目次へ戻る

【豆知識】車のシートヒーターとは?

【豆知識】車のシートヒーターとは?

少し前までは、贅沢な装備とみなされていたシートヒーターですが、最近は様々な車種に装備されています。新車購入時にディーラーでオプションで選ぶことのできる車種も増えています。空気の冷える冬場は、オープンカーには欠かせない装備となっています。今回は、シートヒーターのメリットデメリットや搭載車種などを紹介していきます。


車についてる、シートヒーターとは?

シートヒータースイッチ

シートヒータースイッチ

読んで字のごとく、暖房装置の一つで、通常の車はエアコンから暖かい風を送り込むのに対し、シート生地とクッションの間にあるヒーターユニットで座面を温める構造になっています。

なお、海外の高級なオープンカーでは、シートの首の部分から温風が出てきて、首周りを温めてくれる、ネックウォーマーのような機能が付いているクルマもあります。

いずれにしろ、冬の寒い時期に下半身を温めてもらえるのは、ホカホカで気持ちの良いものです。

シートヒーターは何のために必要?

シートヒーター スイッチ

シートヒーター スイッチ

昔はごく限られた車種に装備されていたシートヒーターですが、今では普通の乗用車にも当たり前に装備される様になりました。

メリットについては後述しますが、ここではコスト面について触れておきましょう。

シートヒーターは、基本的にはオプション代金のみで搭載することができます。コスト自体が高いのか安いのかについては、人それぞれの判断に委ねる以外ないでしょう。もちろん、標準で装備されているクルマもあります。

また、愛車がオープンカーの方で、寒い日でも、天気がいい日は屋根を取り外してドライブしたい、という方もいることでしょう。その人たちにとってもありがたい装備です。

需要

極寒の地でドライブなどをするとき、通常のヒーターのみだと寒さが車内に響きますので、下半身の部分が温かくならないというのであれば、いくら快適な車内とはいえ、これでは本末転倒ですね。

座った瞬間の温かさというものは、本当にありがたいもので体も心も元気になるのだから、シートヒーターは冬のドライブの強い味方ですね。

それ故に、暖房器具系の需要が高くなる地域を挙げるとしたら東日本であれば北側の地域、西日本であれば北陸や山陰などの日本海側の地域になるでしょう。

沖縄や奄美地方などといった比較的温暖な地域であれば、暖房関係は需要は少ないでしょう。

シートヒーターの必要性は、クルマのオーナーが住んでいる地域の気候に左右されると言っていいでしょう。

シートヒーターのメリットとデメリット

運転席シートーヒーター

運転席シートーヒーター

シートヒーターの長所と短所についてみてみましょう。自分が運転している車に搭載する必要があるのかどうかの判断材料になるでしょう。

それでは、メリットなどの面について見てみましょう。

メリット

まず注目すべき点については、以下の通りです。

①座席毎に個別で対応できる→シートヒーターのON/OFFは個別で行えるので、座席毎に温かさなどを調節できることが魅力です。暖房だと、同乗者から暖かいとか寒いとかクレームが付く事がありますが、個別に調整できるシートヒーターならば、そんなトラブルを避ける事が出来ます。

②保温→エアコンは乾いた風などと混ざりながら温風を送る構造であるのに対し、シートヒーターは、座面が直接温まるので、下半身部分から上半身部分がホカホカに暖かくなります。

③オープンカー→エアコンと違い、窓を開けても温かい風が逃げることがないので、寒い日でも身体がポカポカに温まります。寒い日のオープンカードライブの強い味方になります。

デメリット

では逆に、問題点を紹介しましょう。

①低温火傷→長時間使うことで起こりうる事象です。メーカー純正のシートヒーターであれば、温度センサが高温になるとスイッチを切る構造のものもあります。しかし、後付けのものであれば、そのような機能は付いていない場合が多いので、長時間の使用では気をつけましょう。

