目次へ戻る

【豆知識】ファミリーカーってどんな車?人気の車種もご紹介

【豆知識】ファミリーカーってどんな車?人気の車種もご紹介

家族が増えたら、是非とも欲しい物の一つが、多人数乗車の可能なファミリーカーです。家族構成の変化で一度に移動する人数が増えると、スポーツカーやクーペでは、どうしても手狭に感じてしまいます。今回は、ファミリーカーについての解説から、タイプ別でのおすすめファミリーカーの紹介もしていきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


人気のファミリーカーとは?

車で出かける家族

ファミリーカーについて知ろう

ファミリーカーの特徴について見ていきましょう。

実は特別な定義はない

ファミリーカーには、特に車種についての定義があるわけではありません。

「結婚した」「お子さんが生まれた」「親御さんと同居する」などの際に、家族人数や年齢、利用目的に合わせて選ぶのがファミリーカーです。

どんな車を選ぶ?3つのポイントをご紹介

ファミリーカーには特別な定義がないとはいえ、何か目安みたいのが欲しいと思う事はありませんか?そこでファミリー向けの車をチョイスするときのポイントを3つご紹介します。

今後のライフスタイルも考える

「車はそのときどきで買い替える!」そんな楽しみ方もあるかもしれませんが、その分購入費用が掛かり現実的ではないですよね。

お子さんの成長や高齢の親御さんとの同居の可能性など、将来を見据えた車選びが大切です。

安全性能をチェックする

大切な家族のためのファミリーカーですから、安全面の配慮は充実していた方がいいでしょう。

車の安全装備はどんどん新しくなりますので、常に最新の情報をチェックし、安全で快適な車を選びましょう。

購入前に試乗する

購入前に試乗して選ぶことも大切です。

スライドドアやシートアレンジなど、実際に車に乗る家族全員で乗り心地を確認してから購入する様にしましょう。

そもそもファミリーカーは何のために必要?

三菱 デリカD:5

三菱 デリカD:5

ファミリーカーが必要な理由を下記のようなことが考えられます。

【必要な理由その1】大人数で移動できる

独身時代と違い、家族ができると車の選び方や目的が変わってきます。

家族揃って乗れるファミリーカーがあると、旅行やドライブ、ショッピングなどみんなでわいわいしながら楽しく移動できるのでいいですよね。

【必要な理由その2】荷物をたくさん積める

例えばミニバンを選ぶなら、6人から7人乗ることができ、荷物もたくさん積めます。

広い室内空間やスライドドア、さらにシートアレンジが可能な車種もあるなど使い勝手も良く、家族と一緒に楽しい旅に出かけられます。

【ミニバン】おすすめファミリーカー

まずは定番、ミニバンのおすすめファミリーカーを紹介します!

ミニバンは車のボディタイプの一つで、アメリカではフルサイズのバンよりも小さいミニサイズのバンと分類されています。

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード

アルファードの名の由来は、ギリシャ神話に登場する最も明るい星、α(アルファ)から来ている造語といわれています。荷物を運ぶための大型ワゴンではなく、あくまでファミリー向けを意識し、日本人好みの高級感と機能性を兼ね備えたファミリーカーです。

初代は2002年に発表され、2代目では左ハンドルを取り入れていますが、その輸出先は東南アジアを含めたアジア諸国に限られています。

また内装においても、木目調のパネル面積を増やしたり、年を追うごとに華やかになるフロントグリルなども特徴的です。

トヨタ アルファードのスペック

【トヨタ アルファードX】スペック表
ボディサイズ 全長×全幅×全高(mm)4,945×1,850×1,935(mm)
最大乗車定員8名
車両重量1,920kg
燃費JC08モード:11.6km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)134(182)/6,000
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm)235(24.0)/4,100
駆動方式前輪駆動方式
トランスミッション自動無段変速機

アルファードについて詳しく知りたい方はこちら

トヨタ ハイエース ワゴン

トヨタ ハイエース ワゴン

トヨタ ハイエース ワゴン

ハイエースは貨物車というイメージが強いですが、実はファミリーカーに適した魅力が満載なのです。

ハイエースにはワゴンとバンがありますが、ファミリーにはワゴンタイプがおすすめです。通常のファミリーカーの席は3列シート乗車定員は7名から8名ですが、ハイエースのワゴンタイプですと、4列シートで乗車定員は、なんと10名となります!

さらに5列シート(コミューター)で14名乗車可能な中型タイプもあり、ちょっとしたグループ旅行やスポーツ大会などの送迎にも便利です。なお中型タイプには、中型運転免許が必要となり、乗用車という観点ではなく、マイクロバス的な仕様となっています。

さらに他のファミリカー同様、たくさんの荷物を積めますが、特にマリンスポーツやウィンタースポーツで欠かせない、サーフィンボードやスキー板など、長さのある荷物も余裕で積むことが可能です。

トヨタ ハイエースワゴンのスペック

【トヨタ ハイエースワゴン 2WD ロング GL】スペック表
ボディサイズ 全長×全幅×全高(mm)

4,840×1,880×2,105(mm)

最大乗車定員10名
車両重量1,970kg
燃費JC08モード:9.7km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)118(160)/5,200
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)243(24.8)/4,000
駆動方式2WD(後輪駆動方式)
トランスミッション6速オートマチック(6 Super ECT)

