目次へ戻る

ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダの軽トールワゴン・N-ONEが12月下旬にマイナーチェンジすると発表されています。自分らしい生活をかなえてくれるプレミアムスモール。今回は改めてN-ONE(エヌワン)の魅力に迫ります。 【12月7日更新】


ホンダの軽トールワゴン・N-ONE(エヌワン)がマイチェン予定

現行N-ONE

愛らしいデザインと乗り回しの良さから愛されている軽トールワゴン。

それがホンダから販売されているN-ONE(エヌワン)です。

今回、このN-ONE(エヌワン)が12月下旬にマイナーチェンジを行うという情報を入手しました。

マイナーチェンジで世界観の異なる4つのタイプを設定

今回のN-ONEマイナーチェンジでは、世界観・デザインが異なる4つのタイプを設定しています。

ホンダのホームページ上では、いつまでも愛着の持てるシンプルな「Standard」、こだわりを感じさせる「Select」、上質を磨いた「Premium」、スポーティーな「RS」、個性的な4タイプをイメージフォトで紹介しています。

また、改良新型は軽乗用車初採用の遮音機能付ガラスなどの機能強化に加え、エクステリアカラーに新色を追加するなど、選ぶ楽しさがより広がるような仕様になっています。

マイナーチェンジが楽しみな今回は改めてホンダのN-ONEについて振り返ってみたいと思います。

ホンダ N-ONE(エヌワン)基本情報

ホンダ N-ONE(エヌワン)基本スペック

特別仕様車

 
【ホンダ N-ONE】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395×1,475×1,630(ホイールベース:1,300mm)
最大乗車定員4名
車両重量890kg
燃費JC08モード:25.8km/L
エンジンタイプS07A
エンジン種類水冷直列 3 気筒横置
総排気量0.658L
最高出力(kW[PS]/rpm)43[58]/7,300
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)65[6.6]/4,700
タンク容量 30L
駆動方式4WD
トランスミッション無段変速オートマチック (トルクコンバーター付)
※N-ONE G 4WD参照

ホンダ N-ONE(エヌワン)エクステリア・外装

Nシリーズだから、こうしなければいけない。という概念にとらわれず、デザイン設計されたN-ONE。

親しみやすさの中にも、個性や美しさを忘れないデザインとなっています。

ホンダ N-ONE(エヌワン)インテリア・内装

N-ONEには、運転席回りを中心に豊富な収納スペースが確保されているほか、後部のラゲッジスペース下にはサブトランクも用意されているため、多くの収納が可能です。

また、N-ONEの魅力でもある低床フラットな積み込み口。これが積み荷の時もとても役立ちます。

荷室床面は低く、フラットになっていて、滑りこませるように積み込めるので、出し入れも簡単にできます。

力の弱い女性や、荷物を多く持っているときでも便利ですね。

ホンダ N-ONE(エヌワン)評価・評判・口コミ・試乗感想

速度45km程度で平たん路を走行すると26Km/Lぐらいの燃費を示すので満足している。高速道路走行で最も燃費の良い速度は、70Km/hであった。

ストリーム2.0RSZからの乗り換えで、ファーストカーとしての利用になるので、最上級クラスのプレミアムツアラーを選択しました。約20年前に乗っていたワゴンR以来の軽自動車でしたが、ハンドリング、エンジンパワー、静粛性の点で全く別物で、その進化に驚きました。低速トルクがあり、低速域から高速域までストレスなく運転することができ、オートクルーズ、衝突軽減装置、サイドカーテンエアバッグなど、軽自動車とは思えない装備が充実しています。乗り心地は少し固めですが、ワインディングロードでの安定感があるため悪くはありません。ホイールベースがフィットとほぼ同じのため直進安定性が高く、ストリームと比較しても運転は楽です。燃費のカタログ値は他のライバル車より低いですが
、燃費を意識した走行をしなくても極端に悪くなることはなく、実用上不満はありません。

660ccの直列3気筒エンジンを積むN-ONEは、2名までなら自然吸気エンジンでも不満のない動力性能だ。高回転まで軽やかに回り、CVTはパワーとトルクを途切れることなく伝えてくる。クルージング時は軽自動車とは思えないほど静粛性も高かった。

軽自動車は、ご存知のようにボディサイズとエンジン排気量が制限されている。N-ONEは大ヒットしたホンダ『N360』をモチーフにしたデザインが売りの軽自動車だ。愛らしい台形フォルムに引かれるが、背は意外と高い。立体駐車場によっては入らないこともある。

