目次へ戻る

ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダの軽トールワゴン・N-ONEが12月下旬にマイナーチェンジすると発表されています。自分らしい生活をかなえてくれるプレミアムスモール。今回は改めてN-ONE(エヌワン)の魅力に迫ります。 【12月7日更新】


ホンダの軽トールワゴン・N-ONE(エヌワン)がマイチェン予定

現行N-ONE

愛らしいデザインと乗り回しの良さから愛されている軽トールワゴン。

それがホンダから販売されているN-ONE(エヌワン)です。

今回、このN-ONE(エヌワン)が12月下旬にマイナーチェンジを行うという情報を入手しました。

マイナーチェンジで世界観の異なる4つのタイプを設定

今回のN-ONEマイナーチェンジでは、世界観・デザインが異なる4つのタイプを設定しています。

ホンダのホームページ上では、いつまでも愛着の持てるシンプルな「Standard」、こだわりを感じさせる「Select」、上質を磨いた「Premium」、スポーティーな「RS」、個性的な4タイプをイメージフォトで紹介しています。

また、改良新型は軽乗用車初採用の遮音機能付ガラスなどの機能強化に加え、エクステリアカラーに新色を追加するなど、選ぶ楽しさがより広がるような仕様になっています。

マイナーチェンジが楽しみな今回は改めてホンダのN-ONEについて振り返ってみたいと思います。

ホンダ N-ONE(エヌワン)基本情報

ホンダ N-ONE(エヌワン)基本スペック

特別仕様車

 
【ホンダ N-ONE】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395×1,475×1,630(ホイールベース:1,300mm)
最大乗車定員4名
車両重量890kg
燃費JC08モード:25.8km/L
エンジンタイプS07A
エンジン種類水冷直列 3 気筒横置
総排気量0.658L
最高出力(kW[PS]/rpm)43[58]/7,300
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)65[6.6]/4,700
タンク容量 30L
駆動方式4WD
トランスミッション無段変速オートマチック (トルクコンバーター付)
※N-ONE G 4WD参照

ホンダ N-ONE(エヌワン)エクステリア・外装

Nシリーズだから、こうしなければいけない。という概念にとらわれず、デザイン設計されたN-ONE。

親しみやすさの中にも、個性や美しさを忘れないデザインとなっています。

ホンダ N-ONE(エヌワン)インテリア・内装

N-ONEには、運転席回りを中心に豊富な収納スペースが確保されているほか、後部のラゲッジスペース下にはサブトランクも用意されているため、多くの収納が可能です。

また、N-ONEの魅力でもある低床フラットな積み込み口。これが積み荷の時もとても役立ちます。

荷室床面は低く、フラットになっていて、滑りこませるように積み込めるので、出し入れも簡単にできます。

力の弱い女性や、荷物を多く持っているときでも便利ですね。

ホンダ N-ONE(エヌワン)評価・評判・口コミ・試乗感想

速度45km程度で平たん路を走行すると26Km/Lぐらいの燃費を示すので満足している。高速道路走行で最も燃費の良い速度は、70Km/hであった。

ストリーム2.0RSZからの乗り換えで、ファーストカーとしての利用になるので、最上級クラスのプレミアムツアラーを選択しました。約20年前に乗っていたワゴンR以来の軽自動車でしたが、ハンドリング、エンジンパワー、静粛性の点で全く別物で、その進化に驚きました。低速トルクがあり、低速域から高速域までストレスなく運転することができ、オートクルーズ、衝突軽減装置、サイドカーテンエアバッグなど、軽自動車とは思えない装備が充実しています。乗り心地は少し固めですが、ワインディングロードでの安定感があるため悪くはありません。ホイールベースがフィットとほぼ同じのため直進安定性が高く、ストリームと比較しても運転は楽です。燃費のカタログ値は他のライバル車より低いですが
、燃費を意識した走行をしなくても極端に悪くなることはなく、実用上不満はありません。

660ccの直列3気筒エンジンを積むN-ONEは、2名までなら自然吸気エンジンでも不満のない動力性能だ。高回転まで軽やかに回り、CVTはパワーとトルクを途切れることなく伝えてくる。クルージング時は軽自動車とは思えないほど静粛性も高かった。

軽自動車は、ご存知のようにボディサイズとエンジン排気量が制限されている。N-ONEは大ヒットしたホンダ『N360』をモチーフにしたデザインが売りの軽自動車だ。愛らしい台形フォルムに引かれるが、背は意外と高い。立体駐車場によっては入らないこともある。

