トップへ戻る

トヨタプリウスα 日産ラフェスタハイウェイスター 徹底比較!

トヨタプリウスα 日産ラフェスタハイウェイスター 徹底比較!

トヨタプリウスαと日産ラフェスタハイウェイスターを徹底比較しました。この両車種はSクラスミニバンです。それぞれの概要、車内空間、安全性、走行性能を見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。[PR]


特徴・概要

コンセプト・ターゲット

トヨタのプリウスαと日産のラフェスタハイウェイスターはSクラスミニバンです。

コンパクトでありながらも車内は充分ゆとりがあるので、子育て家族や比較的少人数の家族向けには最適なサイズです。

プリウスαはプリウス、ラフェスタハイウェイスターはマツダプレマシーのOEMとベースとなる車が存在する両車にどのような共通の特徴や違いがあるのか比較してみたいと思います。

利用シーン

使い勝手の良い両車は、生活するうえでの様々なシーンにとても有効に活用できます。

ラフェスタハイウェイスターは、電動スライドドアによって狭い駐車場などでも乗降がしやすいので
日常の買い物やご家族の送り迎えなど、街中を走るのに最適な車です。

プリウスαは燃費性能や静寂性に優れているので、旅行など遠出をする際にはその快適さを感じられるでしょう。

また、車中泊が必要な際はシートアレンジが可能な両車で問題無く対応可能です。

幅広い状況で活躍できる両車は便利で扱いやすい車となっています。

トヨタプリウスα 概要

■搭乗人数・概要

プリウスをベースにルーフを高めるなどすることでミニバンサイズにしたプリウスαは
プリウス同様に燃費性能が抜群のハイブリッド専用車です。

車高を高くし運転もしやすくなり、ヒップポイントを後席にいくほど高くするシアターレイアウトを採用することで、狭くなりがちなサードシートにゆとりを持たせ前列から後列までどの席でも快適に過ごせるようになりました。

また、デザインはグッドデザイン賞も受賞するほどスタイリッシュで老若男女問わず幅広い年齢層に支持されています。

車両タイプには5人乗りと7人乗りのタイプがあり、価格は250万円から350万円で、エコカー減税の対象車となっています。

日産ラフェスタハイウェイスター 概要

■搭乗人数・概要

ラフェスタハイウェイスターはマツダのプレマシーのOEMを受け全幅1750mmで7人乗りの3ナンバー車として開発されました。

スタイリッシュでデザインはプレマシーの特徴がほとんど見られない作りとなり、エルグランド等の日産ミニバンとしての統一感を持たせ、グッドデザイン賞も受賞しました。

さらにアイドリングストップシステムを搭載しているので普段と変わらない運転で低燃費を実現してくれます。

価格は、230万円から270万円とこのクラスでは購入しやすい価格設定になっています。

車内空間・収納

シート比較

■トヨタ プリウスαシートアレンジ 

プリウスαのシートは人数や荷物の量など状況に合わせてアレンジが可能です。

特に運転席と助手席をリクライニングすることによって出来るリラックスモードは、足を伸ばしてくつろげるぐらいの広さになるので、運転の疲れを癒すのに最適です。

また、狭くなりがちな3列目はシート配置にシアターレイアウトを採用することで見通しも良くなり
フロントシートから最後尾まで車内一体となって移動が楽しめるようになっています。


■日産ラフェスタ ハイウェイスターシートアレンジ 

ラフェスタハイウェイスターでは2列目のシートにフレキシブルシートを採用しています。

収納すればキャプテンシート、引き出せば7人乗りのベンチシートになるというものでこちらを活用することで多彩なシートアレンジが可能となります。

荷物の多い時には2列目、3列目をすべて倒すことでフラットでかなり広いスペースが広がります。

また、各座席にゆとりを持たせ3列目の乗り心地も快適なので、どのシートに座っても満足出来るようになっています。

ドア・乗降性

乗降性についてですが、プリウスαはスライドドアではないですがドア開口部の広さも充分広く、
セカンドシートもワンタッチで倒せるので3列目への乗り込みもしやすくなっています。

一方ラフェスタハイウェイスターは両側に電動スライドドアを採用しており、
ドア開口部の広さも686mm開き、ステップの高さも低いので、狭い駐車場などでもとてもスムーズに乗り降りが出来ます。

乗降性に関してはラフェスタハイウェイスターの方に軍配が上がりそうです。

トヨタプリウスα 収納・バックドア

プリウスαのラゲッジスペースはシートアレンジによってさらに広げることが出来ます。

3列目の収納ができて、床面がフラットなるので荷物が多い場合などは非常に便利です。

さらに2列目のシートをフォールドダウンも出来るので、荷物に対するストレスが軽減されます。

日産ラフェスタハイウェイスター 収納・バックドア

ラフェスタハイウェイスターは、運転席からサードシートまで、どこに座っていても便利な収納スペースを多数設置しています。

3列目の収納もワンタッチででき、フラットに出来るので荷物が多い時もとても便利です。

また、インテリジェントキーを携帯していれば、リクエストスイッチを軽く押すだけでドアのロック・アンロックが可能なので荷物を持った手でわざわざキーを差したりする手間が省けてとても便利です。

