目次へ戻る

【レクサス初】レクサスのミニバン『LM300h』価格・日本発売はある?

【レクサス初】レクサスのミニバン『LM300h』価格・日本発売はある?

ついにレクサス初のミニバンLMが登場します。レクサスLMはレクサス初となるミニバンで、名前の由来でもある「ラグジュアリー・ムーバー」にふさわしい風格が漂う最上級ミニバンになっています。本記事は、価格、外装・内装画像、最新情報、日本発売の有無についてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』価格・スペック・最新情報

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

ついにレクサス初のミニバンLMが登場します。レクサスLMはレクサス初となるミニバンで、名前の由来でもある「ラグジュアリー・ムーバー」にふさわしい風格が漂う最上級ミニバンになっています。本記事は、価格、スペック、外装・内装画像、最新情報、日本発売の有無についてご紹介します。

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』最新情報

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』とは

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

レクサスLMは、レクサスブランドにこれまでラインナップされていなかった、多くのレクサスオーナーが待ちわびていた?ミニバンタイプです。

この、LMというレクサスの車名ですが、「L」を冠するモデルには、最上級サルーンの『LS』、最上級SUVの『LX』、最上級クーペの『LC』があります。

LMは、レクサスブランドの最上級MPVを意味していることが車名から明らかですね。

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』最新エクステリア(外装)画像

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』最新インテリア(内装)画像

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』

【レクサス初】ハイブリッドミニバン『LM300h』ベースはアルファード

レクサスLMは、トヨタ『アルファード』をベースに作られています。

LM300hグレードは、『アルファード ハイブリッド』と同じ2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジン+モーターのハイブリッドシステムを搭載しました。

LMのフロントマスクは、レクサスらしいデザイン。

また、サスペンションは、専用にチューニングされています。

3列シート×7名乗りと、2列シート×4名乗りの2仕様

レクサスLMには、3列シートの7名乗りと、2列シートの4名乗り「ロイヤルエディション」の2仕様が用意されます。

4名乗りのロイヤルエディションは、サードシートを廃止し、2列シートのみの空間に。

さらに、前席と後席との間をフルパーテーションで仕切ることで、プライベートな空間を実現します。

レクサスのミニバン LM 日本発売はない?

レクサスLMは現在のところ、中国と一部のアジア市場のみで販売されています。中国では1月15日から先行販売を開始しており、2月24日に正式発売される見込み。

レクサス LM 価格は

中国仕様のアルファード(ハイブリッド)のベース価格は、80万5000元(約1290万円)。レクサスLMは116万6000元(約1870万円)から146万6000元(約2350万円)の価格設定です。

関連する投稿


【日産 セレナ】スペック、中古車情報、その実力を徹底紹介

【日産 セレナ】スペック、中古車情報、その実力を徹底紹介

ライバル多数のミドルサイズミニバンクラスで一際輝いているのが日産 セレナ。2018年と2019年の2年連続販売台数No.1を獲得するなど、人気の高さは一体どこから来るのでしょうか。セレナという名前は有名ですが、もちろん車自体に魅力がいっぱいだからこそ売れているのです。今をときめく最新ミニバン、セレナの魅力をお伝えしていきます。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


「レクサス LFA」世界が羨んだ国産車の頂点、そのスゴさとは!

「レクサス LFA」世界が羨んだ国産車の頂点、そのスゴさとは!

スーパーカーとは、自ら名乗るものではなく、世界で認められた車がそう呼ばれて存在するもの。その基準で考えれば、レクサス LFAは、誰もが認めるスーパーカーでしょう。4千万円に届こうかという新車価格と、全世界500台限定という稀少性によって、限られたオーナーしか知り得ない国産車の頂点の世界には、どんな景色が広がっているのでしょうか? ご紹介いたします。


ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

ミニバン人気・おすすめランキング!売上トップ10

クルマのボディタイプでも1、2を争う人気のミニバン。ファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、自販連が発表している月別統計データをもとに、ミニバン販売台数トップ10を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか?ランキング形式で見ていきます!


【おすすめ5選!】今、人気のかっこいいSUVは?

【おすすめ5選!】今、人気のかっこいいSUVは?

まず車を買おうと考えた時、みなさんはどんな車種を買おうか悩みますよね。今人気のある車も気になるところです。けれど、すでに最初から購入する車種は決めていたって方も多いかもしれませんね。本記事では、今人気のかっこいいSUVの購入をご検討の方参考にして頂きたい車種を5選より直ぐってお届けしていきます。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。