トップへ戻る

【5人乗り/7人乗り】最新・おすすめのミニバン10選

【5人乗り/7人乗り】最新・おすすめのミニバン10選

ミニバンも様々で、7名モデルや8名モデル、さらにはコンパクトな5名モデルもあります。そこで今回は5−7名の乗車定員に絞ったオススメのミニバン10選です。この中なら、あなたの御所望を叶えてくれるミニバンがきっと見つかることでしょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ミニバンを販売している国内自動車メーカーとユーザー評価

スズキ ランディ

スズキ ランディ

ミニバンを製造・販売している自動車メーカーは、以下の通りです。

・トヨタ
・ホンダ
・日産
・三菱

また、OEMではありますが、スズキはランディという8人乗りミニバンを販売しています(セレナのOEM)。

このように、国内メーカーでもミニバンを取り扱っているメーカーが絞られますので、実は選択肢が狭いです。

なお、今回取り上げるユーザー評価は、姉妹サイトのe燃費に投稿されたものを引用しています。

e燃費サイトはこちら

5人乗りおすすめミニバン2選

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタ

トヨタ シエンタはトヨタのミニバンラインアップにおいて唯一の5人乗りモデルが用意されている車種です。アウトドアなどで映えそうなアクティブなデザインをしていて、ミニバンらしくないミニバン、ボディラインはミニバンでよく見る形状ですが、コンパクトカーっぽさも出ています。

2列目シートは6:4の分割タイプ、倒してフラットスペースを生み出すことが可能です(フラットラゲージモード)。自転車を輪行袋に収納しなくても運ぶことができるでしょう。フラットラゲージモード時で荷室長は2,065mmです。

フロントピラーを細くすると同時にサイドミラーのポジションを変えることで斜め前方の視界を広げる工夫も為されています。

ボディサイズ・燃費・価格

トヨタ シエンタ

5人乗りモデルのボディサイズ・燃費・価格は次のこの通りです。

■ボディサイズ(mm)
全長×全幅×全高:4,260x1,695x1,675
ホイールベース :2,750
最低地上高:145

■駆動方式:2WD

■JC08モード燃費(km/L)
ガソリン車:20.2
ハイブリッド車:28.8

■WLTCモード燃費(km/L)
ガソリン車:データ無し
ハイブリッド車:22.8

■新車価格(消費税込10%)
FUNBASE X(ガソリン車):1,809,500円
FUNBASE X(ハイブリッド車):2,227,500円
FUNBASE G(ガソリン車):2,017,400円
FUNBASE G(ハイブリッド車):2,383,700円
2列シート車 FUNBASE G“GLAMPER”:2,028,400円
2列シート車 FUNBASE G“GLAMPER”ハイブリッド:2,394,700円
特別仕様車 FUNBASE G“Safety Edition”:2,115,300円
特別仕様車 FUNBASE G“Safety Edition”ハイブリッド:2,481,600円

■中古車価格(7人乗りモデル含む)
63.0~307.1万円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年1月現在)

トヨタ シエンタ のユーザー評価

シエンタのユーザー評価は次の通りです。良いところも悪いところもあるということがよくわかります。逆にピラーが見にくいという意見も。

アクセルを踏んだときの一瞬の加速の出遅れなど、
ちょこちょこネットで見る悪い点を感じたりしましたが、
それでも運転手目線の総評としては、悪くない車だと思いました。
が、4人までが快適で定員一杯はあまり載せたくない車だとも思いました。

Goodポイント
・ほどほどの燃費の良さ
今回は掛川駅(JR東海道線)を発着点として
日本ガイシアリーナ、ビックカメラ名古屋駅前、名鉄・知多奥田駅の3カ所を回りました。(ルート概略は最後をご覧ください)
結果、ODO読みで総走行418km(高速321.3km)と高速主体のルートでしたが、メータ表示の最高燃費は18.9km/L、実燃費は15.85km/Lとエアコン稼働にしては悪くない成績でした。
(ガイシアリーナ→知多奥田駅は4人、それ以外は運転手のみ乗車していました)
・切った分だけ動くハンドル性能
私にとっては重くなく軽くなくの丁度良さで、なおかつ大げさに回さなくとも動くハンドルが良かったです。