安全性・走行性

トヨタプリウスα 安全性

プリウスαの安全性能は予防安全性能評価 ASV+を獲得するほどその性能は高く評価されています。

車線逸脱を知らせ事故を未然に防ぐよう喚起する「レーンディパーチャーアラート」やロー・ハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」、自身が危険を予知する「プリクラッシュセーフティシステム」など先進機能によって予防安全に努めています。

また、万が一のことも考え乗員すべてを包むようなエアバックを採用し、シートにはむち打ち傷害軽減フロントシートを採用するなど衝突安全性についても非常に高い意識で対応してくれています。

日産ラフェスタハイウェイスター 安全性

ラフェスタハイウェイスターはSAFETY SHIELDのもと、先進機能を駆使してクルマが状況に応じて様々なバリア機能を働かせ、少しでも危険に近づけないようサポートし続けます。

その一つとして、VDC(ビークルダイナミクスコントロール)は、各種センサーによりドライバーの運転操作や車速などを検知し、ブレーキ圧やエンジン出力を自動的に制御し悪条件の路面などでの車両の安定性を向上させ、走行時の安心感を高めてくれます。

また、高剛性・安全ボディを採用することで万が一衝突してしまった時も被害を最小限にとどめられるようにするなど衝突安全性も非常に高くなっています。

走行性能比較

環境性能・JC08モード燃費で両車の走行性能を比較してみると、プリウスαは26.2km/Lは圧倒的な燃費性能を誇ります。

ガソリンエンジンタイプのラフェスタハイウェイスターの最大16.2km/Lは同タイプでは最高の燃費性能ですがハイブリッドのプリウスには及びません。

しかしながら、その操縦安定性に関しては非常に高く、スポーティーな走りと合わせて走りを楽しみたい方には向いているのではないでしょうか。

試乗記

実際に試乗した方の感想としては、プリウスαは、
「手の届く価格で荷室が広く、人も乗せられるハイブリッドカーで使うと本当に便利」という感想がありました。

ワゴンタイプやミニバンタイプを利用していた方がハイブリッドへ変えようと思っているのであれば試してみる価値のある車種なのではないでしょうか。

一方ラフェスタハイウェイスターは、このクラスの中でも最良の安定性と乗り心地の良さを感じられるようです。

また、コストパフォーマンスにも優れているのでお買い得感も得られるそう。

是非一度、両車を試乗してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 25車種を一覧で比較!

3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 25車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


【スライドドアのコンパクトカー】おすすめ車9選!使い勝手良く家族も喜ぶスライドドア車、厳選しました

【スライドドアのコンパクトカー】おすすめ車9選!使い勝手良く家族も喜ぶスライドドア車、厳選しました

軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広く存在していまう。値段も大抵は200万円以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


【2022年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2022年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


【2022年上半期】ミニバン販売台数ランキング!今売れてるミニバンはこれだ!

【2022年上半期】ミニバン販売台数ランキング!今売れてるミニバンはこれだ!

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数上位車種をご案内します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきましょう!


【2022年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2022年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2022年10月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


最新の投稿


ステーションワゴンおすすめ車種20選!選び方や各車種の特徴まで徹底解説!

ステーションワゴンおすすめ車種20選!選び方や各車種の特徴まで徹底解説!

走行性能と積載性を兼ね備え、スタイリッシュなデザインが多いステーションワゴンですが、SUVブームに押され最盛期に比べるとラインアップ数は減りつつあります。しかしながら視野を広げて輸入車も含めると、ステーションワゴンはまだまだ主力ジャンルのひとつです。この記事では、今だからこそおすすめしたいステーションワゴンをランキング形式で国産、輸入車に分けて紹介していきます。各車種のスペックや価格情報を比較しながら、あなたにぴったりの一台を見つけてください。


【2023年】軽ハイトワゴンのおすすめ10車種!今乗りたい便利な軽自動車はどれ?

【2023年】軽ハイトワゴンのおすすめ10車種!今乗りたい便利な軽自動車はどれ?

軽自動車は人気の車ですが、特にハイトワゴンの人気が高まっています。軽自動車という限られた規格の中で、最大限に室内空間を広げており、質感も高まったモデルが多くなっているので、販売台数を伸ばしています。今回は、ハイトワゴンの中でも近年人気の全高の高いモデルをご紹介します。


「エアサス」って何?メリットは?構造や価格、乗り心地や車高調との違い

「エアサス」って何?メリットは?構造や価格、乗り心地や車高調との違い

エアサスとは、何かご存知でしょうか? エアサスのメリットやデメリットを知りたいと考えている人にも、エアサスの構造や値段、乗り心地を知りたいと思っている人にもわかりやすく簡単に「エアサスとは何か?」を理解できるように掲載します。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ10車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ10車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


【2023年版】どこまでもエレガント!メルセデス・ベンツのクーペ一覧

【2023年版】どこまでもエレガント!メルセデス・ベンツのクーペ一覧

高級車の代名詞的存在ともいえるメルセデス・ベンツは、多くの人たちの憧れの存在となっています。メルセデス・ベンツは、セダンやSUVなどの売れ筋のモデルを販売する一方、「クーペ」もしっかりと作り続けています。今回は、エレガントなメルセデス・ベンツのスポーツ・クーペについて紹介します。