目次へ戻る

【比較】トヨタ ヴェルファイアとホンダ オデッセイ

【比較】トヨタ ヴェルファイアとホンダ オデッセイ

ミニバンを比べてみるシリーズ!!今回はトヨタのヴェルファイアそしてホンダのオデッセイを比較してみました。走りの良さや室内空間における工夫など!どちらの車があなたには最適なのでしょうか?


概要・特徴

コンセプト・ターゲット

Lクラスミニバンのトヨタのヴェルファイアとホンダのオデッセイは家族向けの車として認知度が高く、シートアレンジや低床フロアなど共通の特徴も多くとても人気の2台です。


トヨタ ヴェルファイア

ヴェルファイアは車内の広さや高級感というのが特徴ですが、オデッセイはミニバンクラスでは車高が低く出来ているので高級セダンを運転しているような上質感にミニバンの車内の広さを合わせたような車となっています。



この2台をいろいろな視点から比較してみたいと思います。

ホンダ オデッセイ

利用シーン

ヴェルファイアとオデッセイはどちらも車内が広々としており、各席及びラゲッジスペースもゆとりがあるので家族旅行や日常の買い物などあらゆる場面でその性能を発揮してくれます。

ヴェルファイア

例えば旅行で車中泊などが必要になればシートをアレンジしてベッドのようにしたり、大きな荷物や長さのある荷物などもそのまますっぽりと収めることが出来ます。

オデッセイ

さらには2車とも低床フロアを採用しているので、お年寄りやお子様も乗り降りがしやすく2世帯家族や子供のスポーツクラブなどの送り迎えにも安心して利用が出来ます。どちらも様々な利用シーンに対応出来るのが人気の秘訣かもしれませんね。

トヨタ ヴェルファイア概要


ヴェルファイアはトヨタが誇るLクラスミニバンで、アルファードの兄弟車種としても人気を博しています。「大空間高級サルーン」をキーワードに開発された最大8人乗りの車内は、高級感に満ち溢れ、VIP待遇を受けているかのようです。

ヴェルファイア

もちろん車内だけでなく、運転をするうえでのサポート機能が豊富な為、初めてLクラスミニバンを運転する方も安心して乗車できます。価格はハイブリッド車で約400万円~700万円台、ガソリンエンジン車で300万円~500万円となっており、エコカー減税の対象車でもあります。

ホンダ オデッセイ概要


オデッセイは、フロア下の燃料タンクや排気系を極限まで薄く設計し、独自の超低床化プラットフォームによってセダンのように運転が出来つつ、広い室内空間を実現しています。

オデッセイ 低床 地上29~30cm


さらに、リアスライドドアや、2列目プレミアムクレードルシート(7人乗り仕様)の採用など、使いやすさと快適性が備わっています。価格はハイブリッド車で350万円~400万円、ガソリン車で270万円~360万円と、このクラスの他の車種と比べてお買い求めやすい価格設定となっているのも嬉しいです。

室内空間・収納

シート比較

■トヨタ ヴェルファイアシートアレンジ

ヴェルファイアはその車内の広さを活かしたシートアレンジが多彩に出来るのが特徴のひとつです。

ヴェルファイア

助手席は最大1,160mmのスーパーロングスライドが可能で、セカンドシートと同一レール上にシートを設置することにより助手席とセカンドシートを前にずらし後方を広くとることで長さのある荷物を積めたり助手席前の幅を拡大し、ゆったりしたスペースでのんびり過ごすことも出来ます。


さらに、リラックスモードでリビングのソファで休憩しているかのような空間を作るなどシートアレンジも楽しめます。

■ホンダ オデッセイシートアレンジ

オデッセイもシートは倒す、動かす、格納することでいろいろな形にアレンジが可能です。

オデッセイ

なかでも3列目シートを床下格納して2列目をロングスライドさせるロングスライドモードは、まさに飛行機で言うファーストクラスのような解放感があり、ゆったりとした気持ちで移動が楽しめます。