Badポイント
・地味に自転車が乗らない(乗せにくい)
これ地味にコツが要りますね…載せられないわけではないようなのですが、初めてには難しい作業になりますね…
でも、それ以外の大概の荷物なら載らない訳では無いのでご安心を。
・ロードノイズ
主に高速走行時に感じましたが、足下からゴーというロードノイズが響いてきました。まぁ軽よりは遙かにマシなレベルなので会話に支障が出るほどではありませんでした。がうるさいことには変わりはありません。
・微妙な出遅れ、力不足なエンジン
高速航行や一般道走行時は問題ないです。
が、停止状態からの加速、料金所から本線までのスタートダッシュ等のパワーが求められる場面で4人乗り時にはパワー不足感が顕著に現れ、スタートダッシュ時には一瞬5k rpmまで回さなければ登り切れない等、あと少し…な微妙な力不足感が惜しかったです。
・全方向の見切りの悪さ
Aピラーの地味な太さや窓が無いや後部の見にくさ等、地味に見にくいと感じました。

シエンタG乗ってますが、燃費は8キロ前後ですかね!今時の車でこんなにも燃費の悪い車があるなんてびっくりです。
給油時に計測しますが10を越えたことは一度もないですね。
投稿を見ると皆さん12~15位走ってるみたいですが、どうしたらそんなに走るのかわからないですね!
まあ乗りやすい車ではありますが。

ホンダ フリード(フリード+)

ホンダ フリード(フリード+)

ホンダのミニバンラインアップにおいて唯一5人乗りのミニバン(コンパクトミニバン)を用意しているのがフリードです。フィットと似たようなフォルムを持っていて、コンパクトカーらしいフォルムが好きな人でミニバンタイプのモデルを探している方にオススメの1台となっています。

正確に言えば、フリードとフリード+という2つのグレードに大きく分けられていて、前者が6~7人乗りモデル、後者のフリード+が5人乗りモデルという感じです。

専用装備(荷室を上下二段に分割するetc)があったり2列目の仕様などで細かい違いはありますが、フリード+は3列シートであるフリードの3列目をなくして使えるようにした状態、と考えて良いでしょう。

ガソリン車の1.5L 直列4気筒エンジンは最高出力95kW(129PS)/6,600rpmに最大トルク153N・m(15.6kgf)/4,600rpmと、車両重量が1400kg前後ありますが、1.5Lのエンジンとして結構なスペックと言えるでしょう。

ボディサイズ・燃費・価格

ホンダ フリード(フリード+)

5人乗りモデルのボディサイズ・燃費・価格は次のこの通りです。

■ボディサイズ(mm)
全長×全幅×全高:4,265~4,295x1,695x1,710~1,735
ホイールベース :2,740
最低地上高(mm):135~150

■客室内寸法(長さx幅x高さ):2,310x1,455x1,275~1,285

■駆動方式:2WD、4WD

■JC08モード燃費(km/L)
ガソリン車:16.4~19.0
ハイブリッド車:26.0~28.0

■WLTCモード燃費(km/L)
ガソリン車:15.6~17.0
ハイブリッド車:19.8~20.8

■新車価格(消費税10%込)
フリード+ G・Honda SENSING:2,182,400~2,418,900円
フリード+ CROSSTAR・Honda SENSING:2,402,400~2,638,900円
フリード+ HYBRID G・Honda SENSING:2,583,900~2,820,400円
フリード+ HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING:2,803,900~3,040,400円

■中古車価格
115.0~272.8万円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年1月現在)

ホンダ フリード(フリード+)のユーザー評価

良い車と言われながらも、指摘箇所は幾分かあるようです。


燃費はあまり良くない、現在8.5km/ℓ
内装はCパッケージ、Sパッケージを着けたので車格よりは充実して高級感がある、もう少し、バックから見た感じで威圧感が欲しい、モタモタ走って入ると煽られるかも

