トップへ戻る

その気になればマフラーも積める!ハッチバックの魅力

その気になればマフラーも積める!ハッチバックの魅力

クルマの分類方法はいろいろあります。その中で今回注目したのはハッチバックです。バックドアが上に開き、なおかつ客室と荷室が繋がっているタイプのクルマになります。コンパクトカーをメインに一部セダンやSUVで見かけるハッチバックは人によって大きなメリットのあるクルマです。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ハッチバック とは

跳ね上げ式バックドアを持つクルマ

ハッチバックもさまざま

ハッチバックというのはいわゆる跳ね上げ式(上にパカっと開くタイプ)バックドアが採用されているクルマのことです。クルマを分類する際によく使われる表現になります。

バックドアが跳ね上げ式のクルマはSUVや軽バンなどでも良く見かけますが、「ハッチバック」と定義する際にはコンパクトカーやセダン、クーペなどの全高の低いクルマを示すのが一般的です。

ラゲッジルームから運転席まで繋がっている

ラゲッジルームから運転席まで空間がつながっている点はハッチバックタイプのクルマの特徴です。これはトランク式のクルマと比較するとわかりやすく、トランクはそれだけで独立した空間を生み出していて、後部座席や運転席から直接アクセスすることは不可能となっています。

トランク式のクルマは「ノッチバック」

ちなみにトランク式のクルマはノッチバックと呼ばれてます。セダンのクルマで見かけることが多いスタイルです。

ハッチバックとの決定的な違いとして、キャビン(=乗員がいる空間)とトランクがそれぞれ独立していてつながっていない点が挙げられます。そのためキャビンからトランク(荷室)への直接のアクセスは不可能です。

ハッチバックの魅力

助手席を使えばマフラーを運べる(長尺物も運べる)

可倒式リアシート

ハッチバックの魅力の1つは、助手席を活用することでマフラーを運ぶべること。言い方を変えれば、長尺物を運ぶことができるということです。

これはキャビンと荷室が一体になっているからこそ為せる技になります。キャビンとトランクが連結していないノッチバックのクルマでは不可能なことも。

荷室から助手席に到達するほどの長尺物を運ぶとなると、助手席をフルリクライニングしたり、確実に固定して運転の妨げとならないようにするといった対策も必要となります。

後部座席を倒せば収納スペースが大きくなる

後部座席を倒せば自然と広い収納スペースが生まれるのも魅力の1つです。いわゆる可倒式シートと呼ばれる物で、レバーを引っ張ることで後部座席の背もたれが畳まれてフルフラットな空間となります。

これを実行することで荷室と後部座席を1つの空間として荷物を積むことができるのです。キャンプに出かける時や引っ越しで荷物をたくさん運ぶときなどに活躍します。

可倒式シートは1:1あるいは4:2:4といったように分割して倒せるタイプが主流です。荷物や乗員数に合わせた収納をするためのコツに影響しますので、ハッチバックを選ぶ際には要チェック。

こういう人にハッチバックがおすすめ

小回りに優れたクルマがほしい

小回り性能に優れたクルマがほしい人ならハッチバックはおすすめの1台です。基本的にハッチバックのクルマは全長が短い傾向(キャビンと荷室を一体にできるため)にあります。

全長が短いので狭い道や駐車場でのクルマを扱い易いです。クルマに乗り始めたばかりで運転に慣れていない人や、駐車スペースを気にすることなく買い物に出かけたい人におすすめします。

時には荷室を広く使いたい

たくさん荷物を積むことはないけれど、時には荷室を広く使ってキャンプや海水浴のようなアウトドアレジャーを堪能したい人にもハッチバックはおすすめ。3人以上でドライブに出かける際には後部座席に人を乗せて出かけ、少し大きめの荷物を運びたい時には後部座席を倒せば広くなった荷室としても活躍します。

コンパクトカーの多くはハッチバック

多くのコンパクトカーでは、バックドアにハッチバックが採用されています。つまり、コンパクトカーと呼ばれる種のクルマを選べば、ハッチバックになっているということです。コンパクトカーを選んだ場合、バックドアはハッチバックになりますので、コンパクトカーを候補にしている人はこのことを覚えておきましょう。

現行ハッチバック車5選

ハッチバックのコンパクトカー

トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリス ハイブリッド

トヨタ ヤリス ハイブリッド

ヴィッツに代わってトヨタの主力コンパクトカーとなったヤリスには、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)に基づいて新たに開発された新しいプラットフォームが採用されています。ボディの高剛性化・低重心化に加え、燃費性能や操縦安定性などの向上も図られている点がポイントです。