また、荷物が多い時などは最大ラゲッジモードにすることで大きさ・量を問わず荷物を積み込むことが出来ます。

ドア・乗降性

どちらの車もパワースライドドアを採用しているのでどなたでも大きな力を加えることなく簡単にドアの開閉が出来ます。

オデッセイ



また、ステップの高さは両車とも低床フロアでとても低く、さらにドア開口部の広さも充分に開くので小さいお子様やお年寄り、さらにはペットまで安心して乗り降りが出来るのも嬉しい機能性です。

トヨタ ヴェルファイア 収納・バックドア

ヴェルファイアはシート部分だけでなくラゲッジスペースもとても広いので荷物の積み下ろしも非常にスムーズに出来ます。特に3列目が収納できるので、ラゲッジスペースを拡大できその広さは観葉植物や自転車がそのまま入るほど。

また、バックドアにはパワーバックドアを採用しているのでスイッチひとつで自動開閉ができ、開け閉めの煩わしさが解消されストレスが軽減されます。

ホンダ オデッセイ収納・バックドア

オデッセイのラゲッジスペースもヴェルファイアと同様にとても広く、バックドアも大きく開くので自転車などの大きな荷物も立てたまま載せることが出来ます。

さらに3列目を収納し2列目のシートを折りたためば釣り竿などの長い荷物も充分に収納が出来るので
荷物の大きさや量を選ばない荷室容量があるのもオデッセイの魅力のひとつです。

安全性・走行性

トヨタ ヴェルファイア安全性

ヴェルファイアには様々な安全性能が備わっており、JNCAP新・安全性能総合評価の最高ランク「ファイブスター賞」を獲得しています。

そして先進機能を搭載し、例えば、「プリクラッシュセーフシステム」は進路上の先行車や障害物などをミリ波レーダーで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御で衝突回避をサポート。

【JNCAP】最も安全な日本車に ヴェルファイア/アルファード

また、アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減に寄与するシステムの「インテリジェントクリアランスソナー(8センサー)」など衝突安全性や予防安全についても高い意識で支援してくれます。

【JNCAP】最も安全な日本車に ヴェルファイア/アルファード | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2009/04/23/123698.html

トヨタ自動車は、自動車の安全性能を試験・評価する平成20年度自動車アセスメント(JNCAP)で、最も評価が高い自動車に授与される「自動車アセスメントグランプリ」に『ヴェルファイア/アルファード』が受賞したと発表した。

ホンダ オデッセイ安全性

オデッセイは車内空間や走行性能だけでなく安全性能の追及にも余念がありません。特徴的なのは、ミリ波レーダーと単眼カメラで、クルマの前方の状況を認識し、ブレーキやステアリングの制御技術と協調し、安心で快適な運転や事故回避を支援するホンダセンシングというものを搭載しています。

G-CON参考画像

また、衝突時の衝撃を制御する独自の技術「G-CON」により、相手車両や歩行者に与えるダメージも軽減する骨格を実現するなど、衝突安全性も高めています。さらに予防安全性能評価 ASV+の評価を獲得しており、安全性能も折り紙付きです。

【新型ホンダ『ライフ』発表】2トンクラスまでの衝突実験 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2003/09/04/53628.html

ホンダの衝突安全ボディ「G-CON(Gコントロール)」が新型『ライフ』にも採用される。2002年からホンダ独自の基準を決めて開発、自己保護性能に加え、「相手車両への攻撃性低減」=コンパティビリティとの両立が課題となった。

走行性能比較

走行性能について環境性能・JC08モード燃費比較をハイブリッド車ですると、ヴェルファイアが18.4km/L、オデッセイが最高26.0km/Lとオデッセイの燃費性能はこのクラスではトップクラスです。

ヴェルファイア

エンジン主体の走りやエンジンを回したときなど全体的な静寂性も高く、走行性能は非常に高いでしょう。ヴェルファイアも決して走行性能が低いわけではなく、運転中の乗り心地や静寂性はとても高いです。


しかしながらオデッセイの燃費や走行性能が非常に高いので、走りを楽しむのであればオデッセイの方が良さそうです。

オデッセイ

試乗評価

実際にそれぞれ試乗してみた方の感想はどうでしょうか。ヴェルファイアはその上質な空間にまず驚きがあるようで、まるで新幹線のグランクラスのようという意見もあります。やはり旅行など遠出をする際の移動時間も快適に過ごせると、現地に着いてからも疲れを残さずに楽しめますからね。

