目次へ戻る

スズキの新型SUV「クロスビー」はどんなクルマ?

スズキの新型SUV「クロスビー」はどんなクルマ?

12月25日より発売されたスズキの「クロスビー」は、ワゴンとSUVの楽しさを融合させた新ジャンルの小型クロスオーバーワゴン。この「クロスビー」が話題となるのは「ハスラー」そっくり?というそのスタイリングと「SUVとワゴンの融合」というコンセプトでした。スズキがもくろむ二匹目のドジョウはいるのでしょうか?


SUVとワゴンの融合

コンパクトクロスオーバーSUVは日本でも人気があり、すでに多くの車種が国内で人気を集めていますが、「クロスビー」はそれらと異なるユニークなモデルです。

まずは、コンパクトクラスとはいえ、4mを超える車種がほとんどなのにたいして、「クロスビー」の全長は3760mmとコンパクトサイズ。さらに他車にはないパワーユニット、最高出力99psを発生する超コンパクトな、1.0L3気筒直噴ターボエンジンを採用している点です。

もちろんSUVを名乗る以上、2つのモードを採用 4WD車も設定。「グリップコントロール」と「ヒルディセントコントロール」の2つの機能を標準装備します。

パッケージングはハイトワゴンそのものなので、コンパクトクロスオーバーとして、断トツの広さを誇る室内とラゲッジスペースを誇ります。なんてことは置いといて、みんなが注目するのはそのキュートなスタイリングなのではないでしょうか?

軽トールワゴンとSUVの融合って聞いたことあるけど?

ハスラー

東京モーターショウでの公開から、ビッグハスラーとも揶揄された通り、人気の軽トールワゴンそっくりのデザインは、良く見ればまったくの別物なのですが、賛否両論。同じスズキのSUVとしては、ジムニーとジムニーシエラほどではありませんが、似ているという声は確かに多いのも確か。それだけに話題性もあるので、スズキの確信犯とも思えます。

そういえば、「ハスラー」は「軽トールワゴンとSUVの融合」ってコンセプトでしたよね?「SUVとワゴンの融合」という今回のコンセプト、もう少しひねりをきかせたほうがいいような気もしますけど。

遊び心に二匹目のどじょうはいるのか?

ハスラーがヒットしたのはその遊び心。機能ばかりを追い続けた軽自動車に、遊び心あふれるデザインを持ち込んだ結果、アウトドアライフにというメーカーの腹つもりとは異なり、「カワイイ」という理由で女性にも人気が出たのです。この「クロスビー」も、SUVの性能というより、遊び心のあるデザインが再び受け入れられるのか、柳の下にドジョウは二匹いるのでしょうか?

販売目標台数(月間)2,000台は多いのか、少ないのか?1,765,800円からという販売価格は、ユーザーにどう受け止められるのか?どんな層が購入するのか?2WDと4WDの比率は?ライバルのダイハツはどんな新機種を用意するのか?興味のつきない「クロスビー」です。

アクセサリーで遊ぶ車でもある 「クロスビー」

オプション装着車

「クロスビー」は、オプションで自分らしさを出すのが面白い車でもあります。写真の例はボンネットとバックゲートにストライプのデカールを装着しただけですが、なにか「ミニクロスオーバー」みたいにも見えます。これが似合う車はそうはありません。もちろんSUVならではのアウトドアっぽいのもありですが、それだけではなく、いろんな個性の出し方で遊べそうです。

まとめ

クロスビー 撥水加工シート


それにしてもスズキは、ライバルのいないニッチなジャンルに次々とモデルを投入してくれます。プチバンというジャンルの「ソリオ」、軽クロスオーバーの「ハスラー」、そして1.0LSUVの「クロスビー」。さらに、「イグニス」というハッチバックタイプのクロスオーバーもあります。

また、「SX4S-CROSS」や「エスクード」といった、海外生産のクロスオーバーSUVを多数輸入していることも、忘れてはいけません。「ジムニー」「ジムニーシエラ」を含めると、まさにスズキはSUV王国なのです。

そのSUV王国スズキの2017年の本命として登場した「クロスビー」。はたして二年連続のカーオブザイヤーをスズキにもたらすことが出来るほどの旋風をまきこ超すのか注目しましょう。

関連する投稿


いつかは乗りたい!憧れのアメ車SUVの魅力や人気の中古車教えます

いつかは乗りたい!憧れのアメ車SUVの魅力や人気の中古車教えます

街中をさっそうと走り抜ける大型のカッコいいアメ車SUVの魅力について解説しているページです。アメ車SUVの魅力や人気車種・メーカー、あるいは中古のアメ車SUVの選び方や人気のカスタムカーまで幅広く役立ち情報をご紹介しています。国産好きもアメ車SUVに興味がある方も是非ご覧ください。


トヨタのSUV・ランドクルーザープラドを中古で買おう!

トヨタのSUV・ランドクルーザープラドを中古で買おう!

トヨタを代表するSUVであり、日本の高級SUVの代名詞でもあるランドクルーザーの『プラド』を中古で買いましょう。何故中古で買うのか?中古のどこが良いのか?疑問にお答えしながら進めて参ります。


【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

レクサスは、SUVのNXを一部改良し、5月6日より販売を開始すると発表しました。価格や、改良点など気になる情報をまとめています。


スズキ パレット SW ~軽トール型ワゴンの完成版~

スズキ パレット SW ~軽トール型ワゴンの完成版~

スズキは以前、パレットSWという軽トール型ワゴンの完成版というべきモデルを販売していました。とくにデザインでパレットを上回り新境地を切り開いたパレットSW。今回は、惜しまれつつも2013年に生産終了したパレットSWの主な全容を見ていきましょう。


実力派のスバル レガシィアウトバック|特徴や価格、スペックは?

実力派のスバル レガシィアウトバック|特徴や価格、スペックは?

スバル レガシィアウトバックは、人気のクロスオーバーSUVです。しかし、その歴史は古く、SUVとしての性能はかなり高く、実力派であると言えます。今回は歴代のレガシィアウトバックから最新モデルまで、特徴やスペック、中古価格などをご紹介していきます。


最新の投稿


令和元年【2019ゴールデンウィーク(GW)】渋滞予測・混雑日・混雑する道路ほか

令和元年【2019ゴールデンウィーク(GW)】渋滞予測・混雑日・混雑する道路ほか

2019年のゴールデンウィークは4月27日~5月6日まで、最大で10日間の大型連休となります。ゴールデンウィーク期間中の渋滞予測から、最も渋滞が予測される日をご紹介します。【4月25日更新】


行ってみたい!新潟県北部の道の駅一覧 Part1

行ってみたい!新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。