トップへ戻る

2022年のおすすめ最新セダン厳選5台!高級感あふれる最新モデルたち

2022年のおすすめ最新セダン厳選5台!高級感あふれる最新モデルたち

最近でこそSUVや軽自動車の人気に押されているとはいえ、「セダン」は令和の現代でも一定の需要があり、各自動車メーカーからも魅力的な最新モデルのラインアップが続いています。見た目の高級感や乗り心地の良さでは右に出るもののないセダンの最新モデルは、燃費や使い勝手の面でも大きく進化している大満足なモデルばかり。この記事では、2022年におすすめしたい最新セダンを5台紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


2022年を最新セダンと快適に過ごそう!個性極まる最新作たち

《画像提供:Response 》レクサス LS500h F SPORT

ここ最近ではSUVやコンパクトカーの人気に押され、存在感が薄れている「セダン」タイプ。セダンのラインアップ数を削っている自動車メーカーも多く、特にコンパクトサイズのセダンはそもそも新車の選択肢がかなり少なくなってしまっているなど、苦しい状況が感じられます。

とはいえ、低く構えたエレガントで高級感のあるシルエット、高い走行性能や乗り心地、優れた静粛性など、セダンならではの魅力が多いことも事実。

現在セダンにお乗りの方や、今は実用性重視の車に乗っている方でも、ライフスタイルの変化に伴ってセダンを新しく検討しているという方も、実は少なくないのではないでしょうか。

そんな慧眼を持つセダンユーザーの期待に応えるべく、最新のセダンは、独自の強みをさらに伸ばしつつ、2022年の新型車として恥ずかしくない先進装備や安全性能を備えた魅力的なモデルが勢揃いとなっています。

2022年にぜひ選びたい、最新セダンのおすすめ車種を5台まとめて紹介しますので、車選びの参考にぜひチェックしてみてください。

2022年は新型セダンも複数登場見込み!ビッグネームも大変革

この記事では販売中のモデルを紹介しますが、2022年は年間を通してセダンの新型車が複数登場する見込みとなっており、それらのニューモデルからも目が離せません。

具体的なモデルとしては、マツダのフラッグシップセダン「マツダ6」が、2022年中にフルモデルチェンジすることが見込まれています。新たに後輪駆動プラットフォームと直列6気筒エンジンを組み合わせることで、これまで以上に上質な乗り心地が実現されている模様です。

またスバルからは、直近では2021年11月に新型WRX S4がデビューしていますが、国産屈指のスポーツセダン「WRX STI」の新型モデルが登場予定。基本的にマニュアルトランスミッションのみの設定となってきたWRX STIの新型モデルがどのように進化するのか、注目が集まっています。

【2022年最新】おすすめセダンを5台紹介!

トヨタ カローラ:世界で最も売れている車。装備のコスパが抜群

《画像提供:Response 》トヨタ カローラセダン

トヨタを代表するモデルの1つが「トヨタ カローラ」です。最近ではSUVのカローラ クロスの新登場も記憶に新しく、さまざまなボディ仕様や派生モデルを揃えてきた点も印象的なカローラですが、基本はやはり4ドアセダン。初代カローラが1966年に発売されてから、各世代を通じてセダンのラインアップが継続されてきました。

現行型カローラは12代目のモデルで、セダンモデルは先代・先々代で付けられていた「アクシオ」のサブネームを廃止し、シンプルに「カローラ」と呼ばれるようになりました。先行してデビューしたカローラスポーツ同様、非常にスポーティでシャープなエクステリアが印象的ですね。

存在感のあるボディはいよいよ3ナンバーサイズとなっていますが、日本仕様は海外仕様よりも全長全幅やホイールベースを縮小した専用ボディを採用。ミラー格納時の車幅は先代と同様とするなど、使い勝手の面では5ナンバー時代と大きく変わらない取り回しの良さが追求されています。