オデッセイ

一方オデッセイは、燃費性能と乗降性の高さが高い評価を得ています。低く設定されたフロアとドアの開口部の広さによって乗り降りがしやすく、さらに旅行など長距離を運転する際の圧倒的な燃費性能の高さは同クラスの中でも群を抜いているとのことです。是非2台を比較乗車してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


ホンダ シビック最新情報!受注は1万2000台!納車は年明け??試乗評価他

ホンダ シビック最新情報!受注は1万2000台!納車は年明け??試乗評価他

ホンダの最強カー、シビック。新型シビックが2017年の9月に発売して話題になりましたね。シビックの売れ行きが好調すぎて、納車は2018年の夏ごろになるなど大人気のシビック。今回は今わかっている新型シビックにまつわる最新トピックスをまとめてお届けいたします。


子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

スライドドアはミニバンだけ…。なんて思っている人いませんか?今では軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広いです。値段も大抵は200万以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018にもノミネート・10ベストカーにも選出されているホンダの新型N-BOX(エヌボックス)…。各所で賞を受賞しているその理由とは…。今回は改めてN-BOXの魅力に迫ります。フルモデルチェンジしたN-BOXの性能・試乗評価・燃費・評判・評価など。気になる情報満載です。


オデッセイ改良新型!ホンダセンシング標準装備で価格・他変更点は?

オデッセイ改良新型!ホンダセンシング標準装備で価格・他変更点は?

ホンダは、上級ミニバン、オデッセイの改良新型モデルを発表・11月17日より販売開始します。安全運転支援システムの「ホンダセンシング」を全タイプで標準装備した他、使い勝手なども向上させています。今回は改良された新型オデッセイについてまとめています。


日本が誇る低燃費!トヨタ アクアがマイチェン!燃費・性能・評価は

日本が誇る低燃費!トヨタ アクアがマイチェン!燃費・性能・評価は

低燃費なコンパクトカーとして人気が高い、トヨタのアクア。6月にマイナーチェンジを行いました。そして11月、特別仕様車も登場しています。今回は改めて、アクアの性能・スペック・燃費・価格・中古価格についても見ていきます。


最新の投稿


【オススメ】エキュート×クリスマスケーキ5選!貴方イチオシのケーキは?

【オススメ】エキュート×クリスマスケーキ5選!貴方イチオシのケーキは?

もうすぐクリスマス!彼女へのクリスマスケーキの準備は順調ですか?何、クリスマスケーキをどれにすればいいかわからない?そんな方でも大丈夫!今回はアクセスしやすく便利なエキナカオススメのクリスマスケーキたちを一挙ご紹介しちゃいます!!


コードネーム:カリナン!ロールスロイス初のSUV最新情報

コードネーム:カリナン!ロールスロイス初のSUV最新情報

あのイギリスのプレミアムブランド・ロールスロイスが手掛ける初のSUV。コードネーム「カリナン」の愛称で知られるSUVの姿を激写しました。今回はまだ謎に包まれているSUV・カリナンについてわかっている最新情報をまとめてお届けいたします!


冬。フロントガラスの凍結、霜取り。一瞬で解決する方法や対策は?

冬。フロントガラスの凍結、霜取り。一瞬で解決する方法や対策は?

そろそろ冬がやってきます。氷点下になるような地域で自動車に乗っている場合、やっかいなのは、フロントガラスの凍結です。こちらの記事では凍結してしまったフロントガラスの霜取りを一瞬で解決する方法を紹介しています。


みんな大好き!便利で身近な 東急 池上線!ニュースまとめ2017

みんな大好き!便利で身近な 東急 池上線!ニュースまとめ2017

都会ながらも未だに車両三両のみで運行し続けている「東急池上線」。その池上線にある池上駅が新しく生まれ変わります!リニューアルを記念して近年の池上線ニュースをまとめてみました。【11月21日更新しました】


【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

読者の皆様が「遊園地 × 車」から連想される乗り物は何ですか?ゴーカート?それともジェットコースターでしょうか?こちらの記事はニュースカフェで過去に行われた、観覧車に1人で乗るのはアリかナシか?というアンケート結果と、1人観覧車にオススメの情報を掲載しています。