トップへ戻る

トヨタ C-HRとは?大人気の運転しやすいコンパクトSUVの決定版

トヨタ C-HRとは?大人気の運転しやすいコンパクトSUVの決定版

世界的に人気のSUV市場ですが、中でも日本で特に高い人気を集めているのが運転しやすいコンパクトSUVです。ここではトヨタを代表するコンパクトSUVのC-HRについて紹介すると共にライバルとなるモデルとの比較も行います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ C-HRとは

≪写真提供:response≫トヨタ C-HR

世界の自動車市場でとても大きな存在感を放っているカテゴリーがSUVです。日本市場でも好調で、多くのメーカーで販売している激戦区となっています。そんなSUVにもさまざまなモデルがありますが、日本で特に人気なのが運転しやすいコンパクトサイズのSUVです。

トヨタもハリアーをはじめとして複数のSUVを展開していますが、コンパクトサイズに抑えられているのが、ライズ、ヤリスクロス、そしてC-HRです。この3つのモデルの中ではもっとも古いモデルですが、発売当初から非常に高い人気を誇るモデルとなっています。

このカテゴリーはホンダのヴェゼル、スズキのクロスビー、マツダのCX-30、日産のキックスなど特に人気モデルが多いこともあって、どれを選ぶべきか悩んでしまいがちです。そんな中でもC-HRは高い人気を維持し続けることに成功しました。

ここではそんなC-HRについて詳しくご紹介します。

コンパクトで運転しやすいクロスオーバーSUV

日本の道路事情などを考えると、やはりコンパクトな車に人気が集まります。軽自動車の人気が高く、普通車でもコンパクトハッチバックが売れ筋です。もともとSUVなどのスポーツ系モデルは大型のものが主流でした。

本格クロスカントリー車であるパジェロやランドクルーザーなどをベースとしたモデルが多いことから、サイズは大きくなってしまいがちだったのです。そんな中、SUV人気にとともにコンパクトサイズのものも増え始めました。

C-HRもそんなコンパクトサイズのSUVのひとつです。3ナンバーサイズで、5ナンバーに抑えられているライズや、コンパクトハッチバックのヤリスをベースとしているヤリスクロスよりやや大きめで、トヨタのコンパクトSUVの中ではもっとも大きなサイズとなっています。なので、5ナンバーサイズは小さすぎてSUVらしくないものの、RAV4クラスになると大きすぎる…そんな方にぴったりなサイズに仕上がっています。

大きすぎず、小さすぎず、絶妙なサイズで運転しやすいという点がこのモデルが人気を集めることができた理由のひとつでしょう。

また、スタイリッシュなデザインも人気を集めている理由のひとつです。SUVといえばワイルドでゴツめのデザインのものが一般的ですが、C-HRは曲線を多用したスタイリッシュなデザインに仕上げられています。一見するとかなり個性的なデザインですが実によく考えられており、アウトドアにもマッチしてしまいます。

C-HRのメリット

C-HRと他のSUVを比較した時に、最大のポイントとなるのはやはりサイズ感でしょう。コンパクトSUVはどうしても存在感がなくなってしまいます。しかし、C-HRはある程度のサイズをしっかりと保っていますので、しっかりとした存在感があり十分な迫力もあります。

また、走行性能の高さもC-HRの魅力のひとつです。スタイルとしてはSUVですがニュルブルクリンク24時間レースにも参戦したことや、ラリーカーとして活用されていることなどからも、走りにも力を入れていることがわかるでしょう。以下で詳しくご紹介しますが、よりスポーティな走行を楽しむことができるGRスポーツモデルがラインナップされているという点もポイントです。

乗り心地の良さもC-HRの売りにしているポイントです。TNGAプラットフォームが採用され、剛性が非常に高く、さらにザックス製のショックアブソーバーを採用することによって、あらゆる路面状況で快適な乗り心地を実現しています。

また、特にハイブリッドモデルは静粛性が高いという点もポイントです。短時間のドライブであればあまり気にならなくても、長時間になるとちょっとした音がストレスになってしまうものです。このモデルは静粛性もとても高いのでロングドライブでもストレスを感じることはあまりないでしょう。

C-HRのデメリット

C-HRのデメリットとして挙げられるのは後部座席の狭さです。大柄な人の場合、前のシートに膝が当たってしまうかもしれません。近年のハイトワゴン系の軽自動車の方が広いほどです。そのため、常に3人以上で乗ることを前提としているのであれば注意が必要です。また、デザインの関係で後部座席の天井が低くなっており、やや圧迫感を感じるかもしれません。