N-ONEは、静粛性が高く、燃費も良好でまさに普段使いにぴったりの車のようですね。

一方で、意外にも車高が高いため、立体駐車場などでは入るかどうか注意が必要です。

ホンダ N-ONE(エヌワン)グレード価格

N-ONE、価格はいくらくらいなのでしょうか。
グレード別の価格をまとめてみました。

グレードによりけりではありますが、駆動方式をFF・4WDから選ぶことができます。

Tourerは、ターボ仕様車です。

■G 
FF 1,185,000円
4WD 1,315,000円

■G・LOWDOWN Basic
FF 1,220,000円

■G・Lパッケージ
FF 1,298,000円
4WD 1,428,000円

■G・LOWDOWN
FF 1,365,000円

■G 特別仕様車 SSブラウンスタイルパッケージ
FF 1,380,000円
4WD 1,510,000円

■Tourer
FF 1,445,000円
4WD 1,575,000円

そして、N-ONEには、上級モデルのN-ONEPremiumも用意されています。

■Premium
FF 1,490,000円
4WD 1,620,000円

■Premium 特別仕様車 SSブラウンスタイルパッケージ
FF 1,580,000円
4WD 1,710,000円

■Premium Tourer
FF 1,598,000円
4WD 1,728,000円

■Premium Tourer・LOWDOWN
FF 1,645,000円

■Premium Tourer 特別仕様車 SSアーバンブラックパッケージ
FF 1,698,000円

ホンダ N-ONE(エヌワン)中古価格

気になる中古価格はいくらくらいなのでしょうか。

調べてみたところ、H29年式以降のN-ONEの中古価格相場は、100万円~130万円ほどでした。

新車価格と比較すると、かなりお得になる可能性がありますね。中古車でも構わない、という方はN-ONEの中古車を購入検討するのもオススメです。

ホンダN-ONE(エヌワン)、フルモデルチェンジも控えていたが…

2017~8年にはフルモデルチェンジが控えている、とも言われていたホンダのN-ONE(エヌワン)ですが、2017年はマイナーチェンジにとどまるところとなりました。

今後、フルモデルチェンジの情報にも期待ですね。

最後に

今回は、ホンダの軽トールワゴン・N-ONEについて見ていきましたがいかがでしたか。

12月にマイナーチェンジを控えているN-ONE。どういったモデルチェンジがなされるのか、続報が楽しみですね。

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【オートカラーアウォード2018】今年の受賞はホンダのN-VAN

【オートカラーアウォード2018】今年の受賞はホンダのN-VAN

日本流行色協会(JAFCA)が毎年、最も魅力的な車両のカラーデザインを選ぶ「オートカラーアウォード」。 2018年はホンダ『N-VAN』のカラーリングがグランプリに輝きました。またトヨタ『JPN TAXI』には特別賞が授与されています。


軽トラもここまでくると欲しくなる!特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」登場!

軽トラもここまでくると欲しくなる!特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」登場!

ホンダの軽トラック「アクティ・トラック」に、タイプ「TOWN」をベースにホンダの四輪車の原点となるT360誕生55周年を記念した特別仕様車「スピリットカラースタイル」を11月9日から発売しました。ダイハツがハイゼットトラックに農業女子向けに設定した仕様など、最近の軽トラはオシャレ度が高いのでまとめて紹介していきます。


【ロサンゼルスモーターショー2018】CR-Vの兄貴分!ホンダ パスポート 新型

【ロサンゼルスモーターショー2018】CR-Vの兄貴分!ホンダ パスポート 新型

ホンダの米国部門は、米国で開催したロサンゼルスモーターショー2018のプレビューイベントにおいて、新型『パスポート』(Honda Passport)を初公開しました。このパスポート、CR-Vの兄貴分ともいえるSUVなんです。


【カッコカワイイ】四角くてかくかくしたキュービックな車たち

【カッコカワイイ】四角くてかくかくしたキュービックな車たち

セダンも、クーペも、みんな違ってみんないいけど、やっぱり僕は私はかくかくした四角い車が好きだ!そんな人はいませんか?本記事ではそんな貴方のために、新車で購入できる四角い車をまとめてみました。思わず欲しくなってしまうこと間違いなし!


最新の投稿


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

ダイハツは、軽乗用車『タント』に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、 12月3日から発売しています。今回のタント特別仕様車「VSシリーズ」は、「X “VS SAIII”」、「カスタムX “トップエディション VS SAIII”」、「カスタムRS “トップエディションVS SAIII”」の3種類から選べます。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

復活が噂されていた、ランドローバーディフェンダー。ついにその次期型プロトタイプを激写しました。復活すれば約3年ぶりのこととなります。次世代プラットフォーム「MLA」を採用した他、EVの設定も噂されています。


BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型のプロトタイプを激写しました。今回の次期型で、最大の特長と言えば「UKL」プラットフォームに別れを告げ、同ブランド初となるフロントホイール・ドライブ用「FAAR」を採用することです。ワールドプレミアは2019年初頭なのではと言われている1シリーズ新型について追いました。