目次へ戻る

【比較】トヨタのアルファードとヴェルファイア、日産エルグランドを比べてみると

【比較】トヨタのアルファードとヴェルファイア、日産エルグランドを比べてみると

トヨタは、ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」をマイナーチェンジし、2018年1月8日に発売しました。そして、12日には、ライバルの日産「エルグランド」に特別仕様車を設定し発売しました。このLサイズミニバン2車はどこが優れていて、どのような違いがあるのでしょうか?通称アルヴェルことアルファード・ヴェルファイア、そしてエルグランドを比較してみたいと思います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


明暗が分かれた二つの高級ミニバン アルヴェルとエルグランド

トヨタ アルファード

日産エルグランド 「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」

日本国内においては、トヨタの「アルファード/ヴェルファイア」と日産「エルグランド」のみが存在するLサイズ高級ミニバン。

しかし、かつては、「キングオブミニバン」として一世を風靡した「エルグランド」も、近年では「アルファード/ヴェルファイア」に大きく水を開けられ、販売台数はライバルとは言いにくい差になっています。

月間販売目標も「アルファード/ヴェルファイア」が2015年のフルモデルチェンジの際には、それぞれ3,000台と4,000台なのに対して、「エルグランド」は2010年の発売時点で1,900台と、もともとの目標自体も大きく異なっています。

現在では、「アルファード/ヴェルファイア」でさえ目標達成は厳しく、2017年12月度は、2車ともに3,000台を切っている状況ですが、「エルグランド」はさらに難しいとされています。(自販連発表の30位までの販売台数ランキングに入らないため正確な台数は不明)。

フルモデルチェンジされずに8年目に入ったエルグランドの憂鬱

2012年12月発売当時のエルグランド

2010年の登場からから8年目に入った現行「エルグランド」は、2015年にフルモデルチェンジされた「アルファード/ヴェルファイア」に比べて、さすがに基本設計の古さが目立ちます。特に、ハイブリッド車の有無が決定的な差となるなど、小手先の改良ではライバルに対抗できないのが現実です。

「エルグランド」がモデルチェンジのタイミングを逃してしまったのは、現行モデルから北米向けのクエストや、プレサージュとの車種統合により、販売の落ち込んだ国内よりも、海外での事情が優先されているためです。

多彩なラインナップに特別仕様車も次々に投入

日産エルグランド 特別仕様車「ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム」

しかし、「エルグランド」は、ハイウェイスターやライダーといったスポーツモデルを設定することで、若いユーザーにもアピールし、既存の「VIP」といった高級グレードに加え、特別仕様車を次々と投入するなど、日産も手をこまねいてばかりはいません。

2014年のビッグマイナーチェンジでは、メーターの中央には、新たにアドバンスドドライブアシストディスプレイ(5インチカラーディスプレイ)を配したり、室内高の拡大や3列目シートに前方向240mmのスライド機能を追加するなど、使い勝手の向上もしています。

安全装備においても、2012年には「踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)」を世界初採用。今回の特別仕様車「350ハイウェイスタージェットアーバンクロム」には、スムーズな駐車をサポートする「インテリジェント アラウンドビューモニター」などを装備しています。

ハイブリッドこそないものの、直4の2.5LとV6の3.5L車をラインナップし、高級装備の設定では「エルグランド」も負けてはいません。

アルファード/ヴェルファイアとエルグランドのガソリン車比較

【アルファード/ヴェルファイア】

トヨタ アルファード インテリア

2.5L 
メーカー希望小売価格:3,354,480円~
最高出力:134kW(182PS)
最大トルク:235N・m(24.0kgf・m)
JC08モード燃費率:11.6~12.8km/L
3.5L 
メーカー希望小売価格:5,205,600円~
最高出力:221kW(301PS)
最大トルク:361N・m(36.8kgf・m)
JC08モード燃費率:10.4~10.8km/L
※2018年1月現在

【エルグランド】

日産 エルグランド インテリア

2.5L
メーカー希望小売価格:3,213,000円~
最高出力:125kW(170PS)
最大トルク:245N・m(25.0kgf・m)
JC08モード燃費率:10.2~10.8km/L
3.5L
メーカー希望小売価格:4,125,600円~
最高出力:206kW(280PS)
最大トルク:344N・m(35.1kgf・m)
JC08モード燃費率:9.0~9.4km/L
※2018年1月現在

まとめ

あらためてガソリン車のスペックを見ると、燃費では「アルファード/ヴェルファイア」が、2.5L3.5Lともに「エルグランド」を上回り、さらに、パワーとトルクも「アルファード/ヴェルファイア」が上。ここにハイブリッドが加わるとなると、販売台数の差も理解できます。

残るのはスタイリングの好みだけとなりますが、かつての「エルグランド」が人気となった押し出し感の強さは建材です。「アルファード/ヴェルファイア」も相当なものですが、どちらかというとゴージャス感の方が勝っていて、押し出しの強さとはまた違う印象。明暗分かれた現在の両車ですが、他を圧倒する迫力と豪華装備は双璧をなすことは間違いないと言えるでしょう。

ミニバンが気になる貴方におすすめ記事はこちら

関連する投稿


【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

新車販売台数ランキング!この記事では、2019年の販売台数を元に、SUVをはじめとして、その他のボディタイプ別のランキングもご紹介します。(※ランキングの情報は全国軽自動車協会連合会と日本自動車販売協会連合会の情報を参照しています)(2020年更新しました)


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報、気になる発売日やネットでの反応も!随時更新です。


【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


【2020年最新】トヨタのSUVのおすすめ車種一覧!

【2020年最新】トヨタのSUVのおすすめ車種一覧!

トヨタにはたくさんのSUVモデルがラインアップされています。 この記事ではどんな現行車種があるのか、また新型情報などトヨタのSUVについて知りたいという方向けに、トヨタのSUV情報をまとめていきます! 新車から中古車の相場まで、トヨタのSUVのことを詳しく解説していきましょう。


トヨタ GRヤリス|気になる性能、価格など

トヨタ GRヤリス|気になる性能、価格など

トヨタがラリーに参戦していることをご存知でしょうか?日本でも名前が統一されたヤリスでWRCに参戦しています。本記事ではそのラリー参戦車の勢いそのままに開発されたGRヤリスの外装や内装、エンジンと走行性能、価格についてご紹介したいと思います。


最新の投稿


スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

スマートキーの注意点やリレーアタック対策方法をご紹介!

最近、多くの車種に採用されているスマートキー。その特徴と注意点をおさらいしましょう。メーカーによって異なるスマートキーシステムの呼称についても解説します。


ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキの鳴き、対策しないとどうなる?

ブレーキを踏む度に何やら嫌な音がしている。気にはなるけど放置している人はいませんか?重大なトラブルのシグナルかも知れませんよ。今回の記事では、ブレーキの鳴きの原因とその対処法について詳しく解説します。


【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

【縦列駐車のコツ・やり方は?】出来ない人必見の動画や手順を紹介

教習所で苦戦する人が多い縦列駐車。免許取得後も、やり方を忘れてしまう人も多いのではないでしょうか。今回は縦列駐車のコツや手順、おすすめの動画などを合わせて掲載しています。


【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【軽自動車比較】おすすめ軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報をまとめています。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。