サイズアップしたとはいえ、圧倒的なコストパフォーマンスの良さもカローラの大きな特徴。ガソリン車のエントリーグレードでは、税抜170万円台からというお求めやすい価格設定ながら、「トヨタセーフティセンス」や7インチのディスプレイオーディオは全車で標準装備なので、最廉価グレードまで含めて安全装備や快適装備も十分に揃う点は、カローラならではの魅力ですね。

またハイブリッド車では、税抜210万円台からとガソリン車よりは価格が上がるものの、WLTCモード燃費が29.0km/Lにも達するグレードがあるなど、エコカーとしての一面もあります。

ゴルフバッグが3つ積める広々としたトランクスペースなど、セダンらしい魅力はそのままに、モダンな装いで若々しさも感じさせるカローラ。なんと6速MTとターボエンジンを組み合わせた走りのグレードも用意するなど、ベーシックセダンという枠に収まらない意欲作となっています。

トヨタ カローラのスペックはこちら

【トヨタ カローラ S(ガソリン車)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,495mm×1,745mm×1,435mm
ホイールベース2,640mm
最大乗車定員5名
車両重量1,300kg
燃費WLTCモード:14.6km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリン 1,797cc
エンジン最高出力103kW(140ps)/6,200rpm
エンジン最大トルク170N・m(17.3kgf・m)/3,900rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッションCVT
新車価格1,945,000円(消費税抜)
(2022年1月現在 トヨタ公式サイトより)

マツダ3 セダン:洗練のデザインと種類豊富なパワートレインが凄い

《画像提供:Response 》マツダ3 セダン SKYACTIV-X

サイズ的には先ほど紹介したトヨタ カローラに近いライバルとなっているのが、「マツダ3 セダン」です。先代まで日本仕様はアクセラという車名でしたが、フルモデルチェンジを機に海外仕様と共通のマツダ3へ車名を変更しています。

世界的に高評価を得ているマツダのデザインですが、その中でもマツダ3 セダンのエクステリアは、陰影や景色の映り込み方まで考え抜かれた高級感あふれるもの。比較的コンパクトなサイズを感じさせない伸びやかなデザインで、セダンならではのエレガントなスタイルを存分に味わえます。

ハッチバックタイプの「マツダ3 ファストバック」と比べても全長を長く取っていることで、たっぷりとしたトランク容量も確保。見た目の印象以上に実用性もばっちりという点も、セダンならではの魅力ですね。

全車で衝突被害軽減ブレーキや全車速追従機能付のマツダレーダークルーズコントロールが標準装備されるなど「サポカーS・ワイド」に認定されるマツダ3 セダンは、最新基準の安全性もバッチリ確保。運転しやすいドライビングポジションや視界の広さも合わせ、ロングドライブから街乗りまで安心感を持って運転できることでしょう。

マツダ3 セダンはパワートレインの豊富なラインアップもポイントで、1.5リッターと2.0リッターという2種類のガソリン車だけでなく、クリーンディーゼル車や、新世代ガソリンエンジン「スカイアクティブX」を搭載したマイルドハイブリッド車から選択が可能。それぞれで前輪駆動と四輪駆動も選択ができるなど、求める性能に応じた細やかな選択が可能です。

1.5リッターエンジン車では税抜200万円台からというコスパがうれしいベースグレードから、各パワートレインに設定される豪華グレード「Lパッケージ」まで、装備レベルに応じたグレード展開の豊富さもあって、選ぶ楽しみも増えますね。

マツダ3 セダンのスペックはこちら

【マツダ3 セダン 15S ツーリング 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,660mm×1,795mm×1,445mm
ホイールベース2,725mm
最大乗車定員5名
車両重量1,330kg
燃費WLTCモード:16.6km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリン 1,496cc
エンジン最高出力82kW(111ps)/6,000rpm
エンジン最大トルク146N・m(14.9kgf・m)/3,500rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション6速AT
新車価格2,105,445円(消費税抜)
(2022年1月現在 マツダ公式サイトより)