このクルマの最大のポイントはその燃費性能にあります。ハイブリッドタイプの燃費性能はWLTCモード燃費で最大36km/Lです。プリウスの燃費性能を上回っています。最強の燃費性能が与えられたハッチバックのコンパクトカーといえるでしょう。

ガソリン車とハイブリッド車の両方がラインナップされているため、価格帯が広いところもポイントです。

TNGAについて詳しく知りたい方はこちら

 
ヤリス スペック・価格
ボディサイズ(全長 × 全幅 × 全高(mm)) 3,940 × 1,695 × 1,500〜1,515
ホイールベース(mm) 2,550
室内寸法(長さ × 幅 × 高さ、mm) 1,845 × 1,430 × 1,190
エンジンスペック 【M15A-FKS型】(ガソリン・1.5L)
最高出力:88kW(120PS)/6,600rpm
最大トルク:145N・m(14.8kgf・m)/4,800~5,200rpm
【1KR-FE型】(ガソリン・1.0L)
最高出力:51kW(69PS)/6,000rpm
最大トルク:92N・m(9.4kgf・m)/4,400rpm
【M15A-FXE型】(ハイブリッド)
最高出力:67kW(91PS)/5,500rpm
最大トルク:120N・m(12.2kgf・m)/3,800〜4,800rpm
燃費 【ガソリン車】
WLTCモード:19.2〜21.6km/L
【ハイブリッド車】
WLTCモード:30.2〜36.0km/LL
※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)

ホンダ フィット

フィット BASIC

ヤリス同様に2020年にフルモデルチェンジされて登場したのがホンダ フィットです。おしゃれなインテリアで彩られた自宅のような雰囲気が醸し出されているハッチバックのコンパクトカーとなっています。

ガソリン車とハイブリッド車の両方をラインナップ。価格帯はヤリスより少し高くなっています。SUVを意識したグレードのCROSSTAR(クロスター)はグレードの中で唯一の3ナンバーで、専用の外装パーツが装着されていたりと、注目のグレードです。

 
フィット スペック・価格
ボディサイズ(全長 × 全幅 × 全高(mm)) 3,995〜4,090×1,695〜1725×1,515〜1,570
ホイールベース(mm) 2,530
室内寸法(長さ × 幅 × 高さ、mm) 1,955×1,445×1,260
エンジンスペック 【ガソリン車】
最高出力:72kW(98PS)/6,000rpm
最大トルク:118N・m(12.0kgf・m)/5,000
【e:HEV】
最高出力:72kW(98PS)/5,600-6,400rpm
最大トルク:127N・m(13.0kgf・m)/4,500-5,000rpm
燃費 【ガソリン車】
JC08モード:19.8〜24.2km/L
WLTCモード:17.0〜20.4km/L
【e:HEV】
JC08モード:28.6〜38.6km/L
WLTCモード:23.2〜29.4km/L

※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)

ハッチバックのセダン

トヨタ プリウス

プリウス

トヨタを代表する車種であり、ハイブリッドカーの歴史を牽引してきたと言っても過言ではないのがプリウスです。近未来的でシュッとしたスタイリッシュなフォルムが印象的で、ハイブリッドカーでありながらサスペンションの完成度も高いセダンとなっています。

それでいてなおかつハッチバックとなっているので、やろうと思えば荷物をたくさん積めるところも魅力的です。価格帯は上記で紹介したコンパクトカーよりも高いですが、長い距離を走る機会が多い人や、長く所有すること前提であれば、リーズナブルなカーライフを送ることができるでしょう。

プリウス スペック・価格
ボディサイズ(全長 × 全幅 × 全高(mm)) 4,575 × 1,760 × 1,470〜1,495
ホイールベース(mm) 2,700
室内寸法(長さ × 幅 × 高さ、mm) 2,110 × 1,490 × 1,145〜1,195
エンジンスペック 種類:直列4気筒
最高出力:72kW(98PS)/5,200rpm
最大トルク:142N・m(14.5kgf・m)3,600rpm
燃費 【ハイブリッド車】
WLTCモード:25.4〜32.1km/L

※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)

ハッチバックのワゴンタイプ

スバル インプレッサスポーツ

スバル・インプレッサスポーツ

スバル・インプレッサスポーツ

滑らかなボディラインと全高の低さが印象的な5ドアハッチバックになります。スポーティーなフォルムになっているところが印象的です。さらに、スバルグローバルプラットフォームと呼ばれる次世代プラットフォームが採用され、走る喜びを日常から体感することができるようになっています。

