目次へ戻る

オデッセイ改良新型!ホンダセンシング標準装備で価格・他変更点は?

オデッセイ改良新型!ホンダセンシング標準装備で価格・他変更点は?

ホンダは、上級ミニバン、オデッセイの改良新型モデルを発表・11月17日より販売開始します。安全運転支援システムの「ホンダセンシング」を全タイプで標準装備した他、使い勝手なども向上させています。今回は改良された新型オデッセイについてまとめています。


ホンダ オデッセイ 改良新型登場!発売は11月17日から

ホンダの上級ミニバン、オデッセイが一部改良を行い、11月17日より販売開始されます。

今回は、新型オデッセイの変更点・性能・試乗評価などを合わせて見ていきます。

ホンダ オデッセイ どこが変更になった?

ホンダは上級ミニバン『オデッセイ』の改良新型モデルを発表しました。

改良された点としては、主に安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全タイプで標準装備、デザインや装備、使い勝手などを向上させています。

新型オデッセイは、衝突軽減ブレーキをはじめとするホンダセンシング全8機能をガソリン/ハイブリッドモデル全タイプに標準装備。安心・快適な運転や事故回避を支援。

また、ハイブリッドモデルはACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)に渋滞追従機能を追加。

適切な車間距離を保つよう支援し、高速道路などでの運転負荷軽減を図ります。

ホンダ 新型オデッセイ 基本情報

ホンダ 新型オデッセイ 基本スペック

 
【ホンダ オデッセイ】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,840×1,820×1,695mm(ホイールベース:2,900mm)
最大乗車定員7(8)名
車両重量1,860kg
燃費JC08モード:26.0km/L
エンジンタイプLFA
エンジン種類水冷直列4気筒横置
最高出力(kW(PS)/rpm)107(145)/6,200
最大トルク(N・m/rpm)175(17.8)/4,000
タンク容量 55L
駆動方式FF
トランスミッション電気式無段変速機
※HYBRID Honda SENSING参照

ホンダセンシング搭載で安全性能アップ!

ホンダセンシングは、ミリ波レーダーと単眼カメラで、クルマの前方の状況を認識。

ブレーキやステアリングの制御技術と協調し、安心・快適な運転や事故回避を支援する先進システム。

このホンダセンシングが全タイプに標準装備されています。

ホンダ 新型オデッセイ エクステリア・外装

エクステリアでは、フロントのバンパーおよびグリルのデザインを変更し、力強い印象のフロントマスクに仕上げました。

伸びやかでダイナミックなサイズ感、ゆとりのある空間が特徴です。

ホンダ オデッセイ LEDフォグライト

オデッセイ改良新型では、LEDフォグライトを標準装備し、全タイプのデザインを統一しています。

また、新規デザインのアルミホイールを採用。ボディカラーは新色「コバルトブルー・パール」と「プラチナホワイト・パール」を含む全7色。

ホンダ 新型オデッセイ インテリア・内装

インテリアでは、2列目の「プレミアムクレードルシート」に大型ヘッドレストを、足元にはスマートフォンやペットボトルなどが収納できる小物入れを採用し、利便性を高めました。

また、純正ナビゲーション「ギャザズ」は9インチに対応し、ナビ装着用スペシャルパッケージと組み合わせることでより使いやすく、ドライブをサポートしてくれます。

ホンダ 新型オデッセイ グレード別新車価格

ホンダ オデッセイ 17インチアルミホイール

新型オデッセイには、ハイブリッド車・ガソリン車・福祉車両の3タイプがラインアップされています。また、FF、4WDの区別もあります。

価格はそれぞれ下記の通りです。

【ハイブリッド車】
■HYBRID・Honda SENSING 3,836,400円(7人乗り)3,750,000円(8人乗り)
■HYBRID ABSOLUTE・Honda SENSING 3,936,400円(7人乗り)3,850,000円(8人乗り)
■HYBRID ABSOLUTE・EX Honda SENSING 4,150,000円(7人乗り)

【ガソリン車】
■G・AERO Honda SENSING 3,066,400円(7人乗り)2,980,000円(8人乗り)3,180,000円(4WD 8人乗り)
■ABSOLUTE・Honda SENSING 3,326,400円(7人乗り)3,240,000円(8人乗り)3,440,000円(4WD 8人乗り)
■ABSOLUTE・EX Honda SENSING 3,540,000円(7人乗り) 3,653,600円(4WD 8人乗り)

【福祉車両】
■サイドリフトアップシート車 3,220,000円
■助手席リフトアップシート車 3,220,000円 3,410,000円(4WD)

ホンダ オデッセイ 評価・評判・試乗感想は?

