目次へ戻る

マツダ スピードアクセラの魅力┃アクセラとの違いや歴代モデル、燃費等一覧

マツダ スピードアクセラの魅力┃アクセラとの違いや歴代モデル、燃費等一覧

マツダスピードアクセラはじゃじゃ馬と呼ばれるくらい癖が強い車です。しかし、その癖がある車を好きな人はたくさんいます。その魅力は一体どこにあるのでしょうか。それでは、マツダスピードアクセラについて見ていきましょう。


マツダ アクセラの概要

2003年マツダは長年親しまれてきたファミリアに代わる、世界戦略車を発売する事になりました。アクセラです。この車はファミリアよりも車体が一回り大きく、あらゆる状況に対応できるよう設計されました。

アクセラは大きく分けて4ドアセダンと、4ドア+ハッチバックモデルのスポーツを用意しました。初代アクセラ・モデルBK系の登場です。

この初代アクセラのボディサイズはヨーロッパの市場をにらみ、いわゆるCセグメントサイズに準じて少し大きく設計されています。

このアクセラは欧州などでも評判がよく本年度も発売され続けているマツダのロングセラーカーです。

マツダスピードとは

かつてはマツダ系列のスポーツ部門として存在した会社で、ル・マンなどにも参戦するなど一世を風靡した会社でした。

マツダ アクセラとマツダ スピードアクセラの違い

マツダ スピードアクセラは2006年のアクセラのマイナーチェンジの時期に発売が開始されました。一番の違いは、見事なじゃじゃ馬っぷりではないでしょうか。マツダスピードアクセラは、オーバーパワーでオーバートルクの見事なスポーツFFの暴れ馬です。

最近の車で、ここまで運転して心地よい疲れを感じさせるてくれる車も珍しいのではないでしょうか。マツダアクセラとマツダスピードアクセラの違いはずばり、もはや違う車と形容すればよいのです。

マツダスピードアクセラは、並みの女性ではとても扱いづらい車かも知れません。クラッチはこれでもかと言うほど重く、シフトレバーもとても普通車の物とは思えないほどシビアにポジションを要求する、まさにラリー車と思ってしまうほどです。

しかしマニアにはたまらない感動を与えてくれると思わせてくれる程、見事な暴れ馬に仕上げたものです。

マツダ スピードアクセラの3世代目は幻である

マツダ スピードアクセラは2006年から2013まで発売が続いた息の長い車です。そして三代目となるモデルは2021年に発売かと噂されています。

この息の長さは基本設計が正しかった事と、明確なビジョンをもって販売され続けて来たからでしょう。

俗にいうマニアと呼ばれる人たちが世界中からこの車を支持し続けた事も長く残っている証です。その2代にわたるマツダスピードアクセラの変遷を見ていきましょう。

初代マツダ スピードアクセラ

基本スペックは、2.3リッター4気筒・直噴ターボの264馬力でFF駆動車になります。モデルは6MT・5ドアのみの設定で価格は241万円からとなっています。

Boseサウンドシステム、ディスチャージド・ヘッドランプ、キーレスエントリーなどのオプションを含めても約260万円となっており、比較的求めやすい金額になっていました。

通常のアクセラとの違いは一番目を引く部分としては、やはりエアインテークの為に開けられた大きな口が目を引き、それ以外には前後バンパー、18インチタイヤ、リアスポイラーが大人しく主張しています。

気になる走りの性能ですが、真っ先に目を引く数字はやはりパワーウエイトレシオ5.3kg/psで数あるライバル社と比較しても断トツのパワーウェイトレシオです。

マツダスピードアクセラの売りでもある2.3リッター直噴ターボエンジンは、アテンザ272ps・38.7kgmより8psデチューンされて、264psと38.7kgmを発揮。

またその一方、車重は4WDのアテンザより170kgも軽い1390kgですから、言うまでもなくアクセラの方がだんぜん速く、この1台からスピードアクセラのじゃじゃ馬伝説が始まりました。

2代目マツダ スピードアクセラ

2009年に登場した2代目マツダスピードアクセラは、エンジンには初代と同じ形式のエンジンを搭載したため、動力性能は初代とほぼ変わりません。

エクステリアは初代と同じアクセラと差別化が図られていました。2代目アクセラはエクステリアこそ変わったものの、ほとんど初代と同じ感覚です。

3代目マツダ スピードアクセラ

スピードアクセラは2代目で生産を休止していますが、マツダアクセラは2019年の東京オートサロンにマツダ3という名のアクセラを登場させています。

この登場に伴いスピードアクセラがラインナップされるのではという噂が出ていますが、スピードアクセラの噂は定期的に上がって来るので大きな期待はせずに、その動向を見守る方が良いのかもしれません。

マツダ スピードアクセラのデザイン

マツダの流れである魂動(こどう)をテーマにデザインされているアクセラスピードも同様にデザインされています。

一見するとアクセラと違いが見受けられませんが、細部には違いが随所に施されています。派手さはありませんがしっかりとしてデザインコンセプトに則ったデザインはマツダらしさに溢れています。

マツダ スピードアクセラの評価

まず一番に言われている事は、マニュアル設定しかこの車にはないという点です。この時点である程度乗り手を選ぶ車という事が分かります。

AT全盛の時代にあえてMT車しか作らない姿勢は賛否両論あるとは思いますが、そこにこの車を作る意味と存在理由がしっかりと盛り込まれています。

評価はすこぶる分かれていて販売台数にもしっかりと表れていますが、同時にマツダの挑戦する姿勢も表れていると感じます。

この車のオーナーの意見は比較的好評です。一番の魅力は、「安くて速い」この一言ではないでしょうか。

速さだけを語るならこの車は文句なしで断トツの評価を頂ける車でしょうしそれに値する車ですが、総合評価となると少し分が悪くなります。

決して広いとは言えないパッケージスペース、ライバルのインプレッサと比べた際の評価などは少し悪いようですが、それも加味したうえでこの車をマツダは世に出し評価を見ている気がします。そういう意味では今後のマツダを占う一台になるのかも知れません。

まとめ

マツダスピードアクセラの名前を知る人は、オーナーか、余程の車好きの方ではないでしょうか。オーナーであるならもう何も語る必要はなく、車好きの方なら1度は乗ってみたいと思われることでしょう。アクセルを思い切り踏み込んだ時の加速は、まさにスポーツカーの領域です。ギアを1速ずつ上げていく度に座席に押し付けられるようなGを感じる幸福感、その速さを確実に与えてくれるのがこのマツダスピードアクセラという車です。

関連する投稿


【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!【10月16日更新】


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるの?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月16日更新】


【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

2019年下半期。7月~12月にかけて、新型車・新車ラッシュ・フルモデルチェンジが控えています。本記事では2019年下半期に行われると予測される新型デビュー・モデルチェンジを、月ごとにまとめています。国産車・外車(輸入車)はもちろん、価格や注目ポイントも網羅。10月には来る東京モーターショーも控えている2019年下半期の新型車情報を見ていきます!


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサはセミトールワゴン型のコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)