目次へ戻る

クロスオーバーSUV、フィアット500Xに初の仕様変更!

クロスオーバーSUV、フィアット500Xに初の仕様変更!

イタリア生まれのおしゃれでカワイイフィアット500。その中でもクロスオーバーSUVの500Xについて本記事ではまとめています。2017年7月1日より、初の仕様変更がなされた500X。この機会にぜひとも500Xの魅力に触れてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


フィアット500Xについて知りたい

フィアット 500

松居一代の愛車か!?可愛くてコンパクトなイタリア車フィアット500!

http://matome.response.jp/articles/706

松居一代さんがご自身の公式ブログにて、愛車、として紹介していたフィアット500。貴方はフィアットについて知っていますか?フィアットはイタリア生まれの車です。今回はそんなフィアット500についてまとめてみました。

500とは、イタリアのフィアットから販売されている自動車のことです。
500のほかに、500Cというコンバーチブルタイプや、今回ご紹介する、クロスオーバーSUVタイプの500Xがあります。

フィアット500X、初の仕様変更!?

そんなフィアットの500Xですが、今回初の仕様変更を行い販売されるとの発表がありました。


フィアット初のスモールSUVとして登場した500X。

2015年に販売開始したフィアット500Xは、現行および往年の500の流れを汲んだデザインと、優れた居住性や利便性、さらに自動ブレーキなど先進の安全装備を備えた5ドアモデルです。

フィアット500Xが仕様変更、でどう変わる?


今回のマイナーチェンジでは、機能装備を充実を図っています。
これにより、一層の安全性と利便性を高めています。

グレード展開は、ベーシックな4×2モデルの「ポップスター」と、レザーシートなどで質感を高めた「ポップスター プラス」、専用エクステリアや9速AT、ルーフレールなどでクロスオーバーの魅力を高めた四輪駆動モデル「クロス プラス」の3種類。

マイナーチェンジした500Xは、7月1日から販売開始しています。

ポップスターには、バイキセノンヘッドランプやクラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付の前面衝突警報、レーンデパーチャーウォーニング(車線逸脱警報)を新たに標準装備することで、上級グレードにせまる安全性を確保。さらに外装には新デザインの17インチアロイホイールを採用、内装はセンターコンソールの意匠を新しくしたほか、これまでブラック/ダークグレーのみだったシートカラーに新たにアイボリー/ダークグレーを設定するなど、質感の向上を図った。

ポップスター プラスとクロス プラスには、標準設定されていた衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備に加え、レーダーセンサーにより前方車両を認識し、一定の車間距離を保ちながら自動で速度を調整するアダプティブクルーズコントロール(ACC)を採用。特に長距離移動においてドライバーの負荷や疲労を軽減し、より安全で快適なドライブを実現する。さらにシートカラーも従来のブラウン/ダークグレーの色調を変更したほか、新たにブラック/ダークグレー内装を設定した。

また、ボディカラーに新色のベージュ カプチーノを設定したほか、ポップスター プラスには三層パール仕上げパールペイントのイエローを新たに設定(オプション)した。

フィアット 500X サイズは?

フィアット500X、実際はどのくらいのサイズ感なのか、気になりますよね。
フィアット500Xは、全部で3つのグレードがありますが、それぞれのサイズは、

■Pop Star:全長4,250(mm)×全幅1,795(mm)×全高1,610(mm)
■Pop Star Plus:全長4,250(mm)×全幅1,795(mm)×全高1,610(mm)
※PopStarと同じサイズ
■Cross Plus:全長4,270(mm)×全幅1,795(mm)×全高1,625(mm)

となっています。

Cross Plusは、Pop Star、Pop Star Plusに比べて、全長20mm、全高は15mmほど大きくなっています。

フィアット500Xに近いサイズの車は?

