目次へ戻る

ボルボ XC40を買うべき5つの理由

ボルボ XC40を買うべき5つの理由

ボルボ・ジャパンは、新型コンパクトSUV「XC40 T5 AWD R-デザイン 1st エディション」を300台限定で日本市場に導入、1月26日から予約注文の受付を開始しました。そこで、この日本でも人気のある北欧ブランド発のコンパクトSUVを買うべき理由をまとめてみました。国産SUVを検討中の方は必見です。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


買うべき理由その1:部分自動運転も設定するクラス初の安全装備

ボルボを選ぶユーザーのほとんどは、その安全性能を購入の理由の一番にあげています。もちろん、XC40にはクラス初の安全装備を採用し、その期待に応えています。

XC40に設定される「パイロットアシスト」は、最大130km/hまで自車を車線の中央に保持するよう自動的にステアリングを修正、さらに前走車と一定の車間距離を保つために、アクセルとブレーキをドライバーに代わって自動的にコントロールする部分自動運転機能となっています。

この他、「歩行者・サイクリスト検知機能付衝突回避・軽減フルオートブレーキシステム」、「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」、ブレーキサポート付きの「クロストラフィックアラート」、「360度ビューカメラ」、「ランオフロードミティゲーション」、「ランオフロードプロテクション」など、合計16種類以上の先進安全・運転支援技術を含む「インテリセーフ」を標準装備しています。

これらの安全装備がXC40を買うべき理由に上げないほうが不自然でしょう。

買うべき理由その2:日本にピッタリのサイズ感

XC40は、新開発の新世代プラットフォームを初採用し、スポーティでカジュアルなスタイリングながらも、「トール・ハンマー」をモチーフとしたT字型ヘッドライトや、上部までカバーするリアコンビネーションランプなど、新世代ボルボのデザイン要素も継承しています。

コンパクトSUVということから、ボディサイズが気になりますが、全長4,425/全幅1,863/全高1,652(mm)と、全幅こそコンパクトと呼ぶには幅広で、「アウディQ3」や「ベンツGLA」を凌ぎ、CX5(1,840mm)並みですが、全長はコンパクトで、サイズ感がもっとも近いのは、同4,405/1,805/1,685の三菱の新型SUV「エクリプスクロス」となります。

このサイズなら国内でも十分に仕様可能な大きさであり、買うべき理由になるはずです。

買うべき理由その3:クラス最高の収納スペース

室内について、現時点(2017/2)では細かな情報がありませんが、収納スペースには新しい取り組みがなされています。

ドア内側の収納スペースを広げるために、スピーカーをドアに内蔵しないで、ドアコンパートメントにノートパソコンやタブレット端末、または数本のペットボトルが収納できるようにしました。

そのかわりに、ダッシュボードの空調部分にサブウーハーを内蔵する手法を初めて採用。これは、都市に住むユーザーが車をどのように使用しているかを調査した結果だそうです。

さらに、フロントシートの下には小さなアイテムのための収納スペースを設け、グローブボックスには、小さな折り畳み式フックが追加されるなど、日本メーカーが得意とする、細かな収納スペースを数多く採用したことで、初めて輸入車を経験する人にとっても違和感が少なく、XC40を買うべき理由ということになります。

買うべき理由その4:スマホとの連動を強化した最新車載コネクト

XC40では、ドライバーが直感的に操作できるタッチスクリーン式センターディスプレイの「センサス」は、音声認識機能により、目的地の設定やエアコンの温度調整、メディアの操作などの操作が音声で行えます。

そして、12.3インチのドライバーディスプレイをレイアウトには、走行中に必要な情報を表示し、「Spotify」などの車載アプリも採用しています。

また、スマホのアプリケーション、「ボルボ・オン・コール」は、スマホなどから、ドアをロック/ロック解除をリモート操作でき、使いこなせれば未来のカーライフを体現でき、これもXC40を買うべき大きな理由になるでしょう。

買うべき理由その5:早い者勝ちの限定車

日本国内におけるローンチモデル「1stエディション」用として、2.0L直列4気筒ターボエンジンと8速ATの組み合わせを採用しました。300台限定ですので、この記事をご覧になるころには予約がいっぱいになっているかも知れません。

「1stエディション」の価格は559万円とやや高め設定ですが、クラス最新のコネクティビティと安全装備を搭載し、ボルボというブランドの魅力を考慮すれば、納得の価格。限定車好きの日本人にとって買うべき理由となるはずです。

まとめ

XC40は多様なパワーユニットを用意する計画であり、今後300万円台後半から500万円台後半の価格帯でラインアップを充実させ、順次発売していく予定なので、販売価格も買うべき理由になるかもしれません。デザイン、機能、先進性、ブランド力。ボルボXC40は、どこをとっても日本人の琴線に触れる、プレミアムコンパクトSUVなのかも知れません。

関連するキーワード


ボルボ 車種情報 XC40 SUV

関連する投稿


【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

【最新情報】ダイハツ新型タフト|価格・スペック・口コミなど

新型タフトは、ダイハツから2020年6月10日に発売された軽クロスオーバーSUVです。新型タフトの投入で軽自動車SUVがさらに激戦区になりそうです。今回は、新型タフトの詳細情報やおすすめグレードなどもお伝えしていきます。


【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

「このままで終われるか!」という覚悟の元に日産が約2年9カ月ぶりにデビューさせた新型コンパクトSUV『キックス』。いったい『キックス』はどんな車に仕上がっているのか?ライバルとの比較で明らかにします!


その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

その名はヘラクレス。レズバニから6輪駆動のヘラクレス今夏初公開

レズバニから、ギリシャ神話最大の英雄の名を名付けられた最強カーが登場するとの情報が入ってきました。その名はヘラクレス。いったいどんな車に仕上がっているのか?注目が集まります。


日産の次世代電動SUV アリア 市販版は7月発表 最新情報

日産の次世代電動SUV アリア 市販版は7月発表 最新情報

日産の新たな電動SUV、アリアが登場します。市販版は7月に発表されるとのこと。本記事では今わかっている最新情報をまとめてお届けいたします。


【6月30日発売】日産新型キックス 日本市場へ投入!最新情報

【6月30日発売】日産新型キックス 日本市場へ投入!最新情報

日産の「新型キックス」が6月30日に発売されます。本記事では「新型キックス」の最新情報をまとめています。


最新の投稿


AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

ARとは「拡張現実」VRとは「仮想現実」と呼ばれているもので、いずれもパソコンやスマホなどを使い仮想の世界をあたかも現実の世界にいるような体験ができる技術です。最近では車にもこの技術が使われ始めています。


ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

万が一のことを考えてドライブレコーダーを装着する車が増えてきましたが、前方だけのタイプの方もまだまだ多いようです。しかし、ドライブレコーダーを装着するなら是非前後に装着する事をおすすめします、今回はドライブレコーダーについて詳しくご説明していきます。


スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

日本国内での携帯電話の普及率はなんと100%を超えていると報告されています(総務省調べ)。もはや携帯なしでは生活に支障をきたすレベルです。そんな今、車の運転時に必要となってくるのがスマホホルダーです。今回は、スマホホルダーの使い方や注意点についてご紹介していきます。


カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

「カーエアコンが効かない!」とお悩みの方必見。夏が本格化する前に、カーエアコンの効きが悪い原因を確認から対処する方法をまとめました。ここ数年、地球温暖化による異常気象によって、日本各地で記録的な猛暑が記録されています。暑い中ではカークーラーが効かないのは、命取りになってしまいます。


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。