目次へ戻る

【CX-8の評価・口コミ】実際に乗ってみて思う事は?良い点・悪い点は?

【CX-8の評価・口コミ】実際に乗ってみて思う事は?良い点・悪い点は?

2017年12月14日にマツダから発売された3列/7人乗りSUVの「CX-8」。売行きも好調で同車に対する評価も総じて高評価が多いですが、実際のユーザーの声や、口コミ、試乗をしてみた上での実際の評価はどうなのか、当記事にてまとめています。


売行き絶好調!マツダの新型SUV「CX-8」

マツダから2017年12月14日に発売された3列シート・7人乗りSUVの「CX-8」。

マツダ CX-8

マツダ車のラインナップからミニバンを撤退させ、プレマシーやMPV等のミニバンに変わる多人数が乗れる車種として、マツダの国内SUVとしてはCX-3、CX-5に次ぐ最上級モデルとしてデビューしたCX-8は、発表から発売までの3か月程で、月間の販売計画台数のおよそ6倍となる7,362台の予約受注となる今や飛ぶ鳥も落とす勢いの人気SUVです。

いまや国産の7人乗りSUVの代名詞と言っても過言には聞こえない人気車種となり、どのメディアでも取り上げられるCX-8の評価は、総じて高い評価が多く絶賛されています。

2018年1月現在、既に納車を迎えたユーザーも増えてきた今日この頃ですが、これからCX-8の購入を検討する方々にとって、実際のユーザーの声などが最も気になる所では無いでしょうか。

当記事では、早速納車を向かえたユーザーの生の声やジャーナリストの試乗評価などを、良い評価、悪い評価に分けて掲載しています。

マツダ CX-8の燃費について

まずは、サンプルが少ないものの納車を終えたユーザーもちらほらと出てきつつあるので、CX-8の実燃費に関してを紹介します。

 
マツダ CX-8 WLTCモード燃費 単位:km/L
WLTCモード燃費FF:15.8 4WD:15.4
市街地モードFF:12.7 4WD:12.5
郊外モードFF:15.7 4WD:15.3
高速道路モードFF:18.0 4WD:17.5

上記はマツダが公式で発表しているWLTCモードの燃費数値となっています。

既に納車しているユーザーからの燃費評価もまだ、サンプル距離が少ないようですが、街乗り50キロ走行で実質10キロ程の実燃費となっているようです。

マツダ CX-8の良い評価・評判・口コミ?

それではまず、マツダ「CX-8」の良い評価や口コミ、評判から紹介していきます。

静粛性が高い

まず、良い評価として1点目にあげるのは「静粛性」の高さです。

■ジャーナリスト評価
車内は基本的に静かで静粛性に優れ、ガラスからの透過音もよく抑えられていて静か。

アイドリング時の静粛性が高く、走行時は車内にディーゼルらしいノイズはほとんど届かない。

我々のようにのべつ幕無しクルマに乗っているような人種以外はそれがディーゼルだとは気付かないのではないかと思うほど静かになった。

■ユーザーの声
振動や騒音が少なくて、分厚い鉄板の上に乗ってるなぁという感じ。

エンジン・走行性能も高評価

最大トルクを450Nmまで高めた改良型の2.2リットルディーゼルエンジンも総じて高評価となっています。

■ジャーナリスト評価
SKYACTIV-Dの進化も感じられた。基本はCX-5を踏襲しているが、急速多段燃焼採用などによってより洗練された印象。

加速も重量の軽いCX-5と同等でスムーズさはCX-8のほうが上だ。これは最高出力を129kWから140kWにアップし、最大トルクも420Nmから450Nmに向上した結果、車両重量が増えてもスポーティな加速感を維持している。

数値上はこれでCX-5と同等レベルの加速性能を得ているというが、実際に体感する性能はそれを上回り、CX-8の方が速いと感じるほど。そしてこの寸法(全長4900×全幅1840×全高1730mm)と重さ(最も重いモデルで1900kg)にも拘わらず、本当にスイスイと走る。

■ユーザーの声
進みだしのトルクが凄い。これはディーゼル最大の恩恵。後ろから押されてる感じ。まじでアクセル全開は怖くて出来ない。多分、キックダウンスイッチは一生使うことないと思う。
高速走行してないので、80キロ以上の運転感は不明。

ハンドルは思ったよりも軽い。機敏というよりもどっしりとした取り回し。
直進の安定感は凄い。まじで高速乗りたいと思わせる。

アクティブクルーズコントロールも使ってみたけど、街乗りでも十分な機能を発揮。

乗り心地もGood

乗り心地も静粛性が高い点と合わせ高評価です。

■ジャーナリスト評価
『CX-8』に試乗してもっとも驚いたのは上質な乗り心地。

乗り心地に落ち着きがあり、タイヤの動きがいいのは、ボディ剛性がアップしたことが大きい。それに3列にしたことで、前後重量バランスがさらによくなった。

CX-8に試乗するとCX-5のインパネやインテリアの質感が高かったのは、価格帯が上のCX-8と共通化するためだったことがわかる。それだけCX-5はお買い得なわけだが、改良型エンジンと乗り心地はCX-8のほうが一段とよくなっている。

とにかく乗り心地は極めて良好で、ディーゼルの透過音もCX-5とはかなり差があって、ほとんど気にならないレベルにまで引き下げられている。

■ユーザーの声
プロアクティブは革シート選べないけど、シートのフィッティングと硬さは絶妙。
各操作スイッチもしっかり作り込まれていて、配置や操作性も不便さはなく、さすがフラッグシップモデル!という感じ。

