目次へ戻る

マツダ スピードアクセラの魅力┃アクセラとの違いや歴代モデル、燃費等一覧

マツダ スピードアクセラの魅力┃アクセラとの違いや歴代モデル、燃費等一覧

マツダスピードアクセラはじゃじゃ馬と呼ばれるくらい癖が強い車です。しかし、その癖がある車を好きな人はたくさんいます。その魅力は一体どこにあるのでしょうか。それでは、マツダスピードアクセラについて見ていきましょう。


マツダ アクセラの概要

2003年マツダは長年親しまれてきたファミリアに代わる、世界戦略車を発売する事になりました。アクセラです。この車はファミリアよりも車体が一回り大きく、あらゆる状況に対応できるよう設計されました。

アクセラは大きく分けて4ドアセダンと、4ドア+ハッチバックモデルのスポーツを用意しました。初代アクセラ・モデルBK系の登場です。

この初代アクセラのボディサイズはヨーロッパの市場をにらみ、いわゆるCセグメントサイズに準じて少し大きく設計されています。

このアクセラは欧州などでも評判がよく本年度も発売され続けているマツダのロングセラーカーです。

マツダスピードとは

かつてはマツダ系列のスポーツ部門として存在した会社で、ル・マンなどにも参戦するなど一世を風靡した会社でした。

マツダ アクセラとマツダ スピードアクセラの違い

マツダ スピードアクセラは2006年のアクセラのマイナーチェンジの時期に発売が開始されました。一番の違いは、見事なじゃじゃ馬っぷりではないでしょうか。マツダスピードアクセラは、オーバーパワーでオーバートルクの見事なスポーツFFの暴れ馬です。

最近の車で、ここまで運転して心地よい疲れを感じさせるてくれる車も珍しいのではないでしょうか。マツダアクセラとマツダスピードアクセラの違いはずばり、もはや違う車と形容すればよいのです。

マツダスピードアクセラは、並みの女性ではとても扱いづらい車かも知れません。クラッチはこれでもかと言うほど重く、シフトレバーもとても普通車の物とは思えないほどシビアにポジションを要求する、まさにラリー車と思ってしまうほどです。

しかしマニアにはたまらない感動を与えてくれると思わせてくれる程、見事な暴れ馬に仕上げたものです。

マツダ スピードアクセラの3世代目は幻である

マツダ スピードアクセラは2006年から2013まで発売が続いた息の長い車です。そして三代目となるモデルは2021年に発売かと噂されています。

この息の長さは基本設計が正しかった事と、明確なビジョンをもって販売され続けて来たからでしょう。

俗にいうマニアと呼ばれる人たちが世界中からこの車を支持し続けた事も長く残っている証です。その2代にわたるマツダスピードアクセラの変遷を見ていきましょう。

初代マツダ スピードアクセラ

基本スペックは、2.3リッター4気筒・直噴ターボの264馬力でFF駆動車になります。モデルは6MT・5ドアのみの設定で価格は241万円からとなっています。

Boseサウンドシステム、ディスチャージド・ヘッドランプ、キーレスエントリーなどのオプションを含めても約260万円となっており、比較的求めやすい金額になっていました。

通常のアクセラとの違いは一番目を引く部分としては、やはりエアインテークの為に開けられた大きな口が目を引き、それ以外には前後バンパー、18インチタイヤ、リアスポイラーが大人しく主張しています。

気になる走りの性能ですが、真っ先に目を引く数字はやはりパワーウエイトレシオ5.3kg/psで数あるライバル社と比較しても断トツのパワーウェイトレシオです。

マツダスピードアクセラの売りでもある2.3リッター直噴ターボエンジンは、アテンザ272ps・38.7kgmより8psデチューンされて、264psと38.7kgmを発揮。

またその一方、車重は4WDのアテンザより170kgも軽い1390kgですから、言うまでもなくアクセラの方がだんぜん速く、この1台からスピードアクセラのじゃじゃ馬伝説が始まりました。

