トップへ戻る

オデッセイ改良新型!ホンダセンシング標準装備で価格・他変更点は?

オデッセイ改良新型!ホンダセンシング標準装備で価格・他変更点は?

ホンダは、上級ミニバン、オデッセイの改良新型モデルを発表・11月17日より販売開始します。安全運転支援システムの「ホンダセンシング」を全タイプで標準装備した他、使い勝手なども向上させています。今回は改良された新型オデッセイについてまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダ オデッセイ 改良新型登場!発売は11月17日から

ホンダの上級ミニバン、オデッセイが一部改良を行い、11月17日より販売開始されます。

今回は、新型オデッセイの変更点・性能・試乗評価などを合わせて見ていきます。

ホンダ オデッセイ どこが変更になった?

ホンダは上級ミニバン『オデッセイ』の改良新型モデルを発表しました。

改良された点としては、主に安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全タイプで標準装備、デザインや装備、使い勝手などを向上させています。

新型オデッセイは、衝突軽減ブレーキをはじめとするホンダセンシング全8機能をガソリン/ハイブリッドモデル全タイプに標準装備。安心・快適な運転や事故回避を支援。

また、ハイブリッドモデルはACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)に渋滞追従機能を追加。

適切な車間距離を保つよう支援し、高速道路などでの運転負荷軽減を図ります。

ホンダ 新型オデッセイ 基本情報

ホンダ 新型オデッセイ 基本スペック

 
【ホンダ オデッセイ】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,840×1,820×1,695mm(ホイールベース:2,900mm)
最大乗車定員7(8)名
車両重量1,860kg
燃費JC08モード:26.0km/L
エンジンタイプLFA
エンジン種類水冷直列4気筒横置
最高出力(kW(PS)/rpm)107(145)/6,200
最大トルク(N・m/rpm)175(17.8)/4,000
タンク容量 55L
駆動方式FF
トランスミッション電気式無段変速機
※HYBRID Honda SENSING参照

ホンダセンシング搭載で安全性能アップ!

ホンダセンシングは、ミリ波レーダーと単眼カメラで、クルマの前方の状況を認識。

ブレーキやステアリングの制御技術と協調し、安心・快適な運転や事故回避を支援する先進システム。

このホンダセンシングが全タイプに標準装備されています。

ホンダ 新型オデッセイ エクステリア・外装

エクステリアでは、フロントのバンパーおよびグリルのデザインを変更し、力強い印象のフロントマスクに仕上げました。

伸びやかでダイナミックなサイズ感、ゆとりのある空間が特徴です。

ホンダ オデッセイ LEDフォグライト

オデッセイ改良新型では、LEDフォグライトを標準装備し、全タイプのデザインを統一しています。

また、新規デザインのアルミホイールを採用。ボディカラーは新色「コバルトブルー・パール」と「プラチナホワイト・パール」を含む全7色。

ホンダ 新型オデッセイ インテリア・内装

インテリアでは、2列目の「プレミアムクレードルシート」に大型ヘッドレストを、足元にはスマートフォンやペットボトルなどが収納できる小物入れを採用し、利便性を高めました。

また、純正ナビゲーション「ギャザズ」は9インチに対応し、ナビ装着用スペシャルパッケージと組み合わせることでより使いやすく、ドライブをサポートしてくれます。

ホンダ 新型オデッセイ グレード別新車価格

ホンダ オデッセイ 17インチアルミホイール

新型オデッセイには、ハイブリッド車・ガソリン車・福祉車両の3タイプがラインアップされています。また、FF、4WDの区別もあります。

価格はそれぞれ下記の通りです。

【ハイブリッド車】
■HYBRID・Honda SENSING 3,836,400円(7人乗り)3,750,000円(8人乗り)
■HYBRID ABSOLUTE・Honda SENSING 3,936,400円(7人乗り)3,850,000円(8人乗り)
■HYBRID ABSOLUTE・EX Honda SENSING 4,150,000円(7人乗り)

【ガソリン車】
■G・AERO Honda SENSING 3,066,400円(7人乗り)2,980,000円(8人乗り)3,180,000円(4WD 8人乗り)
■ABSOLUTE・Honda SENSING 3,326,400円(7人乗り)3,240,000円(8人乗り)3,440,000円(4WD 8人乗り)
■ABSOLUTE・EX Honda SENSING 3,540,000円(7人乗り) 3,653,600円(4WD 8人乗り)

【福祉車両】
■サイドリフトアップシート車 3,220,000円
■助手席リフトアップシート車 3,220,000円 3,410,000円(4WD)

ホンダ オデッセイ 評価・評判・試乗感想は?

オデッセイの評判が気になる方向けに、オデッセイ現行モデルに乗っているオーナーの評価をまとめています。

オデッセイ ハイブリッド アブソリュートを購入して2週間ほど運転したので投稿しました。
燃費はさすがに良いですね。
片道20キロ程度の下道(国道)で流れが良いところを走った際には、リッター20キロ程度走っています。
高速の方が燃費は悪く、110キロ程度で巡行しているとリッター17キロ程度でした。
超街乗りのちょこちょこ乗りの場合はさすがにあまり良くはないですが、それでもリッター8キロ程度走りますね。
強いて不満を言うとすれば、エンジンが2.0リッターなのが少しパワー不足を感じます。高速の長い上り坂などではエンジンで走りますが、かなりうなって走っています。。
エクステリアは気に入っています。
インテリアもほぼ不満はありません。収納力不足だという評価もありますが、自分はまずまずかなと思っています。
乗り心地も、一部に「硬い」という評価がありますが、家族もすごくいいと言っています。
(硬いと言っている方は、タイヤの空気圧が高過ぎなのでは?)