乗り心地もアテンザGJに比べると、かなり柔らかい。

319万~という価格も高評価

最後の良い評価は「価格」についてです。

発表当初はCX-5と比較され、若干価格が高いという声もあった「CX-8」ですが、実際に乗ってみると充分に納得のできる価格だと評価されているようです。

■ジャーナリスト評価
のクルマに使われているプラットフォームは、実はCX-5用ではなく、北米に輸出している全長5mを超える大型SUV、『CX-9』のものを使っているのである。フロアの板厚などは、北米のコンクリートロードを走ることや、ほぼ2トンに達する車重を考慮して、CX-5よりはるかに厚いものが使われているという。高い静粛性や、良好な乗り心地は単にホイールベースを伸ばしたり、車重が重くなった結果ではなく、別物のプラットフォームが使われていることがその理由。お値段もCX-5と比較した時、だいぶ高くなっているが、それは前述した理由があるからである。マツダさん、やってくれます。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
おすすめ度:★★★★★

■ユーザー評価
このクオリティでこの価格は買い。
他のメーカーだと、同じ値段でこれは揃わないなと。

全体的なバランス、高級感、操作性は満足度100%。
購入者バイアスが全開だが、それにしても、買って良かった。

マツダ CX-8の悪い評価・評判・口コミは?

続いては改良が望まれている評価、評判や口コミを紹介していきます。

■ジャーナリスト評価
改良を望みたいのはロードノイズ。車内は基本的に静かで静粛性に優れ、ガラスからの透過音もよく抑えられていて静かだ。だが、キャビンまわりの音が静かになったことで路面からのノイズが目立ってしまった。特に荒れた路面でのロードノイズが耳についてしまうのが残念。

■ジャーナリスト評価
一番気になるのは、今時どうよと思う7インチのディスプレイ。しかもここに360度ビューと、バックカメラの映像が同居する。だから折角の360ビューなのに小さすぎて確認が難しい。

また、3列目のシートを起こした状態の時はそのヘッドレストが視界の妨げになるのだが、そいつを畳むにはテールゲートを開けて後ろから折りたたむ以外の方法がない。つまりドライバーズシートからの操作はできない。

さらに、何故か駐車場などのチケット挟むチケットホルダーが、サンバイザーから撤去されて存在しない。

■ユーザーの声
マツダコネクト(ディスプレイ)に関しては今後に期待したい。

最も多く見受けられるCX-8に対する改良を希望する声は、ジャーナリスト評価にもある「ディスプレイのサイズ」が言及されています。

ユーザーの方と同様に、今後に期待したいところですね。

最後に…。

以上、ジャーナリストの方々の試乗評価とユーザーの声をお届けさせて頂きました。

ユーザー評価については、今後も増えてくると思われるので随時更新してお届けできればと思います。

色々な評価を見聞きしましたが、低評価となってしまっているポイントはあれど、かなり出来が良く、評価されているクルマだということがわかります。

CX-8の購入を検討されている方にとっての判断材料となるようであれば幸いです。

関連するキーワード


マツダ 車種情報 SUV CX-8

関連する投稿


マツダ6(日本名:アテンザ)改良新型 欧州で7月下旬より発売!

マツダ6(日本名:アテンザ)改良新型 欧州で7月下旬より発売!

マツダの欧州部門、マツダモーターヨーロッパによれば、改良新型『6』(Mazda 6、日本名:『アテンザ』に相当)を、7月下旬に欧州で発売するとのことです。同車には、最新の先進運転支援システム(ADAS)が搭載されます。いったいどんな車になったのか、最新情報をお届けいたします。


プジョー・シトロエン DS7クロスバック発売!DS初のSUV!PHEVも

プジョー・シトロエン DS7クロスバック発売!DS初のSUV!PHEVも

プジョー・シトロエン・ジャポンは、DSオートモビルズのフラッグシップかつ初のSUVとなる『DS7クロスバック』を7月17日より発売しました。2019年にはPHEVも搭載予定となるDS7クロスバック。最新情報をお届けいたします。


元マツダ営業マンによる独自編集|マツダコンパクトハッチの歴史

元マツダ営業マンによる独自編集|マツダコンパクトハッチの歴史

マツダは、8月3日から幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル 2018」において、「マツダ・コンパクトハッチバック・ストーリー」という、マツダのコンパクトカーの歴史を紹介します。そこで、ここでの出展車とは別に、元マツダ営業マンによるマツダコンパクトハッチの歴史を紹介します。


マツダ RX-7 誕生40周年!記念グッズ発売!郵便局へGO

マツダ RX-7 誕生40周年!記念グッズ発売!郵便局へGO

最近何かと人気のマツダ『RX-7』。この名車・RX-7誕生40周年を記念したオリジナルグッズコレクションが登場します。7月17日より全国の郵便局および郵便局のネットショップにて申込みを受け付けます。


【初の派生モデル】ポルシェのSUV カイエンにクーペ登場!

【初の派生モデル】ポルシェのSUV カイエンにクーペ登場!

ポルシェのクロスオーバーSUV『カイエン』に、初のクーペが設定されることが確実になりました。数年前から噂のあったカイエンクーペですが、ついに最初のプロトタイプを激写。今明らかになっている最新情報をお届けいたします。


最新の投稿


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。


シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

ホンダが2017年9月に日本で販売開始した「シビック」シリーズの高性能モデルである「シビック タイプR」に廉価版の噂がでています。本記事では、スクープされた画像と共に、「シビック タイプR」廉価版の可能性についてご紹介します。


【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

2018年、夏。シャレにならない猛烈な暑さに襲われています。それはあなたの愛車も同じ!貴方の車内の暑さ対策は万全ですか?不安な方、あまり気にしていなかった方!本記事を読んで、2018年夏を乗り切りましょう!本記事では夏の暑さ対策カー用品グッズをご紹介いたします。これで今夏も楽しいカーライフを過ごせること間違いなし!