目次へ戻る

【最新タクシー事情】AIタクシーとは?|概要と効果を運転手に聞く!

【最新タクシー事情】AIタクシーとは?|概要と効果を運転手に聞く!

「AIタクシー」をご存知でしょうか。昨今、都内の初乗り料金の改定など、タクシー業界のニュースが絶えませんが今回は「AIタクシー」について情報を掲載しました。


AIタクシーとは?

AIタクシー。言葉だけ聴く限り、人工知能を利用して無人で走るタクシー。という想像をしてしまいますが、そうではないようです。

実際に、自動運転タクシーも試験走行がされているなど無人でタクシーが走る時代もやってくるのかもしれません。

Uberの自動運転タクシーがスタート!…路上試験走行 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2016/09/15/281827.html

米配車サービス大手Uber Technologiesは現地時間14日、公式ブログを更新し、ペンシルバニア州ピッツバーグの路上で、自動運転車の試験走行を開始したと明かした。

今回取り上げている「AIタクシー」は、自動運転タクシーとは別モノです。

AIタクシーとは、「AI」でタクシーの配車を最適化する仕組みのことを指しています。

NTTドコモの「移動需要予測技術」と、富士通テンの「乗車実績データ」を組み合わせ、乗車ニーズの高い地域を推定して、富士通のクラウドを経由、東京無線のタクシー乗務員が持つタブレットに、乗車ニーズのヒートマップが表示されるというもののようです。

こちら上記の画像のように500メートル四方のエリアに区切り、エリア毎に乗車人数予測のヒートマップが表示されています。

とあるモンスターを捕まえるアプリを髣髴させる画面。赤い丸で囲われた箇所は、乗車実績が特に多いスポットのようです。

実は実証実験が昨年の2016年6月から始まっていて、2017年3月まで実施される予定のようです。

NTTドコモ × 富士通テン の技術が融合して誕生

このAIタクシーは、先にもあげましたがNTTドコモの「移動需要予測技術」と「乗車実績データ」を組み合わせた技術となっています。

NTTドコモの「移動需要予測」に関しては、予測の精度が非常に高く正確なようです。上記の画像のグラフは予測人数に対する実績の誤差が20%以内を緑、50%以内が黄色で示されています。

この予測技術と、今まで培ってきた富士通テンの「乗車実績データ」を組み合わせた最新の技術が「AIタクシー」なのです。

AIタクシー 効果の程はどうなのか?

このAIタクシーですが、効果の程はどうなのか。気になるところですが、2017年2月17日にNTTドコモ、東京無線、富士通、富士通テンの4社が、AIタクシーの実証実験の中間報告と試乗会を兼ねた記者発表会を開催しました。

昨年2016年11月から、ピーク時期の12月の売上額が、東京無線の乗務員平均値では4500円増であったのに対して、実証実験に参加した乗務員は6723円増という結果に。東京無線全体の平均値を49%上回る実績だったようです。

この実績を元に、今後は事業化する方向で動いてるようです。

会見後の囲み取材に応じたNTTドコモ 法人ビジネス本部 IoTビジネス部の谷直樹部長は、今回の成果の事業化について「今年の下期に事業化したいと考えています。今回の実証実験のパートナーである東京無線を含め、タクシー事業者に提案していきます。特に、実車率の高さは訴求したいポイントです。ビジネスモデルは、まずは富士通テンの配車システムに付加価値を加える形で考えています」と語った。

また効果についは、実際に実証実験に参加していたタクシー運転手も「効果は明らか」というコメントをしています。

最初は半信半疑だったのですが、使い始めてみるとその効果は明らかでした」。AIタクシーの記者発表会(17日)では、同乗試乗会も行われた。実証実験に参加した乗務員に、その効果を聞いた。

記事に取り上げられた方の普段の活動エリアは中央区、港区、千代田区が中心なのだそうですが、遠方まで送迎した際の帰り道が特に効果を感じるということです。

「例えば練馬区まで行った時などは、土地勘が無いので、どの辺りにお客様がいるか分からず、空車のまま帰ってきてしまうことになりがちです。そういう時はこのヒートマップを見て、こっちの道で戻ろう、などと考えることができ、(売り上げ面で)その効果を実感しています」

