴェゼルはガチのライバル。実は、今度のヴェゼルって相当CX-30を意識している感じがあります。インテアリアの雰囲気やデザイン、そして質感まで、先代に比べて一気にレベルアップしました。

やはり、CX-30がこのクラスのSUVのインテリアの基準を一気に引き上げちゃったんで、ライバルのヴェゼルとしては負けられなかったんでしょうね!CX-30やヴェゼルのようなミドルサイズのSUVって最も台数が期待できるカテゴリーなんて、各メーカーともに競争が激しいですね!

ユーザーとしては、各メーカーが頑張ってどんどんいいクルマを出してくれるんで、とても嬉しいですけどね!

最近のマツダのクルマづくりのスゴさは、本当に細部まで神経が行き届いていること。細部までデザインされたインテリアは、日本車のレベルをぶっちぎって高級輸入車のレベルに達しています。

それでいて、マツダのクルマのお値段は、高級輸入車に比べて遥かにお得・・・。安くていいものなんて無い!って言われますけど、マツダのクルマを見てたら「コスパ最強!」って思っちゃいますね!

こちらのオーナーさんは豪華にもBOSEサウンドシステムをオプションで付けられています!素晴らしいですね!実は、CX-30は標準仕様でも最初っから8スピーカーが付いてくる、サウンドにこだわったクルマでもあります。

それなのに、お値段はライバルと比べてメチャメチャ高いと言う訳でもありませんから、こっちのポイントでもマツダのクルマのコスパはスゴイんです!

キャンプのお供にも大活躍!

いいですね〜、CX-30でキャンプ!

CX-30は荷室の容量もしっかり確保されていますから、キャンプの相棒にもってこいですね!ご家族や仲間でキャンプに行くのは、本当に楽しいですよね!

なるほど〜。CX-30の荷室は430Lのスペースを確保しているとカタログには書いてありますが、装備の多い冬キャンプだと結構ギリギリになっちゃうんですね。

でも、なんとか荷物を全部飲み込んでいるから、CX-30はキャンプの相棒としても相当使えるクルマなんですね!

ドライブにもピッタリ!

CX-30でのドライブ、楽しそうですね!CX-30みたいにカッコいいクルマだったら、ドライブの行き先の素敵な風景と一緒に写真を撮りたくなってしまいなすね。

大人4人がちゃんと乗れて長距離ドライブも得意なCX-30は、ドライブの伴侶にはピッタリですね!

まとめ

《撮影 中野英幸》マツダCX-30

SNSで集めたCX-30オーナさん達の声、いかがでしたか?皆さん、CX-30との生活を楽しんでいるように思えませんでしたか?

SNSは、オーナさんの本音が聞ける有効な情報収集ツール!やっぱり、実際に生活の足にしてみないと気付かない事って、クルマでもいろいろありますよね!

CX-30が気になる方は、ぜひSNSでいろいろ調べてみてはいかがでしょうか。ご自分が気になられているポイントを、オーナーさん達がどう思っているのか、答えが見つかるかもしれませんよ!

関連するキーワード


マツダ 車種情報 CX-30

関連する投稿


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

スポーツカー好きなら誰もが通る日本車の名車、マツダ RX-7は、高性能なロータリーエンジンと唯一無二のスタイルで特に高い人気を誇ります。今回はマツダ RX-7が人気を博した理由と購入時のポイントについてご紹介していきます。


見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

使い勝手の良い車が欲しいけど、見た目も重視したいという方も多いのではないでしょうか。マツダ フレアはそのキュートな見た目だけでなく広々とした室内にはたくさんの便利機能を搭載しています。今回はそのマツダ フレアについて魅力を徹底的に紹介していきます。


マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

2017年12月に発売されたマツダのCX-8は、3列シートのSUVということで注目を集めています。そこで、マツダの看板車種になったCX-8の特長である3列シートを備えたインテリアと荷室の特徴を、グレードごとにご紹介します。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。