トップへ戻る

その気になればマフラーも積める!ハッチバックのあれこれ

その気になればマフラーも積める!ハッチバックのあれこれ

クルマの分類方法はいろいろあります。その中で今回注目したのはハッチバックです。バックドアが上に開き、なおかつ客室と荷室が繋がっているタイプのクルマになります。コンパクトカーをメインに一部セダンやSUVで見かけるハッチバックは人によって大きなメリットのあるクルマです。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ハッチバック とは

跳ね上げ式バックドアを持つクルマ

ハッチバックもさまざま

ハッチバックというのはいわゆる跳ね上げ式(上にパカっと開くタイプ)バックドアが採用されているクルマのことです。クルマを分類する際によく使われる表現になります。

バックドアが跳ね上げ式のクルマはSUVや軽バンなどでも良く見かけますが、「ハッチバック」と定義する際にはコンパクトカーやセダン、クーペなどの全高の低いクルマを示すのが一般的です。

ラゲッジルームから運転席まで繋がっている

ラゲッジルームから運転席まで空間がつながっている点はハッチバックタイプのクルマの特徴です。これはトランク式のクルマと比較するとわかりやすく、トランクはそれだけで独立した空間を生み出していて、後部座席や運転席から直接アクセスすることは不可能となっています。

トランク式のクルマは「ノッチバック」

ちなみにトランク式のクルマはノッチバックと呼ばれてます。セダンのクルマで見かけることが多いスタイルです。

ハッチバックとの決定的な違いとして、キャビン(=乗員がいる空間)とトランクがそれぞれ独立していてつながっていない点が挙げられます。そのためキャビンからトランク(荷室)への直接のアクセスは不可能です。

ハッチバックの魅力

助手席を使えばマフラーを運べる(長尺物も運べる)

可倒式リアシート

ハッチバックの魅力の1つは、助手席を活用することでマフラーを運ぶべること。言い方を変えれば、長尺物を運ぶことができるということです。

これはキャビンと荷室が一体になっているからこそ為せる技になります。キャビンとトランクが連結していないノッチバックのクルマでは不可能なことも。

荷室から助手席に到達するほどの長尺物を運ぶとなると、助手席をフルリクライニングしたり、確実に固定して運転の妨げとならないようにするといった対策も必要となります。

後部座席を倒せば収納スペースが大きくなる

後部座席を倒せば自然と広い収納スペースが生まれるのも魅力の1つです。いわゆる可倒式シートと呼ばれる物で、レバーを引っ張ることで後部座席の背もたれが畳まれてフルフラットな空間となります。

これを実行することで荷室と後部座席を1つの空間として荷物を積むことができるのです。キャンプに出かける時や引っ越しで荷物をたくさん運ぶときなどに活躍します。

可倒式シートは1:1あるいは4:2:4といったように分割して倒せるタイプが主流です。荷物や乗員数に合わせた収納をするためのコツに影響しますので、ハッチバックを選ぶ際には要チェック。

こういう人にハッチバックがおすすめ

小回りに優れたクルマがほしい

小回り性能に優れたクルマがほしい人ならハッチバックはおすすめの1台です。基本的にハッチバックのクルマは全長が短い傾向(キャビンと荷室を一体にできるため)にあります。

全長が短いので狭い道や駐車場でのクルマを扱い易いです。クルマに乗り始めたばかりで運転に慣れていない人や、駐車スペースを気にすることなく買い物に出かけたい人におすすめします。

時には荷室を広く使いたい

たくさん荷物を積むことはないけれど、時には荷室を広く使ってキャンプや海水浴のようなアウトドアレジャーを堪能したい人にもハッチバックはおすすめ。3人以上でドライブに出かける際には後部座席に人を乗せて出かけ、少し大きめの荷物を運びたい時には後部座席を倒せば広くなった荷室としても活躍します。

コンパクトカーの多くはハッチバック

多くのコンパクトカーでは、バックドアにハッチバックが採用されています。つまり、コンパクトカーと呼ばれる種のクルマを選べば、ハッチバックになっているということです。コンパクトカーを選んだ場合、バックドアはハッチバックになりますので、コンパクトカーを候補にしている人はこのことを覚えておきましょう。

