目次へ戻る

三菱 新型eKワゴン 一部改良で安全装備のパワーアップ 特別仕様車も

三菱 新型eKワゴン 一部改良で安全装備のパワーアップ 特別仕様車も

三菱自動車は、eKシリーズ、でおなじみのハイトワゴンタイプの『eKワゴン』及び『eKカスタム』、スーパーハイトワゴンタイプの『eKスペース』に安全装備の採用グレードを拡大等一部改良を施し、10月6日から販売を開始しています。今回はこの新型eKワゴンについてまとめています。


三菱の軽乗用車・eKシリーズが一部改良

eKワゴン M e-Assist PLUS Edition

eKスペース カスタム T Safety PLUS Edition

三菱自動車は、軽自動車eKシリーズに安全装備の採用グレードを拡大するなど一部改良を行い、10月6日より販売を開始しています。

今回は、eKシリーズ、特にeKワゴンについてまとめています。

eKシリーズ、安全性能が強化

今回のeKシリーズの一部改良では

●アクティブスタビリティコントロール(ASC)
●フロントスタビライザー
●ヒルスタートアシスト
●ブレーキアシスト

の採用グレードを拡大し、全車に標準装備化した点が特徴です。

ASCは横滑りを感知すると車両挙動を安定させる「スタビリティコントロール機能」とスリップを感知するとタイヤの空転を抑える「トラクションコントロール機能」を持っています。

また、フロントスタビライザーは、ロールを抑えて走行安定性を向上。

ヒルスタートアシストは、坂道発進の際に車のずり下がりを防止、ブレーキアシストは制動時の踏力を補助してくれますよ。

女性に人気!オススメのカワイイ軽自動車10選!

https://matome.response.jp/articles/745

今や女性に大人気の軽自動車。見た目がかわいい車種から、燃費性能が高く使い勝手も良い子育てに頑張るママさんに人気の車種など様々あります。やはりどうせ乗るならウキウキするような車がいいですよね??そんな女性に人気の軽自動車を10台Pick UPしましたので、軽自動車の購入をお考えの方は是非参考にしてみてください!

eKシリーズに特別仕様車の設定、リヤスピーカーも装備

また、eKワゴンは「M」、「M e-アシスト」、eKスペースは「カスタムT セーフティパッケージ」をベースとした特別仕様車を設定し、同日より販売を開始しています。

特別仕様車はステアリングオーディオリモコンスイッチを採用したほか、リヤスピーカーを装備しました。さらにeKスペースの「カスタムT セーフティ プラス エディション」では、より高音質を実現するツイーターも装備。

さらに購入者特典として、「特別仕様車専用ワイド2DINナビゲーション(ハイスペックモデル)」(17万9280円相当)をプレゼントしてくれます。お得感満載ですね。

三菱 新型eKワゴン 情報

そもそもeKって??日産デイズは兄弟車

eKとは、三菱が製造・販売している軽トールワゴンおよびブランド、かつて製造・販売していた軽セミトールワゴンのシリーズのことです。

このeKの名前の由来ですが、「excellent K-car」の頭文字であると同時に「いい軽」の語呂合わせでもあるんです。

ちなみに、eKシリーズは
eKワゴン
eKカスタム
eKスペース
eKスペース カスタム

というラインアップで展開されています。

兄弟車は日産デイズ。ちなみに、エクステリアを若干変更しているので、一見すると兄弟車だとわからないかもしれません。

日産デイズ

三菱 eKシリーズ、ekワゴンとeKスペースの違いは?