2代目マツダ スピードアクセラ

2009年に登場した2代目マツダスピードアクセラは、エンジンには初代と同じ形式のエンジンを搭載したため、動力性能は初代とほぼ変わりません。

エクステリアは初代と同じアクセラと差別化が図られていました。2代目アクセラはエクステリアこそ変わったものの、ほとんど初代と同じ感覚です。

3代目マツダ スピードアクセラ

スピードアクセラは2代目で生産を休止していますが、マツダアクセラは2019年の東京オートサロンにマツダ3という名のアクセラを登場させています。

この登場に伴いスピードアクセラがラインナップされるのではという噂が出ていますが、スピードアクセラの噂は定期的に上がって来るので大きな期待はせずに、その動向を見守る方が良いのかもしれません。

マツダ スピードアクセラのデザイン

マツダの流れである魂動(こどう)をテーマにデザインされているアクセラスピードも同様にデザインされています。

一見するとアクセラと違いが見受けられませんが、細部には違いが随所に施されています。派手さはありませんがしっかりとしてデザインコンセプトに則ったデザインはマツダらしさに溢れています。

マツダ スピードアクセラの評価

まず一番に言われている事は、マニュアル設定しかこの車にはないという点です。この時点である程度乗り手を選ぶ車という事が分かります。

AT全盛の時代にあえてMT車しか作らない姿勢は賛否両論あるとは思いますが、そこにこの車を作る意味と存在理由がしっかりと盛り込まれています。

評価はすこぶる分かれていて販売台数にもしっかりと表れていますが、同時にマツダの挑戦する姿勢も表れていると感じます。

この車のオーナーの意見は比較的好評です。一番の魅力は、「安くて速い」この一言ではないでしょうか。

速さだけを語るならこの車は文句なしで断トツの評価を頂ける車でしょうしそれに値する車ですが、総合評価となると少し分が悪くなります。

決して広いとは言えないパッケージスペース、ライバルのインプレッサと比べた際の評価などは少し悪いようですが、それも加味したうえでこの車をマツダは世に出し評価を見ている気がします。そういう意味では今後のマツダを占う一台になるのかも知れません。

まとめ

マツダスピードアクセラの名前を知る人は、オーナーか、余程の車好きの方ではないでしょうか。オーナーであるならもう何も語る必要はなく、車好きの方なら1度は乗ってみたいと思われることでしょう。アクセルを思い切り踏み込んだ時の加速は、まさにスポーツカーの領域です。ギアを1速ずつ上げていく度に座席に押し付けられるようなGを感じる幸福感、その速さを確実に与えてくれるのがこのマツダスピードアクセラという車です。

関連する投稿


【出るかMX-30】 マツダが一挙に証票登録!

【出るかMX-30】 マツダが一挙に証票登録!

マツダが欧州にて、『MX-30』をはじめ『CX-10』『CX-20』『CX-40』『CX-50』『CX-60』『CX-70』、そして『CX-80』など一挙に商標登録していることが明らかになりました。これは…?


マツダの車種名が続々世界統一車名に!変わった車種名まとめ

マツダの車種名が続々世界統一車名に!変わった車種名まとめ

マツダの車種名が続々と世界統一の名前に変わってしまい、寂しいという方や驚かれた方もいるのではないでしょうか。 本記事ではあらためてどのクルマがどの名前になったのかをまとめています。アテンザ、デミオ、ロードスターほか。


マツダのフラッグシップ!アテンザ改めマツダ6改良モデル!発売は8月1日

マツダのフラッグシップ!アテンザ改めマツダ6改良モデル!発売は8月1日

マツダのアテンザが改良されて登場します。名前は世界統一の「マツダ6」に変更されました。発売は8月1日で、予約受注を開始しています。


マツダのマツダ3 乗ってみた感想はどう?試乗記感想まとめ

マツダのマツダ3 乗ってみた感想はどう?試乗記感想まとめ

今年日本でもフルモデルチェンジして発売されたマツダのマツダ3。これから購入をしようかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。本記事ではそんな方向けにマツダ3の試乗記をまとめています。


マツダの名車!初代~9代目全ファミリアを紹介!中古車市場はどうなっている?

マツダの名車!初代~9代目全ファミリアを紹介!中古車市場はどうなっている?

日本の自動車史の中でも存在感を放っている車の1つがマツダのファミリアです。ファミリアはファミリーカーの代名詞として人気を博してきました。そんなファミリアについて、初代から9代目までの概要を説明します。そもそもファミリアとはどういう車であったのか、そして現在の中古車市場についても見ていきましょう。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。