3人世帯で現在3歳の子供がいます 以前コンパクトカーに乗っていましたが 子供の乗りやすさ、荷物の積載量、運転のしやすさを考慮した上で予算内でフリードプラス(ガソリン)を選びました
総合評価:良くまとまっている車であると思いますが、全てにおいてもう少し頑張って欲しいと感じる車です。
燃費:片道29キロの比較的スムーズに流れる郊外の道を走って平均14.5キロですボディの大きさの割には良いのではないでしょうか
エクステリア:側面の複雑なプレスの形状やリアのデザインが気に入っています。欲を言えばもう少し鋭さがあると良いのですが。前横後にモデューロエアロ着けました。
インテリア:オプションでSパッケージを選択し黒が基調の落ち着いた感じは満足しています。助手席背面の二つのポケットが使い勝手が良いです。ダッシュボードの収納はもう少し大きいと使いやすいです。
居住性:床面が低いため子供も容易に乗り降り出来ます。大人も荷物を持っての乗り降りが楽です。シートも座り心地良く、前後席共に足元に余裕があります。ただ、後部席にアームレストが無い事とリクライニング殆ど出来ないのはマイナスです。
積載性:荷室はボードで上下に分けられていてそれぞれにかなりの量の荷物を載せられます。水をケース買いしたり食料を買い込んだりして載せても余裕があります。ボードがある程度の高さがあるため腰の負担無く載せやすいです。子供の自転車も余裕です。今までで一番大きい荷物は折り畳みベッドが載りました。
乗り心地:大きめな段差を通過すると横に振られる時がありますが許容範囲です。衝撃はさほど強くないのですがもう少し柔らかくても良いかと思います。車種名は書きませんが以前乗っていた車(価格は安い)の方が柔らかかったです。市街地の走行ではロードノイズも気になりません。
走行性能:軽く踏み込めば良く加速してくれます。ワインディングでもふらつくこと無く曲がってくれ、ボディがしっかりしていると感じます。車高が、高いので見晴らし良く運転しやすいです。小回りが思ったより効くので切り返しが楽です。Aピラー辺りの視界がもっと良いと有難いです。
価格評価:欲しいオプションをつけると300万近くになり、少し戸惑いました。ある程度のオプションを標準装備にして全体の金額が抑えられると良いのですが。自動格納ドアミラー等標準でも良いと思います。

7人乗りおすすめミニバン8選

トヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー

国内自動車メーカーの中で最もミニバンに力を入れていると言っても過言ではないトヨタ自動車、そのトヨタが展開するヴォクシーは7-8名向けミニバンとしては、姉妹車のノアとともにリーズナブルな価格帯となっています。

ガソリン車は7人乗りモデルと8人乗りモデル、ハイブリッド車では7人乗りモデルのみが展開されています。8人も乗れなくて良いけれど室内が広いハイブリッド車をお探しの方にピッタリです。

7名モデルでは2列目シートにキャプテンシートを2脚採用、3列目シートには3名乗車できるようになっています。3列目シートを畳んだ状態で2列目シートを後方まで下げたスーパーリラックスモードを代表に、シートアレンジパターンも豊富です。

ボディサイズ・燃費・価格

7人乗りモデルのボディサイズ・燃費・価格は次の通りです。

■ボディサイズ(mm)
全長×全幅×全高:4,695~4,710x1,695~1,735x1,825~1,870
ホイールベース :2,850
最低地上高:155~160

■客室内寸法(長さx幅x高さ):2,930×1,540×1,365~1,400

■駆動方式:2WD、4WD

■JC08モード燃費(km/L)
ガソリン車:14.8~16.0
ハイブリッド車:23.8

■WLTCモード燃費(km/L):データ無し

■新車価格(消費税10%込)
X:2,587,200~2,796,200円
V:2,855,600~3,064,600円
ZS:2,844,600~3,042,600円
HYBRID X:3,059,100円
HYBRID V:3,218,600円
HYBRID ZS:3,347,300円
特別仕様車 ZS“煌<きらめき>Ⅱ”:2,909,500円〜
特別仕様車 HYBRID ZS“煌<きらめき>Ⅱ”:3,443,000円


■中古車価格
98.0~498.0万円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年1月現在)

トヨタ ヴォクシーのユーザー評価

総じてユーザー評価は高めです。e燃費の実燃費データによればハイブリッド車で15km/L以上、ミニバンサイズでこの燃費ならかなり良いでしょう。

今まで軽を2台(NA→ターボ)乗り継いできて今回初めてのミニバンです。
乗り心地・広さ・安定感凄いですね✨
燃費は大体が郊外路何でカタログ値の16㎞/Lは季節によりますが狙えるし超えてます。

前軽で20km/Lいってたから…というとこもありますが,大きさや車重の違いを考えると今の車は凄いです!