②電気系に負担がかかる→シートヒーターは電気で座面を温めるので、クルマの電気系に負担をかけます。冬に、短時間のドライブを繰り返すような使い方で、シートヒーターを多用すると、クルマのバッテリーに負担をかける場合があります。バッテリーはこまめにチェックするようにしましょう。

③眠気が襲ってくる→ドライブにおいて最大の敵は眠気です。シートヒーターはポカポカに暖かくて気持ちいいので、眠気に襲われやすくなります。眠気は、最悪の場合は自動車事故に繋がりますので注意しましょう。

特に食後すぐの運転となると特有の眠気とダブルパンチ状態になり、気が緩むと事故の原因となるので、食後すぐの運転は控えてから少し間隔をあけてからの運転することをおすすめします。

シートヒーターの使い方

運転席&助手席シートヒーター

運転席&助手席シートヒーター

シートヒーターの基本的な使用方法について紹介します。

基本は、寒い冬の期間につかうものですが、夏の冷たいエアコンの風が苦手な人にもいいかもしれません。

シートヒーターの意外な使い方を挙げるのであれば、自分が座る席のみ温かくすることができる、ということです。

冷え性はの方は身体を温めておく必要があり、シーズン問わず、体温をベストコンディションに整えやすくなるからです。男女問わず冷え性の傾向が強い方は、特に装備しておきたいアイテムの一つといえるでしょう。

それ以外にも半乾きの衣装を干すなどといった乾燥機代用に使ったり、梅雨のシーズンは洗濯物を外で乾かしたくてもままならないので、約30分で数百円かかるコインランドリー代がもったいない方にとっても、この装備は本当にありがたいものとなっているからです。

シートヒーターが搭載されている車種まとめ

マツダ デミオ ブラックレザーリミテッド シートヒーター

マツダ デミオ ブラックレザーリミテッド シートヒーター

それでは、シートヒーターを装備している主な車種について紹介します。

中古市場などで販売されている車の装備品一つとってみても、種類によっては最初から装備されていたり、あとで取り付けてもらうなどまちまちです。

今回紹介するのは、車種のすべてを紹介することはできませんので通常タイプの車と軽自動車の2種類から1台ずつ取り上げていきます。

皆さんが実際に、車を購入して装備品などが気になる方がいることでしょうが、価格以外にも装備品にも目を向けながら、最終的にどの車を選ぶのかじっくりと見極めておきたいものです。

その①・スバルインプレッサ

スバル・インプレッサスポーツ

スバル・インプレッサスポーツ

日本のハイパフォーマンスカーの代表的選手の一つであり、ある程度の世代にとっては、非常に印象深いクルマです。

インプレッサは、数多くのレースやラリーに出場し、高い実績を残しています。それだけに、人気の高い車種という位置づけとされています。

この車種にも当然ながら、シートヒーターが搭載されていますので、冬場のドライブをするのにふさわしいクルマだと言えるでしょう。

その②・スズキハスラー

スズキ ハスラー 新型

スズキ ハスラー 新型

スズキの軽自動車の主力商品の一つで、数年前に放送されたコマーシャルでは、某人気アニメとのコラボレーションをしたことは記憶に新しいところです。CMをご覧になられた方もいることでしょう。

遊び心があってバラエティあふれる車両で、シートヒーターをしっかり装備しているという意味では、冬のアウトドアでも十分楽しめるよう考慮されていると言えるでしょう。新型ハスラーも1月に発売され、ますます人気が出そうですね。

まとめ

VW シートヒーター(運転席/助手席)

VW シートヒーター(運転席/助手席)

これから寒い冬の季節へと突入していくわけですが、車の暖房を一つとってみても、エアコンでは乾燥した空気が気になって逆に苦手だなぁ、と感じる人もいるでしょう。

しかし、シートヒーターは椅子の部分から暖かくなるという意味では、エアコンが苦手な方や冷え性の方にとっては理にかなった装備といえるでしょう。

時と場合によっては、座って温かくなるだけでなく衣類の乾燥ができるのも得意技の一つであり、急な雨や雪で衣装が濡れてしまった、というときでも応急処置的に乾燥できる、というのも、シートヒーターのメリットですね。

