トップへ戻る

【新車販売台数ランキング】日本一売れてる“普通車”はトヨタ「カローラ」!? 日産「ノート」&ホンダ「フリード」も大健闘

【新車販売台数ランキング】日本一売れてる“普通車”はトヨタ「カローラ」!? 日産「ノート」&ホンダ「フリード」も大健闘

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2024年3月の新車販売台数ランキングによると、これまでは1月から首位をキープしているトヨタ「カローラ」が今回も1位となったほか、日産「ノート」が引き続き3位で好調な様子。また、ホンダ「フリード」や日産「セレナ」も上昇し2月に続き、トヨタ車の牙城を崩しています。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約3~4分で読めます。


2024年4月の新車販売台数ランキングはこちら

2024年3月はどんなクルマが売れた?

《画像提供:Response》〈写真提供:本田技研工業〉ホンダ ヴェゼル e:HEV Z(プレミアムサンライトホワイト・パール)

2024年3月は、日本でも販売されている「キックス」の新型モデルが米国で世界初公開となったほか、ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」のマイナーチェンジモデルが初公開され、春の発売が公表されました。

また日産「エルグランド」など、様々なモデルが一部改良されるなど、引き続き新型車が登場しています。一方12月に内部告発により発覚した、ダイハツの不正の影響により1月〜2月では同社のOEM車のトヨタ車がランキングから消滅、3月には出荷の再開が少しづつ行われていますが、3月はどのような順位変動があったのでしょうか。

トヨタ車独占から様々なメーカーの車種が入り乱れるように変化

《画像提供:Response》〈写真提供:日産自動車〉日産ノート

2024年1月のランキングから、これまでずっと1位を独占してきたトヨタ「ヤリス(ヤリスやヤリス クロスといったヤリスシリーズの合算値)」が陥落し、トヨタ「カローラ(カローラクロスやカローラツーリング等を含むカローラシリーズ)」が代わりに1位となっていましたが、3月でも1位を死守しました。

ヤリスシリーズも以前と勢力は強く2位のまま。しかし、前年比がカローラ88%、ヤリス79.2%と両者とも100%を割っており、厳しい状況となっています。

1月までは、3位には「シエンタ」がいましたが2月から日産「ノート」が3位に、そして3月も引き続き3位と好調が続きます。一方前年比は78.7%と好調とは言えない状況です。そして下落続きのシエンタが今回も下落し、7位となりました。

4位は継続してトヨタ「プリウス」がランクイン。こちらの前年比は114.8%と好調で、フルモデルチェンジにより、多大な人気を獲得している様子が見られます。

5位には着々と順位を上げているホンダ「フリード」がランクイン。前年比は78.2%と厳しいですが、新型モデルの登場が噂されているモデル末期なフリードだけに状況は厳しいのかもしれません。

6位には8位から順位を上げてきた日産のミニバン「セレナ」がランクイン、前年比も177.4%と好調で、供給が安定化してきているのかもしれません。

10月で14位から8位になり、11月では5位、12月〜2月は6位につけるなど、しばらく好調が続くホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」ですが、今回は8位にランクダウン。しかし、マイナーチェンジを控えるほか、前年比153.7%と好調なため、まだまだランキングの上昇が見込めそうです。

この他、ホンダ「ステップワゴン」が9位となり着実な上昇を見せる他、高級車ながら12位につけるトヨタ「クラウン」の前年比は140%好調で、クロスオーバーだけでなく、セダンや、スポーツなど様々なバリエーションが揃ってきたことが功を奏しているようです。

また、日産「エクストレイル」やスズキ「スイフト」も、順位変動こそ無いものの前年比は大きく100%を上回っています。一方ダイハツのOEM車では、上位常連だったトヨタ「ルーミー」や「ライズ」は未だランキングに戻ることは叶わず、厳しい状況が続いています。

ランキング全体で前年比が厳しい結果に

《画像提供:Response》〈写真提供:トヨタ自動車〉トヨタ・アクア 特別仕様車 Z“Raffine”(2WD)<オプション装着車>

トヨタの牙城が崩れ、2月に引き続き順位の入れ替わりが起きている3月。納車の状況が芳しくないのか、前年の同月が高すぎたのか全体的に前年比が100%割る事例が増えています。

下落が続く兄弟車「ノア/ヴォクシー」については、今回ノアが11位となり67.9%、ヴォクシーが14位で64.6%と2月に引き続き大きく前年の台数を下回りました。

そしてトヨタ「アクア」がズルズルと継続的に下落しており、今回は19位に。12月は11位、1月では17位、2月は18位だったので、ここ数ヶ月でかなりの順位を落としています。前年比も44.3%とランクインした車種の中で最も低い状態です。