前のヴォクシーにも乗ってたけど前のよりかなり乗り心地がいいよ。長距離のドライブでも疲れない。最高。でももう少し燃費が良ければいいのになぁ。

トヨタ エスクァイア

トヨタ エスクァイア

先ほど紹介したヴォクシーと、ノアにさらなる上質感や高級感を付与したのがトヨタ エスクァイアです。つまりはデザイン以外ほとんど同じ車で、プラットフォームやパッケージング、エンジンにミッションといったパワートレインに至るまで、同じものが採用されています。

存在感・高級感を高めるフロントのメッキグリルや、温もりを感じさせる色具合の内装、ノアやヴォクシーにもう少し高級感などを求める方であれば、こちらがオススメです。

ボディサイズ・燃費・価格

トヨタ エスクァイア

7人乗りモデルのボディサイズ・燃費・価格は次のこの通りです。

■ボディサイズ(mm)
全長×全幅×全高:4,695x1,695x1,825~1,865
ホイールベース :2,850
最低地上高:155~160

■客室内寸法(長さx幅x高さ):2,930×1,540×1,365~1,400

■駆動方式:2WD、4WD

■JC08モード燃費(km/L)
ガソリン車:14.8~16.0
ハイブリッド車:23.8

■WLTCモード燃費(km/L)
データ無し

■新車価格(消費税10%込)
Xi:2,744,500~2,953,500円円
Gi:2,994,200~3,203,200円
Gi“Premium Package”:3,053,600~3,262,600円
HYBRID Xi:3,198,800円
HYBRID Gi:3,379,200円
HYBRID Gi“Premium Package”:3,438,600円
Gi“Premium Package・Black-Tailored”:3,119,600円~3,328,600円
HYBRID Gi“Premium Package・Black-Tailored”:3,460,600円

■中古車価格
119.0~376.1万円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年1月現在)

トヨタ エスクァイアのユーザー評価

意外にもガソリン車は燃費性能の評価が結構高いです。

エコマークが消えないように優しい運転を心掛け、渋滞の少ない田舎道を選択し埼玉から栃木にドライブしたところ、18km/Lを記録しました。このクラスのミニバンにしては驚きの燃費です。

実燃費でもハイブリッド車はそれ位に勝る燃費性能となっています。

納車後間もないですが、メーター表示の実燃費で、20.8km/lです。一般道中心です。このサイズでこれだけ走れば、大満足です。

7人乗りモデルのボディサイズ・燃費・価格は次のこの通りです。

■ボディサイズ(mm)
全長×全幅×全高:4,945~4,950x1,850x1,935~1,950
ホイールベース :3,000
最低地上高:165

■客室内寸法(長さx幅x高さ):3,210x1,590x1,400

■駆動方式:2WD、4WD

■JC08モード燃費(km/L)
ガソリン車:データ無し
ハイブリッド車:18.4~19.2

■WLTCモード燃費(km/L)
ガソリン車:9.6~11.0
ハイブリッド車:14.8

■新車価格(消費税10%込)
【ガソリンモデル】
S:3,908,000~4,163,000円
S“C パッケージ”:4,664,000~4,918,000円
SC:5,260,000~5,457,000円
GF:5,185,000~5,383,000円
G:4,539,000~4,793,000円
Executive Lounge S:7,421,000~7,619,000円
Executive Lounge:7,269,000~7,466,000円
【ハイブリッド車】
HYBRID S:4,799,000円
HYBRID SR:5,491,000円
HYBRID SR“C パッケージ”:5,654,000円
HYBRID X:4,590,000円
HYBRID G:5,344,000円
HYBRID G“F パッケージ”:5,507,000円
HYBRID Executive Lounge S:7,752,000円
HYBRID Executive Loung:7,599,000円

■中古車価格
168.9~1699.0万円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年1月現在)

トヨタ アルファード

トヨタ アルファード

トヨタ アルファードはトヨタのミニバンラインナップにおいて、グランドエースに続いて最も価格帯の高いミニバンです。

内外装共に豪華に作られているのが、アルファードの特徴と言えるでしょう。価格を見れば一目瞭然で、7人乗りモデルの最も安いグレードに該当するSグレードで税込3,908,000円です。ノアやエスクァイアの最上位グレードよりも高価格となっていることがわかります。