スバル WRX S4:最新強靭ボディに注目!大人なATスポーツセダン

《画像提供:Response 》スバル WRX S4

2021年11月に新型モデルが登場したばかりの「スバル WRX S4」は、国産車では数少ない四駆スポーツセダンとして、独自の魅力を発揮する注目モデル。ラリー直結のスポーツDNAを持ち世界的に人気の「WRX」の魅力を、新開発のスポーツCVT「スバルパフォーマンストランスミッション」によって幅広いユーザーが存分に味わうことができます。

フロント部は同社のステーションワゴン「レヴォーグ」との共通性も感じられるものの、大きく絞り込まれたリヤ部など、スポーティさが強調されたデザインも特徴的。ボディ下部やフェンダーにはブラック仕立ての空力テクスチャーを配するなど、空力性能を向上させつつスバルらしいアクティブ感も演出されています。

レヴォーグとの共通性はデザインだけでなく、プラットフォームにも及びます。先行したレヴォーグ同様に「スバルグローバルプラットフォーム」と「フルインナーフレーム構造」を組み合わせたWRX S4は、獲得した強い骨格で乗り心地や操縦性を大幅に向上。荒れた路面での安定した走りや、鋭いコーナリング性能が実現されています。

スポーツセダンとして注目が集まるパワートレインは、こちらもレヴォーグのトップグレードと共通の2.4リッター 水平対向4気筒直噴ターボ「DIT」。最新のターボエンジンらしく、2,000rpmという低回転から4,800rpmまで、日常域で使いやすい回転数域でフラットに最大トルクを発揮するこのエンジンは、275psという高出力による伸びの良さも見どころです。

パワフルなエンジンに組み合わされるトランスミッションはスポーツCVTの「スバルパフォーマンストランスミッション」のみ。CVTならではのワイドレンジで効率の良い走行ができるだけでなく、「SI-DRIVE」のモード選択に応じて8速の固定ギヤでの擬似変速も楽しめるなど、スポーツ走行にもしっかりと応える先進のトランスミッションとなっています。

上位グレードでは、一定条件下の渋滞時にハンズオフ走行も可能な運転支援システム「アイサイトX」を標準装備するモデルもあるなど、現時点でのスバルの先進テクノロジーを丸ごと味わえるような一台となっているWRX S4。まだまだ実車を見かける機会は少ないですが、2022年の再注目セダンの1台といえるでしょう。

スバル WRX S4のスペックはこちら

【スバル WRX S4 GT-H EX】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,670mm×1,825mm×1,465mm
ホイールベース2,675mm
最大乗車定員5名
車両重量1,590kg
燃費WLTCモード:10.8km/L
エンジン種類水平対向4気筒ガソリンターボ 2,387cc
エンジン最高出力202kW(275ps)/5,600rpm
エンジン最大トルク375N・m(38.2kgf・m)/2,000-4,800rpm
駆動方式全輪駆動(AWD)
トランスミッションCVT
新車価格3,990,000円(消費税抜)
(2022年1月現在 スバル公式サイトより)

ホンダ アコード:流麗デザインの国際派セダンは低燃費にも注目

《画像提供:Response 》ホンダ アコード

昔のアコードをご存知の方なら「これがアコード?!」と驚いてしまうかもしれないほど、堂々としたスタイルを持つ現行型の「ホンダ アコード」。全長は4.9m、全幅は1.86mにも達する大柄なボディを持つアコードは、2021年末で生産を終了したレジェンドに代わって、ホンダのフラッグシップセダンとなっています。

ヘッドランプからテールランプまで力強く伸びるキャラクターラインや、クーペのように滑らかに下降していくルーフラインなどを持つアコードのエクステリアは、セダンらしいフォーマル感は残しつつかなりアグレッシブな印象です。

室内に乗り込むと、ボディサイズの余裕がもたらすゆとりの空間が広がります。後席の足元空間の余裕は、上級セダンならではの豪華さを感じさせてくれ、前席だけでなく左右後席にもシートヒーターを標準装備されるなど、おもてなし装備も十分に揃います。

