目次へ戻る

トヨタ ポルテ 詳細情報一覧

トヨタ ポルテ 詳細情報一覧

スペイドの兄弟車種であるポルテは、使い勝手の良さを追求し、とにかく利便性を追求したコンパクトハッチバック車です。助手席側が電動スライドドアという特徴が、乗降性を高めるとともにコンパクトながらも室内を広く感じさせてくれます。


概要・走行性能

概要・特徴

ポルテは使い勝手の良さを追求し、とにかく利便性を追求したコンパクトハッチバック車でスペイドの兄弟車種です。

この車の特徴的なのが、助手席側が電動スライドドアというところです。通常のコンパクトカーのドアは乗り降りに苦労することもしばしば見られますが、これにより乗降性を高めるとともにコンパクトながらも室内を広く感じさせてくれます。

また、全グレードのアイドリングストップ機能が採用され環境への配慮も考えられています。

デザイン・ボディーカラー

ボディーカラーはシルバーやブラックなどのシックな色から、チェリーパール、シトラスオレンジなどのポップな色まで全9色あります。


可愛らしくもリラックス感のあるデザインにどれにも似合うラインナップです。
そして、まるでリビングにいるかのような居心地の良さを求めるため、地上から約300mmの低床フロアを採用し、お子様やお年寄りはもちろん安心して乗り降りができ、お子様を抱っこしたままでもラクに乗り込むことが出来ます。


ボディーカラーはブラックなどのシックな色からチェリーパール、シトラスオレンジなどのポップな色まで全9色あります。可愛らしくもリラックス感のあるデザインにピッタリなラインナップです。


そんなファミリーにピッタリのポルテは地上から約300mmの低床フロアを採用し、お子様やお年寄りももちろん、お父さんお母さんがお子様を抱っこしたままでも安心して乗り降りが出来る工夫がなされています。

また、高級感を求める方にはStyling Packageがあり、こちらは少しエレガントなカラー・デザインとなっているので色々な方のニーズに合わせてお選びいただけます。

エンジンシステム

ポルテのエンジンにはトヨタが今までハイブリッドの開発で培ってきた可変バルブタイミングを電動モーターで制御するVVT-iEを搭載し、それによりハイブリッド並みの熱効率と静寂性を実現しました。

また、走行性能の特徴として、2WDと4WDオートモードをスイッチひとつで切り替え可能で、オートモード使用時には車両の状態に合わせて切り替わり、坂道や滑りやすい路面の時の加速も問題なくおこなえます。

燃費(JC08モード)

この車の燃費は22.2km/Lとガソリンエンジンではありますがハイブリッド並みの燃費と走りを両立させています。

また、アイドリングストップ機能や燃費や航続可能距離をマルチインフォメーションディスプレイによって運転しながら一目で確認出来るなど、エコ運転を楽しく自然にさせてくれる機能がついています。
エコカー減税の対象車でもあるので、さらにお得に購入可能です。

気の向くままに、思い立ったらすぐに安心して行きたいところへ遠出が出来るのも優れた燃費だからこそ味わえます。

車内空間・収納

ラゲッジスペース

ラゲッジスペースは開口幅が広いおかげで、大きな荷物やたくさんの荷物も出し入れがラクラク。
デッキアンダートレイもあり、荷室容量は5人乗って大荷物を積んでも問題無いぐらいの容量があります。

さらに車内はリヤシートを操作するだけで簡単にアレンジも出来るので、その日の荷物の量や大きさによって手軽に変える事が出来ます。

ご家族や友人などとピクニックに行ったり、お買い物でたくさん買い過ぎてしまった場合など臨機応変に対応してくれるのが嬉しいですね。

搭乗人数・シート

搭乗人数は最大5人乗り。
シートアレンジもあれこれ出来ます。例えば助手席を前に畳んでテーブルにしてお食事をしたり、そのまま前にスライドさせれば、助手席とセカンドシートの間に広いスペースができ、運転手との会話もしやすくなります。

また、運転席・助手席間が広いため、ウォークスルーも余裕で出来ます。前席と後部座席の間も広いためそこも人が通れるぐらいのスペースがあります。

快適性能

ポルテにはカーライフを快適に過ごすための室内装備が充実しています。
意外と大変と思うのがドアの開閉ですが、電動スライドドアで5通りの開閉スイッチがあるのですぐそばにあるスイッチで楽にワンタッチで開閉が可能です。

大きな荷物やお子様を抱きかかえている場合など、挟みこみ防止機能も付いているので半ドアの心配もなく安心して閉めることが出来ます。
また、車内の空気についてはナノイーや花粉除去モード付のオートエアコンを搭載しているので、いつでも綺麗な空気を保ってくれます。

その他にもUVカット機能のついたウインドシールドグリーンガラスになっているので、紫外線をカットし、車内の温度上昇も抑えられるため、エアコンの効率向上をサポートしてくれます。

内装・オプション

ポルテのディスプレイ・メーターはメーター照度コントロールが付いていて
内装色とのマッチングも考えられたデザインとなっているので、運転しながらでも非常に見やすく把握しやすいです。