一見、タクシー業界やタクシードライバーにとってのニュースに感じますが、今後事業化され展開されていけば、タクシー利用の際、待ち時間が少なくて済む、タクシーをつかまえたくてもつかまらない。ということが解消され、タクシー利用される機会のある全ての方とって、嬉しいニュースとなりそうですね。

関連するキーワード


タクシー

関連する投稿


【2018年最新】タクシー配車アプリ5選!料金・支払方法・エリアを比較!

【2018年最新】タクシー配車アプリ5選!料金・支払方法・エリアを比較!

「急いでいる時に限って、タクシーが走っていない、つかまらない」そんな方におすすめの2018年最新のタクシー配車アプリ5選をお届けします。おすすめのタクシー配車アプリの料金、支払い方法、対応エリア等比較し、掲載しています。


タクシーが定額で乗り放題!?『定期券タクシー』始動!!

タクシーが定額で乗り放題!?『定期券タクシー』始動!!

国土交通省は、定期で乗り放題となるタクシーを制度化したことを発表しました。他にも都内初乗り410円など、タクシー業界に変革が起きていますね。今回がタクシーの気になる情報についてまとめています。


タクシー王子、ITとの融合を語る。

タクシー王子、ITとの融合を語る。

2017年3月17日に開催された「国際自動車通信技術展」にて、「ITがもたらすタクシーの未来」と題したセミナーが実施されました。“タクシー王子”として有名な日本交通の川鍋一朗氏も登壇。タクシー × ITの技術革新について語りました。


LPGハイブリッド搭載トヨタ「次世代タクシー(JPN TAXI)」のおもてなし

LPGハイブリッド搭載トヨタ「次世代タクシー(JPN TAXI)」のおもてなし

今年(2017年)10月から街を走るトヨタ自動車が開発した「次世代タクシー(JPN TAXI)」は、2013年の東京モーターショーで「JPN TAXI Concept」としてお披露目された、LPGハイブリッド搭載の次世代タクシーです。


カーオブザイヤーにも選出された日産セレナ、人気のヒミツとは? 

カーオブザイヤーにも選出された日産セレナ、人気のヒミツとは? 

2016-2017日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカーにも選出された新型『セレナ』。8月の発売以降、10月には登録台数でセグメント1位、銘柄で3位と出足も好調のようです。その人気に迫ります。


最新の投稿


「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

アイデアとツール次第でカートラベルはもっと自由になる。クルマといっしょなら、旅の楽しみ方は無限大。をコンセプトにした、クルマ×トラベルのイベント、「カートラジャパン2018」が9月28日~30日まで幕張メッセにて開催されます。日常でもっとクルマを楽しみたい方、クルマでの旅が好きな方必見です。開催日程・アクセス・チケット


【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

トヨタが2018年1月の東京オートサロンで発表した、『GRスーパースポーツ コンセプト』市販型に関する新たな情報を入手しました。それによると量産モデルでは、何もかもがトヨタ史上最高レベルとなることが予想されるとのこと。そして気になるのがその価格。なんとなんと1億超えとの噂!?


【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

ダイハツは軽自動車『ムーヴキャンバス』のグレード体系を変更し、全グレードで衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を標準装備します。発売は9月3日予定です。いったいどこが変更になったのか?最新情報をまとめました。


BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMWの主力商品で、欧州市場においてはメルセデス・ベンツCクラスと人気を2分する存在であるBMW 3シリーズ。そんなBMW「3シリーズ」の「3シリーズ ツーリング」のプロトタイプのインテリア・エクステリアスクープされました。本記事ではBMW「3シリーズ ツーリング」の最新情報をご紹介します。


ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

7月13日に発売されたホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」ですが、はたらくクルマに革命を起こせるか注目の一台ですが、実際に受注状況はどうなのでしょうか?全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報からN-VANと他のライバル車の受注状況を分析します。