トップへ戻る

PHVも登場の人気SUV MINI クロスオーバー 価格・スペック・評価は?

PHVも登場の人気SUV MINI クロスオーバー 価格・スペック・評価は?

BMW MINIブランドのコンパクトSUV、ミニ クロスオーバー。ミニ クロスオーバーを購入検討中の方、スペックや燃費などの詳細情報が気になる方、そんな方々向けに新型ミニ クロスオーバーのスペック、燃費、ユーザー評価等をまとめてみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ミニ クロスオーバー 概要

ミニ クロスオーバーは、MINIシリーズ初のSUVモデルとして2011年1月に発売されました。

現行モデルは、2017年2月にフルモデルチェンジをした2代目、同年7月にはマイナーチェンジ及び、MINIシリーズ初のPHVモデルも登場しました。

オリジナルのMINIよりもサイズが大きく発売当初は批判の声もありましたが、乗り降りのしやすいドア開口部や空間が広くなり快適性が向上した室内は、ファミリー層に支持されヒットモデルとなりました。

グレードは駆動方式がFFの「ミニ クロスオーバー クーパーD」、4WDの「ミニ クロスオーバー クーパーD ALL4」、「ミニ クロスオーバー クーパーD ALL4」のエンジンのセッティングが異なる「ミニ クロスオーバー クーパーSD ALL4」などがあります。

ミニ クロスオーバー  基本スペック

新型ミニ クロスオーバーの3つのグレードの基本スペックをまとめてみました。

グレードの記載がない項目は、共通の仕様となっています。

♦駆動方式
・ミニ クロスオーバー クーパーD…FF
・ミニ クロスオーバー クーバーD ALL4及びミニ クロスオーバー クーパーSD ALL4…4WD

♦エンジン 
・ディーゼルエンジン
・総排気量 1955cc
・最高出力 
ミニ クロスオーバー クーパーD及びミニ クロスオーバー クーパーD ALL4…(110KW/4000RPM) 
ミニ クロスオーバー クーパーSD ALL4…(140/4000)

・最大トルク 
ミニ クロスオーバー クーパーD及びミニ クロスオーバー クーパーD ALL4…(330NM/1750-2750RPM) 
ミニ クロスオーバー クーパーSD ALL4…(400NM/1750-2500RPM)

・燃料タンク 61L
・使用燃料 ディーゼル

♦燃費
・ミニ クロスオーバー クーパーD…21.2km/L
・ミニ クロスオーバー クーパーD ALL4…21.3km/L
・ミニ クロスオーバー クーパーSD ALL4…20.8km/L

♦乗車定員 5名

♦車両重量
・ミニ クロスオーバー クーパーD…1,540kg
・ミニ クロスオーバー クーパーD ALL4…1,610kg
・ミニ クロスオーバー クーパーSD ALL4…1,630kg

♦ボディサイズ 
・全長 4,315mm
・全幅 1,820mm
・全高 1,595mm

ミニ クロスオーバー  燃費

新型ミニ クロスオーバーの燃費と実燃費をグレード別にまとめてみました。

♦ミニ クロスオーバー クーパーD・jc08燃費 21.2km/L・実燃費 15.33km/L

♦ミニ クロスオーバー クーパーD ALL4・jc08燃費 21.3km/L・実燃費 17.63km/L

♦ミニ クロスオーバー クーパーSD ALL4・jc08燃費 20.8km/L・実燃費 12.80km/L

ミニ クロスオーバー  エクステリア/カラー

新型ミニ クロスオーバーはボディが大型化、デザインもホイール含め無骨でクールな印象を受けます。

シルバーのルーフレールも標準装備されており、実用的でありながらデザインのアクセントにもなっています。カラーバリエーションも10種類と豊富です。

デザインのせいか黒や白などの落ち着いたカラーが人気のようです。

それに加えカタログ、CMに使用されているジャングルグリーンも人気があります。オプション装備のバイキセノンヘッドライトは、装着率が高く非常に人気です。

ミニ クロスオーバー  インテリア

新型ミニ クロスオーバーのインテリアは、光沢がありオシャレでしっかりした質感といった印象ですね。

高級感のある本革巻きのマルチファンクションステアリングホイール、センターのナビはタッチ操作対応の8.8インチのワイドカラーディスプレイ、どちらも全グレード標準装備です。

メーターはアナログ感漂うレトロな雰囲気です。外部接続もBluetooth、USB、AUXに対応しています。

ミニ クロスオーバー 安全装備

新型ミニ クロスオーバーの標準の安全装備を見てみましょう。

♦エアバッグ
・運転席、助手席エアバック
・運転席、助手席サイドエアバック
・後部席カーテンエアバック

♦衝突警告
・衝突被害軽減ブレーキ(AEB)
・歩行者衝突回避システム
・エマージェンシーブレーキライト
・視覚/音響警報
・低速駆動

♦制御装置
・トラクションコントロールシステム

♦プリテンショナーシートベルト

♦ISOFIX(アイソフィックス)

