目次へ戻る

スバル インプレッサ スポーツ スペック 価格 みんなの評価は?

スバル インプレッサ スポーツ スペック 価格 みんなの評価は?

スバルの人気車インプレッサ。その中でも注目したい車がスポーツタイプです。 今回はインプレッサのスポーツタイプに焦点を当ててみたいと思います。


大人気スバルのインプレッサ スポーツ

スバルのインプレッサ、と言われたら一度はこの名前を耳にしたことがある、そんな日本の名車のうちの一台です。
スバル、と聞いて一番に思い出すのは「アイサイト」という方も多いかもしれませんが、このインプレッサスポーツには、全グレードにアイサイトが標準装備されています。

今回はインプレッサのスポーツについて見ていきましょう。

スバル インプレッサ スポーツ スペック

■全長×全幅×全高(mm):4460×1775×1480 ※ルーフアンテナを含む数値、ルーフ高は1,455mm
■室内長×室内幅×室内高(mm):2085×1520×1200
■ホイールベース(mm):2670
■乗車定員(名):5人
■燃費:16.0~18.2(JC08モード)
■最高出力[ネット][kW(PS)/rpm]:85kW(115PS)/6200rpm~113kW(154PS)/6000rpm
■最大トルク[ネット][ N・m(kgf・m)/rpm]:148N・m(15.1kgf・m)/3600rpm~196N・m(20.0kgf・m)/4000rpm

スバル インプレッサ スポーツ みんなの評価・口コミは?

気になるインプレッサスポーツの口コミ、評判はどうなのでしょうか。兄弟サイトのe燃費とresponseを確認してみました。

さすがはスバリスト。みなさんかなり熱い!熱すぎる!
とっても熱くインプレッサスポーツについて語っていただいています。
すべての口コミを載せることができないのが残念です。

リッターについているIモードが、低燃費を実現するにはすこぶる優秀。しかし0km加速がすこし鈍重に感じる。2000回転~2500回転でギアを上げてスピードを出し、アクセルワークで1500回転で維持していれば、上り勾配がきつくない高速道路なら16km/L~18km/Lは走ってくれる。下りならさらに良い。
エンジンレスポンスがいいSモードでは、0km~30kmの加速、60km~100kmの加速については、べた踏みではないアクセルワークであるのならターボ車のように速い。この車はすり足で走ることを得意とするように設計されていると感じた。

FF車ファミリーカーです。雪が降らない地方なのであえてAWDは選びませんでした。アイサイト設定がなかったのは今でも惜しいですが割り切りました。
燃費は平坦な高速を制限速度で走って19km/Lくらい(実燃費)。燃料流量計だけでなく距離計も若干狂いがあるようなのでgooglemapの距離で補正した実燃費です。車体の端がつかみやすく、大きさの割りに取り回し良好です。100kmを越えた後の加速は気持ちよいが、70~80kmあたりはだるい感じ。

×アイドリングストップ;不満です。ブルンとかかるエンジン音と揺れはいかにも古臭い。
×ヘッドランプウォッシャー:雪が降らない地方では余計な装備です。

総じてバランスよく、しかも装備の割りに安いと思うのですが、モデルチェンジしてさらに大きくなってしまった。いくら気に入った車でも道路事情に合わなければ、次は選択対象から外さざるを得ないでしょう。

インプレッサスポーツで800kmのドライブへ出かけた翌日、R2で160kmのドライブへ出かけました。
信じられないかもしれませんが乗り換えても全く遜色ないドライビリティを持っています。

AVCSがもたらすアクセルの応答性、十分な低速トルク。
絶妙な変速をするi-CVT。
軽には不釣り合いな強靭なシャーシ性能。

流石に速度領域は違いますが、走行安定性や快適性はまさしくスバル車そのものです。
インプレッサを買ってもどうしても手放せなかった理由がそこにあります。

新型インプレッサはことシャシー性能や走りの質感については、国産Cセグメントのライバルを圧倒する出来であった。ちなみに今回試乗したモデル「2.0i-L」は17インチホイール径のタイヤを履くグレードであったが、その上には18インチモデル「2.0i-S」がある。噂によればそれはもっと素晴らしいとのことで、そちらにはさらなる期待が持てる。

