目次へ戻る

【迫力増量中】新型アルファード スペック・価格・評価・燃費完全網羅

【迫力増量中】新型アルファード スペック・価格・評価・燃費完全網羅

2018年1月8日よりビッグマイナーチェンジを経て発売されたトヨタのアルファードとヴェルファイア。ミニバンの中で圧倒的な存在感とラグジュアリー性を誇ります。そんなアルヴェルがマイチェンでさらに過激に!?迫力満点!?本記事ではアルファードに焦点を当て、スペック・燃費・価格・中古価格他詳細について見ていきたいと思います。


トヨタの大型ミニバン!アルファード

アルファードとは?

アルファードは、トヨタが販売する大型3列シート高級ミニバンです。(製造はトヨタ車体)

アルファードの名前は、星座の中で最も明るい星を意味するギリシャ語のα(alpha)に由来している造語だそうです。

高級さ、特に日本人好みの上品な豪華さを目指して造られている点が特徴の一つです。

そしてヴェルファイアはアルファードの兄弟車です。

2018年1月8日には、ビッグマイナーチェンジを経て、新型ヴェルファイアと新型アルファードが発売されました。

マイナーチェンジを経て、迫力が増したアルファードについて見ていきたいと思います。

トヨタ 新型アルファードとヴェルファイアどっちを買えばいいの?

左はヴェルファイア、右はアルファード

「兄弟車」って簡単に言うけど、アルファードとヴェルファイアはどっちがオススメ?

悩んでしまう方も多いかもしれません。けれども、アルファードとヴェルファイアは兄弟車ですので、基本的な性能やスペックはほぼ同じです。一方で、もちろん違いもあります。

上品さや洗練さを謳うアルファードに対し、ヴェルファイアは力強さや先進性を謳っています。このモチーフの違いは随所で見られます。CMの造り方やトヨタの公式サイトなどを見るとコンセプトの違いが明らかです。

例えば、ヴェルファイアはフロントマスクに、特徴的な上下2分割のヘッドライトを採用するなど、全体を通してアルファードよりアグレッシヴなデザインとなっていますね。

アルファードは「上品」「高級感」といったキーワードで紹介されることが多いです。また、ヴェルファイアは「ちょい悪」「カッコイイ」「押し出し感」といったキーワードで紹介されることが多いですね。(とはいえ2018年のマイナーチェンジで、アルファードもなかなかの迫力を持った車になっています)

悩まれる方は、外観や、第一印象で気になった車の試乗をしてみることをオススメします。可能であれば乗り比べてみるのもいいですね。

トヨタ 新型アルファード どこが変わった?変更点まとめ

●一部の意匠変更(ヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リヤコンビネーションランプ)
●安全性能の進化
●LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)採用
●インテリアの向上(メーター加飾やシート表皮、木目の色変更)
●最上級グレード「エクスクルーシブ ラウンジZ」を設定
●「Executive Lounge(新設定「Executive Lounge Z」を含む)」のガソリンモデル及び「VL」、「ZG」は搭載エンジンが2GR-FKS型に、ATは8速仕様の「Direct Shift-8AT」に変更

トヨタ 新型アルファード 新CMはこれ!

トヨタ 新型アルファード 詳細情報

トヨタ 新型アルファード エクステリア

アルファード新型エクステリアを見ていきましょう。

ヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リヤコンビネーションランプを意匠変更し、LEDシーケンシャルターンランプ(流れるウィンカー)の採用など、それぞれの個性を際立たせたことが特徴と言えます。

フロントグリルは、外側へ拡幅し、メッキモールをヘッドランプからバンパーコーナーへと張り出すようにレイアウトされました。よりダイナミックになり印象的になっています。

LEDヘッドランプはスリムになり、さらに精悍なイメージを強めています。

トヨタ 新型アルファード インテリア

ロングスライドレールの採用により、最大1,160mmの助手席スーパーロングスライドが可能に。

これまで助手席とセカンドシートで分かれていたスライド可動域が、同一レール上にシートを設置したことで大幅に拡大しました。

マニュアルオットマンとあわせて、車内に新たなゆとりとくつろぎを演出。

内装色は、上品なフラクセンとブラックがあります。

トヨタ 新型アルファード スペック/燃費/ボディサイズ/エンジン他

 
【トヨタ アルファード(ExecutiveLounge S)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,950×1,850×1,935mm(ホイールベース:3,000mm)
室内高×室内幅×室内高 3,210×1,590×1,400mm
最大乗車定員7名
車両重量2,150kg
燃費JC08モード:10.6km/L
エンジン種類V型6気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)221kW (301PS) /6,600rpm
最大トルク(N・m/rpm)361N·m (36.8kgf·m) /4,600~4,700rpm
タンク容量 75L
駆動方式2WD/4WD
トランスミッション8速オートマチック(Direct Shift-8AT)

トヨタ 新型アルファード 安全性能

アルファード、安全性能はどう向上しているのでしょうか。

アルファードは今回のマイナーチェンジで、アルファードは第2世代に進化した予防安全パッケージ「トヨタ セーフティ センス」を全車標準装備(ヴェルファイアと共通)となりました。

