目次へ戻る

車の盗難。ドアノブ下に穴があったら要注意!?有効な盗難対策は?

車の盗難。ドアノブ下に穴があったら要注意!?有効な盗難対策は?

盗難が多い車両として、トヨタのプリウスと並んで有名な「ハイエース」。Twitterに投稿された注意喚起が話題を集めていました。自動車盗難に対する注意喚起の情報と共に対策などをまとめて掲載しています。


気付きにくいけど要注意!あなたの車、ドアノブ下に穴はない…?

2017年2月、Twitterに投稿されていたハイエースに関するツイートが話題を呼んでいました。

盗難が多い車両として挙げられる「ハイエース」。

そのドアノブの下部に穴があいていたという内容の投稿で、中々大人の目線では気付きにくい箇所に空けられたこの穴は、車の盗難の下準備のために空けられており、その穴を通じハンドルロックは何を使っているか、車載しているカメラは無いか等の下調べをし、その後タイミングを見計らい盗難していくようです。

意外と気付きにくい箇所に開けられる穴。ハイエースユーザーのみならず、気になる方は是非愛車のドアノブ等も、不振な箇所が無いかのチェックを怠らないようしましょう。

自動車盗難。件数は減少傾向だが、1万件越え。検挙率も約50%・・・。

2018年1月に警察庁が公表した犯罪統計(暫定値)によると、2017年1月~12月におこった自動車盗難の総数は、10,213件で2016年の11,655件と比べ12%程少なくなったものの、未だ年間で1万件超え。

内、検挙されている件数は5,355件と約半数しか検挙されていないという状況になっています。

2007年~2016年の自動車盗難件数

自動車盗難が多かった地域としては
茨城 1,397件
大阪 1,393件
千葉 1,178件
愛知 1,127件
埼玉 758件
が上位5県という結果になっています。

2007年には3万件を超える自動車盗難があり、そこから考えれば3分の1まで盗難件数は減少しているものの、年間で未だ1万件を超える自動車盗難が認知されているのも事実となっています。

自動車盗難に有効な対策は?

今回紹介しているTwitterの投稿者様は、その後の警察への相談等から24時間監視つきの会社の駐車場に移す等をし、実際の被害には至りませんでしたが実際に自分の愛車のドアノブに穴が開いていたら?穴が無くとも、自身で出来る対策はどのようなものがあるのか?について紹介していきます。

イモビライザー、ハンドルロック等はもちろん有効だが、万能では無い…。

イモビライザー付の車両等はもちろん盗難に対し防御力が高まりますが、万能とはいえません。

イモビライザー付の車両は基本スマートキー(電子キー)となっており、近年はこのスマートキーの車両を狙う「リレーアタック」と呼ばれる手口による盗難被害が増えています。

リレーアタックによる盗難手口

簡単に言うとスマートキーから発せられている電波・信号を拾い、それを利用しドアを開け、エンジンを掛けるという方法です。下記動画にて分かりやすく説明されています。

リレーアタック対策は可能。しかし・・・。

この「リレーアタック」、スマートキー(電子キー)から発生している微弱な電波を利用し、犯行に及ぶため、そもそもスマートキー(電子キー)から発する電波を遮断すれば、防げるのも事実です。

金属製のスチールケースなどで常に鍵を保管するようにしていれば、電波の中継が行えなくなるため、それだけでも予防・対策の有効手段になります。

しかし、イモビカッターなるイモビライザーを無効化させる器具まであるため、イモビライザーは盗難防止の代表例として挙げられますが万能ではありません。

ハンドルロックなどももちろん有効な盗難対策として挙げられますが、予め準備をしているプロの窃盗団等はいともあっさりと盗難されてしまうのが実情だとか。

盗難防止用のアラームなどが付いたシステムも同様に、アラームが作動してもそのまま車両を持ち去り、その後アラーム停止のための処置を行うという事例も多いようです。

最も有効なのは物理的、アナログでの対策・・・?