ですが、このアクアは4月に一部改良が行われ、新たな特別仕様車も投入されました。今後少し変動があるかもしれません。

ランキングが変動中…前年比が全体的に100%以下となる結果に

《画像提供:Response》〈写真提供 ホンダ〉ホンダ WR-V

2024年3月のランキングでは、1〜2月に引き続き数多くのクルマの順位変動がおこりましたが、全体的に前年比が100%割っているという厳しい状況が見られました。

ホンダや、日産のクルマが少しづつランキング上位に加わるようになってきており、変化の兆しが見られます。

3月には様々な新型車の発表がありましたが、ホンダ「WR-V」など魅力的な車種の発売もありました。

今後も新たな新型車登場の兆しが見られており、更にランキングに変動をもたらしてくれることでしょう。今後のランキング変動が楽しみです。

2024年3月 乗用車ブランド通称名別順位

順位 前月順位 ブランド通称名 メーカー 台数 前年比
1(ー) 1 カローラ トヨタ 18,831 88
2(ー) 2 ヤリス トヨタ 17,677 79.2
3(ー) 3 ノート 日産 12,731 78.7
4(ー) 4 プリウス トヨタ 11,316 114.8
5(↑) 7 フリード ホンダ 9,532 78.2
6(↑) 8 セレナ 日産 9,490 177.4
7(↓) 5 シエンタ トヨタ 9,082 63.4
8(↓) 6 ヴェゼル ホンダ 8,855 153.7
9(↑) 10 ステップワゴン ホンダ 8,497 278.4
10(↑) 12 ハリアー トヨタ 7,560 68.6
11(↓) 9 ノア トヨタ 7,457 67.9
12(↑) 14 クラウン トヨタ 7,432 140.1
13(ー) 13 フィット ホンダ 7,362 80.9
14(↓) 11 ヴォクシー トヨタ 7,059 64.6
15(ー) 15 ソリオ スズキ 6,639 100.5
16(ー) 16 アルファード トヨタ 6,465 95
17(ー) 17 エクストレイル 日産 5,272 149.2
18(↑) 19 ZR-V ホンダ 4,925
19(↓) 18 アクア トヨタ 4,848 44.3
20(ー) 20 スイフト スズキ 4,362 129.9
出典:http://www.jada.or.jp/data/month/m-brand-ranking/

※軽自動車および海外ブランドの車種を除きます
※車種名は国産メーカーの同一車名を合算したものであり、海外生産車を含みます

2024年~2025年 新車情報はこちら

2024年2月のランキングはこちら

【無料】ガリバーに中古車探しを依頼する

新車購入なら自動車ローンがおすすめ

新車購入なら自動車ローンがおすすめです。大きなメリットは、一括払いの重圧を感じず、お財布にやさしく車を手に入れられること。さらに、金利が低い場合、他の支払方法よりも賢い選択となることもあります。

自動車ローンを利用して車を購入する場合、まずはローン会社の比較が大切です。金利や手数料、審査のスピードなど、自分に合った会社を見つけましょう。

自動車ローン申込ランキング

関連する投稿


【新車販売台数ランキング】1位がついに変動!日本で最も売れてる“普通車”は何になった?新型「ヴェゼル」も大健闘の4月のランキング

【新車販売台数ランキング】1位がついに変動!日本で最も売れてる“普通車”は何になった?新型「ヴェゼル」も大健闘の4月のランキング

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2024年4月の新車販売台数ランキングによると、1月から首位をキープしていたトヨタ「カローラ」がここに来てトヨタ「ヤリス」に逆転されたほか、3月では3位につけるなど好調だった日産「ノート」が6位に転落。更に、トヨタ「アルファード」、ホンダ「ヴェゼル」も一気に順位を上げるなど、入れ替えの激しい展開となりました。


【軽自動車販売台数ランキング】日本イチ売れてる軽自動車は何?ダイハツ車も勢いを取り戻した!? 2024年4月に売れた車とは

【軽自動車販売台数ランキング】日本イチ売れてる軽自動車は何?ダイハツ車も勢いを取り戻した!? 2024年4月に売れた車とは

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2024年4月新車販売台数ランキングによると、1月にダイハツの不正問題による出荷停止の影響で「タント」「ミラ」「ムーブ」などのダイハツ車が一気に順位を落とし、ランキングに大きな影響を与えていましたが、出荷再開により、ミラに加えてタントが順位を取り戻しつつあります。また、上位陣に変化はありませんが、前年同月比の数値がかなり厳しい状況が続いています。