関連する投稿


【今さら聞けない】SUVとは?人気車種もご紹介

【今さら聞けない】SUVとは?人気車種もご紹介

自動車情報誌や情報サイトで使われているSUV(エスユーブイ)と言う言葉。「Sport Utility Vehicle」の略で、意味は「スポーツ用多目的車」です。スポーツという言葉が付いていますが、2シーターのスポーツカーとはどの様に違うのか、今回の記事では、改めて問い直してみたいと思います。


タイヤ交換の所要時間&工賃比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤ交換の所要時間&工賃比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤの溝がすり減ってきて、そろそろタイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。(※2020年4月更新しました)


【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

地方版図柄入りナンバープレートの全41地域の最終デザイン案が決定し、2018年10月1日から交付が開始されています。本記事では全41地域のデザインと、その申込み方法をご紹介します。(※2020年4月更新しました)


【豆知識】BMWのキドニーグリルとは?

【豆知識】BMWのキドニーグリルとは?

「キドニーグリル」。そう聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか?この名前を聞いても、どんなものかすぐにはわからない人も多いのではないでしょうか。 キドニーグリルとは、BMWのすべての車種に装備されている、あの特徴的な形状のグリルの事です。今回は、このキドニーグリルについて、解説していきます。


【豆知識】トラックレンタカーとは?

【豆知識】トラックレンタカーとは?

新生活で引っ越し費用を抑えたい。大きな荷物の運搬にどうしても使いたい。そんな希望に応えるのがトラックのレンタカーです。免許の区分で借りられる大きさや費用、運転のコツについてもご紹介します。


最新の投稿


買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

原付バイクをこれから購入しようと考えている方へ。メーカー毎にオススメのバイクと新車価格、中古価格の相場をご紹介。男性にオススメのカッコイイ原付バイク、女性にオススメの可愛い原付バイク、値段も合わせてそれぞれご紹介しています。また、原付・中型・大型の違いや、そもそも原付とは何か?についてもご紹介!(※2020年4月3日更新しました)


【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

日産から「新型キックス」が6月3日に発売されるという情報が飛び込んできました。 日産の代表的なコンパクトSUVと言えば「ジューク」を連想する人も多いのではないでしょうか。しかしながら、新型ジュークは2019年9月に欧州にて登場するも日本に導入されることはありませんでした。そこでジュークに替わるコンパクトSUVとして日本に導入されるのが「キックス」という訳です。本記事では「新型キックス」日本導入の詳しい内容をまとめていきます。


トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド。フルモデルチェンジが2020年に行われると噂があります。現行型のモデルは発売されて11年もの歳月が経ちます。2017年9月にビッグマイナーチェンジが行われてからも既に3年近くなります。次の新型のプラドはどのような車になるか気になるところですよね。本記事では最新のフルモデルチェンジの情報を含め、改めてランドクルーザープラドの燃費、口コミ、価格、試乗記などをまとめてご紹介します。(※2020年4月3日更新しました)


【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

ジープと言えば、SUVという言葉が使われるようになる以前からオフロード走行可能4輪駆動車を作ってきた、4輪駆動車の車の王道といっても過言ではありません。しかし、ジープのラインナップには、意外にも2輪駆動車が存在しているのも事実です。今回はジープの2輪駆動、そして4輪駆動のSUV車について紹介しましょう。


クルマを高く売るには?お得に車を売る方法と中古車査定の注意点

クルマを高く売るには?お得に車を売る方法と中古車査定の注意点

自分の車を売却して別の車が欲しいと思った時、まずは今乗っている車を高く売ることが大切になってきますよね。そのためには中古車査定をしてもらう必要があります。けれど、何からすればいいのか?どこに行くの?と悩む方も多いはず。そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取りでより高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。