現行ハッチバック車5選

ハッチバックのコンパクトカー

トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリス ハイブリッド

トヨタ ヤリス ハイブリッド

ヴィッツに代わってトヨタの主力コンパクトカーとなったヤリスには、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)に基づいて新たに開発された新しいプラットフォームが採用されています。ボディの高剛性化・低重心化に加え、燃費性能や操縦安定性などの向上も図られている点がポイントです。

このクルマの最大のポイントはその燃費性能にあります。ハイブリッドタイプの燃費性能はWLTCモード燃費で最大36km/Lです。プリウスの燃費性能を上回っています。最強の燃費性能が与えられたハッチバックのコンパクトカーといえるでしょう。

ガソリン車とハイブリッド車の両方がラインナップされているため、価格帯が広いところもポイントです。

TNGAについて詳しく知りたい方はこちら

 
ヤリス スペック・価格
ボディサイズ(全長 × 全幅 × 全高(mm)) 3,940 × 1,695 × 1,500〜1,515
ホイールベース(mm) 2,550
室内寸法(長さ × 幅 × 高さ、mm) 1,845 × 1,430 × 1,190
エンジンスペック 【M15A-FKS型】(ガソリン・1.5L)
最高出力:88kW(120PS)/6,600rpm
最大トルク:145N・m(14.8kgf・m)/4,800~5,200rpm
【1KR-FE型】(ガソリン・1.0L)
最高出力:51kW(69PS)/6,000rpm
最大トルク:92N・m(9.4kgf・m)/4,400rpm
【M15A-FXE型】(ハイブリッド)
最高出力:67kW(91PS)/5,500rpm
最大トルク:120N・m(12.2kgf・m)/3,800〜4,800rpm
燃費 【ガソリン車】
WLTCモード:19.2〜21.6km/L
【ハイブリッド車】
WLTCモード:30.2〜36.0km/LL
新車価格 【ガソリン車】
X “Bパッケージ” 1.0L·CVT:1,395,000円
X 1.0L·CVT:1,455,000円
X 1.5L·6MT:1,543,000円
X 1.5L·CVT:1,598,000円〜1,831,000円
G 1.0L·CVT:1,613,000円
G 1.5L·6MT:1,701,000円
G 1.5L·CVT:1,756,000円〜1,954,000円
Z 1.5L·6MT:1,871,000円
Z 1.5L·CVT:1,926,000円〜2,124,000円
【ハイブリッド車】
HYBRID X 1.5L:1,998,000円〜2,241,000円
HYBRID G 1.5L:2,130,000円〜2,338,000円
HYBRID Z 1.5L:2,295,000円〜2,493,000円
中古車価格 119.9万円〜255.0万円
※価格は税込表示
※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年8月現在)

ホンダ フィット

フィット BASIC

ヤリス同様に2020年にフルモデルチェンジされて登場したのがホンダ フィットです。おしゃれなインテリアで彩られた自宅のような雰囲気が醸し出されているハッチバックのコンパクトカーとなっています。

ガソリン車とハイブリッド車の両方をラインナップ。価格帯はヤリスより少し高くなっています。SUVを意識したグレードのCROSSTAR(クロスター)はグレードの中で唯一の3ナンバーで、専用の外装パーツが装着されていたりと、注目のグレードです。

