目次へ戻る

100万円以下で始めるレクサスライフ?!中古レクサス CTを狙え

100万円以下で始めるレクサスライフ?!中古レクサス CTを狙え

レクサスという名前、そしてそのLのバッジには、えも言われぬハイクラスのイメージがありますよね。そんなレクサス車は、新車で買うと同クラスの国産車よりも100万円以上高くなってしまうことも…。でも、レクサスの信頼性の高さなら、中古車でも全く問題ないと思いませんか? お得にレクサスオーナーになる近道、CTの中古車についてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レクサス CT200hについておさらい

レクサス CT200h

2011年1月発売と、すでにモデルライフ10年が目前のレクサス CT。レクサスブランドのエントリー車種という重責を担っていますが、同じようなサイズ感で流行のSUVである「UX」が登場していることもあり、いかんせん設計・装備の古さは否めなくなってきているのが現状です。

しかし、CTならではの魅力があることもまた事実。一体どんな車種なのか、ここまでの長寿モデルになった秘訣に関しても、ご紹介していきます。

CTはレクサス初のコンパクトハッチバック!

レクサス CT200h

CTは、米国でのレクサスブランド開業以降初めてのコンパクトハッチバック車です。レクサスは開業時からラインナップするセダン、今や販売台数の主力となっているSUVは充実した車種を擁していますが、コンパクトカーに関しては2011年にCTが登場するまでラインナップしていませんでした。

しかし、特に近年、欧州高級車メーカーがコンパクトカーのラインナップを充実させています。車両価格が高くなりがちで見た目も「オジサンっぽい」セダンよりも、取り回しやすいサイズで価格も安くフレッシュなコンパクトカーで若者を取り込んでおいて、将来的により大型の車に乗り換えていってもらいたい魂胆のようです。

レクサスもこの流れに乗るべく、発売したのがCTというわけです。ライバルに比べたCTの特徴は、垂直に近いハッチゲートまでスッと伸びるルーフライン。リアウインドウをいたずらに傾かせておらず、後席頭上や荷室の使い勝手を犠牲にしていない、ショートワゴン的なルックスが挙げられます。

シャープなエクステリアデザイン

レクサス CT200h

CTのエクステリアデザインは、ここ数年のレクサスのような派手さはありませんが、ハッチバック車にしてはシャープで上質な印象を与えます。モデルライフ途中の改良によって得た「スピンドルグリル」は違和感なくCTのデザインに溶け込んでいますし、サイドまで大胆に回り込んだリヤクオーターガラスとテールランプによって横から見ても間延びした印象を与えません。

ワイドな印象を与える切れ長のヘッドライトとスピンドルグリルの組み合わせは、正面から見るとまるで高級セダンのような押し出し感すらありますよね。サイズ的にはやや小さいですが、レクサスの現行ラインナップと並んでも引け目を感じることのない、上質なデザインとなっています。

豊富なカラーバリエーション

レクサス CT200h Fスポーツ(フレアレッド / ブラック/本アルミ(名栗調仕上げ))

CTは、内外装のカラーバリエーションが非常に豊富に用意されている点もプレミアム感の高いところです。外板色は、2020年8月の改良で追加されたブレージングカーネリアン、テレーンカーキ、セレスティアルブルーの3色も加わり15通りもの豊富な色から選べます。

また内装色は、シートだけでなくドアまでカラーコーディネートされる徹底ぶり。Fスポーツ専用の5種類と合わせて、全部で11色ものインテリアカラーが選択可能なほか、レクサスらしくオーナメントパネルがそれぞれのインテリアカラーに合わせて選択可能です。

ハイブリッド専用車で燃費も上々

レクサス CT200h エンジンルーム

CTは、3代目プリウスと基本的なパワートレインを共有しています。プリウスは既に4代目にモデルチェンジしてさらに低燃費を追求していますが、旧式とはいえCTのハイブリッドシステムの燃費性能もいまだに第一線級のもの。

より実測値に近いとされるWLTCモード燃費で、ベースグレードでは23.9km/Lを記録しており、実燃費でも約20km/Lをコンスタントに叩き出している様子が燃費情報共有サイト「e燃費」にて確認できます。

レクサス CTのスペック

【レクサス CT200h ベースグレード】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,355mm×1,765mm×1,450mm
ホイールベース2,600mm
最大乗車定員5名
車両重量1,380kg
燃費WLTCモード:23.9km/L
エンジン種類直列4気筒 1,797cc
エンジン最高出力73kW(99PS)/5,200rpm
エンジン最大トルク142N・m(14.5kgf・m)/4,000rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力60kW(82PS)
モーター最大トルク207N・m(21.1kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格3,869,000円(消費税込)
(2020年9月現在 レクサス公式サイトより)

レクサス CTの改良履歴をチェック!狙い目はどの年式?