グレードラインナップは1.6Lエンジン、あるいは2.0Lエンジンが搭載された4種類のグレードです。排気量によるエンジンスペックの違いはもちろんですが、全グレードにスバルの先進安全技術であるアイサイトが採用されているのがポイント。グレード関係なく最先端の安全性能を享受することができます。

エンジンはスバルらしさ際立つ水平対向エンジンに、スバル独自のCVTであるリニアトロニックの組み合わせです。低重心かつ軽量・コンパクトで軽快でパワフルな走りと、滑らかで気持ちの良い変速を味わうことができます。

インプレッサスポーツ スペック・価格
ボディサイズ(全長 × 全幅 × 全高(mm)) 4,475 × 1,775 × 1,480
ホイールベース(mm) 2,670
室内寸法(長さ × 幅 × 高さ、mm) 2,085 × 1,520 × 1,200
エンジンスペック 【1.6Lエンジン】
最高出力:85kW(115PS)/6,200rpm
最大トルク:148N・m(15.1kgf・m)/3,600rpm
【2.0L直噴エンジン】
最高出力:113kW(154PS)/6,000rpm
最大トルク:196N・m(20kgf・m)/4,000rpm
燃費 【ガソリン車】
JC08モード:15.8〜17.2km/L
※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)

マツダ3 ファストバック

MAZDA3 ファストバック

マツダから発売されている5ドアハッチバックのクルマです。2020年4月に開催されたワールドカーアワードでワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

MAZDA3 ファストバックの特長は何といってもそのフォルム。マツダのデザインテーマとして掲げられている「魂動」の哲学が詰め込まれています。丸みを帯びたルーフからバックドアにかけての滑らかで美しいフォルムや堂々とした存在感など、どこに行っても一際目立つデザインです。ボディ表面に現れる光の「連続性」が追求されていたりと、美しさへの飽くなき探究も見られます。

MAZDA3 ファストバックをさらに際立たせるのが特別塗装色のソウルレッドクリスタルメタリック。マツダ独自の塗装技術によって生み出されたエネルギッシュでたくましさ溢れるボディカラーで、魂動デザインを語るうえでは外すことのできないものといえるでしょう。

マツダ3 ファストバック スペック・価格
ボディサイズ(全長 × 全幅 × 全高(mm)) 4,460 × 1,795 × 1,440
ホイールベース(mm) 2,725
室内寸法(長さ × 幅 × 高さ、mm) 1,820 × 1,490 × 1,160
エンジンスペック 【1.5Lガソリンエンジン】
最高出力:82kW(111PS)/6,000rpm
最大トルク:146N・m(14.9kgf・m)/3,500rpm

【2.0Lガソリンエンジン】
最高出力:115kW(156PS)/6,000rpm
最大トルク:199N・m(20.3kgf・m)/4,000rpm

【1.8Lディーゼルターボエンジン】
最高出力:85kW(116PS)/4,000rpm
最大トルク:270N・m(27.5kgf・m)/1,600-2,600rpm

【2.0L新世代ガソリンエンジン】
最高出力:132kW(180PS)/6,000rpm
最大トルク:224N・m(22.8kgf・m)/3,000
燃費 【ガソリン車】
WLTCモード:15.2〜17.8km/L
【ディーゼル車】
WLTCモード:18.8〜19.8km/L
※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)

まとめ

リアシートと荷室の使い方次第でカーライフの充実度が決まることこそ、それこそハッチバックのクルマの特徴・魅力といえるでしょう。ハッチバックのクルマにはコンパクトカーが多数となりながらも、ワゴンやセダンでも採用車種はありますので選択肢は意外と多いようです。

関連するキーワード


ハッチバック 豆知識

関連する投稿


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。


インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

ターボ(過給機装置)装着車によく聞く、インタークーラーという言葉ですが、そもそもインタークーラーってなんなのでしょうか?今回はこのインタークーラーはどの様な役割を果たしているのか、またその効果についてもご紹介します。


バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコートとは、ワコーズが開発した非常に効果のあるコーティング剤のひとつ。本記事では、ワコーズのバリアスコートの使用方法、使用時の具体的な効果を紹介します。また、その際の注意点もわかりやすく解説。さらに、バリアスコートを実際に使用した方による口コミを、よい評価はもちろん悪い評価も同時にお見せします。バリアスコートとガラスの相性についても触れます。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。