トップへ戻る

トヨタウィッシュ トヨタシエンタ 徹底比較!

トヨタウィッシュ トヨタシエンタ 徹底比較!

トヨタウィッシュとトヨタシエンタを比較しました。この両車種は、ファミリーに人気のSクラスミニバンです。それぞれの概要、車内空間、安全性、走行性を見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。[PR]


概要・特徴

コンセプト・ターゲット

トヨタのウィッシュとシエンタは、ファミリーに人気のSクラスミニバンです。

そのコンパクトな作りから、子育て家族や比較的少人数の家族向けに最適なサイズです。

いずれも7人乗りの3列シートとなっていますが、いずれも5ナンバー登録です。

両車ともミニバンらしくスペースを有効に使っており、車内を快適に過ごす機能が盛りだくさんです。

そんな両車にどのような違いがあるのか比較していきたいと思います。

利用シーン

両車とも7人乗りで3列シート型の車内はとても広く作られているので
旅行などの遠出をする際にはその広さを十分に活用でき、車中泊なども多彩なシートアレンジにより
難なく可能で、ゆったりと休むことが出来ます。

日常の買い物などは、狭い駐車スペースでも開閉しやすいスライドドアを採用したシエンタの方が便利です。

ただ、どちらもミニバンサイズながら小回りもきくので、遠出の旅行から近所の日常使いまで
幅広く利用できる両車はファミリーカーとしてとても人気です。

トヨタウィッシュ 概要

■搭乗人数・概要

ウィッシュは、“Smart Multi Player”WISHをテーマに開発された
使い勝手と走りやすさを兼ね備えたコンパクトミニバンです。

2015年のマイナーチェンジで燃費性能を向上させ、また、運転席からサードシートまで、
どこに乗ってもゆとりを感じる空間レイアウトを施すことで快適性が格段に向上しました。

ウイッシュは7人乗りのガソリンエンジンタイプで、価格は190万円~260万円という価格設定です。

走りを楽しみたい人にはスポーティーなZシリーズもあり、快適性を求める人、走りを楽しみたい人など好みに合わせて選べるようになっています。

トヨタシエンタ 概要

■搭乗人数・概要

トヨタのシエンタは、トヨタのBセグメントモデルと共通のコンポーネントを使って作られたトヨタ最小のミニバンです。

『ユニバーサルでクールなトヨタ最小ミニバン』をテーマに開発された一台は、コンパクトなボディサイズでありながら室内空間も充分で狭さを感じさせない7人乗りの仕様までラインナップされており、日本カーオブザイヤー2015-2016で7位に入る実力を誇ります。

価格は、ハイブリッド車で220万円~230万円、ガソリンエンジン車で168万円~198万円となっています。

車内空間・収納

シート比較

■トヨタ ウィッシュシートアレンジ 

ウィッシュは車内を快適に過ごすために様々なシートアレンジが可能です。

セカンドシートは左右それぞれ最大270mmのスライドが可能で、ゆったりと脚を組めるほどの広さを出すことが出来ます。

また、簡単な操作でフラットに出来るセカンドシート・ダブルフォールディング機構は、
折りたたんでテーブルにも出来るので、車内で食事をとる際に非常に便利です。


■トヨタ シエンタシートアレンジ 

シエンタのシートにはシアターレイアウトを採用し、ゆったりとした3列シートにしているので、3列目の座り心地も快適です。

また、2列目は左右独立しており、それぞれにスライドとリクライニングが可能なので体型などに合わせて好きな体勢をとる事が出来ます。

さらに多彩なシートアレンジによって、荷物の量や形に合わせて荷室をフレキシブルにアレンジすることも可能です。

人や状況に応じて適した車内に出来るのもシエンタならではの魅力です。

ドア・乗降性

乗降性についてですが、シエンタではワンタッチスイッチ付パワースライドドアを採用し
ドア開口部の広さも充分にとられているので乗り降りが非常にスムーズに出来て安心です。

ウィッシュにはスライドドアが採用されておりませんが、ステップの高さは低く、
2列目のシートが倒しやすいので3列目への乗り込みもしやすくなっていますが、
やはりパワースライドドアを採用しているシエンタの方が乗降性については優勢でしょうか。

トヨタウィッシュ 収納・バックドア

ウィッシュのラゲージスペースは、通常のラゲージスペースでも充分荷物を載せられますが、
荷物が多くなった場合には3列目をワンタッチで収納し、スペースを広げることが可能です。

また、バックドアはバックドアハンドルについているボタンを押すだけでドアロックの施錠・解錠が出来るのでキーを準備するなど面倒な作業が省けるのでとても便利です。

トヨタシエンタ 収納・バックドア

シエンタでは5:5分割サードシートを採用しており、簡単な操作で手軽に3列目を格納できるので
必要に応じてラゲージスペースを広げることが出来ます。

充分な高さと横幅があるスクエアな大開口バックドアなので、大きな荷物の積み下ろしがラクに出来ます。

また、地上から荷台の高さもちょうど良い高さなので、重たい荷物も高く持ち上げなくて済むよう配慮されています。

安全性・走行性

トヨタウィッシュ 安全性

ウィッシュは先進機能によって、ドライバーを危険から守るサポートをしてくれます。

搭載されているEBD付ABSは走行状況に応じてブレーキを制御し、さらにVSC&TRCを搭載することで雨や雪など悪条件の路面などで
横滑りが発生してしまったときに、ブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールし車両の安定性を確保してくれます。