♦イモビライザー

ミニ クロスオーバー  新車価格

新型ミニ クロスオーバーのグレード別の新車価格です。

♦ミニ クロスオーバー クーパーD 393万円(税込)
♦ミニ クロスオーバー クーパーD ALL4 421万円(税込)
♦ミニ クロスオーバー クーパーSD ALL4 493万円(税込)

ミニ クロスオーバー 中古車価格

新型ミニ クロスオーバー クーパーDの中古車価格は、268万円~470万円が相場のようです。

ミニ クロスオーバー クーパーSD ALL4の場合で418万円~543万円が相場のようです。

グレードによっては中古車の数自体があまり多くないものもあります。

初代モデルや走行距離の多いものであれば65万円~でも検討できる車両が多いため、とにかく費用を抑えたいという方は下記の中古車情報もチェックしてみてください。

ミニ ミニクロスオーバー 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/MN/S004/

ミニ ミニクロスオーバーの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

ミニ クロスオーバー 評価

ミニのクロスオーバー。気になる評価はどうなのでしょう。

まさかのハイブリッドカー並 休日に那須までドライブに行きました。往路は高速で追い越し車線をほぼキープして(追従機能)19.80km/L復路一般道23.02km/Lでした!トルクがあるのでほぼ意識しないで走行でしたので今度は意識してどのくらいまで伸びるのか結果を載せたいと思います。車レビュー評価(5点満点)・燃費 5・エクステリア 5・インテリア 5・居住性 4・積載性、収納性 5・乗り心地 4・走行性能 4・価格 2 

5つ星評価パッケージング:★★★★インテリア居住性:★★★★パワーソース:★★★★★フットワーク:★★★★★おすすめ度:★★★★★ ミニらしく走るならクーパーD、こいつがいいや…今回試乗したのはFWDモデル。ボディが大きくなって居住性が高まり、ラゲッジスペースにもゆとりが出来たから、ファーストカーとしての資質は十分に整ったと思う。で、実際に走ってみるとこれで十分…というかこっちがいいや…とも思える。理由は元々ディーゼルの高トルクはアクセルを深く踏まずして十分な加速が得られ、特にクルージングからの加速はガソリン車を寄せ付けない。で、150psと330Nmというパフォーマンスは日本の道で走らせたときに、これ以上何が必要なの?という素朴な疑問を沸かせるほど必要十分であったからだ。それにSDではFWDが選べない。最近はスタッドレスタイヤの進化が著しく、敢えて4WDを選ばなくても、都市内の雪道ならスタッドレスで十分。ならば少なからずフリクションを発生させる4WDじゃなくても、パワフルなSDじゃなくても…という考えに至るわけである。それに回答性が良くて、ゴーカート感覚とは言わないが、スイスイ感はALL4よりこちらが上である。ミニらしく走るという点で、「こいつがいいや」と思った次第。

エクステリア、インテリア、走行性能など概ね高評価で、かなり満足度の高い車と言えそうです。

まとめ

新型ミニ クロスオーバーは、MINIシリーズ販売台数の30%を占めており、徐々に人気が高まっています。

快適な走行性能、燃費の良さに加えて、広く居住性の高い室内は特にファミリー層からの評価が高いようです。

実用性の高いMINIシリーズを求めている方は、一度試乗してみてはいかがでしょうか。

MINI クラブマンの情報についてはこちらから

ミニなのに大きい!クラブマンの魅力!燃費・価格・評価を徹底紹介!

https://matome.response.jp/articles/84

BMWグループのMINI(ミニ)から登場しているMINI(ミニ) クラブマン。MINI(ミニ)の中でも一番大きいサイズを誇る同車の特徴や、燃費、新車価格、中古車価格、スペックや口コミ・評価などの情報を徹底的に並べました。MINI(ミニ)好きの方もそうでない方にも是非ご覧下さい。

関連するキーワード


MINI SUV

関連する投稿


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

ミドルサイズのSUVとして高い人気を誇る、マツダのCX-30の特徴や魅力などを紹介します。特に、このモデルの目玉であるスタイルの良さやスカイアクティブエンジンなどを中心に解説します。さらに、価格や同じくマツダの人気SUVのCX-8との比較なども行います。


【新型車情報】新型エクリプスクロスが大人気! 走りとカッコ良さを解説!

【新型車情報】新型エクリプスクロスが大人気! 走りとカッコ良さを解説!

2020年12月に大幅改良を発表し、同日より発売された三菱のコンパクトSUV「新型エクリプスクロス」が大人気で、評価も非常に高くなっています。今回はそんな新型エクリプスクロスの人気の理由とスペック、そして中古車相場をご紹介します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。