目次へ戻る

ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダの軽トールワゴン・N-ONEが12月にマイナーチェンジすると発表されています。自分らしい生活をかなえてくれるプレミアムスモール。今回は改めてN-ONE(エヌワン)の魅力に迫ります。


ホンダの軽トールワゴン・N-ONE(エヌワン)がマイチェン予定

現行N-ONE

愛らしいデザインと乗り回しの良さから愛されている軽トールワゴン。

それがホンダから販売されているN-ONE(エヌワン)です。

今回、このN-ONE(エヌワン)が12月にマイナーチェンジを行うという情報を入手しました。

マイナーチェンジで世界観の異なる4つのタイプを設定

今回のN-ONEマイナーチェンジでは、世界観・デザインが異なる4つのタイプを設定しています。

ホンダのホームページ上では、いつまでも愛着の持てるシンプルな「Standard」、こだわりを感じさせる「Select」、上質を磨いた「Premium」、スポーティーな「RS」、個性的な4タイプをイメージフォトで紹介しています。

また、改良新型は軽乗用車初採用の遮音機能付ガラスなどの機能強化に加え、エクステリアカラーに新色を追加するなど、選ぶ楽しさがより広がるような仕様になっています。

マイナーチェンジが楽しみな今回は改めてホンダのN-ONEについて振り返ってみたいと思います。

ホンダ N-ONE(エヌワン)基本情報

ホンダ N-ONE(エヌワン)基本スペック

特別仕様車

 
【ホンダ N-ONE】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395×1,475×1,630(ホイールベース:1,300mm)
最大乗車定員4名
車両重量890kg
燃費JC08モード:25.8km/L
エンジンタイプS07A
エンジン種類水冷直列 3 気筒横置
総排気量0.658L
最高出力(kW[PS]/rpm)43[58]/7,300
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)65[6.6]/4,700
タンク容量 30L
駆動方式4WD
トランスミッション無段変速オートマチック (トルクコンバーター付)
※N-ONE G 4WD参照

ホンダ N-ONE(エヌワン)エクステリア・外装

Nシリーズだから、こうしなければいけない。という概念にとらわれず、デザイン設計されたN-ONE。

親しみやすさの中にも、個性や美しさを忘れないデザインとなっています。

ホンダ N-ONE(エヌワン)インテリア・内装

N-ONEには、運転席回りを中心に豊富な収納スペースが確保されているほか、後部のラゲッジスペース下にはサブトランクも用意されているため、多くの収納が可能です。

また、N-ONEの魅力でもある低床フラットな積み込み口。これが積み荷の時もとても役立ちます。

荷室床面は低く、フラットになっていて、滑りこませるように積み込めるので、出し入れも簡単にできます。

力の弱い女性や、荷物を多く持っているときでも便利ですね。

ホンダ N-ONE(エヌワン)評価・評判・口コミ・試乗感想

速度45km程度で平たん路を走行すると26Km/Lぐらいの燃費を示すので満足している。高速道路走行で最も燃費の良い速度は、70Km/hであった。

ストリーム2.0RSZからの乗り換えで、ファーストカーとしての利用になるので、最上級クラスのプレミアムツアラーを選択しました。約20年前に乗っていたワゴンR以来の軽自動車でしたが、ハンドリング、エンジンパワー、静粛性の点で全く別物で、その進化に驚きました。低速トルクがあり、低速域から高速域までストレスなく運転することができ、オートクルーズ、衝突軽減装置、サイドカーテンエアバッグなど、軽自動車とは思えない装備が充実しています。乗り心地は少し固めですが、ワインディングロードでの安定感があるため悪くはありません。ホイールベースがフィットとほぼ同じのため直進安定性が高く、ストリームと比較しても運転は楽です。燃費のカタログ値は他のライバル車より低いですが
、燃費を意識した走行をしなくても極端に悪くなることはなく、実用上不満はありません。

660ccの直列3気筒エンジンを積むN-ONEは、2名までなら自然吸気エンジンでも不満のない動力性能だ。高回転まで軽やかに回り、CVTはパワーとトルクを途切れることなく伝えてくる。クルージング時は軽自動車とは思えないほど静粛性も高かった。

軽自動車は、ご存知のようにボディサイズとエンジン排気量が制限されている。N-ONEは大ヒットしたホンダ『N360』をモチーフにしたデザインが売りの軽自動車だ。愛らしい台形フォルムに引かれるが、背は意外と高い。立体駐車場によっては入らないこともある。

