トップへ戻る

【軽自動車販売台数ランキング】やっぱり“日本一売れてる”のはホンダ「N-BOX」!? 肉薄したスズキの「スペーシア」どうなったのか

【軽自動車販売台数ランキング】やっぱり“日本一売れてる”のはホンダ「N-BOX」!? 肉薄したスズキの「スペーシア」どうなったのか

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2024年3月新車販売台数ランキングによると、1月にダイハツの不正問題による出荷停止の影響で「タント」「ミラ」「ムーブ」などダイハツ車が一気に順位を落としランキングに大きな影響を与えていましたが、出荷の再開により、ミラが少し順位を取り戻しました。しかし同車以外は未だランキングには戻っていません。また、これまでランキングに姿を見せなかったクルマもこの隙にランクインしています。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約3~4分で読めます。


2024年4月の新車販売台数ランキングはこちら

2024年3月はどんな軽自動車が売れた?

《画像提供:Response》〈写真提供:マツダ〉マツダ スクラムワゴン PZ-S(2WD)(デニムブルーメタリック)

2024年3月は、マツダの軽バン「スクラム」の一部改良モデルが発表されましたが、同車はスズキ「エブリイ」のOEM車であるほか、それ以外に新型車の発表・発売で特筆すべきものはなく、大きな影響はなさそうです。

一方1月より多大な影響を与えている“ダイハツの一連の不正問題”の影響か、2月にはこれまでランキングに出てこなかったクルマも登場、3月でもこの傾向は続いています。

また2月では、2023年11月に発売となった新型スズキ「スペーシア」、2023年10月に登場したホンダ新型「N-BOX」などの、戦いに進展がありましたが、3月ではどうなったのでしょうか。2024年3月の軽自動車販売台数ランキングを見ていきましょう。

やはり「N-BOX」の牙城は崩せないか

《画像提供:Response》〈写真撮影 宮崎壮人〉ホンダ N-BOX

1位は、10月に3代目となる新型モデルが登場したホンダ「N-BOX」が、引き続きランクイン。しかし、前年比は80.8%とここ数ヶ月と同様、100%切りをつづけており、低迷が続きます。

一方、先月よりダイハツ「タント」が出荷停止となった隙をついて、ライバル車種の「スペーシア」が前年比133.6%と販売数を拡大していますが、N-BOXには届かずランキングは引き続き2位。販売台数は17,869台で、N-BOXに3,000代ほど追いついていません。

先月は1,500台ほどにまで迫っていましたが、今回は突き放されてしまう結果になりました。ですが前述のような“伸び”もあるので、まだまだ“不動の1位”N-BOXの牙城を突き崩す可能性は否定できません。

3位から7位まで、スズキ「ハスラー」、スズキ「ワゴンR」、日産「ルークス」、三菱「デリカミニ/eK」、スズキ「アルト」と順に続き、2月から比べるとワゴンRとデリカミニ/eKが着々と順位を上げていますが、上位陣のラインアップに変化はなく固まっている状態です。

ですが、ハスラーは前年比153.8%、デリカミニ/eKは258.1%と好調が続いており、今後更に順位を伸ばしていくかもしれません。

出荷停止の影響があったダイハツ車ですが、「ミラ」が14位から12位にランクアップ。出荷の再開に良い影響があるのかもしれません。

スペーシアのOEMモデルであり、本来売れ線とは思えないマツダ「フレアワゴン」が先月15位でしたが、今月はなんと13位にランクアップ。前年比も139.1%と好調が続きます。

また、今までになかった車種も2月に続き3月もランクイン。それがスズキ「エブリイワゴン」です。前年比は、66.8%と100%を大幅に下回っているものの、快進撃を見せています

ダイハツは「ミラ」のみに…出荷再開に期待

《画像提供:Response》original 【ダイハツ ミラ 新型登場】カスタムで新規ユーザーを狙う

ダイハツ不正問題の影響で、下落を続けるダイハツ車。2023年1月のランキングでは、比較的上位にいた「タント」「ミラ」「タフト」「ムーブ」は、2024年3月のランキングでは、ミラのみが12位に残っているのみとなりました。しかし出荷の再開も行われているので、今後は少しづつその勢いを取り戻すかもしれません。

昨年まで好調だった日産の軽EV「サクラ」は、ここ数ヶ月、前年比が厳しく、順位こそそこまで大きく変動していないものの不調な様子。今回も72.2%となり、ここ数ヶ月と比較すると良好ですが、未だ100%を超えていません。

