トップへ戻る

毎日のお出かけが楽しくなる!?日産・デイズルークス調べてみた

毎日のお出かけが楽しくなる!?日産・デイズルークス調べてみた

毎日のお出かけが楽しくなる、を念頭において作られたデイズルークス。調べてみると、走りはもちろんですが、室内の快適さや、カラーバリエーションの豊富さなど、かゆいところに手が届く仕様の車でした。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


デイズルークス概要・走行性能

概要・特徴

「デイズルークスが、毎日のお出かけを楽しくします」
というキャッチコピーのとおり、毎日のドライブが思わず楽しくなってしまうような車、それがデイズルークスです。

大きなキャビンだから、前方も後方も視界がクリアだったり。ナノイーを搭載しているから、室内の空気がとても澄んでいたり。
カラーバリエーションが豊富だったり。

と、日々のテンションを上げてくれる車、それがデイズルークスです。

デザイン・ボディーカラー

カラーはなんと20パターンから選択可能です!
ツートーンタイプも、一色のカラ―もおすすすめです。

また、4コートメタリック仕様をプレミアムサンシャインオレンジに採用しています。
この4コートメタリックの塗装は何が違うのでしょうか。普通の塗装であれば、「ベース+クリア」の2層での塗装になるのですが、この4コートメタリックでは、4層に塗装がされています。そのため、かなり高い品質での発色が実現可能となっています。

これまで日産の軽自動車は三菱とスズキからOEM供給を受けてきたので、日産らしいデザイン・アイデンティティを表現するのが難しかった。そこを解消し、他の日産車と共通するイメージをデイズとデイズ ルークスに醸し出せたのは、合弁会社を設立した何よりの効用だ。グリルがヘッドランプに食い込んだような(もしくはグリルとヘッドランプを噛み合わせたような)処理は、ノートに共通するもの。グリルのワイド感とヘッドランプの精悍な眼付きを両立させたデザインである。

グリルからヘッドランプにかけてラウンドした面で構成しつつ、その勢いをサイドの彫りの深いキャラクターラインにつなげたのも特徴的。ラウンド面の下にはバンパーコーナーを張り出させ、短いフロントオーバーハングのなかで立体感豊かなフロントマスクを実現した。ホンダ『N BOX』もグリル/ヘッドランプをラウンドさせているが、デイズ ルークスの個性は線の勢いや面の立体感を活かしたスポーティさにあると言えるだろう。

タントやスペーシアより男性ターゲットの比重が強いが、道具感のN BOXとも狙いが違う。広さが商品性の決め手となるスーパーハイト系でありながら、使い勝手だけでなく、クルマ好きの心をくすぐるスポーティさを忘れない。たった1点だけのCG画像から、デイズ ルークスのそんなキャラクターが見えてくる。

エンジンシステム

デイズルークスは、2つのエコシステム採用でガソリンや電気を有効利用しています。
停車前アイドリングストップは、エコな走りを賢くサポートしてくれます。車が13km/h以下に減速した場合、エンジンをストップしてくれる停車前アイドリングストップが全グレードに装備されています。

また、グレード別設定にはなりますが、車の減速エネルギーによって、発電・充電した電気を有効活用しエンジンによる発電の負担を抑制してくれるバッテリーアシストシステムがあります。

デイズルークス車内空間・収納

ラゲッジスペース

気になるラゲッジルーム。実はなんと27インチ自転車も積載可能だって知っていましたか。

また、助手席には、助手席シートバックテーブルというドリンクホルダーがついています(グレード別設定)。

もし、同乗者や荷物を載せることが多い使い方の場合はデイズルークスの中でも特にターボモデルがオススメです。

ただ、カーブを通過する際、車体のロールは大きめで、操縦安定性に定評があるダイハツ『タント』やスズキの『スペーシア』と比較してみると、重心の高さからグラリと揺られる動きが目立ちますので注意ですよ。

シートアレンジ

デイズルークスは、シートアレンジもかゆいところに手が届く仕様になっています。

後席ロングスライドですので、シーンに合わせて自在にスライドすることが可能です。
なので、運転席に座っているママが後席のこどもを面倒を見るために近づいたり、後席の膝まわりを広げることでパパものびのびできたりなどなど。とても使い勝手がいいです。

また、一部グレードの架装オプションとして、乗り降りをもっとしやすくするのが、助手席回転シート。
簡単な操作で、助手席を回転させることができます。

また、助手席シートに装備されている、助手席シートアンダーボックス(スライド式)。これが装備されていることで、後席からでも便利に出し入れが可能。運転用の替え靴や、車内に常備したいこども用品などをまとめて収納することもできます。

デイズルークス装備・安全性

安全装備


デイズルークスは、ハイビームアシストを搭載しています。

前方検知用のカメラで、先行車や対向車のライト、道路周辺の明るさを検知してくれます。
ハイビームでの走行頻度を高めることで、周りの歩行者の早期発見など安全運転をサポートします。
また、ハイビームアシストは、特に夜間の安心ドライブをサポートもしてくれます。