N-ONEは、静粛性が高く、燃費も良好でまさに普段使いにぴったりの車のようですね。

一方で、意外にも車高が高いため、立体駐車場などでは入るかどうか注意が必要です。

ホンダ N-ONE(エヌワン)グレード価格

N-ONE、価格はいくらくらいなのでしょうか。
グレード別の価格をまとめてみました。

グレードによりけりではありますが、駆動方式をFF・4WDから選ぶことができます。

Tourerは、ターボ仕様車です。

■G 
FF 1,185,000円
4WD 1,315,000円

■G・LOWDOWN Basic
FF 1,220,000円

■G・Lパッケージ
FF 1,298,000円
4WD 1,428,000円

■G・LOWDOWN
FF 1,365,000円

■G 特別仕様車 SSブラウンスタイルパッケージ
FF 1,380,000円
4WD 1,510,000円

■Tourer
FF 1,445,000円
4WD 1,575,000円

そして、N-ONEには、上級モデルのN-ONEPremiumも用意されています。

■Premium
FF 1,490,000円
4WD 1,620,000円

■Premium 特別仕様車 SSブラウンスタイルパッケージ
FF 1,580,000円
4WD 1,710,000円

■Premium Tourer
FF 1,598,000円
4WD 1,728,000円

■Premium Tourer・LOWDOWN
FF 1,645,000円

■Premium Tourer 特別仕様車 SSアーバンブラックパッケージ
FF 1,698,000円

ホンダ N-ONE(エヌワン)中古価格

気になる中古価格はいくらくらいなのでしょうか。

調べてみたところ、H29年式以降のN-ONEの中古価格相場は、100万円~130万円ほどでした。

新車価格と比較すると、かなりお得になる可能性がありますね。中古車でも構わない、という方はN-ONEの中古車を購入検討するのもオススメです。

最後に

今回は、ホンダの軽トールワゴン・N-ONEについて見ていきましたがいかがでしたか。

12月にマイナーチェンジを控えているN-ONE。どういった改良がなされるのか、続報が楽しみですね。

関連する投稿


ホンダ シビック最新情報!受注は1万2000台!納車は年明け??試乗評価他

ホンダ シビック最新情報!受注は1万2000台!納車は年明け??試乗評価他

ホンダの最強カー、シビック。新型シビックが2017年の9月に発売して話題になりましたね。シビックの売れ行きが好調すぎて、納車は2018年の夏ごろになるなど大人気のシビック。今回は今わかっている新型シビックにまつわる最新トピックスをまとめてお届けいたします。


子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

スライドドアはミニバンだけ…。なんて思っている人いませんか?今では軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広いです。値段も大抵は200万以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018にもノミネート・10ベストカーにも選出されているホンダの新型N-BOX(エヌボックス)…。各所で賞を受賞しているその理由とは…。今回は改めてN-BOXの魅力に迫ります。フルモデルチェンジしたN-BOXの性能・試乗評価・燃費・評判・評価など。気になる情報満載です。


オデッセイ改良新型!ホンダセンシング標準装備で価格・他変更点は?

オデッセイ改良新型!ホンダセンシング標準装備で価格・他変更点は?

ホンダは、上級ミニバン、オデッセイの改良新型モデルを発表・11月17日より販売開始します。安全運転支援システムの「ホンダセンシング」を全タイプで標準装備した他、使い勝手なども向上させています。今回は改良された新型オデッセイについてまとめています。


10ベストカーにも選出!新型N-BOXカスタム最新情報!価格・試乗感想

10ベストカーにも選出!新型N-BOXカスタム最新情報!価格・試乗感想

9月にフルモデルチェンジを行い、売れ行きも好調・今波に乗っている軽トールワゴン。それがホンダの新型N-BOX/N-BOXカスタムです。N-BOXのドレスアップモデルであるN-BOXカスタム。試乗感想やスペック、燃費性能、また人気カラーTOP3の記載。本記事では改めて新型N-BOXカスタムについてまとめています。


最新の投稿


マツダ アクセラスポーツの情報一覧!価格やスペック評価を完全網羅!

マツダ アクセラスポーツの情報一覧!価格やスペック評価を完全網羅!

マツダ独自の技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)」とデザインコンセプト「魂動(こどう)」を採用したCセグメントハッチバックのマツダアクセラスポーツ。アクセラはセダンもありますが今回はスポーツの方にスポットを当てて、基本スペックや価格、ユーザーの口コミ評価などを合わせて詳しくご紹介していきます。


日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

自動車で行くほどではないけど、歩くのはちょっと遠い…という距離の移動など気軽なチョイ乗りで活用できる折りたたみ電動原付スクーター『Airwheel Z5』。日本初の折り畳み可能なコンパクト原付スクーターを詳しく紹介していきたいと思います!!


マツダの人気コンパクト、デミオ!スペック、価格、評価など一挙掲載!

マツダの人気コンパクト、デミオ!スペック、価格、評価など一挙掲載!

人を魅了するデザインと質感を持ち、さらに軽やかで素晴らしい走行性能で大人気のマツダデミオ。一体どのような車でなぜ人気なのか、スペックや新車・中古車価格、燃費性能やユーザーの口コミ評価までじっくりと見ていきたいと思いますので、デミオが気になる方は是非参考にしてみてください。


マツダ アテンザセダンの評価や中古車価格は?他スペック、燃費など網羅!

マツダ アテンザセダンの評価や中古車価格は?他スペック、燃費など網羅!

2002年に発売が開始されたマツダのアテンザ。2度のフルモデルチェンジを経て現行モデルに至ります。アテンザのボディタイプにはセダンとワゴン(スポーツワゴン)の2種類が設定されています。本記事ではアテンザセダンの方に注目し、スペックや価格、ユーザー評価まで様々な視点から魅力をお伝えしていきます。


トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエースが生誕50周年を迎えました。そしてハイエースおよびレジアスエースを一部改良、12月1日から販売開始予定です。今回の一部改良で、どういった点が変更になるのでしょうか。改めて見ていきたいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング