トップへ戻る

ワンボックスカーなら荷物も人も積み放題!おすすめ車種はこれだ!

ワンボックスカーなら荷物も人も積み放題!おすすめ車種はこれだ!

市場ではSUV人気が止まらない勢いで継続していますが、実は最近のSUVは室内空間や荷室などのスペースユーティリティ性では意外と控えめなものもありますよね。荷物や人をしっかり運びたいなら、やはりワンボックスカーに勝るものはありません。段々ラインナップが減ってきてはいますが、その分現行各車はかなり凝縮された魅力を備えています。現行ワンボックスカーをまとめて見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


まずは「ワンボックスカー」の定義をおさらいしましょう

トヨタ ハイエース

トヨタ ハイエース

ワンボックスカーという車両形状の分類は、実は日本独特なものであることはご存知でしたか。

海外でもワンボックスと呼べそうな車は存在するのですが、呼び方としてはワンボックスとは呼ばないそうです。

ワンボックスカーとは、文字通り考えれば「一つの箱」の形をした車のことですが、諸説ありますが、厳密にはキャブオーバー型車のことを示す場合が多そうです。

キャブオーバー型とは、キャビンをエンジン上部(オーバー)に設置した車のことで、つまり運転席の下にエンジンを持つ車のこと。

そのため、一般的なミニバンなどのようにノーズ部にエンジンを設置した車は、厳密にはワンボックスカーに含めないのが主流です。

近年では国内でも衝突安全基準が厳しくなってきている影響から、衝突時に衝撃を吸収するクラッシャブルゾーンを車両前方に設置する必要があり、ワンボックスカーでも鼻先に短いボンネットを持つものが増えてきていますが、それでもエンジンが運転席下に設置されている点は変わりません。

トヨタ グランエース

トヨタ グランエース

ワンボックスカーの代表的車種である「ハイエース」と、ノーズ部にエンジンを設置したミニバン「グランエース」を見比べると、ミニバンに比べてワンボックスカーは横から見た時に鼻先が短いことが見て取れますよね。

この鼻先の短さは、全長を伸ばさなくても室内空間や荷室空間を拡大できることになるので、ワンボックスカーは商用バンやミニバンに多く採用されてきたスペース効率に優れた形式です。

また、運転席がエンジン上部の高い位置に設置されることも特徴的な部分で、車両前端が把握しやすく取り回し性が優れていることもポイント。

これらの優れた特徴があってこそ、日本のビジネスを長年支えてきたワンボックスカー。現在では段々とラインナップが減ってきてはいますが、それでも各車種の魅力は大きく、お仕事用だけに使うのはもったいないので自家用車として利用するユーザーも数多く存在します。

現行のワンボックスカーについて、車種ごとにより詳しく見ていきましょう。

現行ワンボックスカーまとめ!意外と選択肢は少なめです

【普通車】トヨタ ハイエース:定番ワンボックスは耐久性抜群!

トヨタ ハイエース

トヨタ ハイエース

もはや日本になくてはならない存在であろうワンボックスカーが、トヨタ ハイエースでしょう。

積載能力に優れたバン、10人が快適に移動できるワゴン、幼稚園の送迎でおなじみの幼児バスなど、さまざまなグレードが用意されたハイエースは、あらゆる職種で活躍するワンボックスカーとなっています。

トヨタ ハイエース ファインテックツアラー インテリア

トヨタ ハイエース ファインテックツアラー インテリア

もちろん、ワンボックスならではの広々としたキャビンはどんな用途でも受け入れる懐の広さが特徴的。

ワゴンやより上質な特装車「ファンテックツアラー」などでは多人数がいっぺんに移動できますし、バンであっても乗員は余裕たっぷり。

リヤシート通常時荷室長でも1,855mmを確保するなど、並のミニバンでは太刀打ちできない人も荷物もガンガン運べるユーティリティ性の高さは、ワンボックスならではの魅力ですね。

