トップへ戻る

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レクサスのSUVの歴史

レクサス RX 450h

レクサス RX 450h

国内向けレクサスのSUVの中で最初に発売されたのは「RX」であり、2009年に初めてお披露目されました。

北米市場のRXの成功を受けてさらに新型SUVの開発が進んだ結果「NX」が販売されるようになり、2018年にはコンパクトSUVの「UX」など、レクサスとしては比較的手頃な価格で購入できるSUVなども登場しています。

レクサスのSUVの特徴

レクサスRX改良新型(海外仕様)

レクサスRX改良新型(海外仕様)

レクサスのSUVはスペックも価格もさまざまですが、最も安価な「UX」でも400万円程度と比較的高価な価格帯に設定されています。エクステリアのデザインだけでなくインテリアの機能性
にもこだわりがみられるつくりになっており、上質で快適な室内空間が特徴です。

サイズはコンパクトSUVからクロスオーバーSUV、クロスカントリーSUVまで幅広く扱っており、レクサスにおいてはボディサイズが大きくなるほど高級車の位置づけとなっています。

レクサスの最新型SUVはどれ?

レクサス LF-1リミットレス(デトロイトモーターショー2018)

レクサス LF-1リミットレス(デトロイトモーターショー2018)

現行のレクサスのSUVは「UX」「NX」「RX」「LX」の4種類が販売されています。また、2022年には新型クーペSUVの「LQ」の販売開始が予測されており、現行のラインナップに加わって全5種類になるとみられています。

レクサスの現行SUV4種類を紹介!

レクサス UX 250h

レクサス UX 250h

ここまで、レクサスのSUVの歴史や特徴、最新型SUVについてご紹介してきました。ここからは、前述したレクサスの4種類の現行SUVについて詳しくご紹介します。

レクサス UX

レクサス UXはレクサスのSUVの中では最もボディサイズが小さく、立体駐車場などにもスムーズに入庫できる1,540mmの全高は街乗りにも適しています。

基本スペック

レクサス UXはハイブリッドモデルの「UX250h」が2WD/AWDの2種類と、ガソリン車の「UX200」が2WDのみの合計3種類がラインナップされています。グレードはスタンダードモデルのほかに「version L」「F SPORT」「version C」が用意されており、ボディカラーは13色(メーカーオプション含む)から選択可能です。

燃費性能はUX200が16.4km/L、UX250hが21.6km/L~22.8 km/L(WLTCモード)となっており、ブレーキアシストや緊急ブレーキシグナルなどの安全装備が全車に標準装備されています。

新車価格

レクサス UXの新車価格は2WD/AWDやグレードによって異なります。最も安価に購入できるのはUX200のスタンダードモデルで、2WD車が361万1,818円(税別)の価格設定となっています。一方、最上級グレードはUX250hの「version L」で、AWD車が495万3,636円(税別)です。

レクサス NX

レクサス NXはレクサスの歴史の中で初のコンパクトSUVであり、小ぶりなボディサイズと取り回しの良さが魅力の一台です。

基本スペック

レクサス NXはハイブリッドモデルの「NX300h」が2WD/AWDの2種類、ガソリン(ターボエンジン)車の「NX300」が2WD/AWDの2種類で合計4種類がラインナップされています。
グレードはスタンダードモデルのほかに「I package」「F SPORT」「version L」が用意されており、ボディカラーは「F SPORT」が12色、その他のグレードは9色(メーカーオプション含む)から選択可能です。

燃費性能はNX300が11.2~12.6km/L、NX300hが15.8~17.8km/L(WLTCモード)となっており、レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)などの「レクサスセーフティーシステム+」や、SRSエアバッグシステムなどのパッシブセーフティ装備が充実しています。

新車価格

レクサス NXの新車価格は2WD/AWDやグレードによって異なります。最も安価に購入できるのはNX300のスタンダードモデルで、2WD車が413万2,727円(税別)の価格設定となっています。

一方、最上級グレードはNX300hの「version L」で、AWD車が557万円(税別)です。

レクサス RX

レクサス RXはレクサスの中でもブランドを決定づけた人気モデルで、日本国内では当初「ハリアー」としてトヨタから販売されていました。

基本スペック

レクサス RXはハイブリッドモデルの「RX450hL」がAWDの1種類、「RX450h」が2WD/AWDの2種類、ガソリン(ターボエンジン)車の「RX300」が2WD/AWDの2種類で合計5種類がラインナップされています。グレードはスタンダードモデルのほかに「F SPORT」「version L」が用意されており(RX450hLはスタンダードモデルのみ)、ボディカラーは「F SPORT」が7色、その他のグレードは9色(メーカーオプション含む)から選択可能です。

燃費性能はRX300が10.4~10.9km/L、RX450hが14.9~15.6km/L、RX450hLが14.7km/L(WLTCモード)となっており、ブレーキアシストや緊急ブレーキシグナルなどの安全装備が全車に標準装備されています。

新車価格

レクサス RXの新車価格は2WD/AWDやグレードによって異なります。最も安価に購入できるのはRX300のスタンダードモデルで、2WD車が476万3,636円(税別)の価格設定となっています。一方、最上級グレードはRX450hLのスタンダードモデルで、AWD車が723万6,364円(税別)です。

レクサス LX

レクサス LXは、レクサスのSUVの中でも最上位モデルです。ランドクルーザーと兄弟車の関係にありますが、LXはオンロードの快適性をより重視している点が特徴的といえるでしょう。

基本スペック

レクサス LXはガソリン車の「LX570」がAWDの1種類だけラインナップされており、シートの種類を「2列シート・5人乗り」か「3列シート・8人乗り」から選択できます。

グレードはスタンダードモデルの1種類のみで、ボディカラーが全5色、インテリアカラーはステッチカラーやルーフカラー、トリムカラーなどが合わせてコーディネートされるため、オリジナリティのある車内空間をつくれるのが特徴です。

燃費性能は6.6km/L(WLTCモード)となっており、レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)などの「レクサスセーフティーシステム+」や、SRSエアバッグシステムなどの「パッシブセーフティ」といった安全装備が充実しています。

新車価格

レクサス LXの新車価格は1,032万4,074円(税別)の価格設定となっています。2列シート・5人乗りと 3列シート・8人乗りの2種類がありますが、どちらも価格は同じです。

まとめ

レクサス LX 570 の2021年モデル(米国仕様)

レクサス LX 570 の2021年モデル(米国仕様)

今回はレクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格についてお伝えしてきました。
現行の4種類の中にも街乗りに便利なコンパクトSUVや高級車クロスオーバーSUVなど、さまざまなコンセプトの車種があります。自身の用途を明確にした上で性能や価格を比較し、どの車種を選ぶか決めると良いでしょう。それぞれカラーの種類も豊富ですので、好みにぴったりな一台が見つかるはずです。

今後は新型モデルの「LQ」の発売も控えています。今すぐお気に入りのSUVを購入するのも、5種類に増えたラインナップの中から愛車を選ぶのも、どちらも楽しみが大きいのではないでしょうか。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 SUV

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。