ランキング中唯一のEVであるサクラですが、昨年メキメキと販売台数を伸ばした分、必要な人には行き渡り、踊り場にきてしまったのかもしれません。

また、N-WGNの前年比も67.9%と相変わらず厳しめ。また「N-ONE」も15位に下落、前年比は95.4%となっていますが、やはりトールワゴンの市況はかなり厳しいのかもしれません。

スペーシアはN-BOXを超えられるのか

《画像提供:Response》〈写真撮影 中村孝仁〉スズキ スペーシア 新型

ここ数ヶ月、ダイハツの不正問題の影響が顕在化し、ランキングに変動が起きていました。特にタントの穴を埋めるように、スペーシアが伸び、不動の1位N-BOXに肉薄ししましたが、3月ではまだその牙城は崩せず…しかし、N-BOXの前年比は未だ100%を割っている状況で、まだまだスペーシアにチャンスはあるかもしれません。

一方、ダイハツ車の出荷停止は続々と解除されており。不正問題も少しずつ解決をみせています。現状はミラのみがランキングに残っていますが、次第にその勢いを取り戻すことでしょう。

昨年大きな影響を持つ新型車が登場しましたが、今後はそんな新型車の販売台数の動きを含め、より目が話せない状況が続くでしょう。

2024年3月 軽自動車 車種名別順位

順位 前月順位 ブランド通称名 メーカー 台数 前年比
1(ー) 1 N-BOX ホンダ 20,360 80.8
2(ー) 2 スペーシア スズキ 17,869 133.6
3(ー) 3 ハスラー スズキ 10,618 153.8
4(↑) 5 ワゴンR スズキ 9,758 105.2
5(↓) 4 ルークス 日産 8,905 87.0
6(↑) 7 デリカミニ/eK 三菱 8,172 258.1
7(↓) 6 アルト スズキ 8,130 100.4
8(ー) 8 デイズ 日産 6,256 168.0
9(ー) 9 ジムニー スズキ 4,437 109.8
10(ー) 10 N-WGN ホンダ 3,336 67.9
11(ー) 11 サクラ 日産 3,228 72.7
12(↑) 14 ミラ ダイハツ 3,060 44.1
13(↑) 15 フレアワゴン マツダ 1,984 139.1
14(↑) エブリイワゴン スズキ 1,585 66.8
15(↓) 13 N-ONE ホンダ 1,567 95.4
出典:https://www.zenkeijikyo.or.jp/statistics/tushosoku

2024年~2025年 新車情報はこちら

2024年2月のランキングはこちら

【無料】ガリバーに中古車探しを依頼する

新車購入なら自動車ローンがおすすめ

新車購入なら自動車ローンがおすすめです。大きなメリットは、一括払いの重圧を感じず、お財布にやさしく車を手に入れられること。さらに、金利が低い場合、他の支払方法よりも賢い選択となることもあります。 自動車ローンを利用して車を購入する場合、まずはローン会社の比較が大切です。金利や手数料、審査のスピードなど、自分に合った会社を見つけましょう。

自動車ローン申込ランキング

関連する投稿


【新車販売台数ランキング】1位がついに変動!日本で最も売れてる“普通車”は何になった?新型「ヴェゼル」も大健闘の4月のランキング

【新車販売台数ランキング】1位がついに変動!日本で最も売れてる“普通車”は何になった?新型「ヴェゼル」も大健闘の4月のランキング

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2024年4月の新車販売台数ランキングによると、1月から首位をキープしていたトヨタ「カローラ」がここに来てトヨタ「ヤリス」に逆転されたほか、3月では3位につけるなど好調だった日産「ノート」が6位に転落。更に、トヨタ「アルファード」、ホンダ「ヴェゼル」も一気に順位を上げるなど、入れ替えの激しい展開となりました。


【軽自動車販売台数ランキング】日本イチ売れてる軽自動車は何?ダイハツ車も勢いを取り戻した!? 2024年4月に売れた車とは

【軽自動車販売台数ランキング】日本イチ売れてる軽自動車は何?ダイハツ車も勢いを取り戻した!? 2024年4月に売れた車とは

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2024年4月新車販売台数ランキングによると、1月にダイハツの不正問題による出荷停止の影響で「タント」「ミラ」「ムーブ」などのダイハツ車が一気に順位を落とし、ランキングに大きな影響を与えていましたが、出荷再開により、ミラに加えてタントが順位を取り戻しつつあります。また、上位陣に変化はありませんが、前年同月比の数値がかなり厳しい状況が続いています。