2.0リッターガソリンエンジンと2モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「e:HEV」を装備するアコード。低中速域ではモーター駆動、高速域ではエンジン直結駆動と、シーンに応じて効率の良い運転を自動で実現してくれるこのシステムは、WLTCモード燃費で22.8km/Lという低燃費を実現。余裕のある走行性能を両立しています。

日本仕様のアコードはe:HEV搭載の「EX」グレード1種類と、販売ラインアップをかなり絞り込んでいるものの、こちらはアダプティブダンパーシステムやノイズリデューシングアルミホイール、大型のヘッドアップディスプレー、サンルーフまで豪華な標準装備が満載。上質なセダンをお探しの方でも満足いただけるでしょう。

税抜価格でも420万円台からと、価格としてはややお高めな印象もあるアコードですが、セダンならではの高級感を存分に味わえることを思えば、この価格設定には納得できるのではないでしょうか。

ホンダ アコードのスペックはこちら

【ホンダ アコード EX】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,900mm×1,860mm×1,450mm
ホイールベース2,830mm
最大乗車定員5名
車両重量1,560kg
燃費WLTCモード:22.8km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 1,993cc
エンジン最高出力107kW(145ps)/6,200rpm
エンジン最大トルク175N・m(17.8kgf・m)/3,500rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力135kW(184ps)/5,000-6,000rpm
モーター最大トルク315N・m(32.1kgf・m)/0-2,000rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格4,227,273円(消費税抜)
(2022年1月現在 ホンダ公式サイトより)

レクサス LS:ハンズオフドライブも!日本の誇るフラッグシップ

《画像提供:Response 》レクサス LS500h バージョンL

国産車として最高峰のセダンのひとつとなる「レクサス LS」は、高級車ブランドのレクサスを代表するモデル。初代LSは、その成功によってレクサスの高いブランドイメージを確立したといっても過言ではないほどで、登場当時の高級車業界に革命を起こした車でした。

現行型となるのは、海外仕様車も含めると5代目となるモデルで、2017年に登場しました。2020年11月には大規模なマイナーチェンジが実施されており内外装意匠が更新されたほか、2021年4月にはレクサス/トヨタとして初設定となる「アドバンストドライブ」を搭載したグレードを、トヨタ ミライと同時に発売しています。

全長5mオーバーとレクサスの最高級セダンにふさわしい大柄なボディを持つLS。搭載されるパワートレインはどちらもV型6気筒 3.5リッターのガソリンツインターボエンジンとハイブリッドの2本立てで、ダイナミックな運動性能と、後席の同乗者がゆったりとくつろげる優れたコントロール性を両立しています。

2022年の最新セダンとして注目しておきたい「アドバンストドライブ」は、高速道路などの使用可能エリア内でのハンズオフドライブや、目的地までのルートに応じた車線変更や前走車の追い越し運転を支援してくれるなど、スムーズな動きで人の感性に沿った運転支援システムとなっています。

トヨタ ミライならLSの半額程度の価格でアドバンストドライブを体験することが可能ではあるものの、そこはさすがに高級車ブランドのレクサスだけあって、ひと回り大きなボディサイズを持つゆとりと高級感あふれるインテリアや、パワフルなパワートレインなど、LSにはきちんとブランド分の差がつけられている印象です。

アドバンストドライブを搭載しない仕様であっても、フラッグシップセダンらしい世界観を濃厚に味わえるLS。豊富に用意されたグレードやカラー、インテリアの仕立てなどのバリエーションからお好みの仕様をとことん追求することができる楽しさも、高級車らしい特徴ですね

レクサス LSのスペックはこちら

【レクサス LS500h “バージョンL アドバンストドライブ”】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,235mm×1,900mm×1,460mm
ホイールベース3,125mm
最大乗車定員5名
車両重量2,380kg
燃費WLTCモード:12.6km/L
エンジン種類V型6気筒ガソリンハイブリッド 3,456cc
エンジン最高出力220kW(299ps)/6,600rpm
エンジン最大トルク356N・m(36.3kgf・m)/5,100rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力132kW(180ps)
モーター最大トルク300N・m(30.6kgf・m)
駆動方式全輪駆動(AWD)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格14,818,182円(消費税抜)
(2022年1月現在 レクサス公式サイトより)

まとめ

《画像提供:Response 》トヨタ・アバロン・ツーリング

2022年にぜひチェックしておきたいおすすめセダンを5台紹介しました。

ラインアップ数こそ減っているものの、その分セダンならではの魅力をしっかりと体感できるモデルが厳選されている印象もあるのが、2022年のセダンです。

走行性能や燃費、くつろぎの室内空間など、こだわりポイントはドライバーそれぞれで異なるはず。納得の車選びで、快適なカーライフをぜひ送ってみてくださいね。

【新車情報】2022年発売が予想される新型車を大調査!各社期待の星が勢揃い | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5707

自動車の電動化がいよいよさらに進められていくであろう2022年ですが、国内に存在する各メーカーだけでなく、輸入車メーカーからも重要な新型車が多数登場する見込みとなっており、ぜひ注目しておきたいところですね。この記事では、2022年に登場が見込まれている新型車をまるっとご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。愛車候補のあの車も、モデルチェンジ直前かもしれませんよ。

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較 | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5556

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。

トヨタのセダン一覧!全8車種の特徴や評価、購入の比較材料を徹底解説 | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5518

日本を代表する自動車メーカーであるトヨタは、車のジャンルも幅広く展開しており、自分の好みに合った1台を見つけることができます。もちろんセダンの車種も豊富に取り揃えているので、コンパクトなモデルから、ラグジュアリーに乗れるモデルまであります。ではトヨタのセダンはどのような種類があるでしょうか?特徴や評価など詳しくご紹介します。

2022年最新版 メルセデス・ベンツのセダン一覧 | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/4310

メルセデス・ベンツはドイツ有数の自動車メーカーの一つであり、ドイツ国内外問わず多くの人たちから人気を博しています。セダンもそのメルセデス・ベンツのラインナップの一つです。今回はベンツのセダンについてお伝えします。

よくある質問

2022年のセダン、特徴はどこ?

2022年のセダンで重視しておきたい特徴は、やはり突出した快適性能です。セダンならではの優れた乗り心地や静粛性だけでなく、シートヒーターやアクティブノイズキャンセリング機能を備えることでワンランク上の快適性を実現していたりする最新モデルもありますので、しっかりチェックしておきたいところですね。

2022年にデビューする新型セダンってあるの?

2022年には、後輪駆動プラットフォームと直列6気筒エンジンを搭載した新型マツダ6が登場予定で、セダン業界における今年のニュースとなりそうです。

関連する投稿


【2022年】風を感じるオープンカーおすすめ5選!人気車種と最新情報をお届け

【2022年】風を感じるオープンカーおすすめ5選!人気車種と最新情報をお届け

「オープンカー」という言葉を聞いただけで、クルマ好きの人なら心がときめくはず。屋根を開けて、風を感じながら走るドライブは爽快そのもの。この記事では、2022年の最新のオープンカー情報を紹介します!


期待の最新小型SUV、ホンダ ZR-VとBR-V!日本導入はあるか

期待の最新小型SUV、ホンダ ZR-VとBR-V!日本導入はあるか

ユーティリティ抜群のコンパクトカーやミニバンが人気のホンダながら、売れ筋のSUVジャンルでは、国内のラインアップを見ると、CR-Vとヴェゼルの2台だけと意外に選択肢が少ない印象。しかし、海外に目を向けるとホンダらしさが光る、魅力的なコンパクトSUVが多数存在しています。今後の日本導入にも期待したくなる魅惑のホンダ最新コンパクトSUV、ZR-VとBR-Vに注目して紹介します。


トヨタ カローラ クロスが売れている理由を徹底分析!ライバルとの比較も

トヨタ カローラ クロスが売れている理由を徹底分析!ライバルとの比較も

海外から遅れて2021年に国内導入が開始されたトヨタ カローラ クロスは、登場直後から人気を獲得しています。カローラシリーズ初のSUVであるカローラ クロスには、他のカローラシリーズと共通した魅力だけでなく、カローラ クロスだけが持つ魅力などが満載ですので、知れば知るほどその人気に納得してしまうはず。カローラ クロスにどんな特徴があるのか、詳しく紹介します。