 
フィット スペック・価格
ボディサイズ(全長 × 全幅 × 全高(mm)) 3,995〜4,090×1,695〜1725×1,515〜1,570
ホイールベース(mm) 2,530
室内寸法(長さ × 幅 × 高さ、mm) 1,955×1,445×1,260
エンジンスペック 【ガソリン車】
最高出力:72kW(98PS)/6,000rpm
最大トルク:118N・m(12.0kgf・m)/5,000
【e:HEV】
最高出力:72kW(98PS)/5,600-6,400rpm
最大トルク:127N・m(13.0kgf・m)/4,500-5,000rpm
燃費 【ガソリン車】
JC08モード:19.8〜24.2km/L
WLTCモード:17.0〜20.4km/L
【e:HEV】
JC08モード:28.6〜38.6km/L
WLTCモード:23.2〜29.4km/L
新車価格 【ガソリン車】
BASIC:1,557,600円〜1,755,600円
HOME:1,718,200円〜1,916,200円
NESS:1,877,700円〜2,075,700円
CROSSTAR:1,938,200円〜2,136,200円
LUXE:1,977,800円〜2,186,800円
【ハイブリッド車】
e:HEV BASIC:1,997,600円〜2,195,600円
e:HEV HOME:2,068,000円〜2,266,000円
e:HEV NESS:2,227,500円〜2,425,500円
e:HEV CROSSTAR:2,288,000円〜2,486,000円
e:HEV LUXE:2,327,600円〜2,536,600円
中古車価格 119.8万円〜259.8万円
※価格は税込表示
※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年8月現在)

ハッチバックのセダン

トヨタ プリウス

プリウス

トヨタを代表する車種であり、ハイブリッドカーの歴史を牽引してきたと言っても過言ではないのがプリウスです。近未来的でシュッとしたスタイリッシュなフォルムが印象的で、ハイブリッドカーでありながらサスペンションの完成度も高いセダンとなっています。

それでいてなおかつハッチバックとなっているので、やろうと思えば荷物をたくさん積めるところも魅力的です。価格帯は上記で紹介したコンパクトカーよりも高いですが、長い距離を走る機会が多い人や、長く所有すること前提であれば、リーズナブルなカーライフを送ることができるでしょう。

プリウス スペック・価格
ボディサイズ(全長 × 全幅 × 全高(mm)) 4,575 × 1,760 × 1,470〜1,495
ホイールベース(mm) 2,700
室内寸法(長さ × 幅 × 高さ、mm) 2,110 × 1,490 × 1,145〜1,195
エンジンスペック 種類:直列4気筒
最高出力:72kW(98PS)/5,200rpm
最大トルク:142N・m(14.5kgf・m)3,600rpm
燃費 【ハイブリッド車】
WLTCモード:25.4〜32.1km/L
新車価格 E:2,608,000円
S:2,655,000〜2,853,000円
S"ツーリングセレクション":2,826,000〜3,024,000円
A:2,910,000〜3,108,000円
A"ツーリングセレクション":3,077,000〜3,275,000円
Aプレミアム:3,248,000〜3,446,000円
Aプレミアム"ツーリングセレクション":3,359,000〜3,557,000円
特別仕様車 S"Safety Plus II":2,755,000〜2,953,000円
中古車価格 88.0万円〜418.8万円
※価格は税込表示
※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年8月現在)

ハッチバックのワゴンタイプ

スバル インプレッサスポーツ

スバル・インプレッサスポーツ

スバル・インプレッサスポーツ

滑らかなボディラインと全高の低さが印象的な5ドアハッチバックになります。スポーティーなフォルムになっているところが印象的です。さらに、スバルグローバルプラットフォームと呼ばれる次世代プラットフォームが採用され、走る喜びを日常から体感することができるようになっています。

グレードラインナップは1.6Lエンジン、あるいは2.0Lエンジンが搭載された4種類のグレードです。排気量によるエンジンスペックの違いはもちろんですが、全グレードにスバルの先進安全技術であるアイサイトが採用されているのがポイント。グレード関係なく最先端の安全性能を享受することができます。

エンジンはスバルらしさ際立つ水平対向エンジンに、スバル独自のCVTであるリニアトロニックの組み合わせです。低重心かつ軽量・コンパクトで軽快でパワフルな走りと、滑らかで気持ちの良い変速を味わうことができます。

インプレッサスポーツ スペック・価格
ボディサイズ(全長 × 全幅 × 全高(mm)) 4,475 × 1,775 × 1,480
ホイールベース(mm) 2,670
室内寸法(長さ × 幅 × 高さ、mm) 2,085 × 1,520 × 1,200
エンジンスペック 【1.6Lエンジン】
最高出力:85kW(115PS)/6,200rpm
最大トルク:148N・m(15.1kgf・m)/3,600rpm
【2.0L直噴エンジン】
最高出力:113kW(154PS)/6,000rpm
最大トルク:196N・m(20kgf・m)/4,000rpm
燃費 【ガソリン車】
JC08モード:15.8〜17.2km/L
新車価格 1.6i-L EyeSight:2,002,000円〜2,222,000円
1.6i-S EyeSight:2,244,000円〜2,464,000円
2.0i-L EyeSight:2,244,000円〜2,464,000円
2.0i-S EyeSight:2,486,000円〜2,706,000円
中古車価格 69.8万円〜263.0万円
※価格は税込表示
※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年8月現在)