また、他車で500Xと同じくらいの大きさの車は、MINIのクロスオーバーや、マツダのCX-3といったSクラスSUVを想像するといいかもしれません。

MINI クロスオーバー 全長4,315(mm)×全幅1,820(mm)×全高1,595(mm)
マツダ CX-3 全長4,275(mm)×全幅 1,765(mm)×全高1,550(mm)です。

MINI クロスオーバー

マツダ CX-3

【知っておきたい】WLTCモードって何?JC08モードと何が違うの?

http://matome.response.jp/articles/688

日本では2018年10月から、WLTCモードに切り替わります。そもそもWLTCという言葉を聞いたことはありますか?このWLTCとは、燃費をはかる基準で、国連で決められた基準となっています。今までのJC08モードとWLTCモード、いったい何が違うのか、導入の意図は何か。今回の記事で丸裸にします!!

【上海モーターショー2017】マツダのコンパクトSUV、CX-3新型まとめ

http://matome.response.jp/articles/509

マツダは2017年4月19日、上海モーターショーにおいてプレスカンファレンスを開催、そこで新型CX-3の情報を発表しました。コンパクトSUVが人気の昨今。マツダのCX-3は見逃せません。2017年型に迫りつつ、2015年、2016年型についてもどう改善されたかをまとめました。

フィアット 500X 燃費はどれくらい?

フィアット500X、気になる燃費はどれくらいなのでしょうか。

■Pop Star 15.0(km/ℓ)
■Pop Star Plus 15.0(km/ℓ)
■Pop Star 13.1(km/ℓ)

※いずれもJC08モード

フィアット 500X 気になる評価、口コミは?

フィアット500Xの良い点

ちまたには多くのコンパクトSUVが出回っているが、500Xはイタリア車ならではの秀でたデザインもさることながら、愛嬌満点のキャラクターはすれ違う人を笑顔に変える力を持っている。

4WD仕様の最上級モデルは、発進時にのっそりと動き出すところがあるが、踏み込むとエンジンが軽く吠えるようにして回転を高め、パンチの効いた力強い加速を披露する。パワーを求めるドライバーや荷物満載でドライブするようなシーンでは頼もしい走りを披露してくれそうだ。

600キロ走って燃費が今の所9km/Lです。
あと低速発進時ノッキングします。
それでも買ってよかったと思わせるオリジナリティに溢れた車だと思って乗ってます。
買ってから600km走って未だに2台しか同じ車を見ていないので。

ザ・イタリア車、というだけあって、オリジナリティや、デザイン性の高さなどが高く評価されているようですね。

また、SUVだけに、荷物の積載量が多くても良い走りを見せてくれそうです。

フィアット500X 悪い点

最後は乗り心地。一言で評するなら、ゴムまりがサスペンションの代わりをしている印象というか、空気圧を入れ過ぎたタイヤのクルマに乗っている印象で、急激な入力にボディがガツンと反応することはない代わりに、常に揺れていてフラット感に欠ける。だから、長距離を乗ると疲労感が出てしまう。今回の試乗は400kmほどで、このうちの半分以上の距離を一度に乗ったのだが、結構な疲労感だった。

乗り心地はいまいち、長距離には不向きという声が見られました。
長距離での走行が多い人であれば、500Xは不向きかもしれないですね。

フィアット 500X 気になる価格は?

フィアット500X、気になるお値段はどうなのでしょうか。
■Pop Star 288万3,600円
■Pop Star Plus 312万1,200円
■Cross Plus 339万1,200円
というラインナップになっています。

今回は、フィアットのクロスオーバーSUV、500Xについてご紹介しました。

今人気のSUVで迷っているなら、ぜひとも500Xも候補の一台に入れてみてはいかがでしょう。

松居一代の愛車か!?可愛くてコンパクトなイタリア車フィアット500!

http://matome.response.jp/articles/706

松居一代さんがご自身の公式ブログにて、愛車、として紹介していたフィアット500。貴方はフィアットについて知っていますか?フィアットはイタリア生まれの車です。今回はそんなフィアット500についてまとめてみました。

コンパクトSUVの情報を知りたい方はこちらの記事もご覧下さい

【2017年最新】国産&外車でおすすめのコンパクトSUV10選を一挙比較!

