トップへ戻る

【比較】トヨタのアルファードとヴェルファイア、日産エルグランドを比べてみると

【比較】トヨタのアルファードとヴェルファイア、日産エルグランドを比べてみると

トヨタは、ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」をマイナーチェンジし、2018年1月8日に発売しました。そして、12日には、ライバルの日産「エルグランド」に特別仕様車を設定し発売しました。このLサイズミニバン2車はどこが優れていて、どのような違いがあるのでしょうか?通称アルヴェルことアルファード・ヴェルファイア、そしてエルグランドを比較してみたいと思います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


明暗が分かれた二つの高級ミニバン アルヴェルとエルグランド

トヨタ アルファード

日産エルグランド 「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」

日本国内においては、トヨタの「アルファード/ヴェルファイア」と日産「エルグランド」のみが存在するLサイズ高級ミニバン。

しかし、かつては、「キングオブミニバン」として一世を風靡した「エルグランド」も、近年では「アルファード/ヴェルファイア」に大きく水を開けられ、販売台数はライバルとは言いにくい差になっています。

月間販売目標も「アルファード/ヴェルファイア」が2015年のフルモデルチェンジの際には、それぞれ3,000台と4,000台なのに対して、「エルグランド」は2010年の発売時点で1,900台と、もともとの目標自体も大きく異なっています。

現在では、「アルファード/ヴェルファイア」でさえ目標達成は厳しく、2017年12月度は、2車ともに3,000台を切っている状況ですが、「エルグランド」はさらに難しいとされています。(自販連発表の30位までの販売台数ランキングに入らないため正確な台数は不明)。

フルモデルチェンジされずに8年目に入ったエルグランドの憂鬱

2012年12月発売当時のエルグランド

2010年の登場からから8年目に入った現行「エルグランド」は、2015年にフルモデルチェンジされた「アルファード/ヴェルファイア」に比べて、さすがに基本設計の古さが目立ちます。特に、ハイブリッド車の有無が決定的な差となるなど、小手先の改良ではライバルに対抗できないのが現実です。

「エルグランド」がモデルチェンジのタイミングを逃してしまったのは、現行モデルから北米向けのクエストや、プレサージュとの車種統合により、販売の落ち込んだ国内よりも、海外での事情が優先されているためです。

多彩なラインナップに特別仕様車も次々に投入

日産エルグランド 特別仕様車「ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム」

しかし、「エルグランド」は、ハイウェイスターやライダーといったスポーツモデルを設定することで、若いユーザーにもアピールし、既存の「VIP」といった高級グレードに加え、特別仕様車を次々と投入するなど、日産も手をこまねいてばかりはいません。

2014年のビッグマイナーチェンジでは、メーターの中央には、新たにアドバンスドドライブアシストディスプレイ(5インチカラーディスプレイ)を配したり、室内高の拡大や3列目シートに前方向240mmのスライド機能を追加するなど、使い勝手の向上もしています。

安全装備においても、2012年には「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」を世界初採用。今回の特別仕様車「350ハイウェイスタージェットアーバンクロム」には、スムーズな駐車をサポートする「インテリジェント アラウンドビューモニター」などを装備しています。

ハイブリッドこそないものの、直4の2.5LとV6の3.5L車をラインナップし、高級装備の設定では「エルグランド」も負けてはいません。

アルファード/ヴェルファイアとエルグランドのガソリン車比較

【アルファード/ヴェルファイア】

トヨタ アルファード インテリア

2.5L 
メーカー希望小売価格:3,354,480円~
最高出力:134kW(182PS)
最大トルク:235N・m(24.0kgf・m)
JC08モード燃費率:11.6~12.8km/L
3.5L 
メーカー希望小売価格:5,205,600円~
最高出力:221kW(301PS)
最大トルク:361N・m(36.8kgf・m)
JC08モード燃費率:10.4~10.8km/L
※2018年1月現在

【エルグランド】

日産 エルグランド インテリア

2.5L
メーカー希望小売価格:3,213,000円~
最高出力:125kW(170PS)
最大トルク:245N・m(25.0kgf・m)
JC08モード燃費率:10.2~10.8km/L
3.5L
メーカー希望小売価格:4,125,600円~
最高出力:206kW(280PS)
最大トルク:344N・m(35.1kgf・m)
JC08モード燃費率:9.0~9.4km/L
※2018年1月現在

まとめ

あらためてガソリン車のスペックを見ると、燃費では「アルファード/ヴェルファイア」が、2.5L3.5Lともに「エルグランド」を上回り、さらに、パワーとトルクも「アルファード/ヴェルファイア」が上。ここにハイブリッドが加わるとなると、販売台数の差も理解できます。

残るのはスタイリングの好みだけとなりますが、かつての「エルグランド」が人気となった押し出し感の強さは建材です。「アルファード/ヴェルファイア」も相当なものですが、どちらかというとゴージャス感の方が勝っていて、押し出しの強さとはまた違う印象。明暗分かれた現在の両車ですが、他を圧倒する迫力と豪華装備は双璧をなすことは間違いないと言えるでしょう。

ミニバンが気になる貴方におすすめ記事はこちら

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。