左:eKスペース
右:eKワゴン
(※先代のモデル)

eKシリーズ、何が違うの?という疑問を持つ方もいるかと思います。
eKシリーズには、下記の4車種が設定されています。

●eKワゴン
●eKカスタム
●eKスペース
●eKスペース カスタム

eKワゴンはワゴンタイプの軽自動車。

eKスペースは、スペースという名の通り、近年大人気の室内空間の広いハイトールワゴンタイプの軽自動車。

実物を見たら明らかに違うことがわかります。

eKワゴンカスタム、eKスペースカスタムはそれぞれの上位車種となります。

例を挙げるなら、タントとタントカスタムの関係性と同じですね。

三菱 新型eKワゴン ライバル車は

スズキ ワゴンR

全長×全幅×全高が3395×1475×1620のeKワゴン。

軽自動車全般がライバル車と言えますが、特にスズキのワゴンRはほぼ同じサイズになっていることや価格が比較的近いことからも、ライバル車として挙げられやすいです。

※ワゴンR全長3,395×全幅1,475×全高1,650

【2017年上半期】軽自動車おすすめ10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

https://matome.response.jp/articles/555

【2017年9月6日更新】国内の自動車販売台数の内、およそ3割の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報を随時更新し掲載しています。

また、他には兄弟車の日産デイズ、ダイハツ、ムーヴなどが挙げられます。

三菱 新型eKワゴン グレード別価格

 
三菱 新型eKワゴン グレード別価格
T【Safety Package】(2WD)1,431,000円
T【Safety Package】(4WD)1,537,920円
G(2WD)1,270,080円
G(4WD)1,377,000円
G【Safety Package】(2WD)1,371,600円
G【Safety Package】(4WD)1,478,520円
M(2WD)1,155,600円
M(4WD)1,262,520円
M【e-Assist】(2WD)1,183,680円
M【e-Assist】(4WD)1,290,600円
E(2WD)1,044,360円

eKワゴン、気になるお値段ですが、約104万円~154万円という価格になっています。

オススメはやはり、安全性能を追求した、G【Safety Package】またはT【Safety Package】でしょう。

最後に

10月6日より、eKシリーズが一部改良されて発売されました。
東京モーターショー2017にて、ekカスタム、ekスペースカスタムは出展予定ですので、気になる方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

【10月6日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

https://matome.response.jp/articles/661

【10/6情報更新】2017年10月27日~11月5日の10日間で開催される東京モーターショー。本記事では2017年10月開催の東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両予想)をまとめて掲載しています。最新の情報を随時更新してお届けしますので、気になる方は是非チェックしてみてください。

関連するキーワード


三菱 車種情報 軽自動車

関連する投稿


三菱新型SUV!エクリプスクロス最新情報 発売日・性能・価格ほか

三菱新型SUV!エクリプスクロス最新情報 発売日・性能・価格ほか

東京モーターショー2017にて、日本仕様車が初公開された、三菱の新型SUVであるエクリプスクロス。実は、三菱の「エクリプス」をSUVとして復活させた車だということ知っていましたか。今回は三菱の新型SUV・エクリプスクロスの、性能・価格・発売日などを見ていきます。


本日発売!スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・燃費は?

本日発売!スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・燃費は?

スズキの人気軽自動車、スペーシア/スペーシアカスタムが2017年12月14日にフルモデルチェンジが発表され発売となりました。こちらの記事では、新型スペーシア/新型スペーシアカスタムの価格、燃費やスペック、主な変更点等についてまとめて掲載しています。


マツダ フレアの燃費や新車・中古車価格、評価は?詳細情報一覧!

マツダ フレアの燃費や新車・中古車価格、評価は?詳細情報一覧!

スズキからワゴンRのOEM供給を受け誕生したマツダのフレア。一体どのような軽自動車なのか、本記事では価格や燃費などのスペック、さらにユーザーの口コミ評価まで幅広い角度からフレアを徹底的に解剖しご紹介していきたいと思います。


ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダの軽トールワゴン・N-ONEが12月下旬にマイナーチェンジすると発表されています。自分らしい生活をかなえてくれるプレミアムスモール。今回は改めてN-ONE(エヌワン)の魅力に迫ります。 【12月7日更新】


ダイハツの新型タント 2018年フルモデルチェンジ!?発売は2018年10月か

ダイハツの新型タント 2018年フルモデルチェンジ!?発売は2018年10月か

ダイハツの大人気軽トールワゴン・タントにフルモデルチェンジの時期が近づいています。2018年発売?デザインは東京モーターショーで初公開されたコンセプトカー”ダイハツ DN U-SPACE”(ディーエヌ ユースペース)??他、タントのモデルチェンジについて気になる情報をまとめています。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。