目次へ戻る

ホンダの新型ステップワゴンスパーダ スパーダにハイブリッド追加!

ホンダの新型ステップワゴンスパーダ スパーダにハイブリッド追加!

ホンダのミニバン、ステップワゴン。わくわくゲートや広々としたフロアが魅力です。そのステップワゴンですが、2017年の9月末にマイナーチェンジするとホンダから発表がありました。今回のマイナーチェンジで、スパーダにハイブリッドが追加される模様です。9月末~10月に発売予定の新型ステップワゴン、最新情報をまとめています。


発売は9月下旬!?改良される新しいステップワゴン

ホンダは、2017年9月下旬に『ステップワゴン/ステップワゴン スパーダ』のマイナーモデルチェンジを予定しています。

また、マイナーチェンジ後の『ステップワゴン/ステップワゴン スパーダ』に関する情報を、7月3日よりホームページにて先行公開しました。

今回のモデルチェンジでは、ステップワゴン スパーダの外観をよりダイナミックなデザインに変更し、加えて、力強い走行性能と優れた環境性能を両立する2モーターハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッド i-MMD」搭載仕様を設定。

また安全運転支援システム「ホンダ センシング」の機能を充実させています。

Honda ステップ ワゴン 公式情報ページ

http://www.honda.co.jp/STEPWGN/new/

こちらはHonda ステップ ワゴンの公式情報ページです。最新のWEBカタログで、スタイリングやインテリア、荷室をはじめとする、ステップ ワゴンの様々な魅力をチェックいただけます。

ホンダ ステップワゴン スパーダ マイナーチェンジのここに注目!

■1 ホンダ センシング機能の充実

「Honda SENSING(ホンダ センシング)」とは、自動ブレーキによる衝突回避機能などを統合的に備えた安全運転支援システムのパッケージのことです。

このホンダセンシングがあることで、ドライバーの意思と車両の状態を踏まえた適切な運転操作を判断し、多彩な機能で、より快適で安心なドライブをサポートしてくれます。

現行のステップワゴンは、グレードによってはホンダセンシングを搭載していませんでした。
一方、新しくマイナーチェンジしたステップワゴンですが、公式サイトを見る限り、全グレードに標準装備されるのではないか、と予想されています。

ホンダ安全技術「ホンダセンシング」高性能な自動ブレーキが魅力

http://matome.response.jp/articles/199

自動ブレーキによる衝突回避機能などを総合的に備えた、ホンダの安全運転支援パッケージ「ホンダセンシング(Honda SENSING)」 その仕組みと特徴、8つの安全機能、搭載車種についてまとめています。より詳しく知りたい方はこちらから。

ホンダセンシングは、ステップワゴンの他に、レジェンド、アコード、オデッセイ、ヴェゼル、ジェイド、フリード等にも搭載されています。

ホンダセンシング、2つの機能を追加

マイナーチェンジするステップワゴンに搭載される、ホンダセンシングには、新たに2つの機能が追加されました。

1つ目は、「渋滞追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」
2つ目は、「歩行車事故低減ステアリング」

上記の2つです。

渋滞追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

このACC、とは文字通り前走車との適切な車間距離をとりながら自動追従して走行する機能です。

もともと、このACCは、30km/h以上という条件で作動しましたが、新しい「渋滞追従機能付ACC」であれば0km/h~作動可能。

渋滞時にも役立ってくれます。また、前走車が停車すれば、合わせて停車します。

歩行車事故低減ステアリング

「歩行者事故低減ステアリング」は歩行者に近づき過ぎた際などに衝突回避を支援する機能です。

ミリ波レーダーと単眼カメラで、路側帯の歩行者や車線などを検知し、歩行者側の車線を逸脱し、歩行者との衝突が予測された場合に、ディスプレイ内の表示と音で警告します。

さらにステアリングを回避方向へ制御することで、ドライバーの回避操作を促します。

■2 ステップワゴン スパーダにハイブリッドモデルの追加

※現行スパーダ(2015年モデル)

今回のマイナーチェンジにより、ステップワゴンにハイブリッドモデルが登場します。

ハイブリッド仕様となるのは、ステップワゴンをより上質に、よりスタイリッシュさを追求した「ステップワゴン スパーダ」です。

スパーダは、ファミリーカーである一方で、専用エクステリアやブラックを基調としたインテリア等、通常のモデルよりもスタイリッシュさを追求し、また、乗り心地も向上したモデルです。

そのため、マイナーチェンジ以降、ホンダ ステップワゴンは、

■ステップワゴン(ガソリン車モデル)
■ステップワゴン スパーダ (ガソリン車モデル)
■ステップワゴン スパーダ(ハイブリッド車モデル)

より一層、オーナーの生活スタイルに合わせて選べる、3種類になりました。


【2017年上半期】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP 9!

http://matome.response.jp/articles/790

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバン。2017年上半期の売上はどうだったのでしょうか。また、気になるステップワゴンの順位は?