レクサス CT200h Fスポーツ

CTは長寿モデルだけあって、数々の改良を受けてきています。ここでは、改良履歴別に前・中・後期型と分類し、それぞれご説明します。

レクサス CT 前期型(2011年1月〜2013年12月)

レクサス CT200h(2011年型)

レクサス CT200h Fスポーツ(シドニーモーターショー2010出展 プロトタイプ)

CT発売当初から2013年まで販売されていたモデルを、本記事では前期型とします。現在まで基本的に変更のないパワートレインは前期型から現行型まで共通のため、燃費性能は前期型でも驚異的な低燃費でした。

当時はまだスピンドルグリルではなく「スピンドル形状」と呼称されていた控えめなフロントフェイスが特徴的です。もしかすると、中期・後期の縦方向に広いフロントグリルがもたらすギラついた顔つきよりも、前期型のスッキリしたデザインがお好みの方もいらっしゃるのでは。

レクサス CT 中期型(2014年1月〜2017年7月)

レクサス CT200h(2014年型)

レクサス CT200h Fスポーツ(2014年型)

2014年のマイナーチェンジから2017年まで販売されていたモデルを、本記事では中期型とします。中期型での改良点のトピックは、やはりスピンドルグリルの採用でしょう。一気に「イマ風」のレクサス顔へと変貌を遂げました。

また、外板色の「セルフリストアリングコート」が採用されたのもこの改良からです。これは洗車などによる細かいスリ傷を自己修復できる塗装のことで、新車時のツヤを長持ちさせることができます。

パワートレインには変更はありませんが、ボディの剛性向上、静粛性向上によって走り味には改善が見られます。特にハイブリッド車はエンジンが動いていない際はロードノイズが気になる場合もあるので、静粛性向上は効果的な改良です。

レクサス CT 後期型(2017年8月〜現在)

レクサス CT200h(2017年型)

レクサス CT200h Fスポーツ(海外仕様 2017年型)

2017年のマイナーチェンジから現在まで販売中のモデルを、本記事では後期型とします。後期型では、スピンドルグリルとテールランプの変更、L形状のデイライト機能付クリアランスランプが盛り込まれたLEDヘッドランプの設定などがなされました。

この中でも、スピンドルグリルはなかなか遊び心のあるデザインに変更。よく見ると、グリルのメッシュパターンは、細かなスピンドル形状が上下方向にだんだんと変化していく凝ったデザインになっています。是非街中でCTを見かけた際は注目してみてください。

また大きな変更点としては、新たに予防安全パッケージ「レクサス セーフティ システム+」を全車標準装備したこと。今や予防安全装備は軽自動車でも標準装備で当然の時代ですので、一層の安心感をお求めの方は後期型一択となるかもしれません。

レクサス CTの中古車価格まとめ

レクサス CT200h ダッシュボード

ここからは、現在のCTの中古車相場について調査した結果をご紹介していきます。

まず、中古車全体の平均価格では、2020年9月現在 148.3万円となっており、400万円以上という新車価格を考えれば驚くほどの低価格となっています。

これは、初期型の低年式多走行モデルの在庫が多く、それらが平均価格を下げているためではありますが、走行距離の短く充実装備の中期・後期型であっても、かなりお買い得なモデルが数多く在庫されています。

そのため、激安のCT中古車と、装備が充実した高年式のCT中古車に分けてご紹介します。どちらがお好みか、一緒に確かめていきましょう。

【CTの中古車】激安車ゾーン

レクサス CT200h(2011年型)

まずは、激安なCTをご紹介していきます。やはり、顔付きが変わる前の初期型は、車齢としても高めですし、走行距離も伸びがちですので、100万円を大きく下回る値付けがされた車両も数多く見られます。

具体的には、2020年9月現在の在庫状況で最安なのは、2011年式のCT200h ベースグレードで、本体価格は49.9万円、走行距離は12.8万キロとなっています。しかし、この車両は外板色が人気のホワイトですし、内装もヤレが目立ちにくいファブリックシート。とても50万円の車には見えず、なかなかのお買い得車両ではないでしょうか。

