トップへ戻る

やっぱり便利!おすすめのワゴン車をご紹介!

やっぱり便利!おすすめのワゴン車をご紹介!

古くから使われているワゴン車と言う呼び名。最近ではミニバンやステーションワゴン、軽ワゴン車もワゴン車など様々な種類がありますが、みんなワゴン車の仲間です。今回はワゴン車のおすすめ用途から人気車種まで詳しく解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


そもそもワゴン車とは?

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード

自動車にはいろいろな種類がありますが、乗用車であればセダン・クーペ・ハッチバック・ワゴン車・バンの5つに分けられます。ワゴン車とバンは荷物を運ぶための車両でよく似ていますが、用途に違いがあります。

バンは荷物を運ぶ専用の車両ですが、ワゴン車は荷物または人を運ぶ為の車両になります。ワゴン車には車体後部に座席が設けられていますが、バンは荷物用のスペースしか設けられるものもあります。ちなみに、セダンやクーペは人が乗ることに特化した車両となります。

ワゴン車にはいろいろなタイプがあり、ワンボックスカー・ミニバン・ステーションワゴン・軽ワゴンなどがあります。ミニバンは“バン”と呼ばれていますが、人が乗車するためのシートが設置されています。

こんな用途にワゴン車はおすすめ

タウンボックスキャンパー

タウンボックスキャンパー

ファミリー層やキャンプなどのアウトドアをする時に人気のワゴン車ですが、ここでは、ワゴン車が実際にどんな用途に使えるのかを解説していきます。

荷物を沢山積む時

ワゴン車の後部座席のシートを折り畳むと、大きな荷物用のスペースを確保することができます。そのため、沢山の荷物を積んだり大きな物を運ぶために活用できます。後部座席を折り畳むことで、長尺のスポーツ用品や大量の荷物を搭載して運ぶことが可能となります。

人を多く乗せる時

ワゴン車には、人が乗るためのシートが設置されていて、3列シート車も多く見られます。そのため、5ナンバーサイズのコンパクトカーでも6名や7名で乗車できる車があります。

ちなみに日本の普通自動車の運転免許だと、乗車定員10名以下に制限されています。このため、最大乗車定員が7~10名に設定されているワゴン車が多くみられます。

ミニバンなどのワゴン車であれば、セダン・クーペ型の乗用車の2倍の人が乗車することが可能となります。そのため、多くの人が移動するのに適しています。ちなみに一部のワゴン車は、地方路線で乗合バスとしても活用されています。

車中泊をする時

一部のミニバンやワンボックスカーは、シートを折り畳むことで車内で広くてフラットな空間が確保することが可能となります。そのため、ワゴン車を車中泊キャンプに活用する人が増えています。車中泊も考慮して設計されたミニバンもあり、専用のシェードが販売されていることもあります。

車中泊であればペットを一緒に旅行に行けますし、宿泊代を節約することができます。大規模な災害が発生した時に、車に避難することも可能となります。車中泊用のグッズも販売されているので、工夫をすれば車内で快適に宿泊をすることができるでしょう。

おすすめワゴン車4選!

現在様々なワゴン車が販売されていますが、ここでは、おすすめのワンボックス車を紹介します。

【ワンボックス】トヨタ ハイエースワゴン

トヨタ ハイエース ワゴン GL

トヨタ ハイエース ワゴン GL

トヨタ・ハイエースは、昔から商用車や乗用車として多く用いられてきたワンボックスカーになります。最近は自家用車としても人気を集めており、広い車内と購入しやすい手頃な価格が特徴となります。

コミューター仕様以外のハイエースワゴンの最大乗車店員は10名で、5名とか7名が乗車した状態でも荷物を搭載するスペースを確保することができます。この車は車高が高くて荷室が広いことから、キャンピングカーに改造された車両もあります。

ハイエースワゴンは2WDと4WDの2種類があり、アウトドアスポーツをしたり北国にお住いの方であれば4WDを選ぶことができます。車体サイズが大きいですが、普通車用の駐車スペースに収まるサイズなので駐車場の心配もありません。

トヨタ ハイエースワゴンのスペック

【トヨタ ハイエース ワゴン DX 2WD】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,840mm×1,880mm×2,105mm
ホイールベース2,570mm
最大乗車定員10名
車両重量1,930kg
燃費JWLTCモード:8.8km/L
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC
最高出力118kW(160PS) /5,200rpm
最大トルク243N・m (24.8kgf・m) /4,000 rpm
駆動方式2WD
トランスミッション6速オートマチック(6 Super ECT)
(2020年6月現在 トヨタ公式サイトより)

【ミニバン】トヨタ アルファード

トヨタ アルファード 改良新型

トヨタ アルファード 改良新型

トヨタ・アルファードは車体重量が2t近くありますが、乗車定員が7または8名のミニバンになります。アルファードの大きな特徴は、2列目・3列目シートでも足元の空間が広くて快適に過ごすことができます。

一般的な3列シートのミニバンであれば、最後部の座席は足元のスペースが狭いことが多いですが、アルファードは3列目シートも大人が快適に過ごせるスペースが確保されていて、長時間ドライブでも疲れません。

この車は2・3列目シートも広くて快適に過ごせることから、ハイヤーにも使用されています。

アルファードはシートアレンジの自由度が高く、背もたれを倒すとフラットで広い空間を作ることが可能となり、長尺のスポーツ用品を搭載したり、多くの荷物を運ぶことができます。マットを敷けば、アルファードで車中泊キャンプをすることも可能となります。

