トップへ戻る

トヨタ ハイエース 商用車の枠を超えたマルチギアの全て

トヨタ ハイエース 商用車の枠を超えたマルチギアの全て

ハイエースは日本の物流をはじめ、多くのビジネスシーンで大活躍しています。そして今、広大な室内スペースにより、アウトドアなどのギアとして大きな注目を集めています。そんな商用バンを超えた存在のハイエースにはどんな魅力と特徴があるのでしょうか?

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ ハイエースとは?

トヨタ ハイエース バン DX

ハイエースは、1967年に初代が発売されて以来、過走行に耐えられる設計やエンジンなど貨物車としての性能が高く認められている1BOXタイプの商用バン、及びワゴン車です。

また、貨物運搬用としてだけでなく、幼稚園の送迎バス・タクシー・コミュニティバスといった旅客輸送用、さらに救急車・寝台車・現金輸送車・福祉車両といった特種用途のベースとしても利用されています。

そして、最近では安全装備や便利装備が充実したこともあり、ビジネスユースだけでなく乗用車として利用されるケースも多く、キャンピングカーのベース車としても用いられています。

ハイエース現行モデル

トヨタ ハイエース バン スーパーGL

現行モデルは2004年8月に登場した5代目で、すでに登場から16年以上という長寿モデルですが、現在でも1BOXタイプの商用バン、及びワゴン車クラスにおいてトップシェアを誇っています。

現行モデルでは、全長4.7 m以上の車種は全幅が1,880 mmのワイドボディ車となり、先代モデルより居住性が大きく向上しています。また、シフトレバーは全車インパネシフトとなり、運転席と助手席のウォークスルーが可能になっています。

そのほか、ダッシュボードのシボを変更したり、センタークラスターやシフトパネルなどにシルバーの加飾を採用して、それまでの商用バンにありがちな商用車然とした殺風景な室内から、洗練された空間となっています。

エンジンは2.8Lのディーゼルターボ、2.0Lと2.7Lのガソリンエンジン、ミッションは6ATと5MTをボディタイプによって搭載します。

さらに、2020年4月にデジタルインナーミラーを全車に、パノラミックビューモニターをAT車に、インテリジェントクリアランスソナーを「Toyota Safety Sense」装着のAT車にそれぞれオプション設定するなど、安全性能が向上しています。

ハイエースの魅力

トヨタ ハイエース 荷室

ハイエースの魅力は、なんといってもその快適で機能的なビッグスペースです。

広い荷室に様々な工夫を施し、積み降ろしのしやすい高さや広さの実現とに、使う人の負担を軽減する装備を充実させています。

また、バンの広い室内スペースは、アレンジ次第でビジネスにプライベートに幅広く活用することができます。

リアシートを利用していても大人が2人就寝できる長さがあるので、何も改良しなくても車中泊が可能です。

(例)バン・2WD標準ボディ・スーパーGⅬの荷室寸法

荷室長
3,000mm
リヤシート通常使用時荷室長
1,855mm
リヤシート前方スライド時荷室長
1,875mm
リヤシート前方格納時荷室長
2,470mm
荷室高
1,320mm
荷室幅
1,520mm

(2021年5月現在 トヨタ公式サイトより)

ハイエース現行モデルのラインナップ

トヨタ ハイエース スーパーGL ダークプライムII

ビジネスシーンでは低コストのグレードが多く利用されていますが、乗用車としても十分な装備と機能、そして高品質なインテリアのグレードがハイエースの人気を支えています。

もっとも人気があるのが最上級グレードとなるスーパーGLです。トリコットのシート地の運転席と助手席にフルオートエアコンが装備されます。もちろん「Toyota Safety Sense」は標準装備です。

特別仕様車「スーパーGL"DARK PRIME II"」は、」スーパーGLをベースに、ルーフ、ピラー、セパレーターバーがブラック色に変更され、スライドドアのスカッフプレートに車名ロゴ&イルミネーションを追加しています。

さらに、SRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルトを助手席にも装備し、ボディカラーには、特別設定色スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(オプション)を含む全5色を設定するなど魅力を向上させています。

「スーパーGL"DARK PRIME II"」ビジネスにはもちろん、荷物をたくさん積んでのアウトドアにも、通常の街乗りでも乗用車として十分な内外装といえます。

ハイエースのグレード名と車両価格

トヨタ ハイエース バン スーパーGL

ハイエースにはルーフ形状、ボディの幅、乗車人数の違いなど多くのタイプがあります。DXを例にとっても、標準ボディ、ワイドボディ、ルートバンがあり、さらにルーフ形状では標準ルーフ、ハイルーフ、フロアも標準とジャストローがあります。

また、乗車人数でも3人、2/5人、3/6人、3/6/9人乗り、ドア枚数も5ドアと4ドアとあり、エンジン種類も含めると、DX1グレードだけでもその数は多彩です。

さらに今回ご紹介するバン以外でも、各種特装車、福祉車両、10人乗りのワゴンや14人乗りのコミューターも設定されています。

したがって、下記のグレードと価格は、公式webサイトに記載されている代表的なグレードのみとなります。

【トヨタ ハイエースバン】グレード名と車両本体価格(消費税抜き)

グレード名

車両本体価格

(消費税抜き)