マツダ3 ファストバック

MAZDA3 ファストバック

マツダから発売されている5ドアハッチバックのクルマです。2020年4月に開催されたワールドカーアワードでワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

MAZDA3 ファストバックの特長は何といってもそのフォルム。マツダのデザインテーマとして掲げられている「魂動」の哲学が詰め込まれています。丸みを帯びたルーフからバックドアにかけての滑らかで美しいフォルムや堂々とした存在感など、どこに行っても一際目立つデザインです。ボディ表面に現れる光の「連続性」が追求されていたりと、美しさへの飽くなき探究も見られます。

MAZDA3 ファストバックをさらに際立たせるのが特別塗装色のソウルレッドクリスタルメタリック。マツダ独自の塗装技術によって生み出されたエネルギッシュでたくましさ溢れるボディカラーで、魂動デザインを語るうえでは外すことのできないものといえるでしょう。

マツダ3 ファストバック スペック・価格
ボディサイズ(全長 × 全幅 × 全高(mm)) 4,460 × 1,795 × 1,440
ホイールベース(mm) 2,725
室内寸法(長さ × 幅 × 高さ、mm) 1,820 × 1,490 × 1,160
エンジンスペック 【1.5Lガソリンエンジン】
最高出力:82kW(111PS)/6,000rpm
最大トルク:146N・m(14.9kgf・m)/3,500rpm

【2.0Lガソリンエンジン】
最高出力:115kW(156PS)/6,000rpm
最大トルク:199N・m(20.3kgf・m)/4,000rpm

【1.8Lディーゼルターボエンジン】
最高出力:85kW(116PS)/4,000rpm
最大トルク:270N・m(27.5kgf・m)/1,600-2,600rpm

【2.0L新世代ガソリンエンジン】
最高出力:132kW(180PS)/6,000rpm
最大トルク:224N・m(22.8kgf・m)/3,000
燃費 【ガソリン車】
WLTCモード:15.2〜17.8km/L
【ディーゼル車】
WLTCモード:18.8〜19.8km/L
新車価格 【ガソリンエンジン】
15S:2,221,389円〜2,457,889
15S Touring:2,315,989円〜2,552,489円
20S PROACTIVE:2,515,741円〜2,752,241円
20S PROACTIVE Touring Selection:2,636,741円〜2,873,241円
20S L Package:2,698,055円〜2,934,555円
20S Burgundy Selection:2,769,555円〜3,006,055円
15S 100周年特別記念車:2,893,869円〜3,130,369円
20S 100周年特別記念車:3,021,436円〜3,257,936円

【新世代ガソリンエンジン】
X PROACTIVE:3,198,148円〜3,434,648円
X PROACTIVE Touring Selection:3,319,148円〜3,555,648円
X L Package:3,380,463円〜3,616,963円
X Burgundy Selection:3,451,963円〜3,688,463円
X 100周年特別記念車:3,703,843円〜3,940,343円

【ディーゼルエンジン】
XD PROACTIVE:2,790,741円〜3,027,241円
XD PROACTIVE Touring Selection:2,911,741円〜3,148,241円
XD L Package:2,973,055円〜3,209,555円
XD Burgundy Selection:3,044,555円〜3,281,055円
XD 100周年特別記念車:3,296,436円〜3,532,936円
中古車価格 179.8万円〜372.0万円
※価格は税込表示
※新車情報は公式サイト調べ(2020年8月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年8月現在)

まとめ

リアシートと荷室の使い方次第でカーライフの充実度が決まることこそ、それこそハッチバックのクルマの特徴・魅力といえるでしょう。ハッチバックのクルマにはコンパクトカーが多数となりながらも、ワゴンやセダンでも採用車種はありますので選択肢は意外と多いようです。

関連するキーワード


ハッチバック 豆知識

関連する投稿


東名高速はなぜ「E1」と呼ばれるのか、その意味は?