トヨタ ハイエース ワゴン グランドキャビン

トヨタ ハイエース ワゴン グランドキャビン

エンジンでは、ワゴンで選択可能な2.7リッターと2.0リッターの直列4気筒ガソリンに加え、バンでは2.8リッター 直列4気筒ディーゼルターボも選べるなど、求める性能に応じた幅広い選択肢が嬉しいところ。

ビジネス用途として酷使されることを想定して開発されていることもあり、重い荷物を繰り返し運んだり走行距離がかさんだりしても日常メンテナンスだけで済んでしまう耐久性の高さもハイエースの魅力です。

トヨタ ハイエース バン スーパーGL 2WD 標準ボディの荷室寸法

荷室長
3,000mm
リヤシート通常時荷室長
1,855mm
リヤシート前方スライド時荷室長
1,975mm
リヤシート折りたたみ時荷室長
2,470mm
荷室高
1,320mm
荷室幅
1,520mm


トヨタ ハイエースのスペック

【トヨタ ハイエース ワゴン グランドキャビン 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,380mm×1,880mm×2,285mm
ホイールベース3,110mm
最大乗車定員10名
車両重量2,040kg
燃費WLTCモード:8.8km/L
エンジン種類直列4気筒 2,693cc
エンジン最高出力118kW(160PS)/5,200rpm
エンジン最大トルク243N・m(24.8kgf・m)/4,000rpm
駆動方式後輪駆動(フロントMR)
トランスミッション6速AT
新車価格3,684,000円(消費税込)
(2020年10月現在 トヨタ公式サイトより)

【普通車】日産 NV350キャラバン:見た目にこだわり、隠れた実力派

日産 NV350キャラバン アーバンクロム

日産 NV350キャラバン アーバンクロム

1967年デビューのハイエースには遅れをとりますますが、こちらも1973年デビューと歴史の深いワンボックスとなっているのがNV350キャラバン。

長年のハイエースとのライバル関係によって、両車のスペースユーティリティ性はもはや4ナンバーバンとして究極とも思えるものとなっていますが、NV350キャラバンは小型貨物車4ナンバーバンクラスでNo.1の荷室広さが自慢。

荷室長は3,050mmとハイエースを50mm上回り、荷室高も1,325mmでハイエースより5mm大きくなっているなど、血の滲むような改良の成果が見て取れます。

日産 NV350キャラバン 荷室

日産 NV350キャラバン 荷室

さらに、グッとワイドになったワイドボディ仕様を選べば、標準幅・標準ルーフ仕様比で荷室幅が185mm、荷室容量が3,000Lも増加するなど、ハイエース同様に求める容量に応じたサイズアップが可能な点もNV350キャラバンのポイントです。

また、NV350キャラバンで重視されているのが、カスタム仕様のラインナップ。専用のフロントプロテクターやアルミホイールの装着でかなりスポーティな印象の「アーバンクロム」や、日産のミニバンでもお馴染みのビレットグリルが煌めく「ライダー」など、お好みの仕様を追求できます。

日産 NV350キャラバン アーバンクロム

日産 NV350キャラバン アーバンクロム

2.0リッターと2.5リッターの直列4気筒ガソリンと、2.5リッターの直列4気筒ディーゼルターボエンジンのラインナップとなるNV350キャラバンは、ガソリンエンジンではハイエースに出力とトルクでやや負けていますが、ディーゼルエンジンでは排気量のハンデを跳ね返してトルク値で上回るなど、ワンボックスカーに求められる性能として不足はないことでしょう。

ハイエースの一人勝ちでは技術の進化も止まってしまうでしょうから、これからも良きライバルとしてNV350キャラバンには末長く競合してほしいところですね。

日産 NV350キャラバン バン プレミアムGX 5人乗の荷室寸法

荷室長
3,050mm
荷室高
1,325mm
荷室幅
1,520mm


日産 キャラバンのスペック

【日産 NV350キャラバン マイクロバス GX 4WD 】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,230m×1,880mm×2,285mm
ホイールベース2,940mm
最大乗車定員14名
車両重量2,240kg
燃費JC08モード:8.0km/L
エンジン種類直列4気筒 2,488cc
エンジン最高出力108kW(147PS)/5,600rpm
エンジン最大トルク213N・m(21.7kgf・m)/4,400rpm
駆動方式四輪駆動(4WD)
トランスミッション5速AT
新車価格3,421,000円(消費税込)
(2020年10月現在 日産公式サイトより)

【普通車】トヨタ タウンエース バン:小回りの効く小型ボディ

トヨタ タウンエースバン

トヨタ タウンエースバン

これまでご紹介したハイエースとNV350キャラバンと異なり、タイヤをボディ前端に移動させているのが特徴的なタウンエースバン。

短めとはいえノーズがしっかりついていることもあり、もしやフロントエンジンか?!と思いそうですが、エンジンが前席下に設置されたセミキャブオーバーと呼ばれる形式で、れっきとしたワンボックスの仲間なのです。

トヨタ タウンエースバン

トヨタ タウンエースバン

同クラスの車には、こちらもトヨタと日産のライバル関係となる日産 NV200バネットがあるのですが、NV200バネットはフロントにエンジンを配置した前輪駆動方式のため、本記事ではワンボックスカーに含めていません。

タウンエースバンがこれまでご紹介したハイエースたちとは異なる部分としては、乗用モデルがラインナップされていないという違いもあるのですが、ハイエースクラスでは大きすぎて持て余したり、狭い道を通り抜ける必要があるユーザーに重宝されるコンパクトサイズで、バン市場で人気を博しています。

トヨタ タウンエースバン

トヨタ タウンエースバン

もちろん、ノーズを備えるとはいえエンジンをシート下に設置したワンボックスカーですので、2人乗り時の荷室長は2,045mmと余裕たっぷり。コンパクトサイズからは想像できないほどの使い勝手の良さは、ビジネス用途だけではなく、車中泊などに利用しても重宝しそうですね。

新たに衝突回避支援システム「スマートアシスト」が全車で標準装備となるなど、コンパクトで廉価なビジネスカーとはいえ安全性能もしっかり確保されたタウンエースバンは、これからも都市部でキビキビ活躍してくれることでしょう。

トヨタ タウンエースバンの荷室寸法

荷室長
2,045mm
リヤシート通常時荷室長
1,255mm
荷室高
1,305mm(2名乗車時)
荷室幅
1,495mm


トヨタ タウンエース バンのスペック

【トヨタ タウンエース バン GL 2WD 4A/T】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,065mm×1,665mm×1,930mm
ホイールベース2,650mm
最大乗車定員5名
車両重量1,270kg
燃費WLTCモード:12.0km/L
エンジン種類直列4気筒 1,496cc
エンジン最高出力71kW(97PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク134N・m(13.7kgf・m)/4,400rpm
駆動方式後輪駆動(フロントMR)
トランスミッション4速AT
新車価格2,064,000円(消費税込)
(2020年10月現在 トヨタ公式サイトより)

【軽自動車】ダイハツ ハイゼットカーゴ/アトレーワゴン:軽の老舗!

ダイハツ アトレーワゴン

ダイハツ アトレーワゴン

ここからは軽自動車のワンボックスカーをご紹介していきます。こちらもタウンエースバンと同様にノーズ部を持ち、タイヤを車両前端に押しやっているハイゼットカーゴ/アトレーワゴンですが、エンジンはシート下に設置。

ボディサイズに余裕のある普通車と比較して衝突安全性能にシビアに対応しなくてはならない軽自動車ですので、ややクラッシャブルゾーンが広く取られてはいますが、それでもフロントにエンジンを搭載するスーパーハイトワゴン系の軽自動車よりも余裕たっぷりな室内空間が実現されています。

ダイハツ アトレーワゴン(2005年型)

ダイハツ アトレーワゴン(2005年型)

特に、もはや高級セダン並の後席足元空間を確保しつつも、荷室容量がかなり余裕がある点は、スーパーハイトワゴン系では太刀打ちできない部分。ワンボックスならではの効率性です。

軽自動車ならではのボディサイズの小ささと、維持費の安さはかなり魅力的。乗用モデルでは全車ターボエンジン搭載とパワフルなため、これ1台でなんでもこなせてしまうマルチさが嬉しいところですね。

ダイハツ ハイゼットカーゴの荷室寸法

荷室長
1,860mm
4名乗車時荷室長
955mm
助手席前倒し時床面長
2,630mm
ハイルーフ荷室高
1,235mm
標準ルーフ荷室高
1,115mm
荷室幅
1,375mm


ダイハツ アトレーワゴンのスペック

【ダイハツ アトレーワゴン カスタムターボRS “リミテッド SA III” 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,875mm
ホイールベース2,450mm
最大乗車定員4名
車両重量1,010kg
燃費WLTCモード:14.2km/L
エンジン種類直列3気筒ターボ 658cc
エンジン最高出力47kW(64PS)/5,700rpm
エンジン最大トルク91N・m(9.3kg・m)/2,800rpm
駆動方式後輪駆動(フロントMR)
トランスミッション4速AT
新車価格1,683,000円(消費税込)
(2020年10月現在 ダイハツ公式サイトより)

【軽自動車】スズキ エブリイ:軽量ボディと多ブランド展開が特徴

スズキ エブリイワゴン

スズキ エブリイワゴン

なんとスズキからエブリイ/エブリイワゴンとして販売されるだけでなく、日産からNV100クリッパー/NV100クリッパーリオ、マツダからスクラムバン/スクラムワゴン、三菱からミニキャブバン/タウンボックスと、4ブランドから商用・乗用合わせて8車種が販売されているという幅広い供給体制が特徴のエブリイ。

長年のライバルであるハイゼットカーゴ/アトレーワゴンとのライバル関係によって、室内の使い勝手や荷室容量では、もはや差がほとんどないほどに切磋琢磨が続けられています。こちらもボンネットをノーズ部に持ってはいますが、エンジンは前席下に配置したセミキャブオーバー型となっています。

スズキ エブリイワゴン 荷室

スズキ エブリイワゴン 荷室

乗用モデル同士の比較では、ややヤンチャさも演出されているアトレーワゴンに対して、落ち着いた雰囲気が特徴的なエブリイワゴン。カラーバリエーションの豊富さではアトレーワゴンに軍配が上がりますが、エブリイワゴンもカーキやパープルなどの特徴的な色をラインナップし、選べる楽しさがありますね。

こちらも乗用モデルでは全車ターボエンジン搭載で、軽自動車規格をギリギリまで使い切ったスペース効率の高さによる角張ったボディでも余裕のある動力性能は普段使いにピッタリ。

なんでも飲み込む荷室と合わせ、頭上も足元も余裕のある後席は、お客様をお出迎えしても恥ずかしくないほどです。

スズキ エブリイの荷室寸法

荷室長
1,910mm
助手席前倒し時床面長
2,640mm
荷室高
1,240mm
荷室幅
1,385mm


スズキ エブリイワゴンのスペック

【スズキ エブリイワゴン PZターボスペシャル ハイルーフ 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,910mm
ホイールベース2,430mm
最大乗車定員4名
車両重量970kg
燃費WLTCモード:13.4km/L
エンジン種類直列3気筒ターボ 658cc
エンジン最高出力47kW(64PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク95N・m(9.7kg・m)/3,000rpm
駆動方式後輪駆動(フロントMR)
トランスミッション4速AT
新車価格1,738,000円(消費税込)
(2020年10月現在 スズキ公式サイトより)

過去にはこんなワンボックスも! 印象深いモデルをピックアップ

マツダ ボンゴ:一世を風靡したワンボックスカーの先駆け

マツダ ボンゴ800(1966年型)

マツダ ボンゴ800(1966年型)

小型のワンボックスカーとしてベストセラーとなり、ワンボックスカーという呼び方が浸透する前は、同種の車のことを総じて「ボンゴ」と呼んでいたほど、人気と知名度の高さを誇ったボンゴ。

1966年デビューとなる初代は、軽自動車で先行していたキャブオーバースタイルのサンバーと同様、リヤにエンジンを配置した後輪駆動でしたが、その優れたスペースユーティリティ性は瞬く間に市場を席巻。

残念ながら2020年7月をもってダイハツからのOEM車にモデルチェンジされ、マツダ独自開発のボンゴの長い歴史は途切れてしまいましたが、それでも車名としてはいまだに続いています。

三菱 デリカスターワゴン:オフロードもガンガン走れる1BOX?!