http://matome.response.jp/articles/708

近年、急激に販売台数を伸ばしているコンパクトSUV。続々と新型が発売され、多くの方が車選びの際の選択肢のひとつにあげられるのではないでしょうか。今や大人気のコンパクトSUV、どんな車種がおすすめなのか、国産SUV、外車SUV(輸入車)とそれぞれ5台ずつの価格、燃費、スペック、評価などを比較できるようご紹介していきます。

関連するキーワード


SUV フィアット 500X

関連する投稿


トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタのTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報

トヨタの新たなSUVと言われているTj(ティージェイ)クルーザー。Tjクルーザー、特に注目したい点がスライドドア付きSUVという点。今回はこのTjクルーザーというトヨタの新たなコンセプトカーがどういう車なのか?そもそも発売はあるのか?価格・発売日・スペック他気になる最新情報をまとめて紹介します。


【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

日産にはコンパクトSUVから本格的SUV までラインナップされています。人気があるSUVですが、「日産のSUVにはどんな特徴があるのか」と迷う方もいるかもしれません。e-POWERやプロパイロットなど魅力的な機能を備えた日産のSUVをまとめてご紹介します!


トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタのカローラシリーズはその時代のニーズにマッチしながら常に進化を遂げてきました。そんな中、トヨタは世界的なSUVブームに合わせて、カローラシリーズにコンパクトSUV「カローラクロス」を設定しタイで初公開しました。カローラクロスは日本で発売はされるのか?気になる情報をまとめてお伝えします。


【2020年最新】スバルのSUV一覧!特徴やおすすめの理由は?

【2020年最新】スバルのSUV一覧!特徴やおすすめの理由は?

日本で唯一水平対向エンジンを採用しているスバル。低重心で安定した走りを実現しているスバルには、XV・フォレスター・レガシィ アウトバックと魅力的なモデルが揃っています。この記事では、2020年現行のスバルのSUVをまとめてご紹介します!中古のおすすめモデルもピックアップしますので、中古で探しているあなたも必見です。


【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。


最新の投稿


おすすめカーオーディオ5選!選び方や取り付け工賃までご紹介

おすすめカーオーディオ5選!選び方や取り付け工賃までご紹介

カーオーディオが欲しい時、どれを選べば良いのか迷いませんか?今回は、カーオーディオを購入検討している人に向けて、どんなカーオーディオがあるのか、特徴、選び方を説明していきます。


人気の原付バイク 買うべきおすすめ車種15選!値段や相場も

人気の原付バイク 買うべきおすすめ車種15選!値段や相場も

原付バイクをこれから購入しようと考えている方へ。メーカー毎にオススメのバイクの値段(新車価格、中古価格の相場など)をご紹介。男性にオススメのカッコイイ原付バイク、女性にオススメの可愛い原付バイク、値段も合わせてそれぞれご紹介しています。また、原付・中型・大型の違いや、そもそも原付とは何か?についても説明します!


大人も夢中に!おすすめの車のおもちゃをご紹介

大人も夢中に!おすすめの車のおもちゃをご紹介

世の中には、車のおもちゃが沢山あります。開封してすぐに遊べる完成品のおもちゃから、自分でパーツを組み立てるおもちゃ、ケースに入れて飾って愛でるだけの動かせないおもちゃまで、種類は様々です。今回はその中でも、”つくる”車のおもちゃについて解説していきます。


世界の高級車ブガッティとは?代表車種もご紹介

世界の高級車ブガッティとは?代表車種もご紹介

車好きの方なら一度は名前を聞いたことのある自動車メーカーがブガッティだと思います。この車は、普段目にする機会があるほど台数が販売されている車ではありません。ブガッティといえば高級車の代表のような印象を持っていると思いますが、仰る通りブガッティは高級市販車です。今回はそのブガッティにフォーカスしてみましょう。


バックトゥザフューチャー・デロリアン|新車・中古車情報

バックトゥザフューチャー・デロリアン|新車・中古車情報

デロリアンといえば、ほとんどの方が映画バックトゥザフューチャーを思い浮かべるのではないでしょうか?今回は、そんなデロリアンの性能や新車・中古車情報などについて詳しく解説していきたいと思います。