目次へ戻る

【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

トヨタは5月21日、新型『グランビア』(Toyota Granvia)をオーストラリアで発表しました。このグランビアという名前が復活するのは実に17年ぶり。期待が高まりますね。【6月12日更新】


【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

トヨタのグランビアが復活

トヨタのグランビアが復活

トヨタは5月21日、新型『グランビア』(Toyota Granvia)をオーストラリアで発表しました。このグランビアという名前が復活するのは実に17年ぶり。期待が高まりますね。

トヨタの初代グランビアは1995年に登場

初代グランビアは1995年、日本国内でデビューしました。トヨタの最上級ミニバンとして投入されたものの、1997年に日産が『エルグランド』を発売すると、販売面では劣勢に立たされた過去があります。

そこでトヨタは、1997年に5ナンバーボディの『ハイエースレジアス』、1999年のマイナーチェンジ時には、グランビアの兄弟車『グランドハイエース』、ハイエースレジアスの兄弟車『ツーリングハイエース』を投入。しかし、合計4車種をもってしても、エルグランドを超える人気を獲得できず、2002年に生産を終了になりました。

2002年にはアルファード投入

2002年、トヨタは後継車として『アルファード』を発表。

乗用車ライクな乗り味や豪華な内装、押し出しの強いフロントマスクなどがユーザーに好評で、後に登場した兄弟車の『ヴェルファイア』とともに、エルグランドを上回る販売台数を維持しています。

新型グランビアは乗用ワゴンとして復活

トヨタのグランビアがワゴンとして復活

トヨタのグランビアが復活

トヨタは今回、オーストラリアで新型グランビアを発表しました。グランビアの車名が復活するのは、2002年以来、17年ぶり。

新型グランビアは、トヨタが2019年2月、フィリピンで発表した海外向けの『ハイエース』新型がベース。新型ハイエースは、刷新された専用プラットフォームにより、快適性を大幅に向上させるとともに、優れた安全性を実現。顧客の日常生活やビジネスに活用できる高い基本性能と耐久性を追求しています。

この海外向け新型ハイエースをベースにした乗用ワゴンとして登場したのが、新型グランビア。外観は新型ハイエースに対して、メッキを強調した専用フロントグリルが与えられており、押し出し感を演出。バンパーもボディ同色に変更され、商用車感を払拭しています。ホイールも専用デザインに。

新型ハイエース同様、セミボンネット化したパッケージを生かしながら、信頼感や力強さ、機能美を追求しました。快適で先進的な空間を連想させるエクステリアデザインにしたとのことです。

新型グランビア、インテリアがラグジュアリー

トヨタのグランビアのインテリア

トヨタのグランビアのインテリア

インテリアは、商用車の新型ハイエースとは異なるラグジュアリーな仕上がりになりました。

また最大で8名乗車が可能で、2列目シートはキャプテンシートも選択でき、乗員がリラックスして着座できるとのこと。リアサスペンションは、4リンクとして、乗り心地を追求した。コネクティビティの面では、最新世代のマルチメディアシステムを採用。4つのUSBポートと12個のスピーカーを装備することができます。

新型グランビア、気になる発売日は?

新型グランビアは2019年第4四半期(10~12月)、オーストラリア市場に投入される予定。

パワートレインは1種類、グレードは2種類を設定する、とのことです。

気になる!日本発売は?

残念ながら、今のところ目途はたっていない様子。

続報に期待しましょう。

関連する投稿


トヨタ セダンのハイブリッド車 SAI 中古車価格まとめ

トヨタ セダンのハイブリッド車 SAI 中古車価格まとめ

トヨタ SAIといえば、プリウスに次いで2車種目のハイブリッド専用の車です。現在は生産を終了していますが、高級車としての乗り心地や静寂性、ボディ剛性は高く今でも人気がある車といえます。今回は、トヨタ SAIの中古価格をまとめましたので一緒に見ていきましょう。


トヨタ ヴィッツ 中古車価格まとめ

トヨタ ヴィッツ 中古車価格まとめ

トヨタ ヴィッツといえば、日本を代表するコンパクトカーの1つです。小型車市場においては、日本だけではなく世界的に大きな影響を与えた車がヴィッツなのです。今回は、トヨタ ヴィッツの特徴や、中古価格をまとめましたので一緒に見て行きましょう。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】


トヨタ マークX モデル別 中古車価格まとめ

トヨタ マークX モデル別 中古車価格まとめ

トヨタのマークXといえば、高級セダンの人気が落ちた時代であっても、多くの人に愛されてきた人気のある車といってもいいでしょう。新車でマークXを購入することが難しい方でも、マークXの所有を検討できるように初代~2代目までのモデルをまとめたので、一緒に見ていきましょう。


最新の投稿


京都府の道の駅一覧~北部・丹後編~

京都府の道の駅一覧~北部・丹後編~

丹後地区は北近畿エリアの観光資源が豊富で、京都や大阪、神戸方面から電車や車などを使って旅行される方々で賑わいを見せ、伊丹空港から豊岡空港まで航空便も就航しています。今回は京都北部の日本海側を中心に紹介します。


トヨタ セダンのハイブリッド車 SAI 中古車価格まとめ

トヨタ セダンのハイブリッド車 SAI 中古車価格まとめ

トヨタ SAIといえば、プリウスに次いで2車種目のハイブリッド専用の車です。現在は生産を終了していますが、高級車としての乗り心地や静寂性、ボディ剛性は高く今でも人気がある車といえます。今回は、トヨタ SAIの中古価格をまとめましたので一緒に見ていきましょう。


海の幸を堪能するなら石川県!ドライブにオススメの道の駅特集!

海の幸を堪能するなら石川県!ドライブにオススメの道の駅特集!

能登半島に位置する石川県では、新鮮な海の幸が数多く水揚げされています。そんな石川県にある道の駅では、雄大な能登半島や日本海を眺められたり、新鮮な海産物を楽しんだりすることができます。今回は石川県内でもおすすめの道の駅を10施設ご紹介します。旧鉄道駅を改装した道の駅や空港にある道の駅など、そのバリエーションは豊富です。


200万円以下で購入できる!マセラティの中古車 5選

200万円以下で購入できる!マセラティの中古車 5選

海外の車といえばドイツが有名かもしれませんが、イタリアは名門といわれています。今回はイタリア産のメーカーであるマセラティを紹介していきます。


三重県伊賀地区道の駅一覧

三重県伊賀地区道の駅一覧

三重県は紀伊半島の東側に位置しており、前回はその太平洋岸側の道の駅について紹介しました。今回紹介するのは、同じ三重でも西側の鈴鹿山脈側の道の駅について紹介します。太平洋岸側とは対照的に山に囲まれていることから、冬は寒く感じる場所です。