目次へ戻る

復活のNSX 新型NSXの基本情報まとめ

復活のNSX 新型NSXの基本情報まとめ

1990年~2006年まで、販売されていたNSX。2016年に2代目となるNSXが発売されて大変話題になりました。今回は改めて2016年に発売された2代目NSXについてまとめています。


ホンダが誇るスーパーカー、NSXとは?

ホンダ NSX (1990~2006)

ホンダは、本格的スポーツモデルの『NSX』の生産を2005年12月末で終了すると発表した。NSX後継モデルに関しては、同社の最新技術を採用した新開発スポーツカーとして現在開発を進めているとしており、本格的スポーツカーのラインナップは維持する。

NSXは、1990年に量産車として世界初のオールアルミ・モノコックボディを採用した本格的ミッドシップ・スポーツカーとして発売した。

その後に排気量アップや6速MTの採用、空力性能の向上など、運動性能の向上を図ってきた。オープントップモデルの「NSXタイプT」や運動性能をより高めた「NSXタイプR」を設定するなど、進化を続けてきた。これまでに約15年間で全世界累計1万8000台以上を販売した。

ホンダNSXは、1990年から2006年まで発売されていた、2シーターのスポーツカーです。

2016年には、このNSXの2代目にあたるNSXが発売され話題になりました。

この2代目NSXにはハイブリッドシステムが搭載されています。

現行NSX

京商、NSX&S660 1/64スケール ミニカーコレクション発売!!

http://matome.response.jp/articles/329

京商は、ジュウロクホウイ社プロデュースによる「KYOSHO 1/64スケール ホンダNSX&S660ミニカーコレクション」を7月に発売します。そこで今回もミニカー特集を開催します!

本記事では2016年に発売されたホンダのNSXについてまとめています。

ホンダ 新型NSX 基本情報

NSX スペック


■駆動方式:4WD

■エンジン最高出力:373kW(507ps)

■エンジン最大トルク:550Nm(56.1kgf・m)

■全長×全幅×全高(mm):4490×1940×1215

■ホイールベース(mm):2630

■乗車定員(名):2

■車両重量:1780kg

■JC08モード燃費:12.4km/L

NSX インテリア

インストルメントパネルの中央に、強固な骨格を思わせるガーニッシュデザインを採用しています。

軽さを追求したエクステリアを支える強固なコクピットをイメージ。

それに加え、インストルメントパネル内部にアルミ押し出し材のビームを配置し、実際にコクピット強度を高めるなど、目に見えない部分の軽量化とつくり込みにもこだわりが。

座面とシートバックの中央部で体幹を支え、上体の滑りを抑制。サイドにサポート構造のレザーボルスターを配置し、上体の横方向のホールド性を向上させるとともに、肩の動きの自由度を確保。上体をしっかりと安定させることで、座面両脇のレザーボルスターを低く設定でき、優れたサポート性を発揮しながら、乗り降りしやすい新感覚のスポーツシートを実現しました。

NSX エクステリア

新型NSXは、スーパースポーツとしてのハイパフォーマンス感、すなわちローアンドワイドで、四隅にある大径タイヤが主張する骨格を必須条件とし、それと相反する空力的な軽やかさ、機能的な羽根のような造形をボディに編み合わせるイメージでデザインされています。

NSX ライバル車は

同じくスポーツカーである車が、NSXのライバルです。

国産車では、やはり日産のスーパーカー、GT-R、
外国車では、アウディ、BMWあたりのスーパーカーと比較検討することをオススメします。

日産 GT-R

アウディR8 スパイダー

BMW i8

NSX グレード別価格一覧

■ NSX(4WD/ハイブリッド)23,700,000円

NSXは、2017年7月現在、上記のみのグレード展開となっています。

NSX 口コミ 評価は

ドアをあけたとたんに膝からくずおれそうなほど、ちゃっちいインテリアの物語もへったくれもないクルマ。HVになって腹に響くエキゾーストノートよりモーター音が耳につくのは許そう。計器類の表示がゲーム機器のようでおもちゃっぽいのも時代の流れだ、受け入れよう。