東名高速はなぜ「E1」と呼ばれるのか、その意味は?

以前より、高速道路は東名高速や中央道など地名で呼ばれることが多かったですが、近年訪日ブームで多くの外国からの観光客が増えた結果、より国際的にも分かりやすい表記が求められる様になりました。東名高速は「E1」となっていますが、一体それはなぜでしょうか。


ダイナモとは?オルタネーターとの違いも解説!

ダイナモとは?オルタネーターとの違いも解説!

ダイナモという部品がどういうものか知っていますか?自動車で考えると、現在はオルタネーターにとって変わられた、昔使われていた部品です。今回はダイナモの役割を、オルタネーターとの違いと合わせてご紹介しています。


ディーラーとは?販売店との違いや特徴 メリット・デメリットを解説

ディーラーとは?販売店との違いや特徴 メリット・デメリットを解説

車の購入はとても大きな買い物。安全の面からもしっかりと選んで、かつお得に安心して購入したいですよね。車を買う場所として、ディーラー、販売店(サブディーラー)がありますが、違いや特徴を知っていますか?本記事では、ディーラーと販売店の相違点、メリット・デメリットを解説しています。


Android Auto(アンドロイドオート)とは?使い方や対応アプリも紹介

Android Auto(アンドロイドオート)とは?使い方や対応アプリも紹介

「Android Auto(アンドロイドオート)対応」という言葉を耳にしたことはありませんか。一体何なのか気になるという方も多いと思います。カーナビのアプリらしいけど、他の地図アプリとはどう違うの?スマホでナビを見ながら音楽が聴けるって本当?今回はそういったアンドロイドオートの疑問にお答えします。


小型特殊自動車免許 完全ガイド|取得方法や費用、税金など

小型特殊自動車免許 完全ガイド|取得方法や費用、税金など

小型特殊自動車と聞くと、聞きなれないという人も多いかもしれません。この免許は主に農耕用の車両などで必要となる免許です。今回は、小型特殊自動車免許の取得方法や費用、原付、税金などを解説していきます。


最新の投稿


【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

【激レア車】トヨタ・マークX GRMN|再販はある?中古車情報も

2019年に惜しまれつつ生産終了を迎えたセダンのトヨタ・マークXですが、その中で特に目を引くモデルがあります。総生産台数450台のトヨタ・マークX GRMNです。今回はこの特別なマークXについて紹介します。


スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバル 新型BRZはどこが進化した?その性能を徹底解説

スバルとトヨタが共同開発した、いまや日本では貴重な本格的なスポーツカー、スバルBRZ。発売から8年が経過し、現行型の生産は既に終了しています。しかし、先日、新型BRZの情報がワールドプレミアされました!新型BRZ、現行型と何が変わったのかを確認していきましょう。


室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

室内広々コンパクトカー3選!荷物満載でも余裕なコンパクトはどれ?

たまにしかないものの、荷物をたくさん運びたい時は3列シートのミニバンなどの大きな車だと便利がいいですよね。しかし、普段の取り回しやすさでは2列シートのコンパクトカーが光ります。そこで、2列シートのコンパクトカーながら室内の余裕がたっぷりという、欲張りな普通車を3台ピックアップしてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

平成の隠れた名車17選!中古車情報も!

自動車業界が100年に一度の大変革期を迎えようとしている令和ですが、平成には多くの名車が誕生しました。そこで、平成に誕生し令和を迎えることなく姿を消した個性ある名車を思い出してもらうことにしました。あなたの知らない車があるかもしれないし、中古車で買える車種もありますよ!


【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

【スバル XV大幅改良】新デザイン登場!価格や口コミ・評価も!

スバル XVが2020年10月8日にマイナーチェンジし発売されました。デザインも刷新されましたが、どの部分が変わっているのでしょうか。 大幅改良されたXVの最新情報をまとめて解説していきます。