こちらも個性的なデザインと関連していますが、後方視界が狭いという点もデメリットとして挙げられます。窓が小さく、リアに角度がついた設計になっていますので、視界が狭くなっているのです。そのため、C-HRを購入するのであればパノラミックビューモニターなどのオプション追加を検討した方がいいかもしれません。

コンパクトサイズでリアが小さいデザインを採用したこともあって、トランクルームも広いとは言えません。そのため、多くの荷物を積み込む前提の方は注意が必要です。

その他にも細かな点としてはせっかく搭載されているドライブモードの切り替えをワンタッチで行うことができないといった点も上げられます。ドライブモードは状況に応じて素早く切り替えたいものですがC-HRではステアリングのスイッチからメニューを選び、モードを選択するといった手順が必要です。そのため、運転しながらのモードの切り替えは危険が伴いますので基本的にはできないと考えた方がいいでしょう。

C-HRはトヨタのSUVの中でもかなり個性的なモデルとなっています。特に個性的なデザインはこのモデルの大きな魅力となっています。しかし、そのデザインが後部座席の狭さや後方視界の狭さなどの原因になっているという声もきかれます。

もちろん、これらのデメリットは用途によってはそれほど大きなものではありません。なので、これらのデメリットと用途などを照らし合わせながら見当することが大切です。

より本格的なスポーツ走行を楽しめるモデルも設定

トヨタでは人気のモデルによりスポーティな走行を楽しめるGRが手を加えたモデルが設定されています。2020年には定番ハッチバックのヤリスをベースに、久々の純国産スポーツカーに生まれ変わらせたGRヤリスが大きな話題になったのも記憶に新しいところです。

C-HRにもGRスポーツモデルが設定されています。

GRヤリスのように大規模な変更が行われているというわけではありませんが、専用のエアロパーツが装着されており、足まわりがチューンされたことによって、もともと評価の高かった走行性能がさらに向上しています。

GRスポーツモデルにもガソリン車とハイブリッド車の両方がラインナップされています。

C-HRの価格は?気になる燃費もチェック

≪写真提供:response≫トヨタ C-HR

車を購入する際に、大きなポイントとなるのがコストパフォーマンスです。そこで、ここでは新車価格と、中古車市場価格、そして燃費性能などについて詳しくご紹介します。

グレード別の新車価格

C-HRはガソリン車とハイブリッド車の2種類がラインナップされています。ガソリン車のベースグレードにあたる「S-T 6MT 2WD」は2,165,455円(税抜)です。ガソリン車の上位グレードの「G-T CVT 2WD」が2,468,182円(税抜)となっています。

ハイブリッド車のベースグレードの「S」が2,495,455円(税抜)で上位グレードの「G」は2,768,182円(税抜)です。

ガソリングレードとハイブリッドグレードではある程度の価格の開きがあり、同じグレードであっても20万円以上の価格差があります。200万円台のモデルとしてはかなりの差に感じられるかもしれません。

また、GRモデルはガソリン車の6MT 2WD仕様が2,529,091円(税抜)、ハイブリッド車が2,867,273円(税抜)です。GRモデルになるとかなり高価になるモデルも多いですが、C-HRではそれほど大きな差はありませんのでお得感があります。

※価格は公式サイトより(2021年5月時点)

ガソリン

S-T 6MT
2WD:2,165,455円
S-T CVT
2WD:2,195,455円
4WD:2,375,455円
G-T 6MT
2WD:2,438,182円
G-T CVT
2WD:2,468,182円
4WD:2,648,182円
S-T“GR SPORT” 6MT
2WD:2,529,091円
S-T“GR SPORT” CVT
2WD:2,815,000円
4WD:2,739,091円

※2021年5月現在 トヨタ公式サイトより
※価格はすべて税抜き価格です

ハイブリッド

S2,495,455円
G2,768,182円
S“GR SPORT”
2,859,091円

※2021年5月現在 トヨタ公式サイトより
※価格はすべて税抜き価格です

特別仕様車

G-T“Mode-Nero Safety Plus”CVT
2WD:2,468,182円
4WD:2,648,182円
G“Mode-Nero Safety Plus”
2WD:2,768,182円

※2021年5月現在 トヨタ公式サイトより
※価格はすべて税抜き価格です


中古車市場価格

SUV全体の人気が高まっていることもあって、C-HRは中古車市場価格も高値で安定しています。発売からすでに4年ほどが経過していることもあって、ある程度の台数が市場に出ていますが、安いものであっても車体価格で130万円以上が中心です。グレードの高いものや、人気のハイブリッドモデルは150〜200万円オーバーなので、新車価格と比較してそれほどお買い得とは言えないでしょう。