もちろんカーナビも最新鋭のものが搭載されています。
また、オプションも豊富で、例えばシート表皮にはウォッシャブルカバーシートを装備することによって、水汚れ防止だけでなく、自分だけの特別なポルテを演出する事が出来ます。

インサイドドアハンドルをメッキにしたりその他の内装にもオプションを付けられるので、人それぞれさまざまなポルテの楽しみ方が出来るのではないでしょうか。

装備・安全性

安全装備(Toyota Safety Sense C)

ポルテは安全装備に対する意識も非常に高く、JNCAP予防安全性能評価でも上位に位置しています。Toyota Safety Sense Cスイッチが搭載され、なかでもプリクラッシュセーフティシステムは事故の多い昨今では非常に役立つ機能です。

これは進路上の先行車をレーザーレーダーと単眼カメラで検出し衝突が予測される場合には警報を発して回避操作を促したり、急なブレーキが踏めなかった時などには自動ブレーキが作動し衝突被害の軽減をしてくれます。

また、先行車発進告知機能は信号待ちや渋滞時など先行車が発進した際に気付かず止まっていた場合、ブザーとディスプレイ表示で知らせてくれる機能です。

安全装備(予防安全・衝突安全)

事故の多く起こる状況とはどの時なのでしょうか?それはやはり、夜間や悪天候など視界が悪い時に起こりやすくなっています。

ポルテはそれを未然に防ぐ予防安全として、ライトを太陽光に近い色と光量で見通しを良くして歩行者の発見をしやすくし、夜間でも荒天でも運転手と歩行者に安全に過ごしてもらえるように配慮されています。

また、もしも衝突をしてしまった場合の衝突安全についてはエアバッグが後部座席に座っている人まで、その衝撃を最小限に抑えられるよう工夫がなされています。
万が一、歩行者と衝突してしまった場合、歩行者の衝撃を緩和するボディ構造を採用しています。
ポルテは安全装備に余念がありません。

バリエーション・価格

各モデルの標準価格は170万円台~190万円台となっており、特別仕様車ですと200万円前後となります。

エコカー減税や燃費の良さがあるので、実質は他の同タイプの車に比べるとお得に感じられるでしょう。

オプションやカラーなども色々選べるので、バリエーションは豊富です。

試乗記(伝聞形式)

ポルテを実際に試乗してみた方の感想を見てみるとその快適さ、使い勝手の良さが伝わります。

「優れた乗降性(松下氏)」
「癒やし感とリビング感に溢れたインテリアも大きな特徴(青山氏)」

コンパクトな車でありながらもこれだけの感想が聞けるのは余程でない限り聞けないのではないでしょうか。

また、こんな意見も、
「フィットを上回る広さと、フィットに匹敵する使い勝手(松下氏)」
と比較対象になりやすいフィットに勝るとも劣らない車となっています。"

関連する投稿


【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

トヨタは5月21日、新型『グランビア』(Toyota Granvia)をオーストラリアで発表しました。このグランビアという名前が復活するのは実に17年ぶり。期待が高まりますね。【6月12日更新】


【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年4月10日より発売されたトヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!


【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2018年3月現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。【8月7日更新】


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

グランドハイエースを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? 実は、グランドハイエースは大人数を乗せる事を検討している家族連れや旅行好きの人にはぴったりの車なんです! この記事では、グランドハイエースがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。


最新の投稿


2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

「タント」はダイハツの大人気軽トールワゴンです。そんなタントがフルモデルチェンジして2019年7月ごろ登場します。発売は?価格は?新旧で何が変わるの?他タント新型の最新情報をまとめています。また、新型タントの最新画像も多数掲載!購入検討している方、予約検討している方はぜひ本記事をどうぞ!【6月17日更新】


フェラーリ初のPHV SF90ストラダーレ 最新情報 スペック  最新画像ほか

フェラーリ初のPHV SF90ストラダーレ 最新情報 スペック 最新画像ほか

フェラーリ初のPHVカーが登場します。その名もずばり『SF90 ストラダーレ』です。本記事ではフェラーリ SF90 ストラダーレの、最新情報、明らかになっているスペック情報のほか、価格や最新のエクステリア画像、そして気になる車名の由来についてもまとめています。フェラーリがお好きな方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

テスラといえば、イーロン・マスクCEO率いる自動車会社であり、電気自動車の製造・販売をしています。今までにもSUVやセダン、ロードスターと様々なEVカーを作ってきたテスラ。そんな中、ついにテスラが電動ピックアップトラックに着手します!デザインの初公開は2019年夏を予定しています。


【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

気になるニュースが飛び込んできました。なんと三菱の軽クロカンパジェロミニが復活するかもしれないとのこと。三菱を代表する車のひとつ、パジェロの国内生産終了が決まって、悲しんでいる人も多い中、これは嬉しいニュースですね。本記事では三菱の軽クロカン・パジェロミニ復活の最新情報はもちろんのこと、パジェロミニとはどういう車であったのか、について触れています。


上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

都内で有名な動物園である上野動物園は土日は家族や恋人同士で混雑することも多いです。そんな時困る一つが駐車場が満車の場合です。 今回はそんな上野動物園周辺の駐車場事情をご紹介していきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング