目次へ戻る

【比較】 トヨタ エスティマ・日産 エルグランド

【比較】 トヨタ エスティマ・日産 エルグランド

比較シリーズ。今回はⅬクラスミニバンで長い間人気を得ている2台。 トヨタ エスティマと日産 エルグランド比較してみました。


概要・特徴

コンセプト・ターゲット

トヨタ エスティマ


トヨタのエスティマと日産のエルグランドは、ともにLクラスミニバンでそれぞれ家族向けの車として長い間人気を争っています。お互いにモデルチェンジの間隔が長く少々古い設計になってしまい、
エスティマならアルファードやヴェルファイア、エルグランドならセレナなど、新しい車の陰に潜みがちです。

それでも、これだけ長く愛され続けているエスティマとエルグラウンドの特徴をここでは比較していきたいと思います。



利用シーン

トヨタ エスティマ


Lクラスミニバン同士の両車は、その広い車内空間などから多くの利用シーンで大活躍です。
シートアレンジも多彩に出来るので、家族旅行や日常の買い物もゆったりでき、さらには車中泊なども余裕で出来てしまいます。

また、両車ともパワースライドドアを採用しフロアも低床になっているので乗り降りもしやすいので
2世帯家族や子供のスポーツクラブなどの送迎など、狭い場所でも乗り降りがしやすいというのは
ドライバーだけでなく乗っている家族も快適にカーライフを満喫できます。
ファミリーカーとしてとても充実した機能が揃えられています。

トヨタ エスティマ 概要

トヨタ エスティマ


■搭乗人数・概要

エスティマは発売当初から人気で長い間多くの方に親しまれています。
グッドデザイン賞を受賞したデザインは先進感に満ちており、どのミニバンとも一線を画し
ひと目でエスティマと認識できるほどです。

最大8人乗りの車内はとても広く、8人乗っても多くの荷物を載せても窮屈に感じることなく3列目までゆとりをもって過ごすことが出来ます。

価格はハイブリッド車が400万円~500万円、ガソリンエンジン車で340万円~400万円以下となっており、エコカー減税の対象車となっています。

日産 エルグランド 概要

日産 エルグランド


■搭乗人数・概要

日産を代表するLクラスミニバンのエルグランドは、車内の広さだけでなくスポーティーな走りなど走行性能が高く心地よいドライビングと快適性が考え抜かれ、見た目のデザインも迫力満点です。

また、高級感溢れる室内空間はまさにエグゼクティブで、運転手も同乗者もVIP待遇を受けているかのような空間ですべての人が気持ち良く過ごすことができます。

価格は、通常のもので7人~8人乗りで320万円~550万円、エルグランドVIPは7人乗り600万円、4人乗りで800万円前後となっています。

室内空間・収納

シート比較

トヨタ エスティマ


■トヨタ エスティマシートアレンジ

エスティマのシートは広い車内を充分に活かし多彩にアレンジが出来ます。
最大800mmを誇るリラックスキャプテンシートのスライド量はかなりのもので、サードシートも床下格納が出来るので最高部にスライドさせればとても車の中とは思えないほどの広い空間が誕生します。

また、反対に前方にスライドさせれば荷室を大きく広げることが出来るので大きな荷物も充分に載せることが可能です。
さらに車内が広く各シートにゆとりがあるので3列目の乗り心地も抜群です。



日産 エルグラウンド


■日産 エルグランドシートアレンジ

エルグランドも自在にシートをアレンジすることが出来ます。
くつろぎたい時には1列目もしくは2列目をフラットにすることにより、足を伸ばしてソファのようにリラックス出来たり、多くの荷物を積み込む時には、ラゲッジモードにして大きな収納スペースを作り出すことが出来ます。

さらにエルグランドの2列目シートには背もたれの中間が折れる中折れ機構が採用されているので
腰の負担を軽減し快適にドライブを楽しむことが可能です。

ドア・乗降性


どちらの車も開閉がワンタッチでできるパワースライドドアを採用し、ドア開口部の広さも充分で、
挟み込み防止機能も搭載しているので安心です。

ステップの高さに関しては、エスティマの方が低床フロアで低くなっているので
お子様やお年寄りなどはエスティマの方が乗り降りがしやすいでしょう。

トヨタ エスティマ 収納・バックドア


エスティマは室内が広く多彩なシートアレンジも可能なので荷物の収納もたっぷり出来ます。

3列目のシートが床下に収納出来るのが特徴で、2列目のシートをフロント側に寄せることによりかなり大きな荷室スペースを作り出すことができるので
大きな荷物や多くの荷物も充分に載せることが可能です。

そしてバックドアにはスイッチひとつで開閉が可能なパワーバックドアを採用することで、
手が塞がっていてもラクに開閉が出来るのがとても便利です。

日産 エルグランド 収納・バックドア


エルグランドもラゲージスペースがとても広く多くの荷物を収納できます。

通常でも広いラゲージスペースは3列目シートスライド機能によりゴルフバッグを最大6セットも積載可能なほどのスペースを確保できます。



さらにバックドアにはリモコンオートバックドアが採用されており、開ける時はナンバープレート下のボタンで、閉める時はバックドア内側についているボタンを押すことで電動で閉まるようになっていてとても便利です。

安全性・走行性

トヨタ エスティマ 安全性


エスティマは予防安全性能評価などは受賞していませんが、その安全性能は非常に高いです。

予防安全としてToyota Safety Sense Cを搭載しており、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、事故の回避や衝突被害の軽減を支援してくれます。


また、プリクラッシュセーフティシステムやレーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームなどの先進的機能によってドライバーの安全と同時に歩行者の安全もサポートしています。