そして、デイズルークスには、アラウンドビューモニターがついています。
なので、空の上から見下ろすような視点でスムーズに駐車が可能。また、ディスプレイ付自動防眩式ルームミラーに4つのビューである、「トップビュー」「フロントビュー」「サイドブラインドビュー」「バックビュー」を表示します。

狭い場所での駐車が苦手な方にもとってもオススメ、周囲が映像で確認できます。

バリエーション・価格

デイズルークスには、多数のグレードがあることをみなさんはご存知でしょうか。
グレードがなんと11種類。
S、X、ハイウェイスターX、ハイウェイスターXGパッケージ、ハイウェイスターXターボ、ハイウェイスターGターボ、ボレロ、ライダー(ハイウェイXベース)ライダー(ハイウェイスターXGパッケージベース)、ライダー(ハイウェイスターXターボベース)、ライダー(ハイウェイスターGターボベース)の11種類です。

特に人気なのは、ハイウェイスターXターボ、ハイウェイスターXGパッケージ、Xだそうです。
それぞれ、価格は2WDで、1,661,040円、1,701,000円、1,425,600円です。

実際にデイズルークスに乗ってみた感想は?


やっぱり気になるのは実際乗った感想ですよね。
そんなわけで、レスポンスの試乗記を調べてみました。
依然として人気の高い超スペース系の軽自動車、それが『デイズ ルークス』です。

「荷室や車内の広さは欲しいけど、野暮ったいデザインはちょっと苦手」というお洒感を求めるユーザーの嗜好に響くモデル。例えて言うなれば、スズキの『スペーシア』がリカちゃん人形だとしたら、デイズ ルークスはバービー的なちょっとおませなトレンド感を手にしたモデルと言ったところでしょうか。

今回試乗したモデルの内装の内張りのカラーは2トーン仕立て。ダッシュパネルより下はブラック色で、窓を支える柱や天井はライトグレー。低めの位置にレイアウトされたダッシュボードに窓の面積が広かったりと、クルマ直近の視界がいい。ナビのモニターや操作パネル類は艶やかなピアノブラック調のパネルやメッキをあしらっていて洗練された雰囲気だ。広々感を与えながらも、引き締まった印象を与えていました。

今回試乗したのは、660ccの自然吸気エンジンのモデル。動力性能が十分なのかという点では、軽としては大柄で背が高いボディを走らせる上では、ゆったり構えて走る場合であれば、まずまずといった感じ。ただ、スタートダッシュでアクセルペダルを踏み込むとエンジンの回転は上がるも、車速は遅れてついてくる。燃費良く走らせるなら、一定の踏み込みで車速が付いてくるのを待たなければならない。

とのことです。

依然として人気が高い超スペース系の軽自動車だが、『デイズ ルークス』は「荷室や車内の広さは欲しいけど、野暮ったいデザインはちょっと苦手」というお洒感を求めるユーザーの嗜好に響くモデルだ。例えて言うなれば、スズキの『スペーシア』がリカちゃん人形だとしたら、デイズ ルークスはバービー的なちょっとおませなトレンド感を手にしたモデルと言ったところか。

今回試乗したモデルの内装の内張りのカラーは2トーン仕立て。ダッシュパネルより下はブラック色で、窓を支える柱や天井はライトグレー。低めの位置にレイアウトされたダッシュボードに窓の面積が広かったりと、クルマ直近の視界がいい。ナビのモニターや操作パネル類は艶やかなピアノブラック調のパネルやメッキをあしらっていて洗練された雰囲気だ。広々感を与えながらも、引き締まった印象を与えている。

今回試乗したのは、660ccの自然吸気エンジンのモデル。動力性能が十分なのかという点では、軽としては大柄で背が高いボディを走らせる上では、ゆったり構えて走る場合であれば、まずまずといった感じ。ただ、スタートダッシュでアクセルペダルを踏み込むとエンジンの回転は上がるも、車速は遅れてついてくる。燃費良く走らせるなら、一定の踏み込みで車速が付いてくるのを待たなければならない。

関連する投稿


スズキ スイフトスポーツの燃費情報が丸わかり!実燃費、ライバル比較

スズキ スイフトスポーツの燃費情報が丸わかり!実燃費、ライバル比較

今や貴重すぎる国産ホットハッチの一台であるスズキ スイフトスポーツは、ターボエンジンの豪快な加速力と優れた操縦性、ハッチバックならではの使い勝手の良さに、性能を考えればバーゲン価格な低廉さと、全方位的な魅力が人気です。日常のアシとしても使いやすいスイフトスポーツですが、いざ愛車として選ぶなら、燃費性能についても気にしておきたいところ。スイフトスポーツの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

1996年デビューのステージアには発売当初には、パワートレインにスカイラインGT-Rのエンジンを搭載したモデルも存在した高性能モデルもありました。まさにスポーツワゴンの最高峰として位置付けられたモデルであったことを振りかえって見てみましう。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。