三菱 デリカスターワゴン(1997年型)

三菱 デリカスターワゴン(1997年型)

グッと高められた最低地上高にプロテクター類が勇ましいデリカスターワゴンは、それまでも存在したワンボックスカーの4WD仕様を、クロカン四駆風味にまで昇華させた特徴的なモデルです。

スターワゴンの後継モデルであるデリカスペースギア、及びその後継で現行モデルであるデリカD:5ではフロントエンジン方式にスイッチしますが、スターワゴンはキャブオーバースタイルのワンボックス。

ワンボックスの利点を活かした室内の余裕と、その走破性能の高さという組み合わせは他では得られないもので、カルト的な人気を誇りました。

まとめ

三菱 デリカスターワゴン(1990年型) クリスタルライトルーフ

三菱 デリカスターワゴン(1990年型) クリスタルライトルーフ

ワンボックスカーについてざっとご紹介してきました。

衝突安全基準が厳しさを増す中、フロントにクラッシャブルゾーンを持ちにくいワンボックスカーはややラインナップが減っていますが、それでもその使い勝手の良さは、ユーザーには替えの利かない存在となっていることでしょう。

これからも進化し続けるであろう、ワンボックスカーに注目したいところです。

関連する投稿


【意外と使い勝手が良い?】おすすめの軽バン5選!

【意外と使い勝手が良い?】おすすめの軽バン5選!

軽バンは広々とした室内空間が特徴で、街乗りにもレジャーにも利便性の高い車です。とはいえ、市場に出回っている軽バンは種類がたくさんあり、どれを選べば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめの軽バンを5種類厳選して紹介します。歴史あるモデルから比較的新しいモデルまで、簡単なスペックと新車価格をまとめましたので、乗り換えをご検討の方はぜひ参考にしてみてください。


おしゃれ女子御用達!スタイリッシュな軽自動車9+1選!

おしゃれ女子御用達!スタイリッシュな軽自動車9+1選!

軽自動車の重要なターゲットである女性にとっては、性能も安全性も必要ですが、やはり自分の乗る車はおしゃれでなければと思っているでしょう。そこで、今買えるおしゃれでスタイリッシュな軽自動車をご紹介!比較検討してみれば、自分好みの一台が見つかるはずですよ!


スズキ エブリイ、エブリイワゴン|スペックや新車・中古車価格は?

スズキ エブリイ、エブリイワゴン|スペックや新車・中古車価格は?

意外に知られていないエブリイの実力は、商用車としての荷室の広さにあります。その荷室の広さはクラスでも最大クラスに入ります(2020年公式サイト調べ)。商用車としてはそのスタイルも人気の秘密です。今回はスズキの商用軽バン「エブリイ」のご紹介です。


【普段使いも楽勝】魅力いっぱい軽トラックの世界!車種まとめ、比較

【普段使いも楽勝】魅力いっぱい軽トラックの世界!車種まとめ、比較

お仕事専用車と思われがちな軽トラックですが、近年ではパワステ・エアコンなどの装備も充実していますし、もはやファーストカーとしても使えそうな豪華仕様もあります。使い勝手の良さは見た目の通りで、走行性能も文句なく、趣味の車として軽トラを愛でるユーザーまでいるほど。最新軽トラの魅力をまとめてみました。


アウトドアで大活躍!おすすめしたい車10選

アウトドアで大活躍!おすすめしたい車10選

キャンプ、釣り、サイクリングなど、アウトドアが趣味の方も多いでしょう。アウトドアに最適な車なら沢山の道具を積んで、快適に移動することができます。目的地に着いたら、車を拠点に趣味を満喫。疲れたら車に戻って休憩するのも良いですね。今回はそんなアウトドア趣味に最適な車をご紹介します。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。