現行 ステップワゴン スパーダ オーナーの口コミ・評価・意見

新型ステップワゴンについてわかったところで、現行ステップワゴンの評価はどんなものなのでしょうか。

現行ステップワゴン、スパーダの口コミ・評価・意見を調べてみました。

ホンダ ステップワゴン
雪が溶けて暖かくなってきました。車の負担が減ったり、道が走りやすくなったりといろいろと要因はありますが、いい燃費です。
15.1キロ/Lです。ですが1番いい時は17キロ代で走ったことがあります。

ホンダ ステップワゴン
スパーダの外観がとても気に入っている。
燃費も12km/L前後で、このクラスにしては良いと思う。
室内からの見晴らしもよく、デカナビがかなり便利に使える。
取り回しもすごく良いので、運転しやすい。
自分でゴソゴソいじるのも楽しい。

内装、外観、走り、運転のしやすさにおいて大満足です!!ただひとつだけ不満があるとしたら、ズバリ燃費ですかね。もう少し燃費がいいといいかな。

最後に

【2017年上半期】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP 9!

http://matome.response.jp/articles/790

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事では2017年の上半期ではどんな車が人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。

ステップワゴンのライバルである、トヨタのミニバン3兄弟、ノア、ヴォクシー、エスクァイアはすでにハイブリッド車を用意していますし、「ミニバンの売れ筋TOP9」を見ても、上位にランクインしている車種にはほとんどハイブリッド車が投入されています。

オーナーの意見にもあるように、ステップワゴン、スパーダは「外観がカッコイイ」「取り回しもいい」という一方で、「燃費がいまいち」という声も見られました。

今回のマイナーチェンジで、ステップワゴン スパーダにハイブリッド車が投入されることで、新たにステップワゴン スパーダを選ぶオーナーが増えるのではないかと予測しています。

世界でも人気なトヨタのミニバン!新しくなったヴォクシーまとめ

http://matome.response.jp/articles/796

日本で大人気なトヨタのミニバン。ノア・ヴォクシー・エスクァイアで3つまとめて「ミニバン3兄弟」と言われることも多いです。 その中でも一番ワイルドでスタイリッシュなヴォクシーについてまとめています。

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【オートカラーアウォード2018】今年の受賞はホンダのN-VAN

【オートカラーアウォード2018】今年の受賞はホンダのN-VAN

日本流行色協会(JAFCA)が毎年、最も魅力的な車両のカラーデザインを選ぶ「オートカラーアウォード」。 2018年はホンダ『N-VAN』のカラーリングがグランプリに輝きました。またトヨタ『JPN TAXI』には特別賞が授与されています。


軽トラもここまでくると欲しくなる!特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」登場!

軽トラもここまでくると欲しくなる!特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」登場!

ホンダの軽トラック「アクティ・トラック」に、タイプ「TOWN」をベースにホンダの四輪車の原点となるT360誕生55周年を記念した特別仕様車「スピリットカラースタイル」を11月9日から発売しました。ダイハツがハイゼットトラックに農業女子向けに設定した仕様など、最近の軽トラはオシャレ度が高いのでまとめて紹介していきます。


【ロサンゼルスモーターショー2018】CR-Vの兄貴分!ホンダ パスポート 新型

【ロサンゼルスモーターショー2018】CR-Vの兄貴分!ホンダ パスポート 新型

ホンダの米国部門は、米国で開催したロサンゼルスモーターショー2018のプレビューイベントにおいて、新型『パスポート』(Honda Passport)を初公開しました。このパスポート、CR-Vの兄貴分ともいえるSUVなんです。


【カッコカワイイ】四角くてかくかくしたキュービックな車たち

【カッコカワイイ】四角くてかくかくしたキュービックな車たち

セダンも、クーペも、みんな違ってみんないいけど、やっぱり僕は私はかくかくした四角い車が好きだ!そんな人はいませんか?本記事ではそんな貴方のために、新車で購入できる四角い車をまとめてみました。思わず欲しくなってしまうこと間違いなし!


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。