スーパーGL(2WD・2.8Lディーゼル・標準ボディ・標準ルーフ)
3,309,091円
DX(4WD・2.8Lディーゼル・6A/T3/6/9人乗り)
3,141,818円
DX(4WD・2.8Lディーゼル・6A/T・5ドア 3人乗り)
3,001,818円
スーパーGL“DARK PRIME Ⅱ”(2WD・2.0Lガソリン・標準ボディ)
2,936,364円
DX(2WD・2.8Lディーゼル)
2,901,818円
DX“GLパッケージ”(2WD・2.0Lガソリン6A/T・5ドア 3/6人乗り)
2,353,636円
DX(2WD・2.0Lガソリン・6A/T・標準ルーフ ジャストロー3/6人乗り)
2,310,000円
DX(2WD・2.0Lガソリン・6A/T ルートバン)
2,133,636円
(2021年5月現在 トヨタ公式サイトより)

ハイエースバンの中古車相場

2017年 トヨタ ハイエース バン 2WD 2800ディーゼル DX

ハイエースは商用バンとして中古車市場では非常に人気があり、10年以上経過していても高値で取引されています。

特長としては、乗用車のように外観のデザインや細かな仕様よりも車本来の耐久性が重要視されるので、年式よりも走行距離やメンテナンス状態で価格が決まることが多く、低年式でも高価格になることもあります。

また、海外では日本以上に評価が高く、国内では商品価値が無くても開発途上国向けに輸出されるケースもあり、相場が高値となる原因のひとつとされています。

【トヨタ ハイエース】中古車相場

生産期間車両本体価格(消費税込み)
2020年5月~生産中
382.3万円
2019年10月~2020年4月生産モデル
400.2万円
2017年12月~2019年9月生産モデル
316.9万円
2016年6月~2017年11月生産モデル
237.0万円
2015年1月~2016年5月生産モデル
202.2万円
2014年4月~2014年12月生産モデル192.4万円
2013年12月~2014年3月生産モデル
181.8万円
2012年5月~2013年11月生産モデル
160.1万円
2010年7月~2012年4月生産モデル
137.7万円
2008年9月~2010年6月生産モデル
130.3万円
2007年8月~2008年8月生産モデル
119.2万円
2005年11月~2007年7月生産モデル
120.6万円
2004年8月~2005年10月生産モデル
101.6万円

(2021年5月現在レスポンス中古車検索による)

まとめ

建設業界では「独立して仕事を始めるならまずはハイエースを手に入れろ」といわれるくらい、ビジネスシーンでは欠かせないハイエース。現在ではアウトドアに最適なギアとしても注目されています。

ミニバンやSUVでは物足りないと考えている人は、ぜひハイエースも検討してみて下さい。

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


トヨタのハイブリッドカーのおすすめは?使用シーン別のおすすめモデルをご紹介!

トヨタのハイブリッドカーのおすすめは?使用シーン別のおすすめモデルをご紹介!

トヨタのハイブリッド車といえば、有名なプリウスがありますが、多くの車種でハイブリッドモデルが設定されています。ハイブリッドがたくさんの車に設定されているトヨタなら、ハイブリッド車に乗りたい方の選択肢が豊富です。この記事では、トヨタのハイブリッド車を考えている方におすすめモデルをご紹介します。


トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

 アルファードが人気沸騰で過去最高の販売台数を記録する中、急速に販売台数をおとした姉妹車のヴェルファイア。ついには特別仕様車一機種のみの設定となってしまいました。しかし、これまでの人気をけん引してきたヴェルファイアが魅力をなくしたわけではありません。そこで、改めてヴェルファイアの魅力をご紹介したいとおもいます。


トヨタのセダン一覧!全8車種の特徴や評価、購入の比較材料を徹底解説

トヨタのセダン一覧!全8車種の特徴や評価、購入の比較材料を徹底解説

日本を代表する自動車メーカーであるトヨタは、車のジャンルも幅広く展開しており、自分の好みに合った1台を見つけることができます。もちろんセダンの車種も豊富に取り揃えているので、コンパクトなモデルから、ラグジュアリーに乗れるモデルまであります。ではトヨタのセダンはどのような種類があるでしょうか?特徴や評価など詳しくご紹介します。


トヨタが誇るスーパーカー2000GTとは?今なお人気を集める理由とは何?

トヨタが誇るスーパーカー2000GTとは?今なお人気を集める理由とは何?

SUV人気が変わらない車市場ですが、これまでも数多くの「スポーツカー」が高い人気を集めてきました。エコカーやダウンサイジングターボなど環境に優しい車が主流となっている中で、スポーティな走りができる車は、時代を問わず魅力的です。1960年代に3年のみ発売された2000GTは、ヤマハと開発された幻の車。この記事では、今なお人気を集める理由に迫ります。


最新の投稿


【タイヤの空気圧】適切な空気圧でないともったいなさすぎ?!点検方法や基準などまとめ

【タイヤの空気圧】適切な空気圧でないともったいなさすぎ?!点検方法や基準などまとめ

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。


【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

近年人気上昇中のカーリースですが、メリットばかり宣伝で見るけど何か裏があるんじゃないの?と気になっている方も多いのでは。新車は手が届かないけど、カーリースならなんとかなるかも!とお思いの方でも、中古車もきっと一度は検討してみたはず。カーリースと中古車、どちらがどんなカーライフにぴったりなのか、メリットとデメリットを分析することでしっかり見極めていきましょう。


【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

近年急速に広がりを見せている車の持ち方が「カーリース」です。あらゆる分野で所有しない使用というスタイルが人気を得る中、車に対する出費を月々定額の支払いでまとめることのできるカーリースもお手軽感が人気の様子。そこで、人気のカーリース会社の特徴をまとめて比較してみました。ご自分に合ったカーリース会社はどれなのか、きっとぴったりのサービスが見つかるはずです。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。