目次へ戻る

生まれ変わったマツダ3 ファストバック|口コミ・評価・価格を紹介!

生まれ変わったマツダ3 ファストバック|口コミ・評価・価格を紹介!

国内名称の「アクセラ」から名称変更をしたことで一躍話題となった「マツダ3」。今回は、アクセラスポーツからの歴史やマツダ3 ファストバックのスペック、価格、口コミなどをご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダ3 ファストバックとは?

マツダ3

マツダ3

マツダ3 ファストバックは2019年5月にマツダから発売された普通乗用車で、2003年から販売されていた「アクセラスポーツ ハッチバック」がフルモデルチェンジしたのをきっかけに名称変更したモデルです。

もともとマツダ3はアクセラの海外での名称でした。ファストバックとは、後端にむけてルーフがなだらかなカーブを描くボディタイプを指します。

アクセラと同系統の車であるため、性能面はおおむねアクセラの改良版です。アクセラの持ち味であった高速安定性とコーナリング性能は変わっていません。

エンジン出力に不満を覚えるユーザーが少数存在する一方で、エクステリアデザインはアクセラ以上の高い評価を得ています。

マツダ3 ファストバックはアクセラまで存在したアンテナなどの付属品を極力車体外部から外しており、フォルムをシャープに保つことに成功しました。

シンプルながら完成されているフォルムは「引き算の美学」と呼ばれ、愛されています。

アクセラスポーツからマツダ3 ファストバックへ

アクセラは2003年の発売から、2019年のマツダ3 ファストバックの発売まで、以下の経緯をたどってきました。

【初代】アクセラの登場 BK系

初代アクセラ

マツダ アクセラ(初代)

マツダの「ファミリア」という1963年から販売されている車があり、この車は世界的な評価を得た車でした。

アクセラはその後継車種として設計された車で、全長4,540mmと長く作られた車体が特徴的です。

上質のドライブフィーリングが好まれ、2004年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーで第2位を受賞するなど国際的に高い評価を得ました。

【2代目】BL系

マツダ アクセラ(2代目)

マツダ アクセラ(2代目)

2009年にアクセラにフルモデルチェンジが施され、2代目に突入しました。

初代アクセラよりもマッシブな印象を受けるエクステリアデザインが特徴的です。

加速性能よりも安定性に重きを置き、取り回しの良さに優れるなど初代と共通する特徴を備えた車で、重厚感ある走り味に根強いファンがついているモデルでもあります。

【3代目】BM/BY系

マツダ アクセラ(3代目)

マツダ アクセラ(3代目)

2013年のフルモデルチェンジで、アクセラは3代目に生まれ変わります。

2代目のマッシブなフロントフェイスは、3代目でグリル部分が縮小された結果、よりスマートな印象を与える見た目になりました。

取り回しと高速安定性に優れるという乗り味は変わらず、様々なメディアを一元化して扱える「マツダコネクティビティ」というシステムが初めて搭載された車でもありました。

アクセラに関する他の記事はこちら

【4代目】BP系でマツダ3シリーズへ !

マツダ3

マツダ3

2019年5月、16年を数えたアクセラの歴史が終わりを告げました。そして、国際的な名称に合わせた「マツダ3」として再出発します。

重厚感を伝えるエクステリアデザインはそのままに、3代目と比べてより流線形を意識して作られています。

性能面で特筆すべき点は「スカイアクティブビークルアーキテクチャー」という技術の初導入です。この技術は車体に伝わるエネルギーを計算して、騒音や振動をコントロールするためのものでした。

「スカイアクティブビークルアーキテクチャー」によって、マツダ3はアクセラよりも素晴らしい乗り心地を獲得しています。

マツダ3 ファストバックのスペックは?

マツダ3 ファストバックのスペックは以下の通りです。

マツダ3 ファストバックの外装

マツダ3

マツダ3

外装は「魂動(こどう)」というコンセプトのもとにデザインが統一されています。「魂動」では、カーデザインをアートの域まで高め感動を与えることを目的としています。

このコンセプトを裏付けるように、マツダ3 ファストバックのエクステリアデザインはユーザーから非常に高い評価をもって受け入れられています。

特に、勇壮なフロントフェイスから後部に向けて描かれるラインなど、優美な美しさに人気があります。加えて、マツダ独自の塗装技術「匠塗」によって表現された、艶やかなカラーもユーザーを魅了してやみません。

マツダ3 ファストバックの内装

マツダ3 内装

マツダ3 内装

マツダ3 ファストバックは「引き算の美学」を体現した車で、内装にも同じ美学が息づいています。

内装は車との一体感をより高めることを目的とした結果、シンプルなデザインに行き着きました。また、「引き算の美学」が実現した内装空間は、運転しやすいレイアウトにも繋がっています。

他にも、手触りの心地よさを重視して作られている点も特徴です。シフトレバーやスイッチ類は操作した時に快感を覚えるように設計されています。

さらに、シートに使われているレザーも豊かな手触りが味わえ、安らぎを感じられます。

マツダ3 ファストバックの燃費・スペック

燃費性能は、新世代ガソリンエンジン仕様車が16.2km/L~17.8km/L、1.5Lガソリンエンジン仕様車が15.8km/L~17.8km/L、2.0Lガソリンエンジン仕様車が15.2km/L~15.6km/Lです。

ディーゼルエンジン仕様車は18.8km/L~19.8km/Lとなっています。(以上の数値は全てWLTCモード)

燃費はこのクラスのハッチバック車としては平均的です。後述するように乗り味はほとんど変わらないため、燃費性能を求めるならディーゼル車を購入してもかまいません。

以下は、マツダ3 ファストバックの参考スペックです。

【マツダ3 ファストバック 15S 2WD 6EC-AT】 スペック表
ボディサイズ全長×全幅×全高(mm)4,460×1,795×1,440(mm)
最大乗車定員5名
燃費WLTCモード:16.6km/L
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力(kW(ps)/rpm)82(111) /6,000
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)146 (14.9) /3,500
駆動方式FF
トランスミッション6EC-AT

マツダ3 ファストバックの口コミ・評価

2リットルのガソリンエンジンを搭載する試乗車は、ステアリング操作に対し挙動が素直かつ軽やかで、街中でもスムースな身のこなしが楽しめるクルマだった。

マツダ3 ファストバックのコーナリング性能、そして取り回しの良さはアクセラだった時から健在です。

ドライバーの意のままに曲がれるため、ステアリングが楽しくなってきます。通り慣れた道も新鮮なフィーリングを伝えてくれるでしょう。

もちろん実車の、あたりの空気を変えてしまう凛とした存在感は、実車でこそ伝わってくるというものだ。

「凛とした存在感」という言葉が、マツダ3 ファストバックのすべてを語っています。

端正なプロポーションと艶やかなカラーの組み合わせは、思わず息をのむ美しさをまとっています。視覚だけでなく五感すべてに訴えかける迫力も感じられます。

フットワークはセダンのディーゼルに比べるとキビキビとしていて、ファストバックのほうが軽やかさは際立つ。セダンもよく曲がるがファストバックはもっとよく曲がる。

ファストバックのディーゼル車のレビューでした。

自由自在に曲がれるコーナリング性能はディーゼル車でも変わらず、しかもセダンタイプよりも曲がりやすくなっています。燃費性能に合わせてガソリン車かディーゼル車のどちらかを選びましょう。

マツダ3 ファストバックの価格・中古車情報

マツダ3

マツダ3

新車価格は、

新世代ガソリンエンジン仕様車が、3,198,148円~3,688,463円
1.5Lガソリンエンジン仕様車は、2,221,389円~2,552,489円
2.0Lガソリンエンジン仕様車は、2,515,741円~3,006,055円
ディーゼルエンジン仕様車は、2,790,741円~3,281,055円

となっています。

中古価格は203.9万円~338.0万円となっています。
※車情報サイトResponse 中古車情報ページより(2020年2月現在)

発売されてそれほど月日が経っていないためか、中古市場でもあまり安くなってはいません。中古市場の値引き額もそれほど大きくないので、思い切って新車を買っても良いかもしれませんね。

ただ、発売されて日が浅いため中古車でもダメージが少ないというメリットもあります。

以下のリンクから、都合に合った車両を選んでみてください。

マツダ3 ファストバックは引き算の美学によって生まれた

マツダ3

マツダ3

ここまで見てきたように、マツダ3 ファストバックは引き算の美学に基づいて作られてきました。

高い評価を受けていたアクセラという実績を捨て去り、新たな車を作ることはまさしく「引き算」と言えるもので、多くの労力と緊張を伴います。

しかし、マツダは最高の腕前を持ってそれをやり遂げました。マツダ3 ファストバックに乗る機会があれば、随所に現れる引き算の美学を噛み締めてみてください。

関連するキーワード


マツダ 車種情報 マツダ3

関連する投稿


【最新版】安くてもカッコイイ!おすすめセダン大特集

【最新版】安くてもカッコイイ!おすすめセダン大特集

最近はSUVでなきゃ車じゃないと思われるほどの人気ですが、車と言えば4ドアセダンという人も多く、セダンならではの良さを知ればその魅力がわかるはずです。そこで今回は知ってるようで意外と知らないセダンの良さと、おすすめしたい格安セダンを大特集します。これを読めば貴方もきっとセダンが好きになるはずですよ!


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【軽でガルウィング?!】夢のある時代の結晶「マツダ AZ-1」の魅力

【軽でガルウィング?!】夢のある時代の結晶「マツダ AZ-1」の魅力

既に生産終了から25年が経過し、実際に走っている個体を見かけることも稀な軽自動車、「マツダ オートザムAZ-1」をご存知でしょうか? 一度見たら忘れられないとんでもなく低くてウェッジシェイプのボディ、ドアを開けばガルウィングが上方に羽根を広げるなど、日本のバブル景気と軽自動車制度が生み出した宝のような名車なのです。詳しく見ていきましょう。


【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

【最新版】国産・外車コンパクトSUVおすすめ10選

今、コンパクトSUVが熱い!ダイハツロッキーと姉妹車のトヨタライズが発売された直後から大ヒット、さらに日産からはキックスがついに国内へ導入されました。また、フォルクスワーゲンはTクロスを日本に導入して話題となっています。そこで、今回は、注目されるコンパクトSUVを国産車、外車(輸入車)から5台ずつ選んで、お勧めする10台をご紹介します。


【最新版】マツダ3セダンを検討中の方に捧げる 悩んだらコレを読め!

【最新版】マツダ3セダンを検討中の方に捧げる 悩んだらコレを読め!

マツダ3セダンを検討したくても、多彩なパワーユニットが特徴のマツダ3はグレード選びで悩む人も多いのではないのでしょうか?そこで今回はマツダ3セダンを徹底解説し、その悩みを解消します。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。