トップへ戻る

車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

トヨタのグランドハイエースを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みという方はいませんか?実は、グランドハイエースは大人数を乗せる事を検討している家族連れや旅行好きの人にはぴったりの車なんです! 本記事では、グランドハイエースがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。(※2020年4月更新しました)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


1 トヨタのグランドハイエース とは

それでは早速グランドハイエースについて紹介をしていきましょう。

グランドハイエースとは、トヨタの3ナンバーサイズのワンボックス型ミニバンです。グランビアの姉妹車で、基本的には同じ車です。

トヨタのグランドハイエース はキャンピングカーに最適

トヨタが製造・販売をしたいたワンボックス型のミニバンのグランドハイエースですが、特にオススメなのがキャンピングカーとしての利用です。大きなボディに大量に荷物を積める容量の大きさ、さらにゆったりとした車内の構造などはキャンプをするにはもってこいの万能カーです。

トヨタのグランドハイエース に今後新型は出る?

非常に人気なグランドハイエースですが、実は国内では1999年~2001年までの販売でした。

そのため、今後新しいモデルが登場するかはわかりません。

トヨタのグランドハイエース 車名の由来は?

特徴的な名前でその由来が気になっている方も多いであろう「グランドハイエース」という名称ですが、「グランド(Grando)」は英語で「大きい」や「偉大な」を意味する言葉で、「ハイエース(HIACE)」は「高級な」「より優れた」などを意味するHighとAceの合成語とされています。直訳するのであれば「大きく優れた車」という事になりますね。

そして、その名に恥じぬようにグランドハイエースは先ほどご紹介したようなキャンピングカーとしての用途に優れているなどまさに「大きく優れた」機能性を示しています。

2 トヨタのグランドハイエース の特徴を紹介

それでは次にグランドハイエースの事をより深く知っていくために特徴をいくつか紹介していきます。

特徴をいくつか頭に入れるだけでもグランドハイエースの見え方が変わってくると思います。思いがけないところで活躍をしている車でもあるんです。

グランビアのマイナーチェンジ車として登場

(参考)トヨタ・グランビア 新型 (2019)

同じワンボックスカーで「グランビア」という車の名前を聞いた事がある人もいるでしょう。

グランドハイエースと同じくトヨタが製造・販売をしていた車ですが、実はグランドハイエースはこのグランビアの姉妹車としてマイナーチェンジの末に生まれた車です。イメージ出来ない方は是非グランビアについても下記の記事で確認してくださいね。

消防指揮車としても利用されている

実はこのグランドハイエースはキャンピングカーとしてだけではなく、消防指揮車としても利用されていました。

数ある車種の中でも持ち前のがっしりとしたフォルムや機能性が認められて選出されたわけですから輝かしい栄誉と言えます。

内装も自分好みにアレンジできる

また、グランドハイエースが人気の理由の1つとしては内装を自由にアレンジ出来るという事もあります。様々なパーツなども販売されており、それによって自由自在に自分の思い通りの車を作り上げる事が出来ます。

人によっては煌びやかな装飾にする人もいれば、機能性を重視しほとんど装飾はしないという人もいれば、自然な感じで装飾をする人もいるなど扱う人によって十人十色です。

レンタカーとしても人気

ここまで紹介してきたように非常に使い勝手の良いグランドハイエース。

そのためレンタカーでも人気があります。

特に普段は車にそれほど乗らないけど、子どもの夏休みなどを利用して家族で外に遊びに出かけるなどの特別な時間で利用をされる方が多いです。

3 グランドハイエースの維持費

ここまでの説明の中でだいぶグランドハイエースについて理解が深まってきた事と思います。

それでは現実的に維持費について紹介をしていきましょう。

グランドハイエースの中古価格相場

グランドハイエースの中古車価格帯は非常に開きが大きく10万円台で購入出来るものもあれば190万円以上するものもあります。

平均では80万円弱であり、ボリュームゾーンは30~50万円台となっています。
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年5月現在)

グランドハイエースの燃費

さて多くの人が気にする燃費についてですが、グランドハイエースは7.5km/Lとされています。やはりこのサイズになってくると燃費は大きく下がるのでこれは致し方ないと言えば、致し方ない事ではあります。

しかし、常時使う車と考えるとやはり気にはかかりますね。

 グランドハイエースの車検代の目安は

レンタルであれば気にする必要はありませんが、いざ購入・所有するとなると絶対に欠かせない車検についてですが、グランドハイエースはおよそ80,000円の車検代がかかってくる事になります。

これを高いと見るか安いと見るかはその人次第…といったところですが、同じくトヨタのクラウンもこのくらいの金額がかかると考えると、割高というよりはむしろ大きさのわりには得をしているように感じますね。
(※情報は2019年5月現在のものです)

5 まとめ

グランドハイエースについてまとめてきました。

何といってもその大きくゆったりと使える車体は家族・友人と楽しい時間を過ごしたり、大量の荷物を運ぶのには最適です。

実は、グランドハイエースは日本のみならず欧州市場にも売り出された車で、国内外で重宝されています。1999年から2002年という非常に短い時間での製造・販売でしたが、確実に自動車の歴史に1ページを残した車です。

是非、あなたもこの車を使って大切な人との思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。


アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

今や人気の面でも販売台数でも高級ミニバンの王者として君臨しているトヨタの「アルファード・ヴェルファイア」。なぜこれ程の人気があるのか?その人気について解説していきます。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。