【新車販売台数ランキング】日本一売れてる“普通車”はトヨタ「カローラ」!? 日産「ノート」&ホンダ「フリード」も大健闘

【新車販売台数ランキング】日本一売れてる“普通車”はトヨタ「カローラ」!? 日産「ノート」&ホンダ「フリード」も大健闘

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2024年3月の新車販売台数ランキングによると、これまでは1月から首位をキープしているトヨタ「カローラ」が今回も1位となったほか、日産「ノート」が引き続き3位で好調な様子。また、ホンダ「フリード」や日産「セレナ」も上昇し2月に続き、トヨタ車の牙城を崩しています。


【軽自動車販売台数ランキング】不動の1位の牙城を崩せるか?N-BOXに続く2番手が販売台数を増やす

【軽自動車販売台数ランキング】不動の1位の牙城を崩せるか?N-BOXに続く2番手が販売台数を増やす

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2024年2月新車販売台数ランキングによると、1月にダイハツの不正問題による出荷停止の影響で「タント」「ミラ」「ムーブ」などダイハツ車が一気に順位を落とした影響で、順位に大きな変化がありましたが、一転2月では上位陣に変化は見られませんでした。一方これまでランキングに姿を見せなかった意外なクルマたちがランクインするなど、一部には変化がありました。


【新車販売台数ランキング】ランキング激変!人気の「トヨタ車」が崩れた?急浮上してきた車種は?

【新車販売台数ランキング】ランキング激変!人気の「トヨタ車」が崩れた?急浮上してきた車種は?

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2024年2月の新車販売台数ランキングによると、これまでは不動の1位だったトヨタ「ヤリス」が1月に続き1位でなかったほか、日産「ノート」が好調で3位に上昇。また、ホンダ「ステップワゴン」の販売台数が好調です。


最新の投稿


ベントレー最後の「W12」搭載モデル! 生産は限定16台の新型「バトゥール コンバーチブル」初公開

ベントレー最後の「W12」搭載モデル! 生産は限定16台の新型「バトゥール コンバーチブル」初公開

ベントレーは2024年5月7日、マリナーによって製作された現代車で3番目となるコーチビルト ベントレー新型「バトゥール コンバーチブル」を初公開しました。世界16台限定となるようです。


トヨタ新型「シエンタ」発表! ボディカラー追加や標準装備の充実を実施

トヨタ新型「シエンタ」発表! ボディカラー追加や標準装備の充実を実施

トヨタは、2024年5月20日、コンパクトミニバン「シエンタ」の新たな一部改良モデルを発表。同日発売しました。


CARTUNEユーザーが大集合!「PickUp Cars 2024」開催概要と参加車両を紹介

CARTUNEユーザーが大集合!「PickUp Cars 2024」開催概要と参加車両を紹介

愛車のカスタム・ドレスアップ情報が共有できるCARTUNE。CARTUNEアプリのホーム画面で「本日のPickUP!」として紹介された車が一堂に会するイベント「PickUp Cars 2024」が開催されます。本イベントの開催概要や参加予定車両などを紹介します。


レクサス新型「LM」発表! 豪華な“6人乗り”仕様がついに登場

レクサス新型「LM」発表! 豪華な“6人乗り”仕様がついに登場

レクサスは、2024年5月9日、最上級ミニバン新型「LM」の国内仕様のラインアップに新たな6座仕様車の“version L”を追加設定したと発表しました。同車の発売は同日より行われています。


日産 新型「エクストレイル」発表!先進安全装備の強化や専用内外装の「90周年記念車」登場

日産 新型「エクストレイル」発表!先進安全装備の強化や専用内外装の「90周年記念車」登場

日産は、2024年5月16日、クロスオーバーSUV「エクストレイル」の新たな一部改良モデルを発表。90周年記念車「90th Anniversary」とあわせて、6月20日より発売すると発表しました。


ブログ 始め方 | 新車情報 | 原付 おすすめ | 自動車税 | ブログ 始め方 | 副業 | 光回線 おすすめ |
ポケットWi-Fi おすすめ | WiMAX おすすめ | VPN おすすめ | オンライン英会話 おすすめ |
オンライン英会話 安い | オンライン英会話 初心者 | 英会話アプリ | 格安SIM | フリーランスエージェント |
ファクタリング 即日 | ファクタリング 非対面 | 年賀状 安い