オデッセイの評判が気になる方向けに、オデッセイ現行モデルに乗っているオーナーの評価をまとめています。

オデッセイ ハイブリッド アブソリュートを購入して2週間ほど運転したので投稿しました。
燃費はさすがに良いですね。
片道20キロ程度の下道(国道)で流れが良いところを走った際には、リッター20キロ程度走っています。
高速の方が燃費は悪く、110キロ程度で巡行しているとリッター17キロ程度でした。
超街乗りのちょこちょこ乗りの場合はさすがにあまり良くはないですが、それでもリッター8キロ程度走りますね。
強いて不満を言うとすれば、エンジンが2.0リッターなのが少しパワー不足を感じます。高速の長い上り坂などではエンジンで走りますが、かなりうなって走っています。。
エクステリアは気に入っています。
インテリアもほぼ不満はありません。収納力不足だという評価もありますが、自分はまずまずかなと思っています。
乗り心地も、一部に「硬い」という評価がありますが、家族もすごくいいと言っています。
(硬いと言っている方は、タイヤの空気圧が高過ぎなのでは?)

季節によって燃費に差が出てしまう。
寒いと燃費が悪くなりますが、リッター4kmも違ってくるとはびっくりでした。しかし、それでもガソリン車よりは良くはなってます。
それでもこの車は乗ってて楽しい。

ハイブリッド・アブソルート 7人乗り
片道約25キロの通勤と買い物やドライブに使っています。
サードシートは床下に収納しているのでセカンドシートの快適さは最高です。
パワーもあり足回りもしっかりしているのでほぼ満足している車ですが、あえて不満な点をあげると小物などの収納がもう少し欲しいのとフロント周りをもう少しカッコよくしてほしいことくらいです。
燃費は夏場でエアコンなしで20㎞超え、街乗りで落ちるものの平均19kmと満足できるレベルです。

最後に

今回は、改良新型のオデッセイについて見ていきましたがいかがでしたか。

ホンダセンシングを全車搭載し、フロントフェイスがよりかっこよくなったオデッセイで、ドライブに出かけてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


ホンダのスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について検証!!

ホンダのスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について検証!!

2017年2月に販売開始した2代目NSX。初代NSXの中古車相場と20年以上経過する車両の歴史や特徴について、ご紹介していきます。


ホンダのバモスの中古車価格、スペック、燃費、評価等の一覧

ホンダのバモスの中古車価格、スペック、燃費、評価等の一覧

みなさんはホンダのバモスをご存知でしょうか。初代バモスはオープンカー型のピックアップトラックとして発売され、モデルチェンジを経て軽ワンボックスとして発売されました。現在は販売終了していますが、中古車で購入することは可能です。本記事ではそんなバモスの価格や燃費、評価についてまとめています。


ホンダ インテグラの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

ホンダ インテグラの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

ホンダの「インテグラ」の実燃費や中古価格などを歴代モデルごとにまとめてみました。「インテグラ」に乗り換えをお考えの方は是非参考にしてください。


オデッセイ・ハイブリッド|燃費・実燃費から評価は?中古価格も紹介

オデッセイ・ハイブリッド|燃費・実燃費から評価は?中古価格も紹介

1994年から発売されている、ホンダのオデッセイは発売当初から今もとても人気があるミニバンです。初代モデルから現行モデルまで、デザインが変更されてきましたが、どのモデルも根強い人気があります。こちらの記事では、オデッセイ ハイブリッドモデルの燃費と実燃費に、ユーザーやジャーナリストによる評価の紹介や中古車価格などについて合わせて掲載しています。


ホンダのフリード スパイクの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

ホンダのフリード スパイクの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

ホンダのフリードスパイクは、ホンダが2010年~2016年まで発売していた車です。ミニバンのフリードをベースに、トールワゴンタイプになったモデル。後継車はフリード+です。中古でトールワゴンを探しているという方、フリードスパイクはどうでしょうか。本記事ではフリードスパイクの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価を見ていきます。


最新の投稿


新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。