また、万が一衝突してしまったときにはSRSエアバッグシステムが、運転席、助手席だけでなく後部座席までしっかりと衝撃を抑えてくれるなど、衝突安全性に対する機能も豊富に取り揃えられています。

トヨタシエンタ 安全性

シエンタは、プリクラッシュセーフティシステム、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームの先進機能3つからなるToyota Safety Sense Cを搭載し、乗員をを高い性能によって危険から回避するサポートをしてくれます。

その性能は予防安全性能評価 ASV+と新・安全性能総合評価の最高ランクのファイブスター賞を受賞するなど予防安全性、衝突安全性ともに非常に優れた性能を持っています。

走行性能比較

両車の環境性能・JC08モード燃費について、ガソリンエンジン車で比較してみると、
ウィッシュは16.0km/Lはシエンタは20.6km/Lと、シエンタの方が優れた数値となっています。

アイドリングストップ機構を備えるなど、シエンタには燃費性能を高める機能が充実しているからですが、
ウィッシュもエコドライブモードなども搭載されているので、決して性能が劣っているわけではありません。

走行性能に関しては、どちらもコンパクトで軽量なボディなので運転の爽快感は同じように得られます。

走行性能については、燃費性能の観点からするとシエンタの方に軍配が上がりそうです。

試乗記

試乗した方々の感想ですが、ウィッシュは、高さのあるLクラスミニバンと比べて
重心が低い分だけ走りのバランスが良く、安定感のある走りが出来ると評判です。

一方シエンタは、車内空間の快適さについて、窮屈になりがちな3列目の掛け心地や空間はこのクラスで最上級という意見がありました。

Sクラスのミニバンでありながらもその車内空間は、想像以上にゆったりしているのかもしれません。

走行性能に安定感のあるウィッシュ、車内空間の快適さに評価の高いシエンタ、
ぜひ一度、試乗してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 25車種を一覧で比較!

3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 25車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


【2023年最新】ハイブリッド車の人気おすすめ10選!ハイブリッド車のメリット・デメリットも紹介

【2023年最新】ハイブリッド車の人気おすすめ10選!ハイブリッド車のメリット・デメリットも紹介

世界初の量産ハイブリッドカーとして初代「プリウス」がデビューしてから25年。今では特別なものではなく、あらゆる車種にラインアップされる当たり前のものとなりました。駆動に使用するモーターならではの加速感や静粛性、省燃費性能などさまざまな魅力に溢れ、人気を博しています。そんな多数ある人気のハイブリッドカーの中でどのような車を選んだら良いのでしょうか。本記事ではおすすめのハイブリッドカーを10車種ピックアップしました。


【スライドドアのコンパクトカー】おすすめ車9選!使い勝手良く家族も喜ぶスライドドア車、厳選しました

【スライドドアのコンパクトカー】おすすめ車9選!使い勝手良く家族も喜ぶスライドドア車、厳選しました

軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広く存在していまう。値段も大抵は200万円以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


【2022年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2022年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


【2022年上半期】ミニバン販売台数ランキング!今売れてるミニバンはこれだ!

【2022年上半期】ミニバン販売台数ランキング!今売れてるミニバンはこれだ!

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数上位車種をご案内します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきましょう!


最新の投稿


ステーションワゴンおすすめ車種20選!選び方や各車種の特徴まで徹底解説!

ステーションワゴンおすすめ車種20選!選び方や各車種の特徴まで徹底解説!

走行性能と積載性を兼ね備え、スタイリッシュなデザインが多いステーションワゴンですが、SUVブームに押され最盛期に比べるとラインアップ数は減りつつあります。しかしながら視野を広げて輸入車も含めると、ステーションワゴンはまだまだ主力ジャンルのひとつです。この記事では、今だからこそおすすめしたいステーションワゴンをランキング形式で国産、輸入車に分けて紹介していきます。各車種のスペックや価格情報を比較しながら、あなたにぴったりの一台を見つけてください。


【2023年】軽ハイトワゴンのおすすめ10車種!今乗りたい便利な軽自動車はどれ?

【2023年】軽ハイトワゴンのおすすめ10車種!今乗りたい便利な軽自動車はどれ?

軽自動車は人気の車ですが、特にハイトワゴンの人気が高まっています。軽自動車という限られた規格の中で、最大限に室内空間を広げており、質感も高まったモデルが多くなっているので、販売台数を伸ばしています。今回は、ハイトワゴンの中でも近年人気の全高の高いモデルをご紹介します。


「エアサス」って何?メリットは?構造や価格、乗り心地や車高調との違い

「エアサス」って何?メリットは?構造や価格、乗り心地や車高調との違い

エアサスとは、何かご存知でしょうか? エアサスのメリットやデメリットを知りたいと考えている人にも、エアサスの構造や値段、乗り心地を知りたいと思っている人にもわかりやすく簡単に「エアサスとは何か?」を理解できるように掲載します。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ10車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ10車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


【2023年版】どこまでもエレガント!メルセデス・ベンツのクーペ一覧

【2023年版】どこまでもエレガント!メルセデス・ベンツのクーペ一覧

高級車の代名詞的存在ともいえるメルセデス・ベンツは、多くの人たちの憧れの存在となっています。メルセデス・ベンツは、セダンやSUVなどの売れ筋のモデルを販売する一方、「クーペ」もしっかりと作り続けています。今回は、エレガントなメルセデス・ベンツのスポーツ・クーペについて紹介します。