トヨタ アルファードのスペック

【トヨタ アルファード X 2WD】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,945mm×1,850mm×1,935mm
ホイールベース3,000mm
最大乗車定員8名
車両重量1,920kg
燃費WLTCモード:10.8km/L
エンジン種類直列4気筒DOHC
最高出力134kW(182PS) /6,000rpm
最大トルク235N・m (24.0kgf・m) /4,100 rpm
駆動方式前輪駆動方式(2WD)
トランスミッション自動無段変速機(Super CVT-i)
(2020年6月現在 トヨタ公式サイトより)

【ステーションワゴン】スバル レヴォーグ

スバル・レヴォーグ

スバル・レヴォーグ

スバル・レヴォーグは若者に人気のある5ドアステーションワゴンで、スタイリッシュでスポーティーなデザインが特徴となります。

先日予約注文が開始されたばかりの新型レヴォーグには、先代の1.6Lの経済性と2.0Lのパフォーマンスを両立した、新開発の1.8L 直列4気筒ガソリン直噴ターボエンジンが搭載されています。スバルの次世代プラットフォーム「スバル グローバル プラットフォーム」が新たに採用されてボディ剛性が大幅に向上しており、駆動方式はもちろんスバルならではのAWD(常時全輪駆動)なので、ウインタースポーツにもおすすめする事ができます。

同じくスバルのワゴン車であるレガシィ アウトバックと比べると一回りコンパクトなサイズですが、新型レヴォーグの荷室はVDA法で561Lという大容量。後部座席は三分割で折り畳めるので、4人乗車しながらスキー板などの長尺荷物の積載も可能です。

スバル・レヴォーグは運転を楽しみたい方や、アウトドア派におすすめのステーションワゴンになります。

スバル レヴォーグのスペック

【スバル 新型レヴォーグ GT】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,755mm×1,795mm×1,500mm
ホイールベース2,670mm
最大乗車定員5名
車両重量1,550kg
燃費WLTCモード:13.7km/L
エンジン種類DOHC 16バルブ デュアルAVCS 直噴ターボ"DIT"
最高出力130kW (177PS) /5,200-5,600rpm
最大トルク300N・m (30.6kgf・m) /1,600-3,600 rpm
駆動方式AWD(常時全輪駆動)
トランスミッションリニアトロック(マニュアルモード付) 前進無段 後退1速
(2020年6月現在 スバル公式サイトより)

【軽ワゴン車】スズキ エブリイワゴン

エブリイワゴン PZターボスペシャル

エブリイワゴン PZターボスペシャル

スズキ・エブリイワゴンはコンパクトサイズの軽自動車ですが、車高が高くて荷室が広いという特徴があります。2列目シートを使用した状態でも、車体後部に広大なラゲッジスペースがあります。そのため、大人4人が乗車した状態でも荷物を搭載することができます。

後部座席も前後方向に18cmほどスライドさせることができるので、荷物を搭載していない時は足元スペースを広げることができます。

シートを折り畳むと広くてフラットなラゲッジスペースができ、自転車やサーフボードを搭載することも可能となります。マットを敷いたりフラットボードを設置すれば、車中泊キャンプに活用できるでしょう。

ちなみに、エブリイワゴンにはスズキ純正アクセサリーとして専用の2段ベッドセットが販売されています。2段ベッドセットを活用すれば、最大で大人4人が体を伸ばして寝ることができます。

スズキ・エブリイワゴンは軽自動車なので、税金や車の維持費・燃料代が安いというメリットがあります。最小回転半径が4.5mなので、狭い路地の運転や車庫入れも簡単となります。

スズキ エブリイワゴンのスペック

【スズキ エブリイワゴン JPターボ 標準ルーフ 2WD】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3,395mm×1,475mm×1,815mm
ホイールベース2,430mm
最大乗車定員4名
車両重量940kg
燃費WLTCモード:13.4km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
最高出力47kW(64PS) /6,000rpm
最大トルク95N・m (9.7kgf・m) /3,000 rpm
駆動方式2WD(後2輪駆動)
トランスミッション4AT
(2020年6月現在 スズキ公式サイトより)

まとめ

トヨタ グランエース G

トヨタ グランエース G

ワゴン車は車内空間が広いので、人が乗車したり大きな荷物を搭載して運ぶことができるというメリットがあります。シートアレンジの自由度が高く、日常生活からレジャーまでさまざまなシーンで活用できます。

マイカーの購入をお考えの方であれば、実用的で使いやすいワゴン車を検討してみる事をおススメします。

関連する投稿


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


トヨタ ハイエース 商用車の枠を超えたマルチギアの全て

トヨタ ハイエース 商用車の枠を超えたマルチギアの全て

ハイエースは日本の物流をはじめ、多くのビジネスシーンで大活躍しています。そして今、広大な室内スペースにより、アウトドアなどのギアとして大きな注目を集めています。そんな商用バンを超えた存在のハイエースにはどんな魅力と特徴があるのでしょうか?


ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

1996年デビューのステージアには発売当初には、パワートレインにスカイラインGT-Rのエンジンを搭載したモデルも存在した高性能モデルもありました。まさにスポーツワゴンの最高峰として位置付けられたモデルであったことを振りかえって見てみましう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。