ただ、ここ数年でヤリスクロスやライズなどのコンパクトサイズのSUVが次々と発売されています。これらが中古車市場に出回ると当然強力なライバルとなりますので価格がやや下がる可能性はあるでしょう。特に、サイズが近いヤリスクロスは2020年に発売されており、数年ほどで中古市場に出回るようになると状況は変わるかもしれません。

すぐに購入したいという方は新車との比較検討、そして急ぎではないのであればもう少し市場価格の動きをチェックしてみてもいいかもしれません。

ハイブリッドモデルもラインナップ!気になる燃費性能

長く乗り続けることを考えるのであれば、車体価格だけでなくランニングコストも気になるところです。特に重要なのな燃費です。そこで、ここでは気になる燃費性能をチェックしていきます。

まず、ガソリン車はWLTCモードで14.3〜15.9km/Lです。そしてハイブリッド車は25.0〜25.8km/Lとなっています。

比較的新しいモデルで、サイズがコンパクトなこともあり、ハイブリッド車の燃費はかなり優秀な数値となっています。ガソリン車との差も10km/Lほどあります。ガソリン車とハイブリッド車ではかなりの価格差がありますが、コストパフォーマンスを考えるのであればこの燃費の面もしっかりと確認すべきでしょう。

まとめ

≪写真提供:response≫トヨタ C-HR

世界的に人気を集めているSUVの中で、発売以来高い人気を集め続けているモデルのひとつがC-HRです。スタイリッシュなデザインと高い走行性能、ちょうどいいサイズ感などさまざまな魅力の詰まった車となっています。

今回はそんなC-HRのメリット、デメリットなどについてもご紹介しましたので購入を検討している方は参考にしてみてください。

関連する投稿


【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

昨今、各メーカーが最も力を入れてるジャンルの一つであるといっても過言ではないSUV。悪路走破性能に特化した本格クロカンSUVはもちろんのこと、都市型クロスオーバーSUVや高級感溢れるフラッグシップモデル、さらには一風変わったこだわりのデザインの車種まで、国産&輸入のかっこいいSUVを10車種紹介します。


【スライドドアのコンパクトカー】おすすめ車9選!使い勝手良く家族も喜ぶスライドドア車、厳選しました

【スライドドアのコンパクトカー】おすすめ車9選!使い勝手良く家族も喜ぶスライドドア車、厳選しました

軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広く存在していまう。値段も大抵は200万円以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


【2022年上半期】ミニバン販売台数ランキング!今売れてるミニバンはこれだ!

【2022年上半期】ミニバン販売台数ランキング!今売れてるミニバンはこれだ!

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数上位車種をご案内します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきましょう!


【2022年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2022年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2022年10月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2022年最新版】アウディの現行SUV一覧

【2022年最新版】アウディの現行SUV一覧

輸入車の定番と言われるメルセデスやBMWほどには敷居が高くなく、しかし品質イメージはドイツ車であることを主張してくるアウディ。そのアウディから販売されているSUVは7車種もあり、アウディでSUVを購入したいという方は迷ってしまうことでしょう。こちらでは、それぞれのスペックを紹介しています。ぜひ、参考にしてみてください。


最新の投稿


【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

女性が運転していたらより一層かっこいい。そんな車を国内外の多様なジャンルの車から国産車5台、輸入車5台をピックアップしました。貴女に似合うピッタリの一台が見つけてください。


【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

車には様々なボディタイプがありますが、多くの人が車と聞いて最初に思い浮かべる、最もオーソドックスな形状の車がセダンです。最近のセダンは流れるルーフラインでクーペのような美しいデザインも多く、セダンの定義やイメージも時代とともに少しずつ変わってきています。この記事では、現在販売されている新車のセダンで販売台数ランキングトップ5の国産車と輸入車をそれぞれ5台ずつ、計10台紹介します。


【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

昨今アウトドアや車中泊の人気が高まっていますが、気軽に車中泊を始めるなら「軽バン」がおすすめです。もともとは「仕事用」のイメージが強い軽バンですが、実はいろいろな種類があります。この記事では車中泊におすすめの軽バンを5台紹介します。


【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

昨今、各メーカーが最も力を入れてるジャンルの一つであるといっても過言ではないSUV。悪路走破性能に特化した本格クロカンSUVはもちろんのこと、都市型クロスオーバーSUVや高級感溢れるフラッグシップモデル、さらには一風変わったこだわりのデザインの車種まで、国産&輸入のかっこいいSUVを10車種紹介します。


【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

市場には、リセールバリュー(再販価値)の高い車と低い車があります。購入時にリセールバリューの高い車を選べば、新車販売価格は高額であっても、所有期間中に目減りする資産価値、すなわち自分の持ち出し分は意外と少なくなる可能性も。この記事では、リセールバリューの高いおすすめの5車種を紹介します。