その他、上級グレードのバージョンLやFスポーツや、フレアイエローなどの稀少ボディカラーでも、100万円以内の本体価格で楽々探すことができます。

近年は軽自動車であっても新車価格200万円台がすぐ見えてしまうご時世。5名が乗れて低燃費、スタイリッシュなデザインのレクサス車が100万円で買えてしまうというのは、相当なバーゲンと言えるのではないでしょうか。

【CTの中古車】装備充実高年式ゾーン

レクサス CT200h(2017年型)

続いては、高年式なCTをご紹介していきます。やはり、高年式車では上でご紹介したような衝撃的な値下がりは期待できませんが、その分標準装備が充実しているので、現代的な車として不足なく、購入後も長く乗れる車と言えるでしょう。

先述の通り、2017年の一部改良以降の車は「レクサス セーフティ システム+」が全車標準装備されており、昼間歩行者検知にも対応したプリクラッシュセーフティやブレーキ制御付レーダークルーズコントロールが備わります。この安心感は大きいですよね。

注目したい2020年9月現在の在庫車は、2019年式のCT200h ブラックシークエンスで、本体価格は369.8万円、走行距離は0.7万キロとなっています。ブラックシークエンスはレクサス車の国内累計50万台販売達成を記念した特別仕様車で、CTの場合はバージョンCがベースになっており、ブラック塗装のアルミホイールやFスポーツ仕様のサスペンションなど特別装備が満載。

新車価格では税込で約416.6万円が設定されていたモデル。装備充実でたった0.7万キロしか走行していない限定車としては、なかなかお得な値段と言えそうです。

この他、後期型であっても300万円以内に落ち着いている車両も多数見られます。新車で400万円以上はちょっと高いな…とお思いでも、装備充実で走行距離も短い中古車が300万円以内で手に入るとなると、俄然魅力が増すように思います。

まとめ

レクサス CT200h Fスポーツ

レクサス CTの魅力、および現在の中古車相場に関してお伝えしてきました。いくらレクサスのエントリークラスとはいえど、中古車でここまでお安く手に入れられると知って驚いた方も多いのではないでしょうか。

もちろん、事実上の後継車として登場しているUXは、先進装備が数多く用意され走行性能も向上している「いい車」となっており、CTを新車で買う旨味はかなり薄れていますが、UXは魅力的な装備を揃えていくとかなり高額な車になってしまいます。その上、室内空間的にはUXもCTも大きな差がありません。

是非、CTの中古車で、節約しながら快適なレクサスライフを送ることをご検討してみてくださいね。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


「レクサス LFA」世界が羨んだ国産車の頂点、そのスゴさとは!

「レクサス LFA」世界が羨んだ国産車の頂点、そのスゴさとは!

スーパーカーとは、自ら名乗るものではなく、世界で認められた車がそう呼ばれて存在するもの。その基準で考えれば、レクサス LFAは、誰もが認めるスーパーカーでしょう。4千万円に届こうかという新車価格と、全世界500台限定という稀少性によって、限られたオーナーしか知り得ない国産車の頂点の世界には、どんな景色が広がっているのでしょうか? ご紹介いたします。


【おすすめ5選!】今、人気のかっこいいSUVは?

【おすすめ5選!】今、人気のかっこいいSUVは?

まず車を買おうと考えた時、みなさんはどんな車種を買おうか悩みますよね。今人気のある車も気になるところです。けれど、すでに最初から購入する車種は決めていたって方も多いかもしれませんね。本記事では、今人気のかっこいいSUVの購入をご検討の方参考にして頂きたい車種を5選より直ぐってお届けしていきます。


ライバル多数!スポーツクーペ レクサス RCに勝機はあるか?!

ライバル多数!スポーツクーペ レクサス RCに勝機はあるか?!

自動車界の花形ともいえる、2ドアクーペ。近年は大衆向けのクーペはめっきり少なくなっており、欧州高級車ブランドによるプレミアムクーペが市場では多く見られます。そんな輸入車勢に真っ向から立ち向かうレクサスのクーペ、RC。果たして勝ち目はあるのでしょうか?詳しく見ていきます。


巷で話題の「レクサスES」その魅力を徹底解剖!

巷で話題の「レクサスES」その魅力を徹底解剖!

セダン不況と言われ続けて何年が経ったでしょう。今や市場で人気があるのはSUVか軽自動車のみ、伝統的な形であるセダンはこのまま無くなるのか…と思いきや、2018年に登場したESは、セダンらしからぬ大人気となっているようです。その人気の理由を探っていきましょう。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。