もちろん、7人乗りモデルでは2列目シートにキャプテンシートが採用されています。このキャプテンシートですが、7人乗りモデルであればオットマン機能(脚を伸ばした時に支える・受け止める機能のこと)がマニュアルあるいは電動モデルで搭載されている点も注目です。ゆったり快適に過ごすことができます。

特にエグゼクティブラウンジタイプのグレードに標準装備されているエグゼクティブラウンジシートは、メモリー機能付きパワーリクライニングや温熱シートなど、至れり尽くせりの贅沢機能な満載です。

ボディサイズ・燃費・価格

トヨタ アルファード

トヨタ アルファードのユーザー評価

こちらはハイブリッドモデルで、価格に見合った素晴らしい乗り心地・快適性です。

運転しやすい
パワーはある
乗り心地:良い

燃費:悪い
故障経歴:なし

満足している点:運転していて疲れにくい

不満な点:燃費が悪い

総評:良い

ガソリン車は燃費が悪いと言われながらも、総合的に良い評価を獲得しています。

納車後、約2ヶ月。3000km走行後のレビューです。
高かったけど、静粛性、乗り心地よし。
燃費もこの大きさで13〜14kmで最高です。

日産 セレナ

日産 セレナ(写真はe-POWER)

日産のミニバンラインアップを代表する車であるセレナ、現行ラインアップではガソリンエンジンモデルとe-POWERモデル(発電専用のモーターとエンジン、そして駆動用モーターとバッテリーを活用するモデル)の2つが用意されています。

ガソリンエンジンモデルとe-POWERの2種類がありながらも7人乗りモデルが用意されているのはe-POWERのみで、ガソリンエンジンモデルは2WDも4WDも8人乗り仕様となっています。

そのため、e-POWERの2列目シートはキャプテンシート、アームレスト付きです。

フロントフェイスのデザインはメッキグリルが大胆に使われたものとなっています。結構な存在感です。ピラーからルーフにかけてブラックで、ボディ全体がツートーンカラーになっているなど、かっこよさを感じさせるデザインとなっています。

ボディサイズ・燃費・価格

日産 セレナ

7人乗りモデルのボディサイズ・燃費・価格は次のこの通りです。

■ボディサイズ(mm)
全長×全幅×全高:4,685~4,770x1,695~1,740x1,865
ホイールベース :2,860
最低地上高:140

■客室内寸法(長さx幅x高さ):3170~3,240x1545x1400

■駆動方式:2WD

■JC08モード燃費(km/L)
e-POWER:23.4~26.2

■WLTCモード燃費(km/L)
データ無し

■新車価格(消費税10%込)
X:2,997,500円
XV:3,226,300円
XV(防水シート車):3,259,300円
ハイウェイスター:3,293,400円
G:3,473,800円
ハイウェイスターV:3,499,100円
ハイウェイスターV(防水シート車):3,532,100円
ハイウェイスターG:3,725,700円
AUTECH V Package:3,773,000円
AUTECH Safety Package:3,927,000円

■中古車価格
123.9~406.9万円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年1月現在)

日産 セレナのユーザー評価

燃費性能が高く、運転しててもそれほど疲れない、ワンペダル、など評価は高いです。

運転が好きなこともありますが、それを除いても運転がとても楽しいです。まず燃費が前のC26セレナからの乗り換えですが10km上がりました。平均的な燃費は21km/Lです。次に運転の負担ですが、以前までは運転好きとはいえ6時間近く運転していると流石に疲れや飽きなどで辛いと思うことがありましたが、ワンペダルのお陰で飽きることはほぼ無く、さらには安全性能の向上で運転の負担が著しく減りました。
これからもずっとなり続けていきたいと思える車です。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

 アルファードが人気沸騰で過去最高の販売台数を記録する中、急速に販売台数をおとした姉妹車のヴェルファイア。ついには特別仕様車一機種のみの設定となってしまいました。しかし、これまでの人気をけん引してきたヴェルファイアが魅力をなくしたわけではありません。そこで、改めてヴェルファイアの魅力をご紹介したいとおもいます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。