スバル インプレッサ スポーツ グレード別価格

気になるインプレッサスポーツの、価格ですが、以下の通りになっています。

1.6i-L Eye Sight 2WD 1,922,400円
1.6i-L Eye Sight AWD 2,138,400円

2.0i-L Eye Sight 2WD 2,160,000円
2.0i-L Eye Sight AWD 2,376,000円

2.0i-S Eye Sight 2WD 2,376,000円
2.0i-S Eye Sight AWD 2,592,000円

走りを楽しむなら2.0~がおすすめですが、コスパ重視であれば、アイサイトももちろん装備している1.6iLもおすすめですよ!

関連する投稿


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


【てんとう虫でおなじみ】機械遺産にも認定された名車スバル360の魅力

【てんとう虫でおなじみ】機械遺産にも認定された名車スバル360の魅力

スバル(富士重工)の名車と言えば?と聞かれて浮かんでくる車の1つがこのスバル360なのではないでしょうか。スバル360は、可愛らしい愛嬌のあるルックスから「てんとう虫」と呼ばれ親しまれていました。2016年には機械遺産にも認定されたスバル360。本記事ではあらためてその魅力に迫ります。


スバルWRX S4に輸入車思考の最上位グレード「STIスポーツ」を発表!

スバルWRX S4に輸入車思考の最上位グレード「STIスポーツ」を発表!

スバルはWRX S4にSTIとの共同開発により、走行性能と質感を高めた最上級グレード「WRX S4 STI Sport」を設定し9月21日から発売すると発表しました。レヴォーグ、SUBARU BRZで好評の「STI Sport」がWRX S4にも追加されたのは嬉しい限りです。詳しく紹介していきます。


【雷鳴は長く続かない】スバルのWRX雷雨エディション爆誕!WRXとは

【雷鳴は長く続かない】スバルのWRX雷雨エディション爆誕!WRXとは

スバルは9月3日、『WRX』の2019年モデルに「RAIUエディション」を設定、カナダ市場で発売すると発表しました。そもそもWRXってどんなクルマなの?本記事では、そんな疑問にお答えします!!


2019年登場! スバルのセダン・レガシィB4次期型はどうなる?

2019年登場! スバルのセダン・レガシィB4次期型はどうなる?

スバルのフラッグシップ・セダン『レガシィB4』次期型に関する情報を入手しました。既に開発車両が目撃されていますが、次期型のデザインは新型『フォレスター』などと同じくキープコンセプトとなる模様。登場は2019年とされています。明らかになっている最新情報をまとめました。


最新の投稿


【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

【スクープ!】ランボルギーニがアウディからポルシェ傘下に!

アウディ傘下となっているランボルギーニ。2019年1月から、ポルシェ傘下へ入ることが確定したと、米Automobile Magazineが報じています。


【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

【パリモーターショー2018】BMW X5新型と M5コンペティション発表!

BMWグループは、フランスで10月に開催されるパリモーターショー2018(Paris Motor Show)の出展内容を発表しています。それによれば新型『X5』(BMW X5)と『M5コンペティション』(BMW M5 Competition)がワールドプレミアされるとのことです。


【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

【パリモーターショー2018】トヨタ ヤリス(ヴィッツ)2019年モデル初公開

トヨタヨーロッパは、ヤリス(日本名:ヴィッツ)の2019年モデルをパリモーターショー2018にて初公開することを発表しています。


日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産のスーパーカー!GT-Rのスペック 価格 燃費 まとめ

日産が誇る、スーパースポーツ、GT-R。ファンも多いこの車。あのプロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手も日産車の中ではGT-Rがお好きなんだとか。そんなGT-R、みなさんはどれだけ知っていますか?本記事ではGT-Rのスペック、燃費、価格他気になる情報をまとめています。


フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリは9月18日に投資家向けに開いた説明会「Capital Markets Day」において2022年までにハイブリッド車をラインナップの6割に導入すること、SUV「Purosangue」を導入する予定であることを示唆しました。本記事ではこの度発表されたフェラーリの経営計画についてご紹介します。