レクサス新型LXが堂々登場!注目の価格やシビれる高級装備を徹底調査

レクサス新型LXが堂々登場!注目の価格やシビれる高級装備を徹底調査

高級車ブランド「レクサス」のフラッグシップSUVでありながら、道なき道も涼しい顔で通り抜けられる究極のオフロード性能をも兼ね備えたモデルが「レクサス LX」です。国内で2世代目となる新型モデルの登場で、その仕上がりや装備に注目している方も多いのではないでしょうか。この記事では新型LXの注目ポイントを紹介しつつ、気になる価格帯なども調査しています。ぜひチェックしてみてください。


発売間近!マツダ CX-50の注目点とマツダSUV今後の展開をサクッと紹介

発売間近!マツダ CX-50の注目点とマツダSUV今後の展開をサクッと紹介

2012年に初代CX-5がデビューして以降、クリーンディーゼルから電気自動車まで揃う豊富なラインアップと、こだわりの商品性で人気を獲得しているマツダのSUV。2022年にはニューモデルも複数発売予定となっていて、期待している方も多いのではないでしょうか。北米市場向けのCX-50が量産開始されて新世代商品群の幕開けも間近な現時点で、わかっている情報をまとめて紹介します。


最新の投稿


【2022年最新】最も低燃費な軽はコレ!軽自動車燃費ランキングTOP10

【2022年最新】最も低燃費な軽はコレ!軽自動車燃費ランキングTOP10

価格の安さや維持費の安さでお財布に優しい軽自動車ですが、近年の軽自動車は燃費性能も大幅に向上しており、上手に選べばガソリン代もしっかり節約することができます。いったいどの軽自動車が低燃費なのか、気になってきますよね。この記事では、最新のカタログ燃費をもとに、最も低燃費な軽自動車10車種を紹介します。最新軽自動車の驚きの燃費性能を、ぜひチェックしてみてくださいね。


値落ちが激しくお買い得!中古車ミニバンおすすめ5選

値落ちが激しくお買い得!中古車ミニバンおすすめ5選

大勢が乗車できて荷物も運べる便利な「ミニバン」は、SUVと並んで日本では人気の高い車のジャンルの一つです。そんなミニバンを中古車でなるべくお買い得に購入したいという方も多いでしょう。しかし、人気ジャンルゆえに存在する車種が非常に豊富で、選ぶにしても選択肢の広さに迷ってしまうことも。この記事では、そんな方の参考となるように、中古車価格がお買い得でさらに魅力度の高い選りすぐりのミニバンを5車種紹介します。


車の水垢を落とす方法と水垢洗剤おすすめ10選!水垢の種類や原因、付着防止の方法も徹底解説

車の水垢を落とす方法と水垢洗剤おすすめ10選!水垢の種類や原因、付着防止の方法も徹底解説

気付いたら車に付着している水垢は、見た目も悪く、落とすのも大変…できれば発生させたくないですよね。では、水垢がなぜ発生するのかご存じでしょうか。今回は水垢が発生する原因から落とし方までの解説と、水垢落としにおすすめな洗剤10選を紹介します。


【2022年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2022年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


車の賢い買い方とは?新車・中古車を選ぶメリット・デメリットや買い方を徹底解説

車の賢い買い方とは?新車・中古車を選ぶメリット・デメリットや買い方を徹底解説

「晴れて免許がとれたから、車を買ってみたい!でも、車ってどうやって買うの?」「長く乗った今の車をそろそろ買い替えたい!最近よく見かける「残価設定ローン」や「サブスク」ってなに?」などなど車の買い方について疑問に思うことはありませんか。昨今では「車の買い方」にはさまざまな方法があります。また、「車を買わずに所有するスタイルというのも存在します。ここでは車を所有するさまざまな方法について紹介します。