電子的なシステムでの対策の場合、盗難対策として役立つことは間違い無いですが、それを無効化させるシステムが後追いで登場するなど常にイタチごっことなっているため万能・万全とは言えないようです。

もちろん、イモビライザーが無い車種にはイモビライザーを後付する、ハンドルロックやタイヤロックをするというのは有効な対策方法の1つではあります。

しかし、どのような方法でも「プロ」の手に掛かってしまうと盗まれてしまうのが現状だといいます。

今回のTwitterの投稿主様も、「物理的に盗みにくく、めんどくさいと思わせるのが大事」と相談した際に警察からアドバイスされたようで、監視カメラ付きのガレージの中に入れ、入り口にショベルカーを置き、さらにその前に軽自動車を停めるという2段階、3段階での対策をしているようです。

デジタル装置などでの対策はもちろん有効ではありますが、窃盗する側からの目線で「盗り難い・面倒だ」と思わせ、且つデジタル面も強化するのが一番の有効な対策となるのではないでしょうか。

最強の自動車盗難対策は?

「自動車盗難等の防止に関する官民合同プロジェクトチーム」では、霊長類最強とうたわれた吉田沙保里選手を起用した動画「最強自動車盗難防止対策」をYoutubeにて公開しています。

動画にてイモビライザーの装着などはもちろんですが、駐車場選びなどのアナログ的対策も紹介されています。

やはり、デジタル+アナログでの対策が一番有効といえそうですね。

最後に…。

減少しているとは言え、年間1万件以上の被害がある自動車盗難。
盗難防止用アイテムは複数出ており、対策方法として間違いはありませんが必ずしも万能という訳ではありません。

目に見える箇所に防犯カメラを設置することや、物理的に車を移動させにくい環境にするような(シャッター付の車庫然り)アナログ的対策も必要です。

また、万が一のことを考えれば、車両保険で盗難に対する補償を厚くしておくというのも必要かもしれません。

こういった犯罪が無くなるのに越したことはありませんが、自身で出来る対策はしておきたいですね。

関連する投稿


車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

グランドハイエースを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? 実は、グランドハイエースは大人数を乗せる事を検討している家族連れや旅行好きの人にはぴったりの車なんです! この記事では、グランドハイエースがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。


トヨタのハイエースワゴンの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価は

トヨタのハイエースワゴンの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価は

トヨタのハイエースワゴンは、1967年代から発売されているキャブオーバータイプのワゴンです。人気も高く2019年には海外向けに新型車が発売されました。本記事ではそんなトヨタのハイエースワゴンについえ改めて見ていきましょう。


トヨタのハイエース 海外向け新シリーズ!最新情報&最新画像

トヨタのハイエース 海外向け新シリーズ!最新情報&最新画像

トヨタの人気車・ハイエース。このハイエースに海外向け新シリーズが登場します。残念ながら日本への導入はありませんが、気になるその姿を激写した最新画像と最新情報をまとめてお届けします。


イモビライザーとは?仕組みや解除方法を解説|合鍵・スペアキー作成についても

イモビライザーとは?仕組みや解除方法を解説|合鍵・スペアキー作成についても

こちらの記事ではイモビライザーについてイモビライザーとは何かといった基本的なことから始まり、その仕組みや解除方法、後付けできるのかといった情報についてまとめて掲載しています。


【初披露】トヨタのハイエース 世界向けの新シリーズを発表!

【初披露】トヨタのハイエース 世界向けの新シリーズを発表!

トヨタ自動車は2月18日、『ハイエース』の海外向け新シリーズをフィリピンで世界初公開しました。 自動車市場が拡大し続ける新興国・地域では、物流に加えて、観光用ミニバス、乗合バス等の乗客輸送の需要が拡大。ハイエースの新シリーズは、このような多様なニーズに柔軟に対応するために開発されています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。