季節によって燃費に差が出てしまう。
寒いと燃費が悪くなりますが、リッター4kmも違ってくるとはびっくりでした。しかし、それでもガソリン車よりは良くはなってます。
それでもこの車は乗ってて楽しい。

ハイブリッド・アブソルート 7人乗り
片道約25キロの通勤と買い物やドライブに使っています。
サードシートは床下に収納しているのでセカンドシートの快適さは最高です。
パワーもあり足回りもしっかりしているのでほぼ満足している車ですが、あえて不満な点をあげると小物などの収納がもう少し欲しいのとフロント周りをもう少しカッコよくしてほしいことくらいです。
燃費は夏場でエアコンなしで20㎞超え、街乗りで落ちるものの平均19kmと満足できるレベルです。

最後に

今回は、改良新型のオデッセイについて見ていきましたがいかがでしたか。

ホンダセンシングを全車搭載し、フロントフェイスがよりかっこよくなったオデッセイで、ドライブに出かけてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファードとヴェルファイア徹底解説

アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファードとヴェルファイア徹底解説

今や人気の面でも販売台数でも高級ミニバンの王者として君臨しているトヨタの「アルファード・ヴェルファイア」。なぜこれ程の人気があるのか?その人気について解説していきます。


ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

家族が増えて、車の買い替えをお考えの方に、おすすめの一台としてホンダのN-BOXがあります。軽自動車でも安心して乗れる車で、ホンダの提案するN-BOXの安全設計であるタフネスボディは、軽自動車に普通乗用車並みの全方位衝突安全性能を搭載しました。このN-BOXで安心してご家族と自動車ライフを楽しむという提案をします。


ホンダeは乗りやすいの?スペックやEVのメリット・デメリットを紹介!

ホンダeは乗りやすいの?スペックやEVのメリット・デメリットを紹介!

ホンダeは新型のEVです。しかし、EVに乗ったことのない人は、本当に乗りやすいのか不安に感じることでしょう。そこで今回は、ホンダeの特徴やEVのメリット・デメリット、実際に使いやすいのかについてご紹介します。


ホンダ N-VANは車中泊も楽しめる!レジャーから日常使いまでおまかせ!

ホンダ N-VANは車中泊も楽しめる!レジャーから日常使いまでおまかせ!

コンパクトサイズながら車内空間が広く、安全装備も豊富なホンダのN-VANは、車中泊も楽しめることで人気を集めています。今回はホンダ N-VANの特徴や魅力などをご紹介します。車中泊のポイントを知りたいと考えている方もぜひ参考にしてください。


最新の投稿


ヘッドライト磨きで黄ばみもすっきりクリア!おすすめ商品もご紹介!

ヘッドライト磨きで黄ばみもすっきりクリア!おすすめ商品もご紹介!

ヘッドライトの曇りや黄ばみは、車の印象を左右する大きな要因となります。いくら車を磨き上げても、ヘッドライトが曇っていたりすると気になる方も多いのではないでしょうか?今回は、ヘッドライトをすっきりクリアにするためのヘッドライトの磨き方について、説明していきます。


ドライブを楽しめるゲームソフト厳選6本!休み中にバーチャル旅行へGO!

ドライブを楽しめるゲームソフト厳選6本!休み中にバーチャル旅行へGO!

まだまだお出かけのしにくい状況が続く昨今。国内はおろか、海外旅行なんて夢のまた夢ですよね。いつになったらまた気軽に海外へ出かけられるのか見当もつかない今だからこそ、注目したいのがゲーム内の世界でバーチャル旅行を楽しむこと。ストーリーを進めなくても、ゲーム世界をドライブするだけで楽しめる、そんな珠玉のゲームソフトをまとめてみましたので、お休み中のご予定にぜひバーチャル旅行を加えてみてください。


マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

マツダのCX-30、超カッコいいSUVですよね!ですが、CX-30の燃費ってどんな感じなんでしょうか。特に、CX-30にはスカイアクティブXとディーゼルとガソリンと言う3種類のエンジンがあって、その比較も気になります。今回は、実際の燃費はどうなのかユーザーさんの声を拾ってみます!


スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキ ワゴンRとワゴンR スティングレーそれぞれの特徴を徹底解説!

スズキのワゴンRは多くの人に親しまれている軽トールワゴンです。その歴史は1993年まで遡ります。長い歴史を持つワゴンRにスティングレーがラインナップされ、ますます好調な売れ行きを記録しています。本記事ではスズキのワゴンRとスティングレーを比較、それぞれの魅力を解説していきます。


トヨタ シエナってどんな車?ライバル車比較や中古車情報も!

トヨタ シエナってどんな車?ライバル車比較や中古車情報も!

国内では2019年生産終了となったエスティマ。まだ海外では継続販売されていますが、そのエスティマの後継モデルとして製造販売されているのが「シエナ」です。あまり日本では馴染みのないシエナ。本記事ではシエナがどういう車か紹介します。