自転車運転者や夜間歩行者も検知できる「プリクラッシュセーフティ」、レーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう、ドライバーのステアリング操作をアシストする新機能「レーントレーシングアシスト」を搭載し、さらには後退時の死角を検知して注意喚起する「リヤクロストラフィックアラート」や「ブラインドスポットモニター」などを新設定しています。

これらを見るに、安全性能の強化が図られているのは明らかですね。

トヨタ 新型アルファード グレード別新車価格

新車価格は、標準ボディが335万4480円から735万8040円です。
一方、エアロボディは369万2520円から750万8160円です。

標準ボディのエントリーグレードはXで、一番高級なグレードは新しく設定された「HYBRID Executive Lounge」モデルになります。

エアロボディのエントリーグレードはSで、一番高級なグレードは「HYBRID Executive Lounge S」です。

※エアロボディ…迫力あるフロントフェイスやブラックエクステンションのLEDヘッドランプ、ブラックの内装色など、高級感を纏いながら内外装をいっそうスポーティに仕上げたタイプのこと。

トヨタ 新型アルファード 中古価格

アルファードは新車で購入すると300万円は優に超えてしまう車です。

そこで気になるのは、アルファード新型の中古価格。

調べてみたところ、エントリーモデルであるXは約310万円~。エアロボディのSは約400万円~と新車価格とほぼほぼ同じ価格帯でした。

1月8日に発売されたため、さすがに値下がりはしていません。

一方、前期型のアルファードは安くなったのではと思い、こちらも調べてみましたが、未だに約420万円以上はする価格帯ですので、中古車だからお得、新型が出たから旧型は安くなっている、とは言えないようです。

今アルファードの新型が欲しい、という方は素直に新車で買う方がいいかもしれないですね。

トヨタ 新型アルファード 発売日

新型アルファードは、2018年1月8日より新型ヴェルファイアと共に発売中です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

本記事では、ビッグマイナーチェンジを経たトヨタの大人気ミニバン・アルファード新型についてお届けしました。

アルファードが気になっている貴方、そして現在アルファードオーナーで新型アルファードが気になっている貴方も、新型アルファード、いかがですか?

関連する投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン、セレナに、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が登場します。このe-POWERはノートに初搭載された技術です。セレナ e-POWER、発売は2018年3月1日とのこと。本記事ではセレナ e-POWERの最新情報および改めてセレナを振り返ります。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


日産 セレナオーテックが2月1日より発売中!気になるスペック・価格・燃費

日産 セレナオーテックが2月1日より発売中!気になるスペック・価格・燃費

日産の人気ミニバン・セレナですが、このセレナをベースに作られたカスタムカー・セレナオーテックをご存知でしょうか。セレナオーテックは2月1日より日産の販売店にて発売中です。セレナオーテックの気になるスペックや価格を改めて見ていきたいと思います。


日産の高級ミニバンエルグランド!燃費・車内空間・新車価格・試乗評価

日産の高級ミニバンエルグランド!燃費・車内空間・新車価格・試乗評価

エルグランドは日産を代表するミニバンです。トヨタのアルファード・ヴェルファイアに対抗できる数少ない車と言えます。2018年には特別仕様車が発売されました。本記事では基本情報・新車価格・スペック・試乗評価などをまとめています。そして気になるフルモデルチェンジはいつ???改めてエルグランドに迫ります。


最新の投稿


日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

飛ぶ鳥を落とす勢いの日産・ノートe-POWER。スゴイと聞くけど何がいったいスゴイわけ?そんなあなたに改めて日産ノートe-POWERの仕組みをお伝えします。本記事を読めば、ノートe-POWERが欲しくなってしまうこと間違いなしです!基本情報・スペック・燃費・e-POWERの仕組み・試乗評価・価格・中古価格・走行性能他。


ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

あなたの愛車、ブレーキパッド交換はしていますか?ブレーキを踏むたびに摩耗するブレーキパッドは定期的に交換が必要です。交換費用・交換にかかる時間・交換すべき目安をご紹介します。


【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

2016年6月1日から、道路交通法が改正され自転車に対する取締りが厳しくなりました。3年以内に違反切符による取締りまたは交通事故を2回以上犯した場合は、「自転車運転者講習」を受けなければいけません。本記事では自転車運転者講習を受けなければいけない14種類の違反をご紹介します。


レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサスの最小クロスオーバー、UXがついに3月に行われるジュネーブモーターショー2018にてワールドプレミア。世界初公開されます。気になるUXの最新情報について見ていきましょう。


交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通事故や交通違反を起こしてしまった際の「罰金」と「反則金」。その2つの違いは何なのか、通称「赤キップ」と「青キップ」の違いについてや、反則金の支払い義務や、支払いをしなかった場合、拒否した場合はどうなるのか?等、事故、違反時の行政罰、刑事罰に関連する情報をわかりやすく説明しています。