日産 エルグランド 安全性


日産では「SAFETY SHIELD」を掲げ、通常運転から衝突後まで、クルマが状況に応じて様々なバリア機能を働かせ、少しでも危険に近づけないようサポートする取り組みをしています。

その中でもエルグランドは、自動車アセスメントの新・安全性能総合評価による評価で、最高の安全評価の5スターを獲得しその安全性を評価された車種です。

予防安全に努め、さらに衝突安全性も高いエルグランドはファミリーカーとして必要な安心感をもたらしてくれます。

走行性能比較

トヨタ エスティマ


環境性能・JC08モード燃費比較をしてみます。

BEAMS 2AZ-FE VVT-iエンジンのエスティマは11.4km/L、2WD/エクストロニックCVT-M6のエルグランドは10.8km/L。ほぼ互角ではありますすが、多少エスティマの方が優勢でしょうか。

エスティマは7速スポーツシーケンシャルシフトマチック」を搭載しマニュアル感覚の素早いシフトチェンジも出来るのでスポーティーな走りを楽しめます。

日産 エルグランド


一方エルグランドは、ロー&ワイドが活きてセダン感覚で運転が出来るの程の身のこなしが特徴的で且つ、静寂性も高いです。

どちらもミニバンでも走りを楽しみたい方にはとても向いている車種ではないでしょうか。

試乗記

トヨタ エスティマ


それぞれ試乗した方の感想はどうだったのでしょうか。

エスティマは、マイナーチェンジをしたあとエスティマ史上最上の走りの質感と安定感で
さらに、振動減衰性能が格段によくなっていたという意見がありました。



日産 エルグラウンド

一方のエルグランドは、車内の快適性がとても高く、シートはシート一体型のオットマンと中折れ機能が搭載されており、とにかく座り心地が良く、自宅の応接間でくつろいでいるような感覚になるほどのようです。

是非一度、両車を試乗してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


【速報】トヨタのFRHVスポーツ、まさかの2019年市販化か!?

【速報】トヨタのFRHVスポーツ、まさかの2019年市販化か!?

トヨタが2017年の東京モーターショーでワールドプレミアした、FRハイブリッドスポーツカー『GR ハイブリッドスポーツ コンセプト』。2019年にも市販化される可能性があるというレポートが欧州から届きました。最新情報をお届けいたします!!


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


世界が待つトヨタのスープラ年内初公開!?車名が2000GTに変更!?

世界が待つトヨタのスープラ年内初公開!?車名が2000GTに変更!?

全世界が待ち焦がれている…と言っても過言ではないトヨタの新型クーペ・スープラですが、ここにきて車名変更かと騒がれているのをご存知でしょうか。改名はトヨタ史に残るあの名車「2000GT」!?いやいや「スープラ3000」!?そもそも2000GTは復活が騒がれていますね…。改めてスープラと2000GTの情報を整理してみます。


【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

【最新版】2018年発売が予測される新型SUV情報まとめ【国産/外車】

毎年多くの車種が発表される自動車業界、2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのか楽しみです。実は、2018年も引き続きSUVラッシュなことをご存知ですか。来年もSUVなくして車を語れません。本記事ではSUVに大注目!2018年発売が予測・期待されるSUV新車・新型車最新情報をまとめています!


トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

トヨタ 新型スープラの発売日、価格、スペックはどうなる?大胆予想!

東京モーターショー2017にスープラが復活か?BMWとの共同開発か?等々、トヨタの新型スープラに関する情報がほぼ毎月のように世間を騒がしています。こちらの記事では今までキャッチされた情報等を元に新型スープラのスペックや価格等がどうなるか?どのような仕様か?等を予想し掲載しています。


最新の投稿


年末年始|車で遠出する人必見!動画で見るスタッドレスタイヤの必要性

年末年始|車で遠出する人必見!動画で見るスタッドレスタイヤの必要性

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)が、 雪道におけるノーマルタイヤやスタッドレスタイヤの走行テスト結果を動画で公開しました。年末年始、ご家族や友人と楽しいドライブのために雪道でのタイヤによる走行性能の違いをチェックしましょう。


【速報】トヨタのFRHVスポーツ、まさかの2019年市販化か!?

【速報】トヨタのFRHVスポーツ、まさかの2019年市販化か!?

トヨタが2017年の東京モーターショーでワールドプレミアした、FRハイブリッドスポーツカー『GR ハイブリッドスポーツ コンセプト』。2019年にも市販化される可能性があるというレポートが欧州から届きました。最新情報をお届けいたします!!


愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車 2018年にキット発売へ 価格は1350万

愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車 2018年にキット発売へ 価格は1350万

漫画や映画や小説などでたびたび登場する、空飛ぶ車…。夢のような話が2018年にはかなうかもしれません。米国オレゴン州に本拠を置くサムソンモーターズは2018年に空飛ぶ車、サムソン『スイッチブレード』を発売する計画を発表しました。


10台中の4台が日本車!アメリカ10ベストエンジン2018発表

10台中の4台が日本車!アメリカ10ベストエンジン2018発表

ベストジーニストやベストカー、ベストファーザーなど「ベスト〇〇」は数ありますが、車好きのみなさんは、優秀なエンジンを選ぶ「10ベストエンジン」なるものがあることをご存知でしょうか。もちろん日本車・国産車のエンジンもベスト10に入っていましたよ!!


【アンケート】年末年始の長距離ドライブ。世間の動向を見る。

【アンケート】年末年始の長距離ドライブ。世間の動向を見る。

三井ダイレクト損害保険株式会社は、年末年始(2017年12月22日~2018年1月3日)に高速道路を利用して長距離移動をする、もしくはする予定がある18歳~69歳の男女1,000人へ「年末年始の長距離移動」に関するアンケート調査を行いました。その結果からみえた2017年末の動向を見てみましょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング