トップへ戻る

車の盗難。ドアノブ下に穴があったら要注意!?有効な盗難対策は?

車の盗難。ドアノブ下に穴があったら要注意!?有効な盗難対策は?

盗難が多い車両として、トヨタのプリウスと並んで有名な「ハイエース」。Twitterに投稿された注意喚起が話題を集めていました。自動車盗難に対する注意喚起の情報と共に対策などをまとめて掲載しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


気付きにくいけど要注意!あなたの車、ドアノブ下に穴はない…?

2017年2月、Twitterに投稿されていたハイエースに関するツイートが話題を呼んでいました。

盗難が多い車両として挙げられる「ハイエース」。

そのドアノブの下部に穴があいていたという内容の投稿で、中々大人の目線では気付きにくい箇所に空けられたこの穴は、車の盗難の下準備のために空けられており、その穴を通じハンドルロックは何を使っているか、車載しているカメラは無いか等の下調べをし、その後タイミングを見計らい盗難していくようです。

意外と気付きにくい箇所に開けられる穴。ハイエースユーザーのみならず、気になる方は是非愛車のドアノブ等も、不振な箇所が無いかのチェックを怠らないようしましょう。

自動車盗難。件数は減少傾向だが、1万件越え。検挙率も約50%・・・。

2018年1月に警察庁が公表した犯罪統計(暫定値)によると、2017年1月~12月におこった自動車盗難の総数は、10,213件で2016年の11,655件と比べ12%程少なくなったものの、未だ年間で1万件超え。

内、検挙されている件数は5,355件と約半数しか検挙されていないという状況になっています。

2007年~2016年の自動車盗難件数

自動車盗難が多かった地域としては
茨城 1,397件
大阪 1,393件
千葉 1,178件
愛知 1,127件
埼玉 758件
が上位5県という結果になっています。

2007年には3万件を超える自動車盗難があり、そこから考えれば3分の1まで盗難件数は減少しているものの、年間で未だ1万件を超える自動車盗難が認知されているのも事実となっています。

自動車盗難に有効な対策は?

今回紹介しているTwitterの投稿者様は、その後の警察への相談等から24時間監視つきの会社の駐車場に移す等をし、実際の被害には至りませんでしたが実際に自分の愛車のドアノブに穴が開いていたら?穴が無くとも、自身で出来る対策はどのようなものがあるのか?について紹介していきます。

イモビライザー、ハンドルロック等はもちろん有効だが、万能では無い…。

イモビライザー付の車両等はもちろん盗難に対し防御力が高まりますが、万能とはいえません。

イモビライザー付の車両は基本スマートキー(電子キー)となっており、近年はこのスマートキーの車両を狙う「リレーアタック」と呼ばれる手口による盗難被害が増えています。

リレーアタックによる盗難手口

簡単に言うとスマートキーから発せられている電波・信号を拾い、それを利用しドアを開け、エンジンを掛けるという方法です。下記動画にて分かりやすく説明されています。

リレーアタック対策は可能。しかし・・・。

この「リレーアタック」、スマートキー(電子キー)から発生している微弱な電波を利用し、犯行に及ぶため、そもそもスマートキー(電子キー)から発する電波を遮断すれば、防げるのも事実です。

金属製のスチールケースなどで常に鍵を保管するようにしていれば、電波の中継が行えなくなるため、それだけでも予防・対策の有効手段になります。

しかし、イモビカッターなるイモビライザーを無効化させる器具まであるため、イモビライザーは盗難防止の代表例として挙げられますが万能ではありません。

ハンドルロックなどももちろん有効な盗難対策として挙げられますが、予め準備をしているプロの窃盗団等はいともあっさりと盗難されてしまうのが実情だとか。

盗難防止用のアラームなどが付いたシステムも同様に、アラームが作動してもそのまま車両を持ち去り、その後アラーム停止のための処置を行うという事例も多いようです。

最も有効なのは物理的、アナログでの対策・・・?

電子的なシステムでの対策の場合、盗難対策として役立つことは間違い無いですが、それを無効化させるシステムが後追いで登場するなど常にイタチごっことなっているため万能・万全とは言えないようです。

もちろん、イモビライザーが無い車種にはイモビライザーを後付する、ハンドルロックやタイヤロックをするというのは有効な対策方法の1つではあります。

しかし、どのような方法でも「プロ」の手に掛かってしまうと盗まれてしまうのが現状だといいます。

今回のTwitterの投稿主様も、「物理的に盗みにくく、めんどくさいと思わせるのが大事」と相談した際に警察からアドバイスされたようで、監視カメラ付きのガレージの中に入れ、入り口にショベルカーを置き、さらにその前に軽自動車を停めるという2段階、3段階での対策をしているようです。

デジタル装置などでの対策はもちろん有効ではありますが、窃盗する側からの目線で「盗り難い・面倒だ」と思わせ、且つデジタル面も強化するのが一番の有効な対策となるのではないでしょうか。

最強の自動車盗難対策は?

「自動車盗難等の防止に関する官民合同プロジェクトチーム」では、霊長類最強とうたわれた吉田沙保里選手を起用した動画「最強自動車盗難防止対策」をYoutubeにて公開しています。

動画にてイモビライザーの装着などはもちろんですが、駐車場選びなどのアナログ的対策も紹介されています。

やはり、デジタル+アナログでの対策が一番有効といえそうですね。

最後に…。

減少しているとは言え、年間1万件以上の被害がある自動車盗難。
盗難防止用アイテムは複数出ており、対策方法として間違いはありませんが必ずしも万能という訳ではありません。

目に見える箇所に防犯カメラを設置することや、物理的に車を移動させにくい環境にするような(シャッター付の車庫然り)アナログ的対策も必要です。

また、万が一のことを考えれば、車両保険で盗難に対する補償を厚くしておくというのも必要かもしれません。

こういった犯罪が無くなるのに越したことはありませんが、自身で出来る対策はしておきたいですね。

関連する投稿


トヨタ ハイエース 商用車の枠を超えたマルチギアの全て

トヨタ ハイエース 商用車の枠を超えたマルチギアの全て

ハイエースは日本の物流をはじめ、多くのビジネスシーンで大活躍しています。そして今、広大な室内スペースにより、アウトドアなどのギアとして大きな注目を集めています。そんな商用バンを超えた存在のハイエースにはどんな魅力と特徴があるのでしょうか?


ロックナットの仕組みと外し方|紛失時の対応も紹介!

ロックナットの仕組みと外し方|紛失時の対応も紹介!

大切な愛車を盗難から守るためのセキュリティパーツ「ロックナット」について紹介します。ロックナットの仕組みや種類、使用方法から取り外し方、また、キーアダプター・ソケットを紛失してしまった場合の対応方法や、取り外しを店舗にて行う場合の工賃・費用、おすすめのロックナットについても掲載しています。


ワンボックスカーなら荷物も人も積み放題!おすすめ車種はこれだ!

ワンボックスカーなら荷物も人も積み放題!おすすめ車種はこれだ!

市場ではSUV人気が止まらない勢いで継続していますが、実は最近のSUVは室内空間や荷室などのスペースユーティリティ性では意外と控えめなものもありますよね。荷物や人をしっかり運びたいなら、やはりワンボックスカーに勝るものはありません。段々ラインナップが減ってきてはいますが、その分現行各車はかなり凝縮された魅力を備えています。現行ワンボックスカーをまとめて見ていきましょう。


アウトドアで大活躍!おすすめしたい車10選

アウトドアで大活躍!おすすめしたい車10選

キャンプ、釣り、サイクリングなど、アウトドアが趣味の方も多いでしょう。アウトドアに最適な車なら沢山の道具を積んで、快適に移動することができます。目的地に着いたら、車を拠点に趣味を満喫。疲れたら車に戻って休憩するのも良いですね。今回はそんなアウトドア趣味に最適な車をご紹介します。


今さら聞けないワンボックスカーの定義とは?おすすめ車種も紹介!

今さら聞けないワンボックスカーの定義とは?おすすめ車種も紹介!

みなさんの乗っている車は「ワンボックスカー」ですか?「ワンボックスカー」とよく聞きますが、ミニバンも一つの「ボックス」のように見えますよね。その違いはなんでしょうか。今回は今さら聞けないワンボックスカーの定義、そしておすすめ人気車種をご紹介したいと思います!


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。