【軽自動車販売台数ランキング】やっぱり“日本一売れてる”のはホンダ「N-BOX」!? 肉薄したスズキの「スペーシア」どうなったのか

【軽自動車販売台数ランキング】やっぱり“日本一売れてる”のはホンダ「N-BOX」!? 肉薄したスズキの「スペーシア」どうなったのか

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2024年3月新車販売台数ランキングによると、1月にダイハツの不正問題による出荷停止の影響で「タント」「ミラ」「ムーブ」などダイハツ車が一気に順位を落としランキングに大きな影響を与えていましたが、出荷の再開により、ミラが少し順位を取り戻しました。しかし同車以外は未だランキングには戻っていません。また、これまでランキングに姿を見せなかったクルマもこの隙にランクインしています。


【軽自動車販売台数ランキング】不動の1位の牙城を崩せるか?N-BOXに続く2番手が販売台数を増やす

【軽自動車販売台数ランキング】不動の1位の牙城を崩せるか?N-BOXに続く2番手が販売台数を増やす

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2024年2月新車販売台数ランキングによると、1月にダイハツの不正問題による出荷停止の影響で「タント」「ミラ」「ムーブ」などダイハツ車が一気に順位を落とした影響で、順位に大きな変化がありましたが、一転2月では上位陣に変化は見られませんでした。一方これまでランキングに姿を見せなかった意外なクルマたちがランクインするなど、一部には変化がありました。


【新車販売台数ランキング】ランキング激変!人気の「トヨタ車」が崩れた?急浮上してきた車種は?

【新車販売台数ランキング】ランキング激変!人気の「トヨタ車」が崩れた?急浮上してきた車種は?

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2024年2月の新車販売台数ランキングによると、これまでは不動の1位だったトヨタ「ヤリス」が1月に続き1位でなかったほか、日産「ノート」が好調で3位に上昇。また、ホンダ「ステップワゴン」の販売台数が好調です。


最新の投稿


ベントレー最後の「W12」搭載モデル! 生産は限定16台の新型「バトゥール コンバーチブル」初公開

ベントレー最後の「W12」搭載モデル! 生産は限定16台の新型「バトゥール コンバーチブル」初公開

ベントレーは2024年5月7日、マリナーによって製作された現代車で3番目となるコーチビルト ベントレー新型「バトゥール コンバーチブル」を初公開しました。世界16台限定となるようです。


トヨタ新型「シエンタ」発表! ボディカラー追加や標準装備の充実を実施

トヨタ新型「シエンタ」発表! ボディカラー追加や標準装備の充実を実施

トヨタは、2024年5月20日、コンパクトミニバン「シエンタ」の新たな一部改良モデルを発表。同日発売しました。


CARTUNEユーザーが大集合!「PickUp Cars 2024」開催概要と参加車両を紹介

CARTUNEユーザーが大集合!「PickUp Cars 2024」開催概要と参加車両を紹介

愛車のカスタム・ドレスアップ情報が共有できるCARTUNE。CARTUNEアプリのホーム画面で「本日のPickUP!」として紹介された車が一堂に会するイベント「PickUp Cars 2024」が開催されます。本イベントの開催概要や参加予定車両などを紹介します。


レクサス新型「LM」発表! 豪華な“6人乗り”仕様がついに登場

レクサス新型「LM」発表! 豪華な“6人乗り”仕様がついに登場

レクサスは、2024年5月9日、最上級ミニバン新型「LM」の国内仕様のラインアップに新たな6座仕様車の“version L”を追加設定したと発表しました。同車の発売は同日より行われています。


日産 新型「エクストレイル」発表!先進安全装備の強化や専用内外装の「90周年記念車」登場

日産 新型「エクストレイル」発表!先進安全装備の強化や専用内外装の「90周年記念車」登場

日産は、2024年5月16日、クロスオーバーSUV「エクストレイル」の新たな一部改良モデルを発表。90周年記念車「90th Anniversary」とあわせて、6月20日より発売すると発表しました。


ブログ 始め方 | 新車情報 | 原付 おすすめ | 自動車税 | ブログ 始め方 | 副業 | 光回線 おすすめ |
ポケットWi-Fi おすすめ | WiMAX おすすめ | VPN おすすめ | オンライン英会話 おすすめ |
オンライン英会話 安い | オンライン英会話 初心者 | 英会話アプリ | 格安SIM | フリーランスエージェント |
ファクタリング 即日 | ファクタリング 非対面 | 年賀状 安い