しかし、インテリアの雑さだけは許しがたい。

NSXの凄さはステアリングの切り角に同調してトルクベクタリング制御を行う事だ。前輪に舵角が入ると内輪は減速し、外輪は駆動を強める。ブルドーザーなどキャタピラの車輌が曲がるとき、内側を遅く、外側を速く回転させる事と基本同じ。コーナーの曲率が奥で強くなる、旋回しながらそれを察知したら、ただステア角を増やすだけ。ノーズが身を捩るようにしながら入る、曲がる事に味わいがある。

NSX。多くのスーパースポーツカーにひと泡吹かせる事は間違いない。モータートルクベクタリングの実力、恐るべしである。

ただクルマ全体を見渡すと、2400万円のクルマにしては突っ込みどころは内外多々ある。が、ともかくこのスーパーな一台が完成し、世に出た事が素晴らしい。“突っ込みどころ”はメーカーが重々承知していた。だからそこは変わる、進化洗練する事は間違いない。

レスポンスの試乗記を見ていると、新型NSXに対して厳しい評価もあります。

NSXは2006年に生産中止、し、10年の時を経て新型が発売された、ということもあって、思いが強すぎて少し辛い採点になってしまう、という場合もあるかもしれません。

NSXの魅力の真偽についてはぜひ自分の目で見て、触って、乗って、確かめてみてくださいね。

関連する投稿


ホンダクロスロード!歴代モデルとその褪せない魅力とは

ホンダクロスロード!歴代モデルとその褪せない魅力とは

ホンダのSUVのモデルの中でもひっそりと消滅していってしまったシリーズに入るクロスロード。しかし二代目に至っては時代が追い付いてきたかのように人気を維持しています。この記事ではその特徴と魅力をご紹介していきます。


今も人気の「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、中古価格や燃費まで総まとめ

今も人気の「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、中古価格や燃費まで総まとめ

乗るのが嬉しい!「ホンダ CR-Z」の特徴や歴史、そして気になる燃費や中古価格などをまとめてみました。「ホンダ CR-Z」に乗り換えをお考えの方は、ぜひ参考にしてください。


【これぞハイブリッド】ホンダ フィット ハイブリッド i-MMDシステムとは

【これぞハイブリッド】ホンダ フィット ハイブリッド i-MMDシステムとは

他のメーカーにもさまざまなハイブリッドシステムがある中で、ホンダのハイブリッド「i-MMD」のシステムは本命ハイブリッドといわれています。2019年10月にも発売される新型フィットへの展開も確実視されているホンダのハイブリッドは何が優れているのでしょうか? ホンダフィット ハイブリッドの魅力を見ていきましょう。


スポーツタイプもある「アコードツアラー」の歴史や中古価格・燃費など

スポーツタイプもある「アコードツアラー」の歴史や中古価格・燃費など

今ではもう生産されなくなった「アコードツアラー」。しかし、海外でも高い人気を誇っています。この「アコードツアラー」を中古で購入しようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。


ホンダのステップワゴン・ スパーダとは?名前の由来・スペックほか

ホンダのステップワゴン・ スパーダとは?名前の由来・スペックほか

『ステップワゴン スパーダ』(以降、スパーダ)は、従来のステップワゴンとは異なる専用フロントグリルを与えられるなど主に意匠面での差別化が図られたモデルです。今回はこの、少しヤンチャなスパーダのこれまでと現在についてお話ししていきます。


最新の投稿


トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタの人気ミニバン「イプサム」の歴代モデルの性能や燃費・中古価格などをまとめていきます。「イプサム」に乗り換えを検討されている方は是非参考にしてください。


【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

熱い視線が注がれているトヨタの新型RAV4。買うかどうか迷っている…。家族になんと説明しようか…。いや、でもなあ…。なんて頭を抱えてお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな悩めるあなたに、本記事ではRAV4新型の試乗記をまとめました。生のRAV4新型の試乗記を読んで、検討の材料にしてみてくださいね!


熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本県には道の駅が多数存在しており、地元の名物が買えたり人気のフードが食べられたりするところがあります。 そんな熊本ので人気のある道の駅を10選集めてみました。


【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

約13年ぶりにモデルチェンジした日野の大型トラック「プロフィア」の最新装備や、価格から特徴とその魅力などについてご紹介していきます。


マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレンオートモーティブは5月15日、新型スーパーカーのマクラーレン『GT』(McLaren GT)を発表しました。4.0リットルV8ツインターボ搭載。0-100km/h加速3.2秒、最高速326km/hとのこと。気になる最新情報をまとめました。