N-ONEは、静粛性が高く、燃費も良好でまさに普段使いにぴったりの車のようですね。

一方で、意外にも車高が高いため、立体駐車場などでは入るかどうか注意が必要です。

ホンダ N-ONE(エヌワン)グレード価格

N-ONE、価格はいくらくらいなのでしょうか。
グレード別の価格をまとめてみました。

グレードによりけりではありますが、駆動方式をFF・4WDから選ぶことができます。

Tourerは、ターボ仕様車です。

■G 
FF 1,185,000円
4WD 1,315,000円

■G・LOWDOWN Basic
FF 1,220,000円

■G・Lパッケージ
FF 1,298,000円
4WD 1,428,000円

■G・LOWDOWN
FF 1,365,000円

■G 特別仕様車 SSブラウンスタイルパッケージ
FF 1,380,000円
4WD 1,510,000円

■Tourer
FF 1,445,000円
4WD 1,575,000円

そして、N-ONEには、上級モデルのN-ONEPremiumも用意されています。

■Premium
FF 1,490,000円
4WD 1,620,000円

■Premium 特別仕様車 SSブラウンスタイルパッケージ
FF 1,580,000円
4WD 1,710,000円

■Premium Tourer
FF 1,598,000円
4WD 1,728,000円

■Premium Tourer・LOWDOWN
FF 1,645,000円

■Premium Tourer 特別仕様車 SSアーバンブラックパッケージ
FF 1,698,000円

ホンダ N-ONE(エヌワン)中古価格

気になる中古価格はいくらくらいなのでしょうか。

調べてみたところ、H29年式以降のN-ONEの中古価格相場は、100万円~130万円ほどでした。

新車価格と比較すると、かなりお得になる可能性がありますね。中古車でも構わない、という方はN-ONEの中古車を購入検討するのもオススメです。

ホンダN-ONE(エヌワン)、フルモデルチェンジも控えていたが…

2017~8年にはフルモデルチェンジが控えている、とも言われていたホンダのN-ONE(エヌワン)ですが、2017年はマイナーチェンジにとどまるところとなりました。

今後、フルモデルチェンジの情報にも期待ですね。

最後に

今回は、ホンダの軽トールワゴン・N-ONEについて見ていきましたがいかがでしたか。

12月にマイナーチェンジを控えているN-ONE。どういったモデルチェンジがなされるのか、続報が楽しみですね。

関連する投稿


欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

ホンダは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、『ジャズ X ロード』を初公開すると発表しました。気になる最新情報をいち早くお届けいたします。


ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ホンダの人気SUV「ヴェゼル」が2月16日にマイナーチェンジし発売されました。 ホンダセンシング全車標準装備や、内外装もリファインされて商品価値が増しSUVの売上首位奪還も期待されます。とても魅力的なマイナーチェンジ内容でしたが、密かに期待していて搭載されなかった3つの機能・ポイントについてご紹介します。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


【2月16日発売】ホンダの人気SUVヴェゼルがマイチェン!どこが変わる??

【2月16日発売】ホンダの人気SUVヴェゼルがマイチェン!どこが変わる??

ホンダの人気SUV・ヴェゼルがマイナーチェンジをおこない、2月16日に発売するとの情報を入手しました。ホンダのSUV、新型ヴェゼルの最新情報をお届けいたします。


ホンダの新型シビック タイプR 試乗評価・価格・燃費・性能は?

ホンダの新型シビック タイプR 試乗評価・価格・燃費・性能は?

ホンダの顔ともいえるシビック。7年ぶりに2017年9月より日本で販売開始されました。日本市場での発売は約7年ぶりで待ちわびていた人も多かったのではないでしょうか。3タイプ発売されているシビック新型、「タイプR」「セダン」「ハッチバック」のうち本記事ではタイプRについて改めて性能やレビュー、価格を見ていきたいと思います。


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン、セレナに、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が登場します。このe-POWERはノートに初搭載された技術です。セレナ e-POWER、発売は2018年3月1日とのこと。本記事ではセレナ e-POWERの最新情報および改めてセレナを振り返ります。


フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリの主力車種、『488 GTB』。同車に間もなく設定される高性能モデルのティザーイメージを2月13日、フェラーリが公開しました。この高性能モデルは、488 GTBの前身モデル、『458イタリア』に用意されていた『458スペチアーレ』の再来となる模様。気になる最新情報をまとめています。


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

GfK Japanは全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネットの通販等の販売実績を基にドライブレコーダーの販売動向を発表しました。2017年はドライブレコーダーの販売が急増。販売動向の結果のご紹介と、国内販売台数とおすすめのドライブレコーダーのご紹介をします。