ハイエースについて詳しく知りたい方はこちら

【SUV】おすすめファミリーカー

続いては、SUVタイプのおすすめファミリーカーをご紹介します。

SUVタイプは、スポーツ・ユーティリティ・ビークルの略で、スポーツに適した多目的車と訳されます。ここでは、アウトドアに最適なSUV車をピックアップして、ご紹介します。

トヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー

SUVタイプではじめにご紹介するのは、トヨタのランドクルーザーです。

ランドクルーザーは「陸の巡洋艦」という意味で、大型クロスカントリー車として海外でも人気の車です。

ランドクルーザーの魅力は、なんといってもダイナミックな走り。雄大な大自然の中でも、安定して快適走行ができ、車体のカッコよさと合わせて、アウトドア派に特に大人気です。

トヨタ ランドクルーザーのスペック

【トヨタ ランドクルーザー GX】 スペック表

ボディサイズ 全長×全幅×全高(mm)

4,950×1,980×1,880(mm)
最大乗車定員5名
車両重量2,430kg
燃費JC08モード:6.9km/L
エンジン種類V型8気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)234(318)/5,600
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)460(46.9)/3,400
駆動方式4輪駆動
トランスミッション

フレックスロックアップ付スーパーインテリジェント6速オートマチック(6 Super ECT)

ランドクルーザーについて詳しく知りたい方はこちら

三菱 デリカ D:5

三菱 デリカ D:5

三菱 デリカ D:5

かつて商用車として販売されていた三菱デリカシリーズですが、数回のモデルチェンジを経て、現在はあらゆる世代に受け入れられるSUVのファミリーカーとして、注目を集めています。

7、8人乗りで車内が広々荷物もたくさん積めるので、キャンプなどアウトドアにも最適です。

さらに、走行中に前方の衝突事故を未然に防ぐ「衝突被害軽減ブレーキ」、駐車場などでの後退時にアシストしてくれる「マルチアラウンドモニター」、高速道路走行時などの車線はみ出しを防ぐ「車線逸脱警報システム」など、安全面に配慮した装備が充実しています。

三菱 デリカD:5のスペック

【三菱 デリカD:5 M】スペック表
ボディサイズ 全長×全幅×全高(mm)4,800×1,795×1,875(mm)
最大乗車定員8名
車両重量1,930kg
燃費JC08モード:13.6km/L
エンジン種類DOHC 16バルブ4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)107(145)/3,500
最大トルク(N・m(kg・m)/rpm)380(38,7)/ /2,000
駆動方式4WD
トランスミッション8速スポーツモード A/T

デリカD:5について詳しく知りたい方はこちら

【軽自動車】おすすめファミリーカー

軽自動車は小回りも効くので運転しやすく、費用も比較的抑えられるのでファミリーカーとしてもおすすめです。

また、軽自動車でも室内空間が広かったり荷物が多く積める車も多いので、ぜひ候補に入れてみてください。

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

スズキのハスラーは、なんと社内公募で決定した名称で、なつかしの2輪バイク「TS250」の愛称と同じネーミングになっています。

ハスラーは、SUVの中でもクロスオーバーモデルと呼ばれるタイプで、普通車とクロスカントリータイプの間のような車です。

その中でもハスラーは、カラフルなかわいい外装ながらオフロード走行もこなす安定した走りと、広い車内空間が魅力の軽自動車です。

また、4WDモデルには、さらに安全のための装備として、坂道の滑りを制御する「ヒルディセントコントロール」や、ハスラー独自の機能となる、悪路走行中の片輪空転した場合のサポート機能として「グリップコントロール」も搭載されています。

スズキ ハスラーのスペック

【スズキ ハスラー HYBRID G 2WD】スペック表
ボディサイズ全長×全幅×全高(mm)3,395×1,475× 1,680(mm)
最大乗車定員4名
車両重量810kg
燃費JC08モード:30.4km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)36(49)/6,500
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm)58(5.9)/5,000
駆動方式2WD(前2輪駆動)
トランスミッションCVT

ハスラーについて詳しく知りたい方はこちら

まとめ

家族でオートキャンプ

ファミリーカーでお出かけしよう!

今回は、ファミリーカーについての解説と「ミニバン」「SUV」「軽自動車」からおすすめファミリカーをピックアップしてご紹介しました。

暖かくなるこれからの季節に、オフロード走行も安心のファミリーカーで、家族旅行やグループでのキャンプなど楽しんでみませんか?

関連する投稿


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

今人気のおすすめSUV!選ぶならどのSUV?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。SUVが気になる方はぜひ本記事をご覧ください!


スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

発売直後から継続的に大人気となっているジムニー。しかし、現行型を含む歴代ジムニーには、ボディはそのままにオーバーフェンダーで拡幅され、より大型のエンジンを搭載した普通車仕様が存在してきました。軽自動車で安いのがジムニーの売りじゃないの?!とお思いかもしれませんが、ジムニーが普通車サイズになると、いいこともたくさんあるのです。


スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

大人気のジムニー、「つるし」の状態でも四駆らしいアクティブなデザインで十分に個性的なのですが、できれば他人のジムニーとは違う、自分だけのジムニーに仕上げてみたくはありませんか。また、現在でも1年以上かかるとされる納車待ち期間に、どんなカスタムをしようかなと想像を膨らませるのも楽しそうです。